【2016年】AmazonVideoの時代劇・歴史映画おすすめ10選を紹介する【臨時更新】

5e5bc2075ad19982a637810206ebe244

 

先日、「Kindle Paperwhite」を購入したことをキッカケに「Amazonプライム」に加入しまして、付帯サービスであるAmazonVideoを視聴することにハマっています。

最近は歴史に関心があるので、時代劇・歴史映画を順番に見ていっています。今回は、AmazonVideoで視聴できるオススメの時代劇・歴史映画を紹介していきます!

※ここに紹介している時代劇・歴史映画は、Amazonプライムに加入していれば全て無料で視聴することが出来ます!

 

JIN -仁-

 

現代の脳外科医・南方仁が幕末の世にタイムスリップして、歴史上の有名人と関わりながら人々を救っていくヒューマンドラマ。TBSの大河ドラマですね!

かなり有名な作品だと思いますが、全体的に完成度が高すぎて気づいたら何回か朝が明けてた!(笑)主人公の大沢たかお演じる南方仁先生の演技力がすごい。

史実に沿ってないところはいっぱいあるけど、それより作品自体はじっくり見て欲しい。Amazonプライムに契約したら絶対見たい作品。

 

壬生義士伝

 

新選組の脇役・吉村貫一郎の人生を描いたドラマ。当時、日本中に熱狂的な攘夷論が沸き起こるなかで、多くが使命によって入隊したのでしょうが、吉村貫一郎は家族に仕送りを送るため泣く泣く脱藩せざるを得なかった。

この時点で泣けますが、吉村貫一郎自体がカッコいいし、そして面白い!ライバル役である斎藤一との関わりを通じてドラマが描かれていきます。

吉村貫一郎・斎藤一ともに資料が非常に少なく創作部分が多いそうですが、脇役に目を向けて作品を作った時点ですごいと思う。原作も読みたくなる。

 

たそがれ清兵衛

 

こちらも幕末は庄内、海坂藩。現在の山形県で貧乏な生活を送る、たそがれ清兵衛。

早くに妻をなくし、祖母は認知症、娘二人をたった50石で養っていくという下級武士のつつましい生活を取り上げたドラマ。ちなみに「たそがれ」は、たそがれ時になるとそそくさと仕事をやめ、家に帰宅する点から取られたという。泣ける。

海坂藩自体が佐幕派だったので、大政奉還後はなすすべもなく打ちのめさえれてしまうのですが・・・とにかく名作!これは何度も見たくなる作品。

 

空海

 

幕末より一気に時代を遡って、時代は宝亀5年(774年)。四国で生まれた後の弘法大師・空海は18歳で都の大学へ入りエリートコースへと進むが、早々にドロップアウトして各地の山々を放浪する。

その後「密教」に出会い、遣唐使として最澄らとともに唐へ渡り「真言密教」の全てを授かる。20年の予定をわずか2年へと大幅に切り上げて太宰府へと戻り、唐で学んだ密教の教えを広めていく。

空海を取り扱った作品ってほとんど本しかないんですが、まさかAmazonVideoでタダで空海の映画を観れるとは思ってなかった!かなり貴重な作品なので、興味を持った方はどうぞ。

 

禅 ZEN

 

時は鎌倉時代。空海らとともに取り上げられることの多い「道元禅師」が主人公。

道元も時の宋へと渡り、「禅」の教えを授かる。映画の演出が非常に上手くて、いかにも「禅」らしい穏やかでかつ厳格な雰囲気が表現されている。見てて感動した。

最後は、源頼朝亡きあとの北条時頼が精神病を患ったということで、死を決して鎌倉へ出向き時頼を救い出す。こちらもぜひチェックしたい映画ですね!

 

羅生門

 

時代劇としては定番中の定番である「羅生門」。誰でも名前くらいは知っているのではないでしょうか。

嵐の吹き荒れる羅生門の下で、3人の男が雨宿りをしていた。暇つぶしに「摩訶不思議な殺人事件の話」を始める。

事件の主人公は山中で旅をしていた夫婦と、夫を殺し女を手籠めにしたという強盗が、それぞれの視点で事件を語るが話が一致しない。人のエゴや不可解さを描くという作品。最近の壮大な映画を見ているといかにもチープに見えちゃうんですが、時代劇に興味のある人は見ておいて損はないかと!

 

カラーで見る第一次世界大戦

 

時代劇ではありませんが、第一次世界対戦当時の映像をカラー化し、貴重な資料なども交えながら「いかにして第一次世界対戦は起こったのか」を検証していく映画。

二次に比べると第一次世界対戦の資料はかなり乏しいようですが、これを見るとおおよその概要が映像とともにわかります。かなりクオリティーの高い映像なので、他の書籍などと対比しながら見たくなりますね!

 

超高速!参勤交代

 

時代は8代将軍・徳川吉宗のとき、1万5千石の小藩・いわき国湯長谷藩に存在する「金山」を奪略するため、江戸幕府の老中が「5日以内に参勤交代しなければ、藩はお取り潰しだ!」と無理難題を吹っかけられる。

金も時間もない湯長谷藩だったが、藩主の内藤政醇が「なんとか参勤交代に間に合うようにしよう!」とあらゆる手段を使って5日以内に江戸へと参勤交代に向かう、という物語。

かなりユーモラスな内容で面白かったですし、湯長谷藩の質素な食事が個人的にいいなぁ、と思いながら見てました。湯長谷藩自慢の大根を徳川吉宗に送ったというエピソードなど、微笑ましくなるシーンが多い。

ちなみに5日の参勤交代はフィクションですが、湯長谷藩自体は実在したそうです!

 

隠し剣 鬼の爪

 

前述した「たそがれ清兵衛」と同じ藤沢周平原作の映画で、恋愛物語が中心の時代劇といった感じ。あちらもいわば幕末の恋愛が物語の中心なので、タッチが違う作品と言っていいかも。

時は幕末、東北の海坂藩。世間は乱世!長州!薩摩!と叫んでいる時代に、海坂藩の下級武士である主人公が女中素行に恋をしていたが、別の武士の家庭に嫁いでしまう。

順調にいっていると聞いていたものの、ある日突然再開するとゲッソリと元気を失っており、あまりに酷いを扱いを受けているため主人公が家庭に連れ戻し、そこからドロドロした展開が始まってゆく。

幕末の下級武士の生活、貧困、そして恋愛に関心がある方は見ておいて損はない。また映像が非常に美して、それだけでも引き込まれる。

 

武士の家計簿

時は幕末、加賀百万石に下級武士である猪山直之は、御算用者(藩の会計係)として代々勤めており、「そろばん馬鹿」と言われた才能で次々に出世していく。

が、一方で冠婚葬祭の行事が続いて一家存続の危機になり、家庭中のあらゆるものを売りさばいて乗り越える。その時にもそろばんの才能が大活躍!

他の歴史映画と違って「これだ!」という見せ場や派手さは一切ないんですが、こちらは史実に基づいていて当時の会計係の仕事の一部を垣間見ることができて、個人的にはかなり面白かった。

今の時代にはコンピューター一台で済ませられるところを、加賀百万石の場合は石高が多くて大量の会計係を採用せざるを得ず、広い部屋で何十人もの武士がそろばんを打っている姿は圧巻です!かなりオススメの映画。

 

おわりに

というわけで、以上「AmazonVideoでチェックできるオススメの時代劇・歴史映画」を紹介してみました。

最近はこれらの映画を見るのにハマっていまして、他にもたくさんの映画があるので視聴しだい、臨時で更新していきたいと思います。

ここで紹介する映画は、Amazonプライムに契約すると無料でいくらでも視聴することが出来ます。Amazonプライムの加入はこちらから可能です!

 

「Amazonプライム会員が神すぎる10の理由」について語ってく。【メリット・デメリット】

 

それでは!

スポンサードリンク