魚が釣れないなら「穴釣り」を始めよう!おすすめの釣り道具・ノウハウの全知識

 

「頑張って釣り道具も揃えて、やってみたけど全く魚が釣れない!」と悩んでいる人は多いと思います。

 

釣りはあくまで自然を相手にするので、条件が合わなければ全く釣れないし、魚によって釣り方や時間帯、餌を合わせなければまともな成果も出ません。

しかし!世の中には「この釣り方だったら簡単に魚が釣れる!」という方法が存在します。それが「穴釣り」です!

今回は穴釣りの極意とノウハウ、オススメの釣り道具について紹介していきたいと思います。

 

 

穴釣りってどんな釣り方?

pic_sea19_01

 

説明しよう、穴釣りとは・・・。

 

その名の通り「穴」を狙って魚を釣るんですが、その「穴」はテトラの組み合わせの隙間だったり、石畳の隙間だったり、堤防の継ぎ目の穴だったりします。

穴釣りで狙うメインターゲットは根に住む「根魚(ねざかな)」と呼ばれていて、隠れ家となる穴を好みます。

この穴は、いわば彼らの「巣」なわけです。テトラポットを縦横無尽に移動しながら釣らないといけないので、危険も伴いますが上手くいけば大量に魚を釣ることが可能です!

 

▲テトラポットのエリアで「カサゴ」が釣れた

 

穴釣りで釣れる魚ってどんなの?

image

 

穴釣りで狙う魚は、テトラや石畳が折り重なってできた穴や影を住みかとする根魚です。

具体的には、カサゴ(ガシラ)、メバル、アイナメ、それからアナゴ、ベラなどが対象魚になります。

特に「カサゴ・メバル」はいわゆる「高級魚」としてスーパーで売られているし、食べるとめっちゃ美味しいので二重にお得ですよね。

この他の魚も釣れないことはないんですが(タコとか黒鯛とか)、今回はここで紹介した魚に狙いを定めてノウハウを紹介していきます。

 

穴釣りの仕掛けと餌について

 

穴釣りでは、専用仕掛けである「ブラクリ」を使います。

これはオモリと針が直結した仕掛けで、テトラポッドの穴に入るとコロコロと転がって底まで到達してくれます。まず「仕掛けを着底させる」というのがポイント。

ブラクリは仕掛け自体に色も付いていて、視覚的にも魚にアピールしてくれるので釣りやすいです。とはいえ、1個辺りの値段が高いし根掛かりして失くしやすい釣りなので、他の仕掛けでもOK。

 

 

餌については、最も手軽に釣りができる「アオイソメ」がおすすめ。適度な大きさにちぎって使います。

他にも、臭いで誘ってくれる魚やイカの短冊があると、渋い時でも魚を誘い出してくれますよ。

餌についてはそれほど深く考えなくても釣れますが、渋い時は複数の餌を使いわけることで釣果を伸ばすことも可能。

 

穴釣りの釣り方とコツについて

 

穴釣りの釣り方ですが、基本は根魚の「巣」である穴をどれだけ探れるか、に掛かっています。

慣れてくると、「おおっ!この穴は絶対に釣れる・・・!」と透視能力が身につくんですが、最初のうちはどの穴がよくてどの穴が釣れないのか、わからないと思います。

穴釣りで良く魚が釣れる場所の例を羅列してみるとこんな感じ。

 

  • 底まで落とさないと、ほぼ間違いなく釣れない!
  • 水深は浅くても良いので、直射日光が底まで当たらない穴
  • 上から見て、底が全く見えない入り組んでいる穴
  • 仕掛けを落とすと、簡単には下に落ちず何回か引っかかりながら落ちた穴
  • 堤防とテトラの間に出来た隙間
  • 他の釣り人が穴釣りをしていない釣り場・穴

 

これまで長年穴釣りを続けてきて、このようなポイントではほぼ間違いなく魚を釣ってきました。

面白いのが、この魚って水深があれば釣れるというわけではなくて、最低限の海水と隠れられる場所さえあればどこでも釣れます。

この釣りは想像力が重要になります。逆に言えば、「想像力」さえあれば誰でも簡単に魚を釣ることが出来る釣り方なんです!

 

dsc01281

 

以前、テトラ帯で水深が15cm程度のごく浅い場所を発見したことがありました。

光の差し込む角度によっては海底の様子も丸わかりだし、普通の人なら「こんな場所に魚なんていねぇよ」って思いますよね?

でも、みんなが避けるということは、その場所は釣り荒らされていないということ。

 

「この場所は釣れる!」と狙いを定めた結果、短時間で25cm程度の巨大なカサゴが大量に釣れたんですよ!

穴釣りで狙う魚って、一箇所に居着いていることが多いので、よほど海の環境が悪くならない限りは釣れます。

なので、「全然釣れねぇー!」と嘆いてる初心者ほどおすすめの釣り方なんです。コツさえ掴めば、誰でも爆釣できます。

 

 

もしこれらの手順を試して釣れなければ、釣り場を変えて次々に探っていきます。

ちなみに穴釣りで良く釣れる「根魚」は、落ちるものに反応するのでその場所に魚がいればまず食ってきます。

一番大きい魚から口を使う習性があるので、一番最初に釣り上げた魚より大きなサイズのものは、そのポイントを離れるか時間が経たなければ釣れません。

 

魚の習性も理解しつつ釣り歩いていきましょう!

 

▲穴釣りのコツについては、動画を見ながら学ぶとわかりやすいですよ!

 

穴釣りで気をつけなければいけない点は?

102d14e1f8d3dd75b8412f4c9602b9e5_s

 

穴釣りでは主にテトラを練り歩いて釣りをすることになるので、ちゃんとした服装・及び靴を用意しないとテトラ上で滑り、大変な事故に繋がる危険性があります。

もちろん、堤防から石畳等の穴を狙って魚を釣ることは可能です。ただテトラ帯を移動する釣り方は、子どもにはちょっとオススメできませんよね。

また、この釣り方は「穴に仕掛けを落としこむ」「テトラ帯の隙間から底まで落としこむ」という釣りの性質上、根掛かりが頻繁に起きます。

仕掛けを多めに用意したほうがいいですね。

 

 

穴釣りのおすすめの竿・リールを紹介

続いて、穴釣りでオススメの釣り道具を紹介していきます。

この釣り方は穴に仕掛けを落としこむので、堤防から釣るのでない限り「ある程度短い竿」を用意する必要があります。

短い竿でないと、取り回しが悪すぎてテトラに乗りながら穴に仕掛けを落とすことが出来ません。また短いと当然軽くなるので、縦横無尽に移動しやすくなります。

 

安価な穴釣りセット

 

「とりあえず穴釣りを始めたい!」という人には、こちらの安価なセットがいいかと。

実際、僕も最初はこのセットで穴釣りしてました。非常にコンパクトに収納出来るので、釣り竿ケースの隅にでも入れておけばいつでも釣りが出来ます。

ただこのセットの問題は、おもちゃみたいなリールを使用しているので頻繁に糸が絡まり、またハンドルをグルグル回してもなかなか巻き取れず、不意の大物に対応出来ません。

何度かいきなりヒットした大物を逃したことがあります。あれは本当に惜しかった・・・。

根魚って30cmを越えるととんでもなく引くので、このセットでは対応しきれません。あくまで「初心者用」として割り切る必要はあります。

 

大物も仕留められる高級穴釣りセット

 

「どうせ穴釣りするなら、大物も仕留めたい!!!」という血気盛んな人にはこちらのセット。

 

竿は60cm近くのアイナメもぶち抜けるめちゃめちゃパワーのあるもので、リールは黒鯛の筏釣りのものなので、大物が掛かっても全く問題なしです。

こちらのリールは穴釣りとは別の用途で使ってましたが、スムーズに仕掛けを落とし込めていい感じでした。

それぞれ揃えても1万円掛かりませんが、こちらの釣り具を揃えると穴釣りの「手軽感」を犠牲にしてしまうことにはなると思います。その辺は自分の財布と要相談ですね。

 

 

おわりに

というわけで、穴釣りのノウハウとオススメの釣り道具を紹介してみました!

「全然魚が釣れねぇ!」って時に穴釣りをすると案外簡単に高級魚が釣れたりするので、いざというときの保険用として道具箱に入れておくと幸せになれますよ。

ただし、本命の魚から逃げる口実にもなるので、「どうしてもこの魚を釣りたいんだ!」という人は持たないほうがいいと思います。(笑)

ぜひ、穴釣りを駆使して美味しい魚を釣ってみてください。

 

それでは!

 

穴釣りで狙う「根魚」は、他の釣り方でも案外簡単に釣れます。色々な釣り方があるので、ぜひ参考にしてください!

 

簡単に釣れる「カサゴ」の釣り方まとめ!餌・仕掛け・ルアー色々解説【堤防釣り】

2017.02.12
スポンサードリンク