【日本一周】峠の次は、また峠…!大道峠に挑戦。

image

 

昨日、遂に難所・渋峠を突破。

道中、様々な人に応援してもらうことで、たくさんのエピソードができた。

これまで坂を徹底的に嫌っていた身にとって、かけがえのない思い出になった。

 

さて、今日からは、いよいよ北海道を目指して本格的に進んでいく。

日本三大峡谷の一つ、清津峡にたどり着きたいところだが・・・。

道中、再び峠を越えることになった。どうなることやら。

 

昨日の記事:日本国道最高地点・標高2,172m、渋峠を遂に突破!【23日目】

 

 

草津温泉に入りたい

 

昨日は、草津運動茶屋公園にて宿泊。

さすが草津、周囲にたくさんのバイカーやチャリダーがいるなかで、一夜を過ごした。

隣のバイカーが朝から準備をしていたため、早めに起床する。

 

昨日、せっかく草津まで来たというのに、まだ温泉には入っていないのだ。

無料開放されている共同浴場があるので、朝から訪れたいところ。

紅茶を一杯流しながら、準備を始める。

 

 

4時頃には出発してしまう人、自分と同じ6時から活動を開始する人、

8時になってもまだ寝てる人、など行動時間は様々。

この多様性がいいよね。全て自分で決められる。

 

 

朝の支度を済ませて、道の駅の人に挨拶したら、早速出発だ。

ありがとう!道の駅!

さて、草津温泉へと出発。

 

草津温泉は自転車放置に対策を入れているのか、駐輪できる場所が見つからない。

うーん、やはり諦めるしかないのか?

そう思って探していたところ、ある温泉に出会う。

 

 

地蔵の湯。

こちらも共同浴場だが、温泉の前に原付が止まっている。

お、なんとか止められそうだな。自転車を止めて、中へ!

 

久しぶりのお風呂。気持ちいい!

 

共同浴場の仕組みがよくわからず、ちょっとだけ恥をかいたけど。笑

中で、地元のおっちゃんが話しかけてくれた。

おっちゃんも、同じような旅をしていたそうな。

 

ここでは頭や体は洗えなかったものの、かなりスッキリ。

やった、草津温泉に入れたぞ!

人が多いので、早めに外へ出る。

 

外で支度をしていると、今度はハワイ帰りの高城剛のような、渋いお兄さんに声をかけられる。

 

続いて、奥さん?彼女さん?も登場。

なかなか面白い方々で、しばし話していたのだが、

会話の節々から、只者ではなさそうなワードが聞こえる。

 

何気なく話していたけど、

たぶんこの人たちは、平日は相当バリバリ働いて、結果を出してらっしゃるのではないか。

お兄さんはデザイン等のクリエイティブ系、お姉さんはマーケティング企画等のロジカル系とみた!

 

さて、おしゃべりも楽しんだことだし、目的地へ向かおう。

 

 

自然環境のなかで

 

 

さて、いよいよ峡谷に向けて、坂を下っていく。

それにしても、日差しが気持ちいい!

なんて幸せなんだ・・・。

 

 

うーん、気持ちよすぎて溶けそう。

温泉から上がって、体は火照った状態。

心地よい風が吹き抜け、暖かい日光が体をほぐしてくれる。

 

ああ・・・日の光を浴びながら、昼寝したい。

 

つい下り坂はスピードを出して下ってしまいがちなんだけど、

今回はあまりに自然環境が素晴らしすぎるから、かなりゆっくりと進む。

 

今まで、室内で過ごすことが多かったけれど、

日の光を浴びていないと死ぬ体になってしまった。

どんな仕事に就いたとしても、一匹の生物として外へ出て活動したい。

 

 

やまよりたかい、こいのぼり

 

 

少し坂を下ると、鯉のぼりの大群。

もう、そんな季節だもんね。

家族連れが、笑顔で写真撮影をしている。

 

 

やねよりたかい こいのぼり
おおきいまごいは おとおさん
ちいさいひごいは こどもたち
おもしろそうに およいでる

 

 

さらに坂を下ると、道の駅六合へと到着。

財布とカメラを持って、お土産屋へ。

ふと視線を感じたので、上を見上げると・・・。

 

 

あらあら、アンタかいな。

ツバメに寛容な道の駅では、巣の位置に配慮して網が設置されている場所もある。

思わず単焦点レンズに付け替えて、パシャり。

 

道の駅には、地域の野菜や山菜が販売してある。

各販売所によって売り方も全然違うので、見ていて本当に面白い。

 

道の駅を出た後は、道端に寝転がって昼寝を試みる。

どうも、今朝から寝不足なのだ。

ここはマイペースにいきましょう。

 

 

と思ったのだが・・・。

早速、曇ってきてしまった。

今日、予報では夜から雨らしいんだけど。

 

仕方ないので、起きて進むことに。

また、どこかで昼寝しよう。

 

 

木炭・竹炭

 

 

峠へは、山あいをぐるっと回らなければいけない。

途中ダム工事で進めない場所があった。

仕方がないので、迂回する。

 

 

また、えらくキツイ坂ですなぁ・・・。

写真では、そうでもないように見えるでしょう?

だがよく見ると、なかなか鬼畜な坂だったりします。

 

 

木炭・竹炭の生産地だそう。

途中、木炭の直売所もあった。

これだけ技術革新が進めば、もう日の目を見ることはないだろうな・・・。

 

逆に、最近の小屋暮らしや自然な生活を送る

若者によって利用されることはあるだろうけど、

彼らは購買活動ではなく、自ら生産地して使用するもんな。

 

この旅で、炭鉱等の施設にも回ってみたいもんだ。

有名どころでは、軍艦島とか。

 

 

まともに朝・昼飯を食べていなかったので、ここらでラーメンを。

一食35円の威力。これを食べると、もう他のラーメンには戻れない。

それにしても、二郎ラーメンが食べたくて仕方がないのだが。

誰か、一緒にいきましょう。

 

 

誰もこない、自然のなかでお湯を沸かし、ラーメンを作る。

たったこれだけの行為なのだが、なぜここまで幸せを感じるのだろう。

不思議なものです。

 

 

ライダー結集

 

先ほどの坂を上り切って少し進むと、道の駅がある。

観光客がたくさんいる。

ローディー、バイカーの姿も見かける。

 

 

せっかくなので、寄っていく。

こういった場所に自転車を置くと、例外なく話しかけられる。

目立つもんな。笑

応援してくれて、ありがとうございます。

 

ヤマザキパンがあったのだけど、どうしても食べたくて、パンを購入。

コロネと、北海道メロンパン。

既成食品を買うと完全に予算オーバーになるのだけど、どうしても食べたいときは食べる。

 

 

先ほどの道の駅を抜けてしばらく行くと、地域の野菜の直売所を発見。

こういう場所を見つけると、必ず寄りたくなるんだよね。

早速自転車を止めて、見てみることに。

 

山うど、わらび等の山菜から、さつまいも、

キャベツ等のいつもの野菜類まで。

結局購入しなかったけど、見て回るだけで楽しい。

ここらで販売してある、紅あずまという品種のさつまいもが気になったけど。

また機会があれば、食べてみよう。

 

しばらく、国道をずっとまっすぐ走る。

とはいえ、ほとんど下り坂だから気は楽だ。

こういう所を走っていると、後ろから来たライダーや、

車内から家族総出で応援してくれる人たちもいる。

 

 

ここで大型のスーパーを発見したので、寄ってみる。

店内へ行くと、かなり広い!

地方に行くと、あるよね。こういうなんでも揃っている、大型スーパー。

 

ここでは、アディダスのハーフパンツを購入。

これがないと、夏場にまともに走れないからね。

 

他にも、食パン、キャベツ、もやしを購入。

貧乏旅のお供です。

ラーメンの具にしたり、そのまま炒めて食べます。

 

 

峠の次は、また峠

 

ここから先へ行くには、2通りの方法がある。

遠回りをして都市部へ行き、ぐるっと迂回して清津峡までたどり着く方法。

もう一つは、直接峠を越えて、反対側まで渡ってしまう方法。

 

清津峡自体が山の中にあるので、なにかしらの山を越えないといけない。

当初は遠回りして行く予定だったけど、時間もあまりないし、直接峠を越えてしまうことに。

 

昨日、渋峠を越えたばかりのこの足で、到達できるのだろうか!?

不安しかないけど、進むしかないので、峠へ向けて出発。

 

 

大道峠という、チャリダーの間ではほとんど無名の峠だ。

実際、他のブログを見ていると、たいしたことない場所だという。

ただ、いかんせんこの体だ。この足だ。峠である時点で、過酷だろう。

 

 

さて、頂上を目指して、出発だ!

勾配4〜5%くらいの坂が続いている。

うーむ、これはキツイ・・・。

 

ただ、渋峠を越えて、上り方を覚えたのだろう。

前みたいに必死になって漕がずとも、かなり

余裕を持って進むことができている。

 

おー、進める進める!

 

といっても、さすがに疲労状態なので、何回か足を止めつつ坂を上る。

周囲の山菜を探しながら、ペダルを回せるくらいの余裕はある。

いい感じ!

 

 

坂を上ってすぐのところに、道の駅がある。

道の駅霊山たけやまという場所だ。

近づくと、何やらお祭りをやっているような音が聞こえる。

 

 

お、やってるやってる!

毎年5月5日に、隣接している神社で子供の健やかな成長を願って、お祭りが開催されるようだ。

タイミング。バッチリじゃん!

 

 

同時に、100匹もの鯉のぼりが吊るされる。

ここで、しばらく先ほど購入した食パンを食べながら、カロリー補給。

準備万端!再び出発。

 

さすがに夕方に近づくに連れ、目に見えて疲労が溜まっていく。

所々止まりながら、押しながら進む。

体力の問題もあるけど、食の問題が大きそうだな。

 

 

途中で発見した、山菜。

食べられるのか?どうなのか?

こういったものは、とりあえず写真を撮影しておいて、あとで調べる。

 

あー、ほんとにキツイ。

頂上付近はアップダウンが激しいから、余計に体力を奪われる。

早く、進まないと・・・。

 

 

ちょうど頂上付近に現れた、美しい花々。

左のは・・・梅の一種?

嬉しいサプライズであることに、変わりはない。

 

途中雨が降ってきて、焦りながら、やっと頂上っぽい場所に到達する。

ああ!本当に疲れた。ヘロヘロだ。

早く坂を下って、休もう。

 

下りも、しばらくアップダウンが続く。

もう勘弁してくれ!と嘆きながら、下る。

パトラッシュ、本当に疲れたよ・・・。

 

しばらく坂を下ると、道の駅周辺らしき交差点へと出る。

マップを頼りに奥へ進むと、 見えた!道の駅だ!

 

 

今日は、この道の駅たくみの里へと宿泊することにします。

なんと、到着直後から一気に雨が降ってきた。

タイミング、いいね。

 

さて、明日はいよいよ、清津峡へと向かいたい。

天気の問題、洗濯や山菜下処理の問題など、

ちょっと明日そこまで進めるかわからない状況なのだが・・・。

 

ひとまず、疲れた!クタクタだ!

今日のところは、おやすみなさい。

 


 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

日本一周ブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると、当ブログのランキングが向上するだけでなく、

他の素敵な日本一周旅行者さんのブログを閲覧することができます。

 

ぜひ、お帰りの際はポチッと押していってくださいね。

 

 

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 草津で会った者です(^^)/
    早速拝見しました♪
    元気に進んでいるのが見られて嬉しいです!
    どんどん暑くなり大変かと思いますが、体だけには気を付けて楽しく行ってらっしゃい(^^)ρ(^^)ノ
    ちなみに、うちの高城は、前園に良く似てると言われるよ(笑)
    これも何かの縁かと思ったんですが、うちのhusbandとお兄さんの名前が同じ(笑)(笑)

    • yukarinさん
      早速コメントありがとうございますー!
      健康第一で進んで参ります!

      確かに、ワイルドな感じが似ているかも。(笑)
      すごいご縁ですね!ゆうすけという名前、意外と少ないので驚き!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です