アートサイクルスタジオのロードバイクは買いなのか?評価・評判をまとめてみた

 

初めてロードバイクに乗ろう!となったとき、できる限り安価な価格で求める人もいると思います。

5万円以下で探しても意外とたくさんモデルが見つかるんですが、その中でも一部の層に人気の自転車があります。それが、「アートサイクルスタジオ」というメーカーの自転車。

3万円〜10万円程度の価格帯のモデルが基本となっているんですが、扱われているパーツが同価格帯の自転車と比べても良い物を使っていて、特に初心者におすすめとの評判が目立ちます・・・!

今回は、「アートサイクルスタジオの発売モデルと、評価・評判」について調べてみたのでシェアします!

 

アートサイクルってどんなメーカー?販売会社は?

実店舗展開されている「CYCLE WORLD」のホームページ

 

販売されているモデルを見ていく前に、会社をチェックしてみましょう。安価な自転車を購入するときは、まず販売元を調べておくと信頼性などチェックできて便利です。

どうやら「アートサイクルスタジオ」は通販専用のブランドらしく、大本は「福井商会」という日本の会社が製造しているらしい。

また大阪に「CYCLE WORLD」という名前で実店舗も展開しており、非常に信頼性の高いブランドだということがわかります。有象無象の激安自転車を販売している会社は、大抵実店舗がありませんからね。

 

 

クロスバイクからマウンテンバイクまで様々な種類の自転車を製造・販売していますが、やはり本命はロードバイク。

最大30万円程度までのカーボンロードも販売しており、レース向きではないものの価格帯にしては使用パーツのグレードが高いので、初心者に特に人気のよう!

SNS等を見ていても使用者がそこそこおり、安心できますね。それでは、アートサイクルスタジオで販売されているモデルをチェックしていきましょう。

 

販売されているモデル一覧について

アートサイクルスタジオでは多数のモデルを販売しており、全てを紹介しているとキリがありません。

今回は初心者の方が初めてロードバイクを買うにあたって、検討することになる10万円以下のモデルを中心にご紹介します。

 

  • BENEFIUE-V2
  • s770(クロモリ)
  • a870
  • s870(クロモリ)
  • a970
  • a1300

 

上から順番に価格が高くなってゆき、入門用の「BENEFIUE-V2」が3万円台、ハイエンドの「a1300」が11万円で購入可能。

特定のモデルにおいて、価格とスペックを見るだけでも驚く性能を備えています・・・!普通、同価格帯では絶対にない性能を備えたものばかりです。細かいパーツまで妥協がありません。

それでは、早速モデル紹介をしていきます。

 

BENEFIUE-V2

 

アートサイクルスタジオのロードバイクでは、最も安い価格で販売されているモデル。実売3万円台後半。

なんとこの価格にして重量10.9kgを実現しており、MTB用のコンポ「Shimano Touney」が装備されています!同価格の自転車は軽くても12kg、無名メーカーのコンポが基本です。

変速機構は「STI」を採用しているので、通常のロードバイクと同じようにハンドルでスムーズに変速可能。安価な価格帯では、こちらも珍しい。

ロードバイクとしては最安値レベルなので、性能に期待してはいけません。ただ、現状3万円台で買えるモデルの中ではトップクラスの性能なので、リーズナブルに抑えたいならこの自転車一択でしょう。

 

s770(クロモリ)

 

7万円台後半で買える、剛性の高いクロモリ製のロードバイク。

鉄製なので、重量は10.2kgと値段相応な感じです。コンポも「Shimano SORA」なので、同価格帯の有名メーカー製品と特に違いはありません。

ただ、そもそも10万円以下のクロモリロードバイクってなかなか珍しいので、鉄素材に憧れる人にはおすすめですね!デザインもシンプルでカッコ良いです。

 

a870

 

今回紹介するロードバイクの中では、中級的なスペックの本モデル。7万円台後半で購入可能です。

コンポは「Shimano SORA」ですが、重量は9.6kgと軽量です!入門には最適なスペックを備えていますが、有名メーカー製のものと比べてスペック上の違いは特にありません。

 

s870(クロモリ)

 

s770の上位モデルで、各パーツが上位のものに変更されています。8万円台後半で購入可。

フレームは同じくクロモリですが、なんとこの価格帯にして「Shimano Tiagra」のコンポネートを装備!普通、10万円以上する自転車に取り付けられているので、お得感抜群です。

入門用にも最適ですし、クロモリロードが欲しい中級者にもおすすめできる自転車。a770を購入するなら、もう1万円出してこちらのモデルを購入するほうがお得感が強いです。

 

a970

 

こちらも製品名からしてa870の上位モデルで、8万円台後半で購入できます。

クロモリロードと同じく、10万円以下のモデルなのに「Shimano Tiagra」のコンポネートが装備されていて、性能も全く問題なし!最初にこのロードを買っておけば、まず問題ないと思われます。

アルミなので、車体重量も9.6kgと軽量。スペックを見ても、レースに出場するのでなければ登坂・長距離走行とあらゆるシチュエーションで使えます。

 

a1300

 

今回紹介するモデルの中では最もハイスペックなモデルで、価格も11万円ほどします。

しかし、本来なら15万円以上のロードバイクに使用されている「Shimano 105」のコンポネートが装備されていて、ベテランからも「この価格帯でこのコンポが付いているのか・・・!」と評判になっているモデル。

105を採用している自転車ならレース出場も可能で、実際に使用されています。ブレーキまで全て105で統一されているので、破損するなどといった心配は少ないです。

 

アートサイクルスタジオでは様々なモデルが発売されていますが、最もコストパフォーマンスに優れたモデルといえます。

もちろん上級者が使用するような高級ロードとは性能が違いますが、最初からレース出場を視野に入れて購入できるので、本格使用をしたい方ほどおすすめですね。

 

使用者の評価・評判をチェック

実際にアートサイクルスタジオのモデルをチェックしてきましたが、実際に使用している人の声が気になるところですよね。

そこで、SNSを回って実際に評判をチェックしてみました。

 

 

様々なレビューサイト等をチェックしましたが、安い価格帯の自転車を販売しているメーカーでここまで酷評が低いものは、自分が調べた限りでは初めてでした!

3万円台のロードバイクを発売しているメーカーは大抵中国製で、詳細スペックまで明かされていないもの多いんですが、アートサイクルスタジオのものは細部までシマノ製が使用されており、国内で品質管理されています。

モデルによっては通常ではありえない価格で高スペックのパーツが使用されており、信頼性も高いので入門用ロードバイクを買うならこのメーカー一択ではないでしょうか。実際、ベテランの方も推奨されていますしね。

 

おわりに

というわけで、以上「アートサイクルスタジオ」の評価・評判をまとめてみました。

価格は安いのにスペック・信頼性が高いという異次元なメーカーですが、目立った悪評がないのがまた凄いですね!

ぜひぜひ、入門用のロードバイクとして購入を検討してみてください。

 

それでは!

 

icon-caret-right アートサイクルスタジオのロードバイクをショップでチェック

 

▼5万円台までのロードバイクで、おすすめの車種をまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

【5万円以下】初心者向けロードバイクの選び方とおすすめ10選を紹介する【格安・激安】

2016.04.10
スポンサードリンク