【日本一周】能登島を満喫!ひたすら田園地帯が広がる光景。田舎って素晴らしい。

image

 

逆風が吹き荒れる中、能登島へと到着した昨日。

能登半島への滞在も、今日で5日目。

能登島を満喫しつつも、次の目標のために出発したい。

 

日本一周自転車旅、15日目のスタートです。

(出発から半月も経過!)

昨日の記事:強風に苦戦…いよいよ能登島へ到着!【14日目】

 

 

チャリダーの朝は早い

 

昨日は、道の駅でもない普通の休憩所スペースに宿泊したため、早めに起床。

6時に起きたのに、もう人がいる。

朝早いなー・・・。さっさと支度をしてしまう。

 

image

 

うん、今日もいい天気。

太陽を見ると、どこからか力が湧いてくる。

人間が、根源的に欲しているものなのだろう。

 

テントが朝露でビショビショになっている。

まだこの季節は、特に日が落ちてからは冷える。

ダウンジャケットは必要不可欠。

 

さて、さっと支度、支度。

徳島から旅行中だというおっちゃんとしばしお喋りし、場を後にする。

やっぱり、同じ人種同士話が合うし、話していて面白いね。

 

image

 

さーて、今日も出発だ!

 

後ろには、ソーラーチャージャーも積載。

電気も、自給してやっていきます。

なんという、エコな旅だ。

 

すっかり、日本一周そのものが習慣化してきた。

朝から自転車で走るのが、日課になってきているという。

 

あれだけ非日常を夢見たのに、それすら日常化してしまう。

皮肉というか、なんというか。

それだけ、人間の適応力はすごいということかな。

 

 

釣りに挑戦

 

image

 

しかし、この島はまさに田舎を体現しているような島だな。

いや、実際田舎なんだけど。

ちょっと山間部へ入ると、街灯すら存在しない。

まさに、秘境。

 

image

 

いい眺め。

今日も雲一つなく、快晴。

この天候が、ずっと続いてくれればいいんだけど。

 

ちょっと走っていると、釣り人をちらほら見かける

ま、今日休日だし。この場所自体、釣り人のメッカだしね。

そういえば、旅に出てまだ一回も釣りしていないなぁ。

 

image

 

いい感じのテトラ帯を発見。

よし、いっちょ釣りすっか。

釣り竿を用意する。

 

image

 

タックルはこんな感じ。

1m50cmの竿、スピニングリール、仕掛けは簡素な穴釣り用。

先にワームを付けている。

これを、テトラとテトラが積み重なってできた穴に落として釣ります。

 

しばらくやってみるも、ことごとく当たりはなし。

あれ、結構いいスポットだと思うんだけど。

仕方なしに、釣り具を仕舞っておく。

 

 

田舎の良さ

 

image

 

ちょっと山の方へ行くと、食べられる山菜がウジャウジャ生えている。

ここは、天国じゃ!

 

image

 

本当、いい天気だ。

照りつける日差しで、いっぱい汗が出る。

同時に、腕が焼ける。出発時と比べて、相当黒くなった。

 

image

 

ここでは、イルカウォッチングもできるとのこと。

船で沖へ出て、見るのかな。

 

image

 

走っていると、四方八方から農業機械音が聞こえる。

この能登島、面積こそ狭いものの、あちこちで農地が稼働しているようだ。

ついつい、自転車で走りながら様子を見てしまう。

 

ほとんどがお年寄りだったけど、なかには30〜40代の方も。

本島より、勢いあるじゃないか。

 

どこに行っても、田んぼがあるのが田舎の良さ。

綺麗な海があり、資源が豊富な森林地帯がある。

そこでは、元気なおじいちゃんおばあちゃんが目を輝かせながら、働いている姿が見て取れる。

 

image

 

田舎道を抜けると、 また釣りの良スポットが。

よし、ここで粘るか。

再びリベンジを図る。

 

image

 

突然、遠くからおばちゃんがキャーキャーと発声している声が聞こえる。

なんだなんだ!?と思ってしばらく見つめてると、イルカが泳いでいる。

こんな近海で見られるんだね。

てっきり、もっと外洋の方へ出かけていくもんだと思っていた。

 

写真ではわからないけれど、じーっと見ているとイルカの姿が見えた。

そういえば、今日はまともに朝ごはんを食べていない。

そろそろ、手を止めてお昼にしよう。

 

image

 

ごはんを少し食べると、眠たくなってくる。

堤防で寝転がって、空を見上げる。

潮風と太陽の日差しが心地いい。

 

。。。。

 

気がついたら、一時間ほど寝ていた。

海辺で昼寝をすることほど、気持ちいいものはない。

これからは、積極的に昼寝を取っていこうと思う。

 

image

 

また山菜だ。

山を走っていると、ついつい山菜も探したくなってしまう。

春の楽しみ。

 

image

 

坂を登ると、須曽蝦夷穴古墳が見えてきた。

ここから、七尾湾を一望できる。

内部の石室も、かなり再現されているようだ。

 

image

 

image

 

内部は、開放されているので自由に出入りできる。

石の積み重ねを見るのが面白かった。

何を考えながら、石を重ねていたのだろう、と。

ま、大半は再現されている箇所なのだけど。

 

さて、いよいよ古墳も見たことだし、半島を去りますか!

能登半島、実に面白い場所でした。

 

image

 

逆光で見えないけど、「また来てね」というようなことが書いてある。

うむ、また来る!

では、これにて失礼。

 

image

 

能登島と能登半島をつなぐ、瀬戸大橋。

中々、渡るのが大変だった。

車道狭くて、チャリダーにとっては危険スポット。

 

さて!気を取り直して、出発しよう。

 

image

 

早速定番のドラックストア、シメノドラックを発見。

北陸では、特に能登半島周辺は定番のお店。

かりんとうと、うどんが一玉19円で売っていたので、ラッキーと思いながら購入。

 

image

 

道なりに進むと、今後は業務スーパーが現れた。

買い物は済ませてあるけど、それぞれ商品の相場がどの程度かわからないので、リサーチのためにも入店。

どんなものが売っているかなー。

 

入店早々、衝撃の看板。

うどん、一玉10円。

え?うどんってこんなに安いの?

泣く泣く、追加で2パック購入。

 

他にも、スパゲッティを中心に当分の食料を買い込んだ。

こうなると、自転車のフロントバッグが欲しくなる。

それにしても・・・お米10kg1280円とかで販売していたのは驚いた。

すごい場所だな、業務スーパーは。

 

image

 

さて、買い物を済ませたら、今度は温泉だ!

今回は、健康増進センターアスロンという所を利用する。

プールやジムも併設されており、温泉博士では温泉施設のみ利用できる。

 

これまた、本当に気持ちよかった!

元々お風呂嫌いな人でも、日本一周をすると嫌でも温泉好きになる。

疲れが飛んでいくのがよくわかるし、デフォルトが臭いので、自分からいい匂いがしているというだけで幸せ。

 

さ、もう時刻は18時。

最後のナイトランだ。

 

image

 

温泉を出ると、いよいよ暗くなってきた。

今日は、20km先にある道の駅で宿泊する。

その場所まで、急ごう。

 

国道の高架を突っ走り、目的地を目指す。

 

image

 

最後の夜間プチ山登り。

周囲は真っ暗、熊や猪も出現するという。

この場所自体は確かに面白いけれど、もう坂はお腹いっぱいです。。。

 

 

ビュンビュン通り抜けていく車を横目に、進む。

最後の下りでは、全く街灯のないエリアを走った。

あまりにも何も見えないので、車を追いかけて走ったくらい。w

 

image

 

やっと・・・到着だ!

今日は、海沿いのこの道の駅に宿泊します。

あー、本当に疲れた。

 

 

明日からは、いよいよ富山県に突入します。

 

秘境スポットが山の方にあるので、これから何度もお世話になりそう。

無料キャンプ場が富山県内にいくつかあるので、到着したら少しだけ沈もうかな、なんて考えています。

 

さて、今日は眠すぎるので、また明日。

おやすみなさい。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

日本一周ブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると、当ブログのランキングが向上するだけでなく、

他の素敵な日本一周旅行者さんのブログを閲覧することができます。

 

ぜひ、お帰りの際はポチッと押していってくださいね。

 

スポンサードリンク