全く魚が釣れないなら「穴釣り」を始めよう!おすすめの釣り道具・ノウハウの全知識

pic_sea19_01

 

「頑張って釣り道具も揃えて、やってみたけど全く魚が釣れない!」と悩んでいる人は多いと思います。

 

釣りはあくまで自然を相手にするので、条件が合わなければ全く釣れないし、魚によって釣り方や時間帯、餌を合わせなければまともな成果も出ません。

しかし!世の中には「この釣り方だったら簡単に魚が釣れる!」という方法が存在します。それが「穴釣り」です!

今回は穴釣りの極意とノウハウ、オススメの釣り道具について紹介していきたいと思います。

 

穴釣りってどんな釣り方?

pic_sea19_01

 

説明しよう、穴釣りとは・・・。

 

その名の通り「穴」を狙って魚を釣るんですが、その「穴」はテトラの組み合わせの隙間だったり、石畳の隙間だったり、堤防の継ぎ目の穴だったりします。

穴釣りで狙うメインターゲットは根に住む「根魚(ねざかな)」と呼ばれていて、隠れ家となる穴を好みます。

なので、最低限の海水と隠れられる場所さえあればどこでも釣れるんです。

この釣りは想像力が重要になります。逆に言えば、「想像力」さえあれば誰でも簡単に魚を釣ることが出来る釣り方なんです!

 

eb3e960239531aede1b653d6191f6920_s

 

例えば、以前テトラ帯で水深が15cm程度のごく浅い場所を発見したんです。

光の差し込む角度によっては当然ながら海底の様子も丸わかりだし、普通の人なら「こんな場所に魚なんていねぇよ」って思いますよね?

でも、みんなが避けるということは、その場所は釣り荒らされていないということ。

 

「この場所は釣れる!」と狙いを定めた結果、短時間で25cm程度の巨大なカサゴが大量に釣れたんですよ!

穴釣りで狙う魚って、一箇所に居着いていることが多いので、よほど海の環境が悪くならない限りは釣れます。

なので、「全然釣れねぇー!」と嘆いてる初心者ほどおすすめの釣り方なんです。

 

穴釣りで釣れる魚ってどんなの?

image

 

穴釣りで狙う魚は、テトラや石畳が折り重なってできた穴や影を住みかとする根魚です。

具体的には、カサゴ(ガシラ)、メバル、アイナメ、それからアナゴ、ベラなどが対象魚になります。

特に「カサゴ・メバル」はいわゆる「高級魚」としてスーパーで売られているし、食べるとめっちゃ美味しいので二重にお得ですよね。

この他の魚も釣れないことはないんですが(タコとか黒鯛とか)、今回はここで紹介した魚に狙いを定めてノウハウを紹介していきます。

 

穴釣りのコツってあるの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

基本的には、先ほど紹介した通り「誰も狙ってなさそうな穴」を重点的に狙っていくと、大抵釣れます。

水深の浅いテトラ帯などの場所、一見簡単には見えなさそうな場所にある穴は高確率で釣れます。

 

dsc01281

 

もちろん大きな堤防にあるテトラ帯などは水深が深くて探るのが大変になりますが、「底」まで重りを転がして落とせば釣れますね。

あとは、堤防の継ぎ目も誰も狙わないのでオススメです!

継ぎ目の隙間が5cmもあれば魚が潜んでいます。ただし、継ぎ目の部分に貝がたくさん付いている場合が多いので根掛かりに要注意!

 

穴釣りで魚を釣るコツは、

  1. 誰も狙ってなさそうな浅瀬の穴を狙う
  2. 水深の深いテトラ帯を底まで探る
  3. 堤防と堤防の継ぎ目を狙う
  4. 石畳の隙間を探る

の4種類になります。

 

もしこれらの手順を試して釣れなければ、釣り場を変えて次々に探っていきます。

ちなみに穴釣りで良く釣れる「根魚」は、落ちるものに反応するのでその場所に魚がいればまず食ってきます。

一番大きい魚から口を使う習性があるので、一番最初に釣り上げた魚より大きなサイズのものは、そのポイントを離れるか時間が経たなければ釣れません。

魚の習性も理解しつつ釣り歩いていきましょう!

 

穴釣りで気をつけなければいけない点は?

102d14e1f8d3dd75b8412f4c9602b9e5_s

 

穴釣りでは主にテトラを練り歩いて釣りをすることになるので、ちゃんとした服装・及び靴を用意しないとテトラ上で滑り、大変な事故に繋がる危険性があります。

もちろん、堤防から石畳等の穴を狙って魚を釣ることは可能です。ただテトラ帯を移動する釣り方は、子どもにはちょっとオススメできませんよね。

また、この釣り方は「穴に仕掛けを落としこむ」「テトラ帯の隙間から底まで落としこむ」という釣りの性質上、根掛かりが頻繁に起きます。

仕掛けを多めに用意したほうがいいですね。

 

危険性は多少高いけれど、上手くポイントを狙って釣れば高級魚が大量に釣れます!

といってもテトラ帯での事故はあまり聞かないので、それほど心配する必要はないかも?もしかして、ニュースに流れていないだけかも・・・。

ただし油断だけはせず、万全の準備を整えてから釣りに挑んだほうがいいでしょうね。

 

穴釣りのおすすめ釣具など

続いて、穴釣りでオススメの釣り道具を紹介していきます。

この釣り方は穴に仕掛けを落としこむので、堤防から釣るのでない限り「ある程度短い竿」を用意する必要があります。

短い竿でないと、取り回しが悪すぎてテトラに乗りながら穴に仕掛けを落とすことが出来ません。また短いと当然軽くなるので、縦横無尽に移動しやすくなります。

 

安価な穴釣りセット

 

「とりあえず穴釣りを始めたい!」という人には、こちらの安価なセットがいいかと。

実際、僕も最初はこのセットで穴釣りしてました。非常にコンパクトに収納出来るので、釣り竿ケースの隅にでも入れておけばいつでも釣りが出来ます。

ただこのセットの問題は、おもちゃみたいなリールを使用しているので頻繁に糸が絡まり、またハンドルをグルグル回してもなかなか巻き取れず、不意の大物に対応出来ません。

何度かいきなりヒットした大物を逃したことがあります。あれは本当に惜しかった・・・。

根魚って30cmを越えるととんでもなく引くので、このセットでは対応しきれません。あくまで「初心者用」として割り切る必要はあります。

 

大物も仕留められる高級穴釣りセット

 

「どうせ穴釣りするなら、大物も仕留めたい!!!」という血気盛んな人にはこちらのセット。

竿は60cm近くのアイナメもぶち抜けるめちゃめちゃパワーのあるもので、リールは黒鯛の筏釣りのものなので、大物が掛かっても全く問題なしです。

こちらのリールは穴釣りとは別の用途で使ってましたが、スムーズに仕掛けを落とし込めていい感じでした。

それぞれ揃えても1万円掛かりませんが、こちらの釣り具を揃えると穴釣りの「手軽感」を犠牲にしてしまうことにはなると思います。その辺は自分の財布と要相談ですね。

 

穴釣りに最適な仕掛け

 

穴釣りでは、主にオモリと針がセットになった「ブラクリ」という仕掛けを使います。

こちらの仕掛けはオモリと針が直結しているほか、目立つ色になっているので根魚の食いがいいです。ただ派手すぎるので、他の魚はちょっと釣りにくいかな。

根掛かり前提で釣りをするので、もしブラクリだけで釣りをするなら最低でも5パックは用意しておかないと、特に慣れないうちは次々に地球を釣ってあっという間に仕掛けがなくなります。

 

 

他に「穴釣り用の仕掛け」もあるんですが、市販されているものは針が複数付いているのでオススメしないです。

仮に針に複数の魚がかかったとして、根魚はサイズが小さくても引きがかなり強いので、前述した高級穴釣りセットで一気にぶち抜かないかぎり、早々に穴に潜りこまれて仕掛けごと回収不可能になります。

それだったら、竿にマッチするオモリとブラクリと同じ大きさの針を購入して、ブラクリと同じような形で自作したほうがいいですね。

 

穴釣りであると便利な釣り道具

最後に、穴釣りであると便利な釣り道具を紹介します。

穴釣りは時にテトラを縦横無尽に移動することになるので、専用の道具があるとうんと釣りの効率が上がります。

 

 

ウエストバッグに全ての釣り道具を入れつつ、バッグのベルトにエサ箱を取り付けるとスムーズにエサの交換が行えます。

エサはアオイソメ、石ゴカイらへんがいいと思います。

 

 

テトラ帯を歩くとき、海側に近づけば近づくほど苔が発生していたりするので、転倒する危険性が一気に高まってしまいます。

テトラの上を縦横無尽に駆け巡る穴釣り、転倒するとどうなるか・・・は想像に難くありません。

専用のフィッシングシューズを用意しておくと、事故の危険性を一気に減らすことが出来ます。

このシューズはテトラ帯と相性バツグンの「ハイパーVソール」が搭載されているので、まず安心です!(TVで放送されている「SASUKE」でも使用されているものです・・・!)

 

 

また万が一エサが切れてしまったとき用に、ワームも用意しておくといいかと。

特にこちらのワームはリアルに作ってあるので、穴釣りでも問題なく釣れます。というか、普通に釣りをしていても良く魚が釣れます。

根魚の性質からして落ちてきたものはとりあえず口にする習性があるので、「カサゴ」単体狙いであれば虫餌すら必要ないです。(笑)

これらの装備を全て揃える必要はありませんが、あると快適に釣りを行えるので、予算のある方は購入をおすすめしておきます。

 

おわりに

というわけで、穴釣りのノウハウとオススメの釣り道具を紹介してみました!

「全然魚が釣れねぇ!」って時に穴釣りをすると案外簡単に高級魚が釣れたりするので、いざというときの保険用として道具箱に入れておくと幸せになれますよ。

ただし、本命の魚から逃げる口実にもなるので、「どうしてもこの魚を釣りたいんだ!」という人は持たないほうがいいと思います。(笑)

ぜひ、穴釣りを駆使して美味しい魚を釣ってみてください。それでは!

スポンサードリンク