【日本一周】津軽半島の先端地、竜飛岬へ到着!途中でなぜか、恋愛相談を受けることに・・・。

image

 

津軽半島へと進撃開始し、十三湖の道の駅まで進んだ昨日。

充電でマクドナルドに入ったはいいものの、あっという間に時間が過ぎる。

なんというか、相変わらずグダグダな旅だな。笑

 

今日は津軽半島の先端地・竜飛岬へと向かう!

行く手前には、強烈な激坂が待ち構えているらしい。。。

こちらに不足はなし!いざ、参る!

 

昨日の記事:津軽半島へ進撃開始!道の駅にある、長いローラーすべり台をガチで滑ってみた。【動画あり】【38日目】

 

 

なんとか雨を回避!

 

今朝は、道の駅十三湖にて起床。

昨日缶コーヒーを奢ってもらったおっちゃんから、今日は雨が降ると聞いていた。

テントの外へ出てみると、案の定雨。だが、テントは濡れてない。

 

image

 

見事な境界線。真上に屋根はありません。

なぜか。僕が超能力者だからでしょうか。

いえいえ、もちろん違います。

 

image

 

風下にテントを張っていたこと、相当な高さの展望台があったこと。

これらの条件が幸いして、見事に雨を避けていた。よかったー。

これが家1階分の高さだったら、間違いなく濡れていた。

 

image

 

さて、早速準備をしましょう。

朝はラーメンに限る!このあたりの地域は寒いから、身に染みる。

これから相当運動することになるから、しっかり食べておかないと。

 

image

 

さて、準備が完了したら、早速行きましょう。

この時点で、時刻は9時前。悪くないんじゃない。

昨日のおっちゃんは、すでにいなくなっていた。さすがにね。

 

image

 

出発しようとカバンをガサガサやっていたら、「あとで食べな」と、

道の駅の方がくださった。シジミとカレーの入ったパンだという。

感謝・・・!あとでゆっくり、いただきます。

 

image

 

テントを張らせてもらって、ありがとうございました!

シジミラーメン、美味しかった。

さて、先へと進みましょう。

 

 

権現崎

 

津軽半島の先端地へ向けて、出発だ。

このあたり、結構風が強いそうだけど、今日はまだマシ。

さっきまで雨が降っていたけど、止んできた。よかった!

 

image

 

早速発見した風車群。

このあたりは風が強いから、風力発電には最適だよね。

グルングルン回っているけど、さほど風を感じない。

 

image

 

むむ・・・あれが先端地か!?

いやいや、そんな早く到着できるわけがない。

調べたら、途中にある”権現崎”という場所だった。

 

image image

 

突如現れたライオン。

ライオンロードかなんだか。橋に取り付けてありました。

ずいぶんと、立派な出で立ちだこと。

 

image

 

イカ漁の漁船。

すごい立派な船と装備。

初期投資が、ものすごくかかりそう。

 

image

 

着いた!権現崎。

特に見栄えしない場所だけど、せっかくなので。

 

IMG_6681

 

港なんかを見ていると、関西周辺とさほど変わらないという印象。

海そのものは綺麗だけど、どこも開発されているからね。

人間の手が入ってない秘境は自転車が行けないし。

日本にも、そういう場所はいっぱいあるんだろうけどね。

 

さて、気が済んだので、先へ向かおう。

 

 

七ツ滝を見ながらごはん

 

権現崎は奥まった場所にあったので、少し戻る。

先へ進むためには、小さい山を1つ越えないといけない。

早速、敵があらわれた。上り坂だ!

 

image

 

狭い道で、かつ勾配もそこそこの道。

一気に5、60m駆け上がる。

さすがに、上り坂でレインウェアは暑い!半袖になる。

 

ふぅ。やっとの思いで頂上へ。

長さこそないものの、勾配がすさまじかった。

これの何倍もの坂が、待ち受けているんだろうなぁ・・・。

 

image

 

下った先にあったのは、道の駅。

特に寄る用事もないけど、少し休憩。

自転車を止めて、腰を下ろす。

image

 

ちょっと小腹がすいたから、先ほどいただいたパンを。

うむ・・・うまい!食パン以外のパンを食べる予定がないので、贅沢。

しっかりと味わって、いただきました。ごちそうさま!

 

道の駅より少し先へ進むと、滝を発見。

 

IMG_6684 IMG_6687

 

七ツ滝という滝。

もう時間も時間・・・なので、お昼にしよう!

滝を見ながらの昼食。なんて贅沢なんだ・・・。

 

親からもらった焼きそばを食べて、満腹に。

腹が減っては戦は出来ぬ。これで、準備万端だぞい。

いざ!激坂へ!

 

 

勾配12%、標高500m。激坂に挑戦!

 

IMG_6690

 

さて、いよいよ激坂。奥に見える峠を、越えていく。

 

ここでいきなり、チャリダーに遭遇。

「サルがいるから、気を付けて!峠を越えた向こう!」

え、まじか・・・。さすが津軽半島と言うべきか。

 

image

 

き・・・きた!勾配12%!

といっても、いつもこれくらいの坂を上っているような気がするけど。

立ち漕ぎと座り漕ぎを駆使して進んでいく。

 

IMG_6691 IMG_6693

 

とりあえず・・・1つ目の坂を突破!

アップダウンが激しく、いくつか山を越えるようなルートになっている。

ここまでは、普通に足を付かずに上れた。

 

もう一度上り・・・そして下り・・・。

100m上って50下り、さらに200mまで上る。

そんな地形をイメージしていただければ。笑

IMG_6696 IMG_6697

 

渓谷になっている。

おお、なんという自然美・・・。

個人的には黒部峡谷よりも、よほど好きだな。

 

つづら折りを何度も何度も越える。

以前渋峠に行く前は、上り坂の上り方がわからなくて、すぐにバテていた。

慣れてからは長時間走れるようになり、持久力が向上した。

 

そのかわり、出来る限り体力を温存するため、相当低速で走っている。

この勾配なら、時速5~8kmくらい。

なんというか、物理的に上がらないのだ。笑

 

image

 

あ、あれが頂上・・・!

いや、ちょっと待って。タンクローリーさえまともに上がらない坂だから。

さすがに疲れたから。ちょっと休憩。

 

しばらくまったりしていると、急に頂上が霧にかかってきた。

うお!?もしかして、神秘的な写真を撮影できるんじゃないの!?

よし、最後の気合いじゃ!

 

IMG_6701 IMG_6700

 

わー・・・すごいつづら折りを上ってきたんだな。

 

さすがに今回も、自分を褒めたい。よくここまで上った。

上り坂、やはり楽しいかもしれない。苦労して見る、新鮮な景色。

これこそ、まさに「生きているという実感」を得るにふさわしいものだと思う。

 

IMG_6703

 

よし、展望台にも上ってみよう。

 

IMG_6705

 

うん。展望台付近にも霧が発生しているね。さっきよりひどいね。

 

IMG_6702 IMG_6717

 

例によって、霧が発生しているため、何も見えません。笑

あとから来たバイカーも、「何も見えませんね」と失笑。

これはこれで、神秘的だけれど。

 

IMG_6712

 

辺り一面、霧につつまれてしまったでござる・・・。

 

IMG_6706

 

この展望台の高さは、502m。

出発点の海抜の高さと展望台の高さを引いても、450mは上ったんじゃないかな。

本当、よくやったよ。足がプルプルだわい。

 

ゴールはまだ先。先へ進もう!

 

image

 

おいおい。おい!なんだこの霧は。

前が見えん。酷い視界。

なんでこうなったし・・・。

 

降りてくる途中、普通に道端をサルが歩いていた。

なんでもありだなぁ、この場所は。

 

 

津軽半島の先端地、竜飛崎!

 

一気に坂を下り、再び上る。

その先にあったものは・・・

 

image

 

津軽半島の最先端地、竜飛崎!!!

 

我、ここに来たり!!!

 

IMG_6722 IMG_6723

 

いやぁ、愛車でついにこんな僻地まで来てしまったよ。

 

定番のスポットとともに、パシャリ。

津軽半島冬景色の曲は流さなかったけど、後ろの人がポチっと。

結構な爆音で流れるんだなぁ。

 

IMG_6724

 

定番のスポットを回りつつ・・・。

 

IMG_6727

 

高台も。

 

本来なら、ここから北海道が見えるはずなんだけど。

うーん、いまいち見えませんな。

今日、曇っているからな。

 

IMG_6742

 

しばらく散策していると、津軽街道遊歩道なるものを発見。

ふむ、これは行かねば。階段が続いている。

落差90mもあるから、上りで死ぬかもしれないけど・・・。

 

IMG_6730

 

早速階段。どこまで続いているんだろう。

 

IMG_6731

 

遊歩道って・・・。まさかあれ?海岸まで降りちゃうパターン?

 

IMG_6732

 

指している方角おかしいと思うんですが、それは。

 

IMG_6733

 

階段もつづら折りみたくなってる。さすがにしんどい・・・。

 

IMG_6735

 

ああ、やっと降りられた!

この遊歩道も、1km以上続いているらしい。

ま、途中まで行こう。

 

IMG_6734

 

長年の風雨で浸食された岩。

す、すごい模様だ。

途方もない・・・人間には考えられない歳月を経て、こうなったのだろう。

 

IMG_6737

 

途中あった階段を上ると、まだまだ続いている。

行きたいところだけど、まだ先に進みたいから、ここまで。

引き返して、先に進もう。

 

上りで、死んだことはいうまでもない・・・。

 

元の自転車を止めてあった場所まで戻る。

あ、そうだ。階段国道の写真を撮ってなかった。

 

IMG_6744

 

パシャリ。

日本で唯一の階段国道!なぜこうなったし!

さすがに、降りていく体力は残ってない。死ぬ。

 

ここで、京都から車で旅をしているというお兄さんに出会う。

休暇をもらって、東北を回っているという。

珍しく、「なんで旅をしようと思ったんですか」と聞かれる。

 

特段深く考えたことはないから、「絶対楽しそうだから」と。

あちらにも理由を聞くと、「職場の人間関係で色々あって・・・」という。

話を聞いていると、どうやら過去の恋愛関係で色々あったとのこと。

 

そして、話はおかしい方向へ。

あれ?なぜか恋愛相談会になってね???いや、別にいいだけども。

私、そんなアドバイスできるほどの見識は持ち合わせておりません。

 

どこまで貢献できたかはわからないけど、何か提供できたなら嬉しいな。

経験した身からすれば「そんな小さいこと言ってないで、さっさと次行け!」

となるんだろうけど、当事者はそれどころじゃないからなぁ。

 

目の前のボヤ消しに必死だと、何も見えなくなるだけだし。

お互い頑張りましょうと挨拶して、再度出発。

oh!時間が16時になっとる!やばいやばい。寝床探しをしないと。

 

再び海岸線を走り、本日の寝床を探しへ。

 

image

 

今日は、トイレのある休憩所スペースで寝る。

こちらのほうが、道の駅よりゆっくりできるかなと思って。

ただ・・・暗くなってから、猛烈な風が。大丈夫かな。

 

image

 

今日の晩御飯は、トムヤムクンラーメンとごはん、子持ち昆布巻、シーチキン。

ラーメン以外は相変わらず貰い物。ありがたいもんです。

トムヤムクンも、今日で最後。美味かった。もう買わないけど。

 

さて、明日以降の予定。

 

下北半島に回る予定だったんだけど、ねぶた祭へ行くなら、

先へ北海道へ渡ったほうが都合がいい。祭に行った後、じっくり回れるしね。

それに、今すぐ北海道へ行きたい・・・w

 

なので、下北半島は後でじっくり回ることにして、先に北海道へ渡っちゃいます!

いよいよ・・・人生初、北海道。

青森港から乗るんだけど、明後日(2015.5.21)には行こうかなと思っている。

 

ドキドキワクワク・・・楽しみだ!

では今日は、おやすみなさい。

 


 

ブログランキング

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

日本一周ブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると、当ブログのランキングが向上するだけでなく、

他の素敵な日本一周旅行者さんのブログを閲覧することができます。

 

ぜひ、お帰りの際にどうぞ。

スポンサードリンク