【四国遍路21日目】次なる札所、観自在寺へ。遍路小屋がたくさんありました。【第40番札所】

20160608125250

 

昨日は標高394mの歯長峠を越えて、第42番・41番札所を打ったあと宇和島市街へと進みました。宇和島市は愛媛県最後の都市になります。

本日は第40番札所・観自在寺に向けてひたすら歩き続けます。途中、アカテガニを発見したので食べてみました。遍路中は「不殺生」と言いますが、なかなか美味しかったです。。。(笑)

それでは、本日も行ってまいります。

 

第40番札所・観自在寺に向けて

f:id:yonesuke7:20160608125138j:plain

 

おはようございます!今朝は「道の駅やすらぎの里」にて起床。

昨日は就寝時に鼻づまり全開で全く呼吸が出来ず、夜中まで寝られませんでした。なので、遅めに7時頃起床。

ここ数日ずっと続いているので、さすがにマズイですね・・・。寝られないと体力も回復しないし、旅の進行にも影響が出ます。昔から鼻炎は持病みたいなものですが、恐らく軽度の風邪がトリガーになっているので早めに治さなければ。

 

f:id:yonesuke7:20160608125141j:plain

 

と言いつつ、朝からボリュームたっぷりのカレーうどんをいただきます。

これがまた美味しい!お腹には多少なりとも影響はありますが、朝から食べるスパイスもたまにはいいものです。ガツンときます。

体調が優れないので、ゆっくり準備して出発です。

 

f:id:yonesuke7:20160608125145j:plain

 

次の札所、第40番札所・観自在寺に向けて進んでいきます。

ただ朝遅く出発したことと、次の札所まで30kmあるので17時までの到着は厳しそう。なので、ゆっくり進むことにしました。

 

f:id:yonesuke7:20160608125147j:plain

 

途中のドラッグストアで補給します。

周辺ではこの「ダイレックス」とコンビニくらいしか補給ポイントがないので、食料がない方は必ず補給しておきましょう。9時開店で遅いんですが、出発が遅かったために間に合ってよかです。(笑)

当分補給場所がないと思われるので、本日の昼・晩の分まで購入していざ出発!

 

f:id:yonesuke7:20160608125150j:plain

 

次の札所である、第40番札所観自在寺までは29.5kmです。

順調に進めば、明日にはいよいよ高知県に突入します。楽しみだ!

 

f:id:yonesuke7:20160608125155j:plain

 

今日もあいにくの天気でパラパラと小雨が降ってたんですが、遍路道を歩いていると足元で何やら生物がうごめいている。

あれはなんだ・・・?

 

f:id:yonesuke7:20160608125153j:plain

 

アカテガニでした!このカニは普段は地中の穴に潜んで夜に行動しているらしいんですが、天候が悪いと昼でも這い出てくるみたいです。

大量にいたので、一部だけ捕まえて食べてみたいと思います。

お遍路では「十善戒」という10のルールのようなものがあって、そのなかに生物の殺生をしない「不殺生」があるんだけれども、生きていくためには不可能なので無視します。(笑)

恐らく、ここでの不殺生は無駄な生物は殺してはいけない、というものでしょうけど。カニは生命のために必要だし、蚊は正当防衛としてこれからも退治していきます!

 

f:id:yonesuke7:20160608125159j:plain

 

さぁ、次の札所までまだまだ距離があるので、どんどん歩いていきますよー!

 

f:id:yonesuke7:20160608125202j:plain

 

といいつつ、体調悪化により「先へ進みたくない」というマインドが発動しており、早くも長時間休憩に入ります。

いけない、これはどこかで停滞して治さないとこのままズルズル休み続けてしまう。まだまだ先は長いのに・・・。

 

f:id:yonesuke7:20160608125205j:plain f:id:yonesuke7:20160608125207j:plain

 

ようやく山間部を抜けて海へ。ちょうど海に出た地点のところに補給場所がありました。

なんだかんだ田舎といっても遍路道には補給場所がたくさんありますね。ありがたい。

 

f:id:yonesuke7:20160608125209j:plain f:id:yonesuke7:20160608125212j:plain

 

途中、これ以上ないくらい快適そうな休憩所を発見です!

トイレだけかと思っていたら、まさかの休憩所も設置してありました。なんと。

 

f:id:yonesuke7:20160608125215j:plain

 

スペース自体はそれほど広くなく、電源等の設備はないものの安心して休憩できそうです。

素晴らしい場所ですね!

ぜひここで寝てみたいものですが、目的地はまだまだ先なので進むことにします。

 

f:id:yonesuke7:20160608125218j:plain

 

宇和島から観自在寺に向かう途中に休憩所があるので、ぜひタイミングが合えば寄ってみてください。

 

f:id:yonesuke7:20160608125220j:plain

 

高知市まで、残り175km。単純計算で1日30km歩くとすれば6日ほど必要ですね。

まだまだ遠い!でも確実に近づいている。段々と遍路の終わりが見えてきました。

 

f:id:yonesuke7:20160608125223j:plain

 

観自在寺まで残り19km。あともう少しで半分!自分よ、頑張れ!

 

f:id:yonesuke7:20160608125226j:plain

 

先ほどから石碑に表示されていた、「須ノ川公園」に到着。

海水浴場の須ノ川海岸のすぐ裏手にある場所で、非常に敷地が広く休憩所やシャワー施設、調理場なども設置してありました。

こちらも野宿するには最適な場所ですね。この辺は快適に野宿が出来る場所がたくさんあるので、寝床には困らないと思います。

 

f:id:yonesuke7:20160608125232j:plain f:id:yonesuke7:20160608125238j:plain

 

遍路道沿いに頻繁に植わってある、謎の木。

道路上に落ちている花びらが非常に特徴的。なんという名前なんだろう。気になる。

 

f:id:yonesuke7:20160608125243j:plain

 

午前中はず天候に恵まれませんでしたが、夕方になるにつれ晴れてきました。

暑いとはいえ、太陽が出ているほうが体調も安定しますね!太陽の力はやはり偉大。

雨続きだと、低気圧の影響か体調にモロに影響するので、出来るだけ晴れてほしいものです。

 

f:id:yonesuke7:20160608125246j:plain

 

海で泳ぎたくなってきた。。。

 

f:id:yonesuke7:20160608125250j:plain f:id:yonesuke7:20160608125253j:plain

 

再び、寝床に最適な東屋を発見です。

一応近くに飲水には向かなさそうだけど水道もあります。何より椅子?ベッド?の面積が半端じゃなく、大人2人は余裕で寝られそうなほど広い。

完全に野宿を前提に設計されている・・・!簡易遍路小屋みたいなものでしょうか。

 

f:id:yonesuke7:20160608125256j:plain

 

東屋からの眺め。いい景色です。

高知ではこのような場所で寝られることを密かに期待してます。

 

f:id:yonesuke7:20160608125258j:plain

 

段々と日が落ちてました。

なんとかこのまま歩き通して、真っ暗になる前に目的地に到着したい。

 

f:id:yonesuke7:20160608125301j:plain

 

次の札所・観自在寺まで残り1.8km!

もう納経の時間には間に合わないけど、とりあえず今日の目的地には到着できそうです。

 

f:id:yonesuke7:20160608125304j:plain

 

途中のスーパーで軽く買い物をしていきます。

旅が終わったら毎日フルグラ(フルーツグラノーラ)生活を始めようと思っていたんですが、フライングして買ってしまった。

栄養の不足しがちな旅でも活躍してくれると思います。遍路の補給食としてぜひ購入してみてください。

 

f:id:yonesuke7:20160608125307j:plain

 

結局買い物していたら真っ暗になってしまったんですが、ようやく本日の目的地である「道の駅みしょうMIC」に到着!疲れたー。

こちらの道の駅は面積が狭く、寝床に最適な場所もありませんでしたが周囲に大型スーパーがあるので、買い物はしやすいかと。

寝るだけなら周辺にたくさん公園があるので、そちらのほうがいいかもしれないです。

 

f:id:yonesuke7:20160608125314j:plain

 

道の駅では、今日捕獲したアカテガニを調理して食べることに。

思った以上に「カニ」の味がして美味しかった。また本格的に捕まえて料理をすれば美味しそうです。

アカテガニの調理過程や味については、別で記事を作ったのでそちらを参考にしてみてください。

 

参考記事:「アカテガニ」って食べれるの?実際に料理して食べてみた!【淡水カニ】

 

それでは!おやすみなさい。

 

本日の走行ルート

※遍路道を通っているので、実際のルートとは異なることがあります。

 

スポンサードリンク