【日本一周】陸前高田に残る、東日本大震災の爪痕。被災した方の家に泊めさせてもらうことに。

image

 

今日も再び岩手の酷道を進みつつ、陸前高田へと走り抜ける!

偶然の出会いがあって、陸前高田に住む人のお家に泊めさせてもらうことになりました。

震災の現場を見るだけでは何もわからないからね・・・じっくりお話を聞くことにしよう。

 

昨日の記事:【日本一周】東日本大震災の被災地を行く。当時の時間をそのまま刻む時計。

 

 

雨宿り

 

昨日は、無人駅前のスペースにて宿泊。

本来は駅内で寝る予定だったんだけど、休憩所内にも関わらず大量の蚊に襲われ撤退。

マジでこいつら、なんなんだ・・・。

 

image

 

おはようございます。公共施設の前で寝ているというのに、起きたら9時半でした。

慢性的な寝不足に陥っているので、目覚ましを設定していてもこうなる。普通のサラリーマンは色んな意味で99%無理ですな。

こうなるから、できれば人目につかないところにテントを張りたいのです。

 

image

 

今日も朝から雨が降り続いている。一部の荷物が濡れてしまった。。。

排水口から水が流れだし、テントの床面もビショビショ。またカビと臭いに悩まされそうだ。

天気のいい日に乾かしておかないと。洗濯物も溜まってきた。

 

image

 

食パンやらなんやらの食品を食べた後、朝からコーヒーを。

早く出発した方がいいかなぁと思ったんだけれども、未だに雨が降り続いているので。

てか意外にここ、人通りが多いんだな。停滞は出来ぬな。。。

 

「雨止まないかなぁ」と思ってまったりしていると、地元に住むおっちゃんが話しかけてきた。

ちょうど、先にある温泉に行く予定だという。震災のことに着いて話してくれた。

 

image

 

おっちゃんによると、この駅の屋根の上まで車が流されたという。つまり全面浸水。

線路も一部流されてしまったので、新設。泊まったスペースやトイレも大変新しいものだったのだけれど、全部流されてしまったんだね。

 

image

 

「これ、プレゼント」と、カフェオレと飴を頂いてしまいました。感謝!

 

この辺で、普段愛用している電気シェーバーを紛失していることに気づく。

マジかよ!一眼レフといい、高級品ばかりが破損していくな。

これが無くても生きてはいけるけど、肌が弱い自分としては必須レベルなんだよ。髭生えていると浮浪者にしか見えないしさ。どうしよう・・・。

 

image

 

とりあえず、この場に留まっていても仕方がないので、先へと進みます。

時刻はお昼を過ぎている。今日は陸前高田辺りまで進めればいいかな。一応道の駅があるらしいけど、一度流されたらしいので復興しているかどうかはわからない。

ま、進めばなんとかなるでしょう。ということで、日本一周124日目のスタート!

 

 

偶然の出会いと地獄の峠

 

駅に留まっていたときから雨が降っていたので、雨に濡れながら進む。

酷道45号線は相変わらず健在で、馬鹿みたいな坂をゆっくり漕いでく。

この国道・・・本当に、ただの凶器だよ。狂気だよ。

 

image

 

雨が降り続けるなか峠を越えて、道の駅さんりくへと到着。

レインコートを着ていても汗で濡れるので、全身ビショビショだ・・・。

とりあえず、端っこのほうで休憩。

 

image

 

上着を脱いで休憩していると、地元のおっちゃんが話しかけてきた。

陸前高田に住んでいるそうなので、話を聞いてみた。やっぱり、ほとんど流されてしまったらしい。

 

話をするうち、「よかったら、家来る?」と神の一声が。

マジっすかー!ちょうど寝床に困っていたし、何より陸前高田の住人とじっくり話をしたかった。

当然ながら2つ返事で「はい!」と答える。気分はウキウキだ。

 

先に車で戻っているそうなので、とりあえず追いかけないとな。

陸前高田まで20kmくらいだけど、まだまだ峠は健在だからなぁ・・・。

 

image

 

道の駅のトイレ上に佇むツバメたち。巣立ち遅すぎねぇ?

 

掃除のおばちゃんが、目をキラキラさせながらツバメの話をしてきた。

「うんちをするとき、不衛生にならないようお尻を外に向けるのよ」って、イケメンアイドルを見た大阪のおばちゃんみたく熱弁してきた。そ、そうなのか・・・。

愛称は「うんこたれ」らしい。

 

image

 

うんこ落下被害から道の駅を守るため、巣の下には新聞紙が設置されていた。

なんというか、掃除おばちゃんの愛を感じた瞬間であった。

 

image

 

道の駅で軽くブログを更新したあと、再び坂を上ってく。

途中で雨は止んでくれたのだけど、それでもしんどいわ・・・。

 

image

 

途中の都市に到着。

山間部はアップダウンが無茶苦茶激しいけど、都市部はフラットで走りやすいんだよな。

 

image

 

1Fと2Fが流されてしまったカラオケ店。

鉄筋がむき出し・・・凄まじい状態。

 

image

 

まだまだ上るよ。もうこの辺で、本気で岩手県が嫌いになってきたw

 

image

 

普段なら「あと10kmしかない!」とぶっ飛ばすところだけれど、この酷道において10kmの距離は半端じゃないのだ。

ルートによっては、たった10kmを走るのに1時間もかかる。過酷すぎ・・・。

 

image

 

最後に、トドメの「急勾配」の看板。ああ、もう岩手は嫌だ。

公共交通機関を利用しても、岩手には近づきたくないよ。

 

image

 

坂長すぎだわw

なぜか坂の頂点にパチンコ屋みたいな施設があった。なぜこんなところに・・・。

 

image

 

ああ、ようやく坂を上り終わったぜ。死ぬわ!

左の警官が怖すぎ。

 

image

 

陸前高田市に到着!あー、ようやく到着したよー・・・。

この看板以降は、下り坂らしい。ああ、今日はこれ以上坂を上らなくても大丈夫そうだ。。。

 

image

 

陸前高田の様子。色んなものが流されてしまって、何もない状況。

あちこちに仮設住宅が建設されていて、震災から4年経過した今でも何も進んでいないことがよくわかる。

 

image image

 

当時のままの状態で残っているマンション。

傍に海があるから、モロで正面から津波を受けたのだろうな。

 

その後、すぐに道の駅で会った”新沼さん”のお家に到着。

津波に遭いながらも、崩壊した1F部分を修復しながら暮らしているらしい。すごい!

 

image

 

近くの飲食店で、ご飯を奢ってもらいました。感謝!

陸前高田にファーストフード店はないけど、地元のお店ならちょこちょこあるそう。

 

image

 

夜は震災の状況なんかを話しあいつつ、ソファで寝させてもらいました。

 

あれだけの巨大地震と津波に遭いつつも、徐々にではあるが復興しているみたい。

周囲を見る限りは、最低限の衣食住は確保できているようだ。それだけでも、少し安心したな。

その後、お互い眠いということで、早めに寝ることに。

 

「そろそろ携帯を変えたい」ということで、明日は機種変の付き添いに行ってきます。

まぁ、デジタルネイティブ世代ですからね。協力できることはこれくらいしかないんだけど。

じっくり陸前高田の様子を見つつ、気仙沼方面に進んでいきたいと思います。

 

それでは!

 

 


 

ブログランキング

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

日本一周のブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただくと、当ブログのランキングが向上するだけでなく、

他の日本一周旅行者さんのブログを見ることができます。

 

ポチっと押しとくと、明日いいことがあるかも・・・!?

 

スポンサードリンク