【日本一周】能登半島でプチサバイバル!おばあちゃんに習い、山菜摘みをしてみた。つくし・わらび収穫。

image

 

昨日は、いよいよ能登半島へと到着し、道の駅へ宿泊した。

途中豪雨の中でパンクにあったものの、

お姉さんが手を差し伸べてくれたことにより、無事修理完了。命からがらでした。

 

予報では、この一週間はずっと晴れだという。

今日から、能登半島を満喫できるだろうか。

日本一周、11日目スタートです。

昨日の記事:豪雨の中パンク修理して諦めかけていたら、女性に助けられて救われた話【10日目】

 

 

旅人の聖地、北海道

 

今日は、道の駅の解放スペースにて起床。

昨日お会いしたおじいさんから、6時には清掃が入ると聞いていたので、5時に起きる。

それにしても、眠い。

 

早速準備を始めるが、この時間帯にも関わらず、朝の支度をしている人が多数いる。

この道の駅は、どうやら朝が早いようだ。

朝風呂が6時からやっていると聞いたので、たぶんそれが原因だと思う。

 

出発の支度をしていると、早速いろんな方に声をかけていただく。

旅の途中だという人が多く、北海道からキャンピングカーで来たご夫婦と少しお話しする。

 

北海道の噂を聞くと、ワクワクしてくる。

自転車で荷物を積載して走っている人も、大量にいるという。

楽しみすぎる!話を聞くたび、北海道へ行きたくなってくる。

 

今日はせっかく早起きしたので、早速出発だ。

日本一周自転車旅行、11日目のスタート!

 

image

 

 

あくまでマイペースで

 

さて、今日は能登半島をぐるっと回るぞー!

と出発したはいいものの、そういえばまともに朝ごはんを食べていないことに気がつく。

そういえば、まだ洗濯もできていない。

 

ということで、少し休憩所に寄っていくことに。

 

image

 

お湯を沸かして、カップのワンタン麺を作ります。

朝ごはんをしっかり食べておかないと、自転車で長距離走ることはできない。

ちょっと、変な臭いが染み付いていたけど、うまかった。

 

image

 

糖分補給のため、砂糖を大量にいれた紅茶を飲む。

これがまた、美味しいのよ。

時間があるときは、これで糖分補給をします。

 

他にも温泉博士を取り出して、どこの温泉に行くかを考えたり、情報収集を済ませておく。

そういえば、久しぶりにマインクラフトのBGMを聞いたけど、いい曲だね。

もの哀しさを感じるのだけど、聞いていて妙に落ち着く。

 

通信無制限のSIMを使用しているので、視聴し放題。素晴らしい。

 

さて、あまりまったりもしていられない。

出発だ!

 

image

 

それにしても、今朝は妙に気温が低い。

気温、8℃だって。そりゃ寒いわ。

思わずダウンを着る。

 

image

 

田舎の風景が広がっている場所を、ひたすら走る。

噂通り、能登半島はアップダウンが激しい。

すぐにバテてしまう。

 

まだまだ、先は長い。

 

 

山菜摘みに挑戦!

 

image

 

坂を進むと、おばあちゃんが何やら山菜らしきものを摘んでいる。

じーっと見ていたのだが、気になって声をかけてみた。

 

「なにしてはるんですかー?」

「これ取っとるんよー。」

 

image

 

わらびという山菜らしい。

あのわらび餅の、原料にもなっているそうな。

考え出したらワクワクしてきて、取り方を教えてもらった。

 

image

 

真ん中の、赤い茎をした植物が親玉なので、その周辺を探せばいいという。

・・・わからん!

 

あんたも取ってみんしゃい〜と言われたので、試しに探してみる。

地元の人は、皆こうしてわらびを摘んでいるらしい。

 

image

 

これか!

一回見つけると、選択眼が養われて次々に発見できる。

山菜摘み、楽しい!

 

image

 

結局、おばあちゃんが去った後も夢中になって取り、これだけの量をゲット。

もうこうなると、ただの山が宝の山にしか見えなくなってくる。

さっきまでは、ただの坂地獄としか思っていなかったのだが。

 

image

 

自転車に乗っていると、やたらとわらびが群生している場所を発見!

結局、これだけの量を追加でゲットした。

これ以上は取っても後処理が大変だろうと思うので、置いておく。

 

つくしも結構な量を発見したので、持ち帰る。

しかし、これだけの量・・・皆あまり取ってないの?

と思ったら、行くとこ行くとこあちこちで山菜摘みをしていて、笑った。

 

タダだし、わらび自体美味しいらしいし、なにより山菜摘み自体が楽しすぎる。

能登半島、最高だ!

 

 

やっと、リアルマインクラフトの名に相応しいことができてよかった。

食料自給、サバイバル生活。これからじゃんじゃんやっていくよー。

 

今回の出来事で、サバイバル生活に対する自信がついたのは間違いない。

完全に経済社会に巻き込まれなくても、ある部分だけ自給することもできる。

その可能性を実際に体感したような感じ。

 

これからが楽しみだ!

さて、次の場所へ出発しよう。

 

 

世界一長いベンチ

 

image

 

山から少し降りると、そこには海が広がっている。

やったー!海だ!夢中になって走る。

 

image

 

出た!世界一長いベンチだ。

名前のインパクトがありすぎるスポットだ。

これは、行くしかないな。

 

image image

 

海が眩しい。素晴らしい場所。

山菜もそうだけど、この海を見ていると、能登半島でサバイバル生活がしたくなってくる。

悪くない選択肢かもしれない。

 

image

 

少し走ると、世界一長いベンチ周辺の浜辺へ到着。

潮風が気持ちいい。

そういえば、さっきから入れ替わり立ち替わり、車が出入りしている。

皆、ベンチだけが目的で来ているようだ。

 

さて、世界一のベンチがどんなものか、見てみよう!

 

image

 

これが、かの世界一長いベンチか。

地味だな。

このベンチだけを目当てにここまで来る意味は・・・あんまりないかも?

 

image

 

確かに、はるか先まで続いている。

世界一長いベンチなんて、どこでも作れそうだけど、意外と他国ではやってないのね。

1000何人が一斉に座ったこともあるそうな。

 

 

潮風が心地よすぎて

 

実はこの後、温泉博士を利用して、近くの温泉に入る予定だった。

温泉が始まるのが15時からなので、それまで待たなければならない。

今日はほとんど走ってないけど、温泉の誘惑には勝てなかった・・・w

 

それまで、どう時間を過ごそう?

そういえば、まだ洗濯物を乾燥させていない。

じゃ、いっちょ干すか。

 

image

 

憧れだった、砂浜で洗濯物の乾燥を試みる。

天気は晴れ、そこそこの風が吹いている。

最高のコンディションだ。

 

ぼーっとしていたのだけど、あまりに気持ちよすぎて、昼寝をしてしまった。

起きると、14時半。

もうすぐ、温泉が始まる!

ゆっくりと、準備を始める。

 

image image

 

今回利用したのは、こちらの渤海温泉という場所。

ピラミッド型のドームが特徴。

こんな汚い人間が入っていいの?と思いながらも、ゆっくり浸かってきた。

 

温泉後は、近くのスーパーで買い物。

かりんとう×2、食パン、キャベツを購入。

やっと野菜を摂取できそうだ。

 

さて!もう時刻は夕方だけど、もういっちょ頑張りますか!

気合いを入れて、再び走りだす。

 

 

夕日を見ると、様々な感情がこみ上げてくる

 

image

 

能登半島、すごいな!

まだまだ、自然がたくさん残っている。

走っていて、気持ちがいい。

 

image

 

本当に静かな場所。

聞こえるのは、鳥のさえずりと、風の音だけ。

車の走行音も、たまにしか通らないので、気にならない。

 

image

 

白米千枚田。日本の棚田100選にも選ばれているんだとか。

そろそろ、日が落ちそうだ。

このあたりはまともに街灯もないので、急がないと。

 

image

 

それにしても、夕陽が美しすぎて、つい立ち止まってしまう。

いつまでも見ていたい光景だ・・・。

 

image

 

生きることは、本質的に悲しみを内包しているものなのかもしれない。

朝日が上がって喜び、夕日が落ちるころには今日も1日終わったな・・・と感じる。

今日も1日頑張ったという達成感と、またこうして1日が過ぎていく、という虚しさと。

 

アラスカでは、冬季はほとんど太陽が上がらないため、春が待ち遠しいという。

逆に、夏が近づくと日照時間が短くなるため、冬の訪れを感じるんだとか。

冬は慌ただしい日々から逃れられるけど、常に春を待つ切なさを背負うことになる。

(語彙力がないので、うまく表現できないのだけど)

 

今を生きているからこそ、そうした感情が湧いてくるのかもしれない。

現代人は自然に生活が影響されることが少ないので、そうした感情を抱く機会も少ないと思う。

こうやって旅をしていると、自然に対して様々な感情を抱くことになる。

 

どっちがいいかはわかんないけどね。

 

image

 

棚田のビュースポットから。

こうやって夕日を見つめていると、どうしようもない虚しさがこみ上げてくる。

ずっと見つめていたい。

 

image image

 

ヤセの断崖より

 

今日は、こんな夕陽が見える場所にテントを張ることにした。

最高の場所だ!唯一携帯の電波が入りにくいので、ブログの更新が遅れそうだけど。

 

日本一周なんかの旅に出ると、どうしても先のことを考えがちなんだけど、

目の前に広がる景色のことだけを考えたいと思った。

 

さて、明日はどこまで回れるかな。

 

走行距離:36km

累計走行距離:596km

使用金額:400円

累計使用金額:3,563円

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

日本一周ブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると、当ブログのランキングが向上するだけでなく、

他の素敵な日本一周旅行者さんのブログを閲覧することができます。

 

ぜひ、お帰りの際はポチッと押していってくださいね。

 

スポンサードリンク