【日本一周】奇跡の一本松と度重なる出会い。「恩は返さなくていいので、もし困った人がいたら助けてあげてほしい」

image

 

今日は3日間お世話になった新沼さんの家を出発して、石巻へと向かう!

奇跡の一本松に寄ってからというもの、面白い出会いが続いた。

アイスとジュース3本を奢ってくれた伊藤さんから聞いたエピソードが素敵すぎた・・・。

 

昨日の記事:【日本一周】被災地域でリノベーション!お世話になった新沼さんと携帯機種変更に行ってきました。

 

 

旅立ちの日

 

昨日は、陸前高田でお世話になっている新沼さんの家にて宿泊。

結局3日間お世話になったのであった。

さて、さすがにこれ以上は色んな意味でアレなので、さっさと出発します!

 

image

 

今日はあいにくの天気。昼から雨が降るらしいので、早めに出発。

ひとまず、石巻を目指して突っ走ります。

 

image

 

昨日の記事でも書いたと思うけど、この場所をシェアハウスorゲストハウスに改築するらしいです。

絶対面白いやんけ!いつもの自分なら速攻で「手伝います!」と言うところだけれど、本人は1人で仕上げたいらしく、また色々な事情があって今回は先へ進むことに。

日本一周であっても、面白いことがあったらどんどん突っ込んで行きますので。笑

もしこの場所で展開するならば、色んな意味で成功すると思いますよ。

 

image

 

津波で発生した瓦礫を利用して、色んなものを作ってるみたいです。

元々は職人として内装屋をされていて、津波にあったところから一念発起し家の改修を始めたと。4年かけて、色んな場所を改築。

うちの父親も職人系の仕事をしているので、話が合うのでは。

 

image

 

軽く自転車のメンテナンスもしてもらい、準備万端!

ああ、この装備で日本一周したい・・・。

 

image

 

久しぶりに荷物を積載して、日本一周へ向けて再出発です。

「またいつでも来いよ」と言ってくれたので、家のない生活でまた家が増えました。ふふふ。

絶対に自転車で酷道を走りたくないので、エンジン付きの乗り物で来ますわ。お土産持って。

 

新沼さん、ありがとうございました!顔写真NGなので2ショットはなし!

日本一周再出発だ!まずは東京へ向けて再スタート!

 

 

奇跡の一本松で奇跡の出会い?

 

陸前高田市を出発して、石巻へ向けて出発。

まずは、残りの酷道を越えて行かなければ・・・。

 

image

 

現在の陸前高田の状況。山から土砂を運んできて、高く積んでいます。

この場所に商店街を作る構想があるんだとか。

ただこの事業に関して、地元住民は否定的な人が多いのかな?

 

image

 

出発してすぐに「道の駅高田松原」に到着。

津波の影響を受けて、完全に道の駅としての機能を失っています。

 

image

 

この高さはアカンやろ・・・。

もし自分なら、見た瞬間に人生諦めるレベル。

恐怖以外の何ものでもない。三陸は津波の街・・・。

 

image

 

現在の陸前高田市の状況。

山から土砂を運んでくるため、大量のベルトコンベアが設置されています。

世紀末の工業都市みたい・・・。異様な雰囲気でした。

 

image

 

道の駅に続き、お次は「奇跡の一本松」を見に行きます。

総工費1億5千万円を費やし、保存事業に注力した震災のモニュメント。

賛否両論ですよね。個人的には「残したい」という意思があるなら、リターンが少なくても事業に取り組んだほうがいいのではと思います。津波の街だということを忘れてしまえば、再び同じ被害が発生する可能性がある。

 

image

 

これだ!「奇跡の一本松」だ!

とはいっても、これを見ても特別な感情を抱くことはないのだけれど。

震災と津波を体験したものしか、状況なんて想像すら出来ないよ。

 


そしてなんと!出発しようとした時に函館~横浜間を自転車で旅してる二人組に声をかけてもらいました。

自分より1つ年下みたい。ぜひ日本一周を始めた際は、地元の兵庫県西宮市にお越しくださいませ。笑

いや~、なんだか幸先いいね。このままレッツゴー!

 

 

「もし困っている人がいたら、私と同じように助けてあげてほしい」

 

image

 

再び、酷道45号線を進んでいきます。宮城県に突入!

それにしても、アップダウン多すぎだわ。。。

 

image image

 

たったこの距離で、この落差!人力で行くところやないで!

時速10km程度で進んでいきます。さっきのお二人のほうがよほど脚力も体力もあるわ。

 

image image

 

アップダウンを乗り越え、気仙沼市街へと到着!

一部、住宅の土台から流されてしまっている場所も・・・。

それでも新しい家なり店が立ち並んでいるようで、ホッとした。

 

image

 

そして、「道の駅大谷海岸」に到着!

2日ほど前に花火大会をやっていたらしいんだけど、人がごった返して大変だった人もいるみたい。

ちなみにこの場所も骨組みだけ残して流されたらしいので、最近改築した施設とのこと。

 

image

 

自転車の前で4日消費期限が切れたパンを食べていると(笑)、伊藤さんという方が話しかけてきて「ふかひれアイス」を奢ってもらいました。感謝!うまい!

 

image

 

さらに、ジュース3本も買って頂きました・・・。

なんと贅沢な!本当に感謝です!

 

伊藤さんは仮設住宅で生活されているらしく、2年後の期間満了時に公営住宅に移る予定とのこと。

次々に出て行くから孤独になるし、口を開いても皆悪口しか言わないから早く出たいと仰っていました。

仕方ないのかもしれないけれど、どんな状況でも先へ進んで行かなければ他人をも不幸にしてしまうよね。

 

この伊藤さんがまた凄い人で、昔のエピソードを語ってくれました。

「旅に出かけたときに、印象に残っている出来事があるんだ。もう20年も前かな。バスに乗っていると途中で財布を無くしたことに気づいて、前までいた場所に電話したんだ。そしたらそれを聞いていた女性がバスの運賃を払ってくれ、さらに2000円までくれたんだ。あとでお金を返そうと住所を聞くと、「返さなくていい」と断られた。「私に返さなくて構わないので、その代わりもし困った人を見つけたときは、私と同じように助けてあげてほしい」と言われたんだ。」

 

そう言われた伊藤さんが、20年後に偶然会った旅人にこうして助けてくれていると。

いやぁ、なんだか鳥肌が立ったなぁ・・・。今日は、面白い出会いが多いな。楽しい。

ちなみに、伊藤さんも「いつでも来ていいよ」と住所を書いた紙をくれました。また家が増えたなぁ・・・(笑)

 

 

久しぶりの孤独な夜

 

伊藤さん以外にも話しかけてきた人たちとだべっていると、時刻は16時前。

やべぇ!急がないと!石巻市までレッツゴーだ。

酷道の区間は越えたので、もう楽になるはずだ。

 

image

 

海沿いを行くのではなく、途中で内陸へと入って進む。

このまま海沿いに行くと再び地獄が待っているので、もういいかなと。お腹いっぱい。

多少の坂をあるけど、基本的に平坦が多い。

 

image

 

少しの間走り続けて、「道の駅林林館」へと到着!

途中から雨が降り始めて、わりとビショビショ。軽く雨宿り。

 

image

 

あー、まだ目的地まで30kmあるのか。せめて雨がなければ・・・。

ここでも出会いラッシュが続き、お二人ほどと話した。

なんと、1人は過去にロードバイクで日本一周を果たしたとか。マジか!

 

出発しようと思ったものの、動く気にもなれないのでここで寝ることに。

居座れそうな休憩室もあったしね。ここなら快適に寢れそうだ。

久しぶりの1人の夜。孤独な方がインスピレーションがたくさん湧いてくるので、自分自身をチューニングするためにも絶対的に必要。思考を整理するためのブログも、いつも1人の環境の時に書いている。逆の状況だと無理だなぁ。

 

さて、今日はこれから軽く飯を作って寝床を探し、睡眠につくことにします。

明日は仙台向けて走るぜ!これからはほとんど平坦なので、あっという間に東京に到着すると思うなぁ。

それでは!

 


 

ブログランキング

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

日本一周のブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただくと、当ブログのランキングが向上するだけでなく、

他の日本一周旅行者さんのブログを見ることができます。

 

ポチっと押しとくと、明日いいことがあるかも・・・!?

 

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 君のブログ拝見してます。先日青森でアルキダ-のさるぼぼさんと会いました。
    彼は今秋田の大曲付近にいます。22日の花火大会目指して160キロ手前爆走中だそうです、私は群馬の伊勢崎です。帰り寄ってみませんか、ご飯くらい御馳走しますよ。気をつけて頑張ってね。

    • さるぼぼさんですか!
      もう徒歩で2~3年日本一周しているそうですね。僕にはとてもじゃないが真似できません^^;

      群馬の伊勢崎ですか。ちょっと大きくルートから離れてしまうので寄れないのですが・・・もし他のチャリダーが通りかかったら、その時はぜひよろしくお願いします。再び健康第一で走って参ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です