【日本一周】富山湾で、ホタルイカが素手で捕獲できるらしい。実際にやってみた!

image

 

能登半島への滞在も、今日で6日目。

昨日は能登島へと足を運び、島を満喫した。

能登半島、素晴らしい場所だったな。

 

さて、今日こそは能登半島を抜け、次のステージへと進む!

目指せ、富山県!後半には、ホタルイカ捕りも・・・?

昨日の記事:能登島を満喫!田舎って素晴らしい【15日目】

 

 

朝の支度はゆっくりと

 

昨日は、夜間になんとか自転車を飛ばし、海沿いの道の駅に宿泊。

道の駅といえど、あまり宿泊に適した場ではなさそうだったため、早めに起床。

6時前には起床して、準備を始めます。

 

image

 

今日も、ソーラーチャージャーで充電しながらの支度。

自転車走行時にはどうしても充電量が少なくなってしまうので、

支度をしている間に、位置を固定して充電します。

 

常に野宿生活を続けるのなら、高いけど買う価値はある。

 

image

 

そして、今日も恒例の一杯。

紅茶を飲みながら、朝の日差しを浴びて、海を眺める。

最高だね。日本一周直前は家に引きこもっていたけど、やっぱり常に日の光を浴びていたい。

 

道の駅の様子を見ていると、特に急がずとも問題なさそうなので、ゆっくりと支度。

荷物の整理、朝食の準備、ルートの把握、食器の洗浄。

相変わらず、朝晩はやることが多い。

 

結局、準備をしていたら、出発が8時半頃になってしまった。

ま、今日は特に急ぐ用事もないし、かなりゆっくり走ることにします。

日本一周自転車旅行、16日目のスタート。

 

image

 

今日も快晴です。

潮風が心地いい。

この快晴が、ずっと続けばいいのにな。

 

 

やっぱり、昼寝は最高!

 

image

 

この海を眺めながら、自転車を進めます。

今日の目標は、電源のあるマクドナルド。

とはいえ、ここからかなり遠いようなので、到着は明日になりそう。

 

朝から、ローディー、バイカーがたくさん走っている。

今日は日曜日だから、人も多いんだな。

ローディーは同じ自転車乗りとして、挨拶をしておく。

 

image

 

まだ能登半島から抜け切れていないので、あちこちに坂がある。

いやぁ、もう坂はお腹いっぱいです。。。

能登半島、場所自体は最高だけど、自転車ではもう訪れたくないw

 

相変わらず、南風が吹いている。

ちょうど南下しているところなので、常に向かい風を受けていることになる。

なかなか、しんどいな。

 

image

 

さて、そんなことをしていると、いよいよ富山県に到着だ。

看板の写真を撮影しようとしたとき、ちょうどiphoneの充電が切れてしまった。

ついでなので、腰を下ろして充電に集中することにする。

 

image

 

全面を太陽に直接当てる。

それにしても、今日もやけに日差しがキツイ。

まだ、5月にもなっていないというのに。

 

image

 

能登半島周辺には、あちこちに小さい堤防が点在している。

その1つに腰を下ろして、充電しながら釣りをすることにした。

結構、いいスポット。

 

が、何回もテトラの穴を探っているにも関わらず、一向に釣れない。

他の場所では、このパターンで何回も釣っているんだけどなぁ。

砂浜の方に投げてみるも、魚の気配がない。

 

釣りは諦めて、早速寝ることにしたw

太陽の元で寝るの、最高に気持ちがいいからな。

・・・一時間ほど、ぐっすりと眠ってしまった。

 

さて、もう一度出発するか。

坂を越え、本日の目標地へと進む。

 

 

富山市を目指して

 

IMG_5738

 

ずーっと向こうまで道が続いている。

それにしても、本当に日差しが強い。

腕が焼け、ヒリヒリする。軽いやけど状態だ。

 

国道8号線を突き進む。

 

image

 

道なりに進んでいると、一気に都会の光景が飛び込んできた。

ずっと直線!さらに、追い風!最高!

これなら、今日中に目標の場所へと到着できる。

 

さすがに平坦で追い風だと、初心者でも30km以上で走ることができる。

最高だ!単純に場所を比較した場合、田舎のほうが好きだけど、

こと自転車走行においては都会の方が好きだ。

 

直線が多いから。

 

image

 

直線でぶっ飛ばした先には、立派な道の駅。

もう水もなくなりかけていたので、補給する。

それにしても、人が多い!

 

image

 

なかには、水槽が展示してあった。

富山湾内に存在する魚の一部を、展示しているらしい。

ウマヅラハギ、ハタ、メバル等、身近な魚が多い。

 

image

 

カサゴさん。

そう!お前を釣りたくて、釣りセットを持ってきたんだ。

可愛いなぁ。

 

image

 

富山名物、白えびもいた。

初めて見たえびだ。

透き通っている。

 

IMG_5741

 

さて、水の補給が終ったので、出発しよう。

今日は走らないとか言っておいて、すでに50kmも走っている。

直線走るの楽しいから、つい・・・。

 

そういえば、少しお腹が減ってきたので、少し休憩する。

パンを食べながら、「そういえば、富山ってホタルイカが名物だったよな」と思い出す。

釣れないのかな?と思って検索すると、なんと捕獲できるのだとか。

 

ちょうど今が旬で、富山湾のある場所で捕獲できるらしい。

ホタルイカには漁業権が設定されておらず、自由に捕ってもいいらしい。

きたこれ!

 

さらに、幸運は続く。

その、大量に捕獲できるという場を調べたのだが、すぐ近くらしい。

休憩をして立ち止まっていなければ、そのまま素通りしていただろう。

 

よし!今日はホタルイカを捕獲して、明日ゆっくり休もう!

急遽、方向転換。

まずは、PCでの作業が大量に残っているので、電源のあるカフェと向かう。

 

IMG_5743

 

富山駅!

立派な駅。人も大勢行き交っている。

先ほどまでの能登半島とは、大違いだ。

 

自転車を止める場所に苦労して、結局カフェに到着するのが遅くなってしまった。

あまり長居もできないので、全力で作業をする。

急げ!急げ!

 

結局、カフェを出る頃には、辺りは真っ暗に・・・。

ま、おおよその寝床も決めているので、あまり問題にはならない。

ホタルイカは夜9時以降ぐらいに取れるそうなので、それまでに夜食を済ませておく。

 

 

ホタルイカ捕獲作戦!

 

駐輪場から自転車を回収して、ホタルイカがいるという海へ向かう。

もうすっかり暗くなっているので、暗闇のなかを走る。

昨日と同様、今日もナイトランだ。

 

image

 

富山駅から、海へと向かう。

それにしても、毎回駐輪するときには気を使ってしまう。

フル積載状態だから、いつ盗まれてもおかしくない。

 

image

 

途中、北陸定番のドラックストア、アオキで明日の食料を購入する。

明日の目標地の近くに業務スーパーがあるので、明日の分だけ。

 

ちなみに、ホタルイカの情報に関して補足をすると、

 

①新月に近ければ近いほど、いい

②捕獲できるのは、夜の9時~明け方3時頃

③日中、晴れて気温が上がる

④無風で、波がない

 

これらの条件を満たせば満たすほど、捕れるとのこと。

堤防から網で掬えるし、砂浜に打ち上がっていることもある。

”ホタルイカの身投げ”というらしい。

 

富山湾特産のホタルイカが、新月の夜に海岸に押し寄せる「ホタルイカの身投げ」と 呼ばれる現象が、富山市の海岸で見られている。

富山市の八重津浜海水浴場には、新月となった12日夜、砂浜に押し寄せるホタルイカをすくって持ち帰ろうと200人以上が詰めかけた。ホタルイカが海から砂浜に打ち 上げられる様子から、この現象について地元では「ホタルイカの身投げ」と呼ばれてい る。

富山県水産研究所によると、ホタルイカは月の光を頼りに自らの位置を把握している という研究結果があり、新月の時は月が見えないため、誤って岸に向かってくるのではないかという。
この現象は例年、3月から5月にかけて見られる。

出典:新月の夜に行われる「ホタルイカの身投げ」が幻想的 富山市 : watch@2ちゃんねる

 

ただし、砂浜に打ち上がっているものは、ちゃんと砂抜きしないといけないんだとか。

 

image

 

真っ暗な道を抜けて、海へと進みます。

到着すると、いくつか車が停車している。

たぶん、このうちのいくつかはホタルイカ狙いだろう。

 

実際に海岸に出てみると、ポツポツとヘッドライトで海を照らしている人がいる。

その一方、次々に帰っているように見える。

うーん、これは果たしてどうなんだろうか。

 

一度砂浜を往復してみるも、何も打ち上がっている気配がない。

突如「ビシャ!」と音がしたので、なんだ?と思ってみてみると、猪の死体だった。

やめてくれ。過去に、釣りしてたら人が浮いて流れてきたことがあるんだ・・・。

 

ちょうど人が来ていたので、話を聞いてみる。

昨日や一昨日は少し捕れたらしい。

ふむ・・・今日は?

 

沖を見ると、ホタルイカの漁船らしき船が。

足元にはフグが大量にいるから、イカを狙っているのかもしれない。

いつ見つかっても、おかしくないよなぁ。

 

さて、ここらで一旦晩御飯を食べておこう。

 

image

 

今日の晩御飯は、スパゲッティ。

大量に食べて、一食100円ちょい。素晴らしい。

ガスを大量に消費しなければならないのが、たまにキズか。

 

さて、ご飯も食べたし、再度チャレンジだ。

といっても、もう夜中の11時半。さすがに眠い。

もう一度砂浜を回ってみるも、気配がない。

 

先ほど出会った人の話によると、明け方のほうが捕れることがあるらしい。

うーん、もう明日チャレンジするか?

いくらホタルイカを捕りたいといっても、体力を消耗してしまってはマズイ。

 

岸に戻って、どこに泊まろうかプランを練る。

海水浴場だけど、無駄に広いので、どこにでも泊まることができそうだ。

ああ、サバイバル生活を名乗っているなら、捕獲したかったんだけどなぁ・・・。

 

入れ替わり立ち代わり、人が来ている。

見たところ、他の捕れていない。

そろそろ、寝るか・・・。

 

まさに、そんなことを考えていたとき。

もう一回だけ海岸を見てこよう、と砂浜を歩く。

うーん、、、、ん?

 

image

 

あれ?これってホタルi・・・ホタルイカだ!!!!

今日はもうダメだと思っていたのに、本当にたまたま打ち上がっていた。

興奮のまま、イカの耳を摘んで運ぶ。

 

ここに打ち上がっているということは、他にもいるということか?

そう思って辺りを見渡すも、何もない。

すぐ自転車のところに戻り、コッヘルに水を張って入れておく。

 

いや、やっぱりホタルイカは捕れるんだ!

結論:素人でも、素手でホタルイカを捕獲することができる

嬉しい!これでやっと、寝られる。

 

また、明け方も余裕があったら狙うかも。

では、さすがに眠いので、おやすみなさい!

ああ、嬉しい!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

日本一周ブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると、当ブログのランキングが向上するだけでなく、

他の素敵な日本一周旅行者さんのブログを閲覧することができます。

 

ぜひ、お帰りの際はポチッと押していってくださいね。

 

スポンサードリンク