【四国遍路20日目】標高394m歯長峠を越え、宇和島市へ。【第42番札所〜第41番札所】

20160608115554

 

昨日は約80kmぶりに次の札所である第43番札所・明石寺に訪れることが出来ました。本当に遠かったので、途中で挫折しそうになりましたがなんとか打つことが出来ました。

本日は標高394mの歯長峠を越えて、42番・41番札所を打ち愛媛県最後の都市「宇和島市街」へゆきます!

それでは、本日も行ってまいります。

 

標高394m・歯長峠

f:id:yonesuke7:20160608115532j:plain

 

おはようございます。今朝は歯長峠手前の東屋にて起床。

遍路道の周辺にはこのような東屋がいくつもあって、まず寝床には困りません。周辺にトイレはありませんでしたが、仮眠程度なら全く問題ありません。

本来であれば夜間も歩いて進む予定だったんですが、続けて歩くと生活習慣に関わってくる恐れがあるため、早めに就寝しました。

 

f:id:yonesuke7:20160608115534j:plain

 

朝からコーヒーを沸かして飲みます。美味いですね!最近は時間がない場合を除き、ほぼ毎日飲んでます。

さて、せっかく早起きしたので早めに出発です。最近は疲労が溜まっていて少し辛いのだけど、先へ進まなければゴールはありません!

 

f:id:yonesuke7:20160608115536j:plain

 

本日も出発!行ってまいりますー。

 

f:id:yonesuke7:20160608115539j:plain

 

ちょうど峠に突入する直前で野宿をしたので、朝から上り坂を歩いて行きます。

いよいよ日中は活動しづらいほどに気温が高くなってきましたが、この時間なら涼しいからまだマシです。暑い時期に活動するなら6時には出発したいですね。

 

f:id:yonesuke7:20160608115541j:plain

 

峠道の距離はさほど長くないので、すぐに歯長峠に到着です。標高394m!

ここから再び下山して、次の札所へと向かいます。

 

f:id:yonesuke7:20160608115544j:plain

 

峠を越えると、長いトンネルが。ちょっとワクワクしますね。

 

第42番札所・仏木寺

f:id:yonesuke7:20160608115546j:plain

 

トンネルを抜けると、いよいよ宇和島市に突入!愛媛最後の大きな市ですね。

これ以降は高知の四万十市辺りまで大きい都市はありません。補給所も少なくなっていくので注意が必要になります。

 

f:id:yonesuke7:20160608115549j:plain

 

峠の下り坂に湧き水!いいですねー。美味い。

 

f:id:yonesuke7:20160608115551j:plain

 

峠を下っていきます。独特の雲模様で美しい。

 

f:id:yonesuke7:20160608115554j:plain

 

次の札所へと向かいます。空と田んぼのコントラストが絵に描いたように美しいです・・・!

こういう光景を見るたび、一眼レフを使用したくなりますね。iPhoneのカメラだとすぐ限界が見えてしまいます。

 

f:id:yonesuke7:20160608115556j:plain

 

ようやく次の札所へとやってきました。

42番と41番は固まっているので、すぐに回る事ができます。

 

f:id:yonesuke7:20160608115601j:plain f:id:yonesuke7:20160608115603j:plain

 

第42番札所・仏木寺。

この場所には「家畜堂」という牛馬を祀るお堂があります。

そんなお寺なので、どちらかというと庶民的な場所なのでしょうね。

 

f:id:yonesuke7:20160608115559j:plain

 

仏木寺の手前には東屋がありました。

境内にはトイレもあったので、この場所で野宿をしても良かったかもしれない・・・。

小さいお寺ならトイレや水道がない場所が多いですが、88箇所のお寺なら遍路のためにトイレを設置してある場所が多いです。

営業時間が過ぎると扉を閉めてしまうお寺もありますが、そうでなければ夜間でもトイレを利用することが出来ます。

 

第41番札所・龍光寺

thumb_IMG_7679_1024

 

42番を打ち終わったので、次の札所へと行きます。

徒歩で15分ほどの距離にあります。

 

f:id:yonesuke7:20160608115608j:plain thumb_IMG_7682_1024

 

奥に龍光寺があります。

写真では見づらいけれど、なぜか一番奥に赤い鳥居があります。

なぜこんな場所に神社が・・・?

 

f:id:yonesuke7:20160608115614j:plain

 

第41番札所・龍光寺・瓦が龍のウロコのような色彩で美しいです。

このお寺は創建時より神仏習合だったようですが、明治の廃仏毀釈で無理やり分離させられたため、本堂は後で建てられたのだとか。

一番奥の神社は龍光寺の元の本堂。なるほど、そういう歴史があったのか・・・!簡単な歴史と合わせて見ると面白いですね。

 

宇和島市街へ

f:id:yonesuke7:20160608115618j:plain

 

無事2箇所のお寺を打ち終わったので、次は宇和島市街を目指します。

周辺に全くスーパーがないので、唯一のお店であるコープへ。

ちょっとお値段が高いけど仕方ないです。

 

f:id:yonesuke7:20160608115624j:plain

 

道の駅みまにてお昼休憩。

本来なら、昨日は時間に間に合えばこの道の駅で野宿する予定だったんですが、施設が非常に綺麗で広く、また野宿出来そうなポイントもたくさんあったのでこの場所で寝ればよかったですー!

どうしても札所には営業時間があるので仕方ないんですけどね。また別の快適な寝床を見つけることにしましょう。周辺で野宿するならこの道の駅がおすすめですよ。

 

f:id:yonesuke7:20160608115627j:plain

 

道の駅みまを出発して、再び宇和島市街を目指します。

目的地はまだまだ先です。

 

f:id:yonesuke7:20160608115629j:plain

 

これは・・・野生の梅?道路上にたくさん赤い実が落ちていました。勿体無い。

 

f:id:yonesuke7:20160608115631j:plain

 

宇和島へとゆく途中、遍路宿「もやい」もありました。

素泊まりで3,000円程度で宿泊できるようです。利用される方はどうぞ。

 

thumb_IMG_7692_1024

 

徐々にお店が増え始めてきた。宇和島に近づいてきたぞー!

 

f:id:yonesuke7:20160608115635j:plain f:id:yonesuke7:20160608115637j:plain

 

「道の駅みなとオアシス うわじまきさいや広場」に到着。(名前が長い!)

こちらの道の駅も非常に快適に過ごせそうな場所で、周辺にスーパーが揃っていて大きな屋根もあり、故障してなければ足湯も使えるそうです

そして、何より素晴らしいポイントが一つあります。

 

thumb_IMG_7697_1024

 

それは、電源付きの「マクドナルド宇和島店」が目の前にあること!

遍路中は宿に泊まり歩かないかぎり、常に電源供給場所に困ることになります。大抵マクドナルドは都市部にあることが多いので、どうしても寝床まで距離があって遅くまでいられないんですが、この場所ならすぐ道の駅にアクセスできるので遅くまでブログ更新作業等が行えます。

無論こちらの店舗に寄りましたが、なぜか突然鼻水が止まらなくなり、ブログ更新作業が進まない・・・。

完全に鼻も詰まっていてどうしようもないので、先へと進むことに。

 

f:id:yonesuke7:20160608115641j:plain

 

数日前から鼻が詰まることがあったんですが、風邪を引いたのかな?

道の駅で寝てしまおうかとも考えましたが、歩かないと治らなさそうなので夜の道を進んでいくことに。

ここから目標場所までは10km以上あるので、覚悟しなければいけませんね。

 

f:id:yonesuke7:20160608115644j:plain

 

途中、業務スーパーへ。大量に商品を購入しても安く収まる旅人の味方です。

業務スーパーでは、一袋10円〜20円で購入できるうどんがオススメです。すぐに売り切れてなくなっちゃいますけどね。

さて、晩飯を補給しつつ先へゆくぞ。

 

f:id:yonesuke7:20160608115646j:plain f:id:yonesuke7:20160608115650j:plain

 

長い長いトンネルを歩き続けます。およそ30分は歩き続けていたと思います。

こんなところで止まっていられない。先へ、先へ。

 

f:id:yonesuke7:20160608115652j:plain

 

3時間ほど歩き続けて、目的地である道の駅やすらぎの里に到着!

いやぁ、長かったです。とりあえず、これで安心して寝られる・・・。

それでは、おやすみなさい。

 

本日の走行ルート

※遍路道を通っているため、実際のルートとは異なることがあります。

スポンサードリンク