結局「社会人」ってなんなの?定義が曖昧だからこそ、強者から弱者へ都合のいい言葉として使われてる。

561038e4e2bef7ce72e8aa1d4b18bbdb_m

 

よく「今どきの社会人は~」とか、「社会人になったらわかるよ」なんて言われる。

そもそも「社会人」ってなにさ?

社会人になれば、一気にレベルアップでもするの?

 

社会人ってなにさ?

 

561038e4e2bef7ce72e8aa1d4b18bbdb_m

 

旅に出てから、過去を振り返る機会が多くなった。

その時思うのは、「なんであの時の自分は疑問に思わなかったんだろう?」ということ。

1つが「社会人」という言葉。何気なく聞いていたけど、無茶苦茶な定義じゃん!?

 

定義が曖昧すぎる上、立場や文脈によって変化する。

 

ここで、wikipedia先生を参照してみよう。

 

社会人(しゃかいじん)は、社会に参加し、その中で自身の役割を担い生きる人のことである。一般的には学生は除外される。 日本語以外の諸外国語では日本で言うところの“社会人”をさす言葉はほとんど見られない。たとえば英語では労働者(worker)や成人(adult)、市民(citizen)という単語はあるが、日本語の”社会人”にあたる単語・表現はない。

(wikiより)

 

”社会に参加し、自身の役割を担う人”

あ、曖昧すぎる・・・。

金銭活動を伴わなくてよいならば、ニートも社会人になるんだけども。

 

一般的な解釈でいう「社会人」になったことはないので、ここでは疑問を呈していく。

明確な定義の分析については、下記サイトが有益な情報を提供している。

いつも拝見させていただいている、”ぐるりみち。”さん。

 

参考記事:「社会人」とは?「会社人」じゃだめなの?

 

社会人が社会人に言う「社会人」と、学生に言う「社会人」は意味が違う。

前者は、人格を箱の中に収めて規律させ、従わせる軍隊のような意味。

後者は、立場の間に”超えられない壁”があるような印象を与える意味。

立場上の解釈もバラバラだし、これに加えて「あの職業は?」「経験や技術は関係ないの?」みたいな議論になる。

 

 

優越感を感じるための「社会人」

 

特に自分が疑問に思うのは、相手に対し”あたかも立場上の違いだけで、天と地ほどの差を感じさせる”ために使われる「社会人」という言葉

「社会人は違うんだよ~」とか、「社会人になればわかるよ」というような。

学生の活動が多様化してる今、その言葉は意味をなさないと思うのだけど。

 

例えば、海外のベンチャー企業では高額でインターン生が雇われている。

facebookで50万円程度Twitterやgoogleで6~70万円程度

オークションサービスのebayでは、月収91万円にもなるそうです。

 

ここで疑問に思うのは、窓際社員は「社会人」と呼ばれて、インターン生がそう呼ばれないのはなぜなのだろう、ということ。

日本でもインターンを募集している会社はある。けど「社会人」とは呼ばれない。

技術的な差は?責任範囲は?どちらのほうが重いのだろうか。明確だ。

 

定義が曖昧なのは構わないのだけど、それゆえ「都合のいいように」解釈されて使用されている言葉。

それも、立場上偉い人が、偉くない人に対して使っているよね。

 

 

社会不適合者でいこう

 

66ke6nfe3onr5nx461zd0_keep640

 

結局この定義に対して疑問を抱き、記事にしている時点で社会不適合者になる。

この記事に対して反感を買う人がいる一方で、共感してくれる人もごまんといると思うのだけれど。

定義上は”社会に参加し自身の役割を担う人”が社会人となるらしいので、ニートでも「ちゃんと求職活動してまーす!」と言えば社会人になれます。やったね!

 

参考記事:ニートになると社会から一歩引いて物事を考えられる様になるよ!どうすれば生きられるかを考える。

 

多様性を必要としている社会においては、社会不適合者は貴重な存在。

一般社会的に言う「社会人」を経験したことがないので、青二才の戯言になるかもしれない。

それでも発信することが大事だと自分は思うので、これからも戯言は続きます。

 

ホント、言葉に従いながらも「社会人ってなんなの?」と疑問を抱いている人は、思った以上に多いと思うんだけどね。

皆さんはいかがですか?

 

スポンサードリンク