【日本一周】青森のねぶた祭りに全力参戦!5日間跳ね続けた結果、喉と脚が痛い・・・(泣)

image

 

引き続き、青森のねぶた祭りに全力参戦!疲れた!

チャリダーたちを後にして、ようやく日本一周を再開。

今日は五所川原市の立佞武多を見に行きます!

 

以前の記事:【日本一周】青森ねぶた祭り開幕!跳ねるぞぉぉぉぉ!ラッセラーラッセラー!

 

 

青森ねぶた祭りに全力参戦

 

ねぶた祭り中は長らく旅ブログの方を更新してなかったけど、今日からようやく再開します。

祭りとしては意外と単調なので、そこまで書くことがない。

記憶が曖昧なので、ねぶた祭り最中~日本一周再開まで一気に書きますよ。

 

image

 

セイヤー!!!

右の方は、なんと自転車でシベリア縦断だったかな?を果たして植村直己賞を獲得された方。

すごすぎる。日本一周をしていると、さらっと凄いことを達成している人と出会うからびっくりする・・・。

 

image

 

もはや年齢通りには見えない、21歳のたぐちゃん(@tagutyan_1993)

いや、人のことを言える立場じゃないけれど。笑

年下に見られたことは一度もございませんね。

 

image

 

ねぶた祭りを外から見るとこんな感じ。たくさんの観客が詰め寄っています。

 

image

 

ねぶた祭り開催中の2日間は、審査日ということで花笠が配布されました。

ねぶたの行脚で一番素敵だったグループを審査員が選ぶというもの。上位に入賞すれば、最終日に行われる会場運行に自身のチームのねぶたを出陣させることができるそう。

花笠を装着するのは、見栄えをよくするためらしいです。これを装備するのが正装だからね!

 

image

 

ラッセラーラッセラー!ラッセラーラッセラー!

 

image image

 

最終日、昼間のねぶた運行!

もう時系列バラバラだけど、許してください。記憶が・・・笑

ねぶたの雰囲気を文章で伝えるのは難しいので、写真をあげていきます。

 

※以下共有画像

 

image image image

 

右がもとき(@momototokiki)さん、左がたけ(@take_jugg)さん、奥がケン(@blackholebirthd )さん。

左のたけさん、ねぶた祭りの待機中に可愛い女の子に声をかけ、一緒に写真撮影に成功した強者。

いやぁ、話かけるとか緊張して無理だわぁ・・・。

 

image

 

帯広で会った、ライダーハウスヤドカリの家の住人と化したみっつ(@TYOmittsu)さんも!

途中で事故してしまったものの、旅人たちに拉致られて来たようでした。

見た瞬間、めっちゃびっくりした・・・w

 

※以上共有画像

 

5日間、1日も欠かさず全力で跳ねましたよ。

途中クッソ体調が悪くなったときもあったけど、後から追いかけて跳ねることに成功。

ちょうど最終日の昼間にねぶた運行する日だったので、死ぬかと思った・・・w

 

そしてそして。

ねぶた祭り最終日に真っ昼間から跳ねたあと、夜には花火大会へ。

 

image image image

 

なんと、一眼レフがいきなりぶっ壊れた・・・ため、iPhoneで撮影。

意外にこれでも綺麗に写るのよ!

 

image image

 

この辺からようやく記憶が残っているので、時系列に書いていきます。

 

疲れ果ててテントサイトで花火を見る大人たちを横目に、1つ年下のよしもと氏(@f585c5af98a04cd)とともに花火大会へ。

「女の子に声をかけて一緒に写真撮影する」というミッションを持ってきたのだが、2人ともヘタレで声を掛けられず。

いや、だって旅中はほとんど話すきっかけがないわけじゃないですか。それゆえ、撃沈w

 

勇気を出したよしもと氏が声をかけたものの、「ごめんなさい・・・笑」

ああ、もうダメだ。よし帰ろう。

 

 

日本一周再開

 

そして翌日。今日はいよいよ、テントサイトから撤収する日。展開早いw

昨日は充電を行うため、フェリーターミナルにて仮眠。6時頃に起床してテントサイトへ。

 

image

 

皆、徐々にテントサイトから撤収を始めます。

あー、めんどくさいw

 

ずっと人のテントを眺めていたのだけれど、現在自分が使ってる1人用のテントでなく大きい物を買えば、もっと快適にテント生活できるなと思った。

値は張るけど、賃貸や購入に比べればよほど安い。固定資産税も維持費も不要。

マジでテント生活は可能性があると思っているので、非常に参考になったな。

 

image

 

あれだけテントで埋まっていたこの場所も、あっという間に元の姿へと戻っていく。

時間の流れが早すぎて、あっという間すぎた・・・。怖いなぁ。

 

image

 

ちょうど北海道に入ったときに会った、こしろー(tabi_koshirou)さん。

入れ違いで入ったので、もうすでに実家の京都へ戻っていた。なので、ここまで青春18切符できたらしい。

ただ距離の関係で切符が1枚しか残ってないので、1日で帰られる東京までヒッチハイクで行くそう。

 

image

 

バックパック持たせてもらいました。重すぎ。

こしろーさん、途中で再開しましょう!出来なかったら、来年辺り忘年会なりなんなりで再開!

関西のチャリダーを集めましょう。

 

image

 

美瑛のライダーハウス蜂の宿で会った、もとき(@mot_sarubaby)さん。

日本一周を徒歩で行っているという。すごすぎ・・・。リュックの大きさが尋常じゃない。

 

image

 

でこの2人と話していると、ダンボーのモバイルバッテリーと袋ラーメンを貰ってしまった。。。

旅人同士なのにかたじけない!ありがたく使わせていただきやす!感謝!

 

image

 

久しぶりに自転車に荷物を積載して、出発だ。

もはや旅というか生活になっているので、次第に自転車や荷物そのものに愛着が湧いてきた。

道具をアップデートしていきつつ、より快適な生活を送れるようにする。

 

チャリダーのみんな、5日間ありがとう!

ねぶた祭り中にたくさん考え事をしてて、あんまり全体的にコミュニケーションできてない感は否めないけどw

まぁ、どこかで会ったらじっくり話しましょう!では!

 

image

 

今日は、隣の五所川原市で開催される立佞武多を見にいきます。

五所川原市は日本海側に存在するので、これから太平洋側を降りていく自分にとっては遠回りになるんだけど。

ま、せっかくだからね!

 

image

 

いきなり山エリアで苦戦しつつ、五所川原市に到着。

せいぜい30km程度しかないので、あっという間だった。

ただ久しぶりに積載自転車に乗ったので、乗り方を忘れていてふらふらだった・・・。

 

途中マックでブログを更新していたのだけれど、すれ違う人の大半が自転車の積載量と看板を見つめて何か言っていた。

カウンター席だったから、自分の自転車が見えるのよね。

さっきまでは日本一周が当たり前の集団に居たのに、一歩外に出ると突然注目される。別に日本一周自体はそこまで貴重じゃないというか、珍しくないと思うんだけれど・・・。

 

 

image

 

 

夜は五所川原市の立佞武多を堪能!

有名になっていたラブライブのねぶたも見ることができました。

 

image image image

 

 

ねぶたの大きさが尋常じゃなく、初めて見た時はポカーンってなったわ。

高さ、20m近くあるんじゃないか?w

 

image image

 

 

青森のねぶたほどではないけれど、一応ワッショイワッショイやっています。

最後の写真は女の子集団。飛び込みたい。

 

お祭りに関しては、「参加感」が非常に重要だと思った。

立ち見で来ている人も思わず踊りだすような、そんなお祭り。

青森のねぶた祭りは承認欲求を求めてハネトが参加者を煽りまくるので、自然に参加館が醸しだされるという。自分も煽りまくった1人w

 

その後、本屋で漫画を読んで近くの公園に移動、就寝。

いやー、ようやく日本一周再開ですね!まだ3分の1程度しか走行していないので、これからどんな物語が生まれるか楽しみすぎる。

ひとまずは、太平洋側を南下して関東を目指します。岩手県のリアス式海岸・・・通るの嫌だなぁw

 

それでは!

 


 

ブログランキング

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

日本一周のブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただくと、当ブログのランキングが向上するだけでなく、

他の日本一周旅行者さんのブログを見ることができます。

 

ポチっと押しとくと、明日いいことがあるかも・・・!?

 

スポンサードリンク