「Amazonプライム会員が神すぎる10の理由」について語ってく。【メリット・デメリット】

prime8

 

先日、Amazonの電子書籍端末「Kindle Paperwhite」を購入して幸せになったわけですが、この端末を購入するときに「Amazonプライムに申し込みをしておけば、4,000円割引になる」というサービスがあったんですね。

「Amazonプライムに申し込んでおけば、商品が1日で届くようになるし、便利になるだろう」くらいの期待度で申し込んだんですが、一緒に付いている付帯サービスが神すぎて、紹介せざるを得ない・・・!

ということで、実際に記事を書いてみたいと思います。

 

そもそもAmazonプライムとはなにか

prime8

 

サービス開始からかなり時間が経過していますが、今更ながら「Amazonプライムとはどんなサービスか?」を振り返っておきます。

 

Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。

 

具体的なAmazonプライムの特典は以下のとおり。

 

  • 無料の配送特典
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • 家族と一緒に使い放題
  • プライム会員先行タイムセール
  • Amazonパントリーの利用が可能
  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引
  • Amazonビデオを視聴し放題
  • Amazonミュージックを視聴し放題
  • プライム・フォト(クラウド写真管理サービス)をデータ無制限で利用可能
  • Kindleオーナーライブラリーの利用(毎月Kindle本1冊無料)

さらにこれらに加えて、利用するには条件があるものの、

  • Kindle端末を購入時4,000円割引
  • プライム・ナウの利用が可能(指定区域に1〜2時間で配達)

の特典も利用できます。

この時点で特典が多すぎてすでに神サービスに見えてしまいますが、それぞれの付帯サービスも神でした。

 

なぜAmazonプライムに申し込んだのか

いまや多くの日本人が、Amazonを経由して日々商品を購入していることと思います。特に生まれたころからネットがある若年層は、その便利さから買い物のほとんどをAmazonで済ませているのでは?

Amazonは、何より購入した商品が無料で届くという点と、早めに配達してくれる利便性が受けているのだと思います。成長したAmazonは、さらに1日で商品を配達してくれる「速達」をタダで使える「Amazonプライム」という新たなサービスを開始しました。

僕は現在旅をしている身なので、速達機能はそれほど必要なかった。ただAmazonが電子書籍端末、「KindlePaperwhiteとAmazonプライムを申し込むと4,000円割引になる」というプランを展開していたので、気づいたときにはポチっていましたよ。

 

なぜAmazonプライムは神サービスなのか?

Amazonプライムは商品の速達が無料で出来るだけでなく、指定のドラマ・映画を無料で見ることの出来る「Amazonビデオ」と、100万曲以上の音楽を無料で視聴できる「Amazonミュージック」という付帯サービスがあるんですね。

あくまで「指定」のものを視聴できるだけなので、正直期待してなかったんですが、ビデオに関しては有名な国内アニメからドラマ、映画まであるし、もちろん洋画も一通り揃ってたんですよ。

音楽サービスの方は曲数こそ多いものの、洋楽が多いです。プライム・フォトについてはすでに無料で写真を保存出来るサービス「Googleフォト」がリリースされてしまったので、さほど優位性は感じられません。ただこれらの使い方によっては素晴らしいサービスだし、何より「Amazonビデオ」が付帯サービスとしてはなかなか優れているんですよね。

 

「Amazonビデオ」の何が優れているのか

実際にAmazonビデオのページを見ればよくわかります。

 

スクリーンショット 2016-04-15 20.36.21 スクリーンショット 2016-04-15 20.36.31

 

古い作品が多く、視聴可能数も2000本超程度なんですが(大手だと2万本程度)、有名どころのアニメ・ドラマ・映画が揃っているのがいい感じです。

僕自身は映画見放題サービスに別途契約するほどのユーザーではないんですが、Amazonプライムの付帯サービスとして利用出来るのが素晴らしいんですよね。本来の目的は別にあるので、実質タダで利用出来るようなもんですから。

 

スクリーンショット 2016-04-15 20.36.51

 

パっと見だけの紹介ですが、色々な作品が揃っています。

 

スクリーンショット 2016-04-15 20.37.28

 

一番嬉しかったのが、古い作品が多いというデメリットを逆手に活かして「昔の日本史・世界史を学べる動画はないか」と思って探したところ、ありましたよー!

「空海」「禅」「羅生門」など、かなり歴史のある映画がズラッと並んでいました。あとは「カラーで見る第一次世界大戦」とかね。他に資料が少ないので、素晴らしい作品でした。

映画マニアには、このサービスはウケないでしょう。ただ自分のようなライトユーザー・そして最新作より昔からある作品を好む人間としては、最高でした!どちらにしろ自分で買うなりして視聴しようとしていたので、完全に「棚からぼたもち」でしたね。

 

Kindle端末が4,000円割引のインパクト

そして、今回Amazonプライムを申しこんだ最大の理由である「Kindle端末を同時に申し込むと、4,000円割引」のインパクトが強すぎるんですよね。

Amazonプライムは、年額3,900円です。ということは、Kindle端末を元々購入する予定だったのであれば、実質無料でAmazonプライムを使用出来ることになるんですよ。

これらのサービスを!!!無料で使えるとは!!!Amazonにお金を落としまくるのは、日本人としては悲しい。しかし、これだけ神サービスなのなら、使わない手はもはやありませぬ・・・。

 

>>>4,000円割引でKindle端末を買いたい人はこちら。

 

しかも、毎月指定の本が1冊無料なんだってよ

さらに最後のダメ打ちが、プライム会員になったKindle端末所有者は、毎月一冊指定のKindle本を「無料で」読める「Kindleオーナーライブラリー」制度があるんですよ。

あくまで指定されている本だけですし、全ての本が読めるわけではありません。それでも小説を中心に色んな本があるわけですし、実際に買うと2,000円程度する本もゴロゴロあるんですよね。それらを、実質無料で会員になっている上に利用できると。

もはやここまで来ると、オーバーキルですよねぇ・・・。ただAmazonプライムに申し込むことはないけれど、Kindle端末を購入するならプライム会員にならない人はいないでしょう。もはや。

 

>>>毎月Kindle本が無料になる「Kindleオーナーライブラリー」の詳細はこちら。

 

学生には「Amazon Student」という秘技がある。

さらに。通常のAmazonプライム会員に加えて、学生向けの「Amazon Student」というサービスも始まったんですよ。

年額が1,900円とお安く、通常のプライム会員の特典と何ら変わりないんですよ。しかも、「半年間無料体験」が出来るらしい!!!さらに、6/30までなら無料登録だけでも2000ポイント手に入るそうです。

半年間無料とか・・・Amazonさんは金を回収する気があるのかw通常のAmazonプライム以上にメリットがあるので、学生さんなら加入するしかないですな。

 

>>>「Amazon Student」半年間無料体験はこちらより。

 

結論:Amazonプライムは暇人にも最強のサービスだった

Kindle端末が4,000円割引で利用でき、毎月指定の本が一冊無料、そして莫大なコンテンツ量を誇るAmazonミュージックとライトユーザーは満足する量のAmazonビデオを備えている「Amazonプライム」。

一番の機能である「速達使い放題」は本来忙しいユーザーのためだったはずですが、付帯するコンテンツ量の多さからして「暇人こそ真に楽しめるサービスだな」と思いました。マジで神。なんで今まで、申し込まなかったのか・・・。

これからさらにしばらく利用して、追加報告が出来ればと思っています。ちなみに、今なら無料体験も出来るみたいです。

 

それでは!

 

 

スポンサードリンク