日本一周自転車旅行の、予算表を作ってみた!

a1130_000429_m

 

2015年も4月を迎えましたが、この季節は年始だけあって、新しい道へと進んでいく人が多い季節ですよね。学校では新しく新学期が始まりますし、会社では4月からが新年度となります。

「今年の4月から日本一周に行く!」と決めた方も多いのではないでしょうか。自分もその中の1人です。季節的に適しているだけでなく、なんとなく晴れ晴れした気分した気分で出発できそうですよね。

日々着々と出発の準備をしているわけですが、今回は「日本一周自転車旅行の予算」について考えていきたいと思います。

 

日本一周自転車旅行の予算の相場は?

 

a0006_002418_m

相場を調べたところ、だいたい30万円~60万円程度の範囲で収まっているようです。

当然滞在日数が伸びればそれだけ生活費がかかりますし、

離島などに多数出向けばそれだけ交通費も嵩みます。

 

平均半年滞在、野宿orホテル泊、北海道~沖縄離島までの範囲で考えると、

この程度で収まるよう。

 

参考:自転車で日本一周した奴による旅のノウハウ全て

参考②:日本一周でかかった費用!全額公開! – アメーバブログ

参考③:日本一周データ 費用編 – 仕事やめて無職になったのでNinja1000で日本一周してみる

 

一度社会人を経験していれば、ある程度の資金を蓄えた状態で出発できます。

しかし学生、高校生や大学生にはそこまで資金を用意できる余裕がなく、厳しい。

あらかじめ資金を調達するといっても、単純労働では時間がかかりますし、

その時間があるならさっさと出発してしまったほうがいい。

できる限り、今回の自転車日本一周旅行では出費を抑えたいと思っています。

 

 

現在の予算使用状況について

 

では、現在出発前の予算使用状況を発表します。

現在(2015.4.1)時点での総出費額は。。。

 

¥303,141円!

 

金かけすぎぃ!!!

 

これ、もともと所有していた自転車を抜きにして、この金額。

あたしって、ほんとバカ。

といっても、流石に何も考えず、ここまでの出費があったわけではない。

ちゃんと理由があって、ここまでの出費をやらかしています。

 

 

現在の出費一覧はこちら▼(2015.4.1現在)

項目 出費額
自転車装備 ¥52,571
寝具 ¥13,276
カメラ道具 ¥103,042
衣類 ¥26,044
携帯装備 ¥96,421
食費 ¥11,561
雑費 ¥216

※食に関係するコッヘル等の道具は、全て食費に計上しています。

※これら出費の計測・集計は全てzaimというアプリを使用しています。

 

 

言い訳リスト

iphone6を新しく購入した。将来的に見れば出費を大幅に抑えることができる。

②カメラを購入した。本来は旅のためだけに購入したのではないが、一応出費として勘定しておいた。

③旧iphone6を含む不要品を全てオクで売却し、30万近く資金調達できたので問題ない。

④大体、機械類は減価償却しなければ割に合わn・・・

 

いずれにせよ、予算管理能力が乏しく低いのは間違いないので、意識して管理していきます。

 

iphone6の購入やカメラ購入資金を除けば、

概ね事前の準備費用としては普通か、むしろ低いぐらいでは?と思います。

ただ今回の旅の目標の一つとして、「1日1000円で生きる」と定めているので、

目標には明らかに合致していませんね。

 

 

予算表つくってみた!

 

実は旅行出発前に、それも今年の1月ぐらいに大まかな予算表を作成していました。

あらためて精査したものを発表します!

 

日本一周自転車旅行予算表▼(2015.4.1現在)

項目 詳細 単価 個数 単位 予算
飲食費 毎日の食料、飲料代 500 365 日分 ¥182,500
おみやげ代 おみやげ代 2,000 10 ¥20.000
交通費 フェリー等の交通費 50,000 1 ¥50,000
観光料 各種観光場料金 20,000 1 ¥20,000
雑費 散髪・銭湯代など 2,000 25 ¥50,000
¥323,500

 

実際はもっと細かく計算していましたが、スッキリまとめてみました。

あくまで、最低限必要な予算を計算していました。

 

とはいえ、おみやげ代や観光代は必要ないかもしれないし、

散髪・銭湯もそこまで利用しないかもしれません。

逆に緊急時に使用する予算は計算していませんので、もっと出費が嵩む可能性も。

 

1日辺り886円の計算になり、

この予算通りにうまくいけば1日1000円という目標をクリアできます。

 

ちなみに、通信費は親の好意により、一年間は払わなくて良くなりました。

代わりにあるおみやげを1万円分ほど買ってこいと。

初期費用も含めると、MVNOといえど合計で3万円程度にはなってしまいます。ありがたや・・・

 

 

交通費について

 

予算一覧を見ると、”交通費:50,000円”と計上されています。

なぜ、自転車移動で交通費が必要なのでしょうか?

 

答えは簡単、本州から北海道や沖縄、

四国や九州へ行くときにフェリーや海底トンネルを使用するためです。

 

北海道から沖縄本島まで移動するだけでここまで必要なので、

石垣島・西表島などの八重山諸島、青ヶ島・父島母島などの伊豆諸島・小笠原諸島へ赴く場合、

さらに5万~10万ほど出費が嵩みます。

 

もし旅行へ行く前に予算を用意する場合は、「どこへ行きたいか」

「どの程度交通費がかかるのか」をあらかじめ計算しておかなければなりません。

(「予算ないけど、なんとかなるわ」という自分みたいなタイプは気にしなくてもOK)

 

移動に伴う各地域ごとの交通費一覧を自分用に作成したので、

こちらにも置いておきます。よければご覧ください。

ただし、季節によって変動するので、必ず出発前に自分で調べなおすこと!!!

 

 

地域別交通費一覧▼(2015.4.1現在)

到着地 出発地 移動形態 料金(片道)
北海道 本州 フェリー ¥2,260
八丈島 本州 フェリー ¥8,710
青ヶ島 本州 フェリー ¥2,760
四国 本州 しまなみ海道 ¥0
九州 本州 関門トンネル ¥20
屋久島 九州 フェリー ¥3,600
沖縄本島 九州 フェリー ¥13,680
奄美大島 九州 フェリー ¥9,050
石垣島 沖縄本島  飛行機  ¥5,000程度
西表島 石垣島 フェリー ¥1,800

 

※フェリーは各船舶会社と季節によって料金が変動します。参照した会社のリンクを貼っておりますので、出発前に必ずご確認ください。
※料金に、自転車運搬料金は含まれていません。輪講しない場合は、別途料金が必要になります。輪行した場合でも、料金を取られる会社もあるようです。
※しまなみ海道は、本来510円の交通料が必要なものの、しまなみ海道ガイドにて2018年まで無料と設定されているようです。
※石垣島への船舶移動はできず、渡る場合は飛行機を使用しなければなりません。料金は4,000円~5,000円程度とのことです。

 

 

これから旅をする方の参考になれば、嬉しいです。

ではでは、よい日本一周旅ライフを!

 

スポンサードリンク