【日本一周】標高357m「鈴鹿峠」を越えて、近江国へ!元日本一周チャリダーと再開ッ!【松阪市〜亀山市〜草津市】

IMG_6034

 

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

昨日はようやくお伊勢さん参りを果たすことができ、伊勢神宮外宮〜猿田彦神社〜伊勢神宮内宮という順番で拝礼してきた。

今日は標高357mの鈴鹿峠を越えて、いざ近江国へ参ります!珍しく、今日はたくさんの人に会ってきたぞっ。最後には、元日本一周チャリダーと再開します。

 

 

2ヶ月ぶりの道の駅

 

おはよう、諸君。今朝は道の駅関宿にて7時半頃起床。

昨日は天気予報が雨でほとんど読書をしていたので、昨日の日記の分は割愛させていただきます。(笑)

しばらく三重県の津市で滞在したあと、夜中にこの道の駅まで走ってきたのでした。

 

この場所、去年の大晦日に実家に一時帰宅したとき、最後に寝泊まりした場所なんですよね。ここから120kmほど走ると、実家に到着します。

あれからもう2ヶ月も経過したんだね。その間、ほとんど何もしていなかった気がする・・・w

 

 

実家から持ってきた食料がなくなりつつあるので、朝食はインスタント味噌汁をいただきます。

最近は一気に気温が高くなったけれど、朝はまだまだ寒いです。体を温めなければ。

準備作業を進めていると、鈴鹿周辺で登山をしているというおばちゃんが話しかけてきてくれた。

 

「お兄ちゃん、ここで泊まってたの?」

「そうなんですよー。日本一周してるんで、道の駅で寝てたんですよ。」

「へー!すごいねー!そのテント、モンベルのじゃん。いいねー。」

 

平常運転の会話\(^o^)/

おばちゃんは登山歴が長いが、山頂で泊まったことがないので、こういう軽いテントをザックに詰めてテント泊みたいのだとか。

現在所持している「モンベル ステラリッジテント」は冬山登山にしばしば使われている製品で、軽量・コンパクトなので、ザックに入れても邪魔にならないという。モンベルの回し者みたく説明させていただきました\(^o^)/

 

おばちゃんとお別れして準備をしていると、「お兄ちゃんー!」という本日二度目の掛け声。

「へ?」と振り向くと、「兄ちゃん、カンパ!」と1000円をくださいました。あ、ありがとうございます・・・!

昔、息子たちがバイクで旅しているときに、しばしば「この人にお世話になってんー!」という会話を聞いていたそうなので、自分もお返しという意味で下さいました。こういう形でお世話してくれる方が非常に多い!感謝ッ!

 

 

さらに出発直前に長距離運転手だというおじいちゃんが来て、ドリンクをいただいてしまいました。感謝ー!

しばしお話して別れたつもりだったんだけど、電話の応対しながら無言でドリンクを置いていってくれました。キザかっ!!!!(笑)

さてさて、久しぶりに人との会話を楽しんだところで、ようやく出発します。最近は日本一周看板をつけずに走っていたので、以前より人との出会いが減った分話すだけでめちゃめちゃ楽しかった。人との出会い、超大事ね。感謝。

 

西の鈴鹿峠

 

連日の雨により、一時的に一眼レフが使用不能状態に陥っているので、今日の写真は全てiPhoneでお届けします。(-_-)

 

さて、三重県から国道1号線を通って滋賀県へ向かう道の間には「鈴鹿峠」が存在します。

「東の箱根峠、西の鈴鹿峠」と言われ、同じ国道1号線上に存在する箱根峠とともに「難関」と呼ばれているんですが、実際なんということはありません。紀伊半島のほうがよほどきついです。

さて、ここも2ヶ月ぶりに通るかー。

 

 

鈴鹿峠の入り口。道の駅関宿からここまでも上りが続きますが、この入口から少々キツくなります。

 

 

鈴鹿峠の平均勾配は7〜8%といったところかな。

初っ端から消耗するのは嫌なので、時速10km以下でゆっくりと登ってゆく。

 

 

あっという間に山間地帯へと突入。国道1号線とはいえ、夜中だと鹿や狸が出そうな雰囲気。

 

 

はい、あっという間に標高357m「鈴鹿峠」越え達成ー!

まぁせいぜい350m程度だから、楽に越えることができる。本格的に鍛えたいという人は、往復すればいいんじゃないかな。(笑)

 

近江国へ

 

鈴鹿峠の頂点にある「鈴鹿峠トンネル」の中央辺りに、県境を示す看板が。

やったー!帰ってきたぞー!これまで紀伊半島の和歌山県・三重県を通ってきたわけですが、それぞれ2県は「THE関西」というイメージがなくて、アウェイ感が満載でした。昔から、近江や京都でも「辺境の地・異国」として扱われていたようですね。

 

 

ようやく近江国へ到着いたしました。ああ、帰ってきた感が満載だわ。

 

 

鈴鹿峠を降りてすぐ「道の駅あいの土山」があるので、しばし休憩。

休憩していると、だんだんと雲行きが怪しくなってきた。今日は天気予報では雨が振らない予定だったはずだけど、少しまずい。というわけで、先へ進む。

 

 

途中のスーパーで昼飯を食べながら、しばしブログ更新&読書など。

この場所は休憩室に温かいお茶のサービスがあった。素晴らしい。たまにこういう場所を見つけることがあるので、そういう時は大抵休憩室に長居してしまう。(笑)

さて、あまり滞在しているとこの場所で一日の終わりを迎えてしまうので、先へ。

 

 

うーむ、都会だな。鈴鹿峠を越えると、京都の三条辺りまでずっと緩やかな下り坂が続いてく。

アップダウンの続く紀伊半島と違って、勝手に漕いでいるだけであっという間に距離を稼げてしまう。なんと楽ちんだろうか。

この後、草津へと赴いて再びスーパーへ入り、しばし待機。なんのために待機していたかというと・・・。

 

元日本一周チャリダーと再開!

 

むさ苦しくブレている写真で申し訳ありません。(笑)

当日の夕方辺りかな?に元日本一周チャリダーのしんきち(@chugakupower)さんがメッセージをくださって、「会いましょう!」という話に。

ぜひぜひー!と二人でお会いしたんですが、ひょんな流れで以前から何回も会っている元日本一周ママチャリダーのこしろー(@tabi_koshirou)さんも巻き込もうぜ!と就活中の彼を無理やり拉致して大阪の居酒屋へワープしてきました。

ちなみにこの人とは、北海道で初めて遭遇したのをきっかけにして、青森のねぶた祭、京都で2回、香川で1回、兵庫で1回、さらに3/21に開催される「スーパーママチャリGP」にも同士として参加します。旅人でこんなに再開する人はなかなかいないぞ。(笑)

 

 

女っ気の全くない我々と違って、しんきちさんは旅中に素晴らしくホットな出会いを果たしたようでした。面白すぎる。(笑)

居酒屋の代金は全てしんきちさんにおごっていただきました。ごちそうさまです!感謝です!

いやー、まさか今日大阪に戻ってくるとは思ってなかったわ。実家までの距離、20km・・・一瞬、帰ってしまおうかと。(笑)

 

その日は夜中に道の駅草津まで送ってくださって、終了。しんきちさんは明日の早朝から仕事があるようです。いやー、そのパワーいいっすね!本当にありがとうございましたー!

 

当日の走行ルート

スポンサードリンク