【南芦屋浜ベランダ】ルアーを使って冬タチウオ攻略!【年末の釣り納め】

 

2016年も終わりに向かっていますが、南芦屋浜では未だにタチウオ人気が衰えません!

某釣具店の情報によると、湾奥エリアまでブリ・サワラなど大型青物が入ってきていることもあって、年末にも関わらず釣り人でいっぱい!

今回は、今年最後の釣り納めで「南芦屋浜ベランダ」にタチウオ調査に行くことにしました。最後の最後に、ドラゴンを釣りたい・・・!

 

 

大晦日で人が少ないかと思いきや

 

年末といえども、周囲に住宅街がたくさんある南芦屋浜では釣り人が多いだろう。油断すると、釣り場がなくなる・・・!

ということで、4時半頃に南芦屋浜ベランダの東側にチェックイン。いつもなら中央付近で釣りをするんですが、今日は到着段階では人が少なかったので。

「おお、さすがに大晦日、めっちゃ人少ないやん!」と最初だけ快適に釣りをしていたんですが、ものの数十分もすると次々に釣り人がやってきて、あっという間に埋まってしまいました。^^;

 

 

最近のタチウオ事情は、状況を見る限りは釣れてはいるものの、全体でポツポツといった感じ。

自分自身もこれまで2回ほど冬に調査に来ていますが、2連続ボウズを食らっていました。今日は・・・年末用の食材を手に入れるためにも、なんとしても釣りたい!

早速、「タチウオキラー」であるフラッシュJルミノーバで表層から底まで探ってみるも、暗いうちは特に反応がなし。うーむ。

 

普段はこの時刻には誰も釣っていないんですが、2つ隣の釣り人が5時頃に1本釣り上げるのを見たような・・・?

やがて、段々と空が白んでいきます。この時期のタチウオは一瞬で時合が終わってしまうらしいから、気を抜けない。

以前はフラッシュJで粘りすぎて釣れなかった感じがあったので、青物狙いも含めて鉄板バイブの「ビックパッカー」にチェンジ!早速表層早巻きで狙っていきます。

 

わずか5分の時合でタチウオヒット!

 

ビックパッカーを投げて、表層早巻きやボトムからの巻き上げ、ジャークなど色々なアクションを試してみる。

なかなか反応がないので、「今日もボウズなのか?」と落ち込んでいると、表層早巻きでいきなり「ガツン」とアタリ!

残念ながら掛からなかったんですが、ようやく魚の反応があって嬉しい。気を取り直して、再びキャスト。

 

表層早巻きを繰り返していると、今後は巻いていたルアーがいきなり止まるような、変なアタリ。

「え?表層なのに根掛かり?」なんてバカなことを考えていると、いきなりルアーが走り出す!かなり強烈な引きだったので、最初は青物かと思ったんですが・・・。

 

 

ようやく、本命のタチウオが釣れました!指4本のまぁまぁいいサイズ。この時期、この場所のタチウオは本当に貴重。

連続で左隣の釣り人にも1本ずつ掛かったようで、「時合到来か?」と思ったんですが、ものの5分もしないうちに終了。

その後、ブリ狙いも兼ねて9時頃まで投げ倒しましたが、一切アタリなし。この時期のタチウオは本当に渋い^^;

 

 

一方、大型魚の気配はなかったものの朝マズメからちらほらベイトの姿は見えていて、ときおり大群が押し寄せていたのでまだまだ釣れそうな予感がしました。

地元の兄ちゃんに話を聞いたところ、昨年はお正月でも入れ食いだったようですが、今年はダメダメとのこと。

数年前まではダメだったが、昨年はめちゃめちゃ釣れたという話は至るところで聞きますね。

この状況からして、来年明けもポツポツはタチウオが釣れてくれそうな予感がしますが、あくまで釣座や当日の状況によって変わる博打ゲーになりそう。

ちなみに、その兄ちゃんの友人はお隣の西宮ケーソンでバカでかい魚を掛けたそうなので(バレてしまったらしいけど)一発大物狙いでそっちを狙うのもアリですよね。

 

 

今回は貧果で釣り場を後にしましたが、2016年最後の釣行でなんとか釣れてくれて、良かったー!

無事に釣り納めができました。

 

冬のタチウオがめっちゃ美味そうな件

 

せっかく貴重な冬タチウオを手に入れたので、早速刺身用に捌いてみました。

すると!なんと、捌いている側から包丁に脂が付きまくる。めっちゃ脂がのってるやん!これはゼッタイ美味いやつですよ・・・!

夏・秋のタチウオはサイズの問題もあるでしょうが、ここまで脂がのっていた印象はなかったので、一段と美味しくいただけそうですね。

お正月は、皮を炙ってお刺身でいただきましょうかな。ふふふ・・・!

 

おわりに

 

というわけで以上、「年末の南芦屋浜でタチウオ調査」のレポートをお届けしました!

かなり渋い状況ではありますが、まだシーズンが終わったわけではありません。これからの時期は冷え込みも釣果もさらに渋くなりそうですが、一発大物のチャンスがあります。

某釣具店の情報では、南芦屋浜では120cmクラスが釣れたとかなんとか。一発ブリやサワラのチャンスもありますし、まだまだ博打をしてみる価値はありそう。

 

もちろん、僕は年始以降も変わらず繰り出す予定です。(笑)それでは!

 

関連記事

神戸・明石・西宮でタチウオ釣りをするにはどの釣り場がいい?おすすめスポット8選まとめ【大阪湾の釣り場】

2016.11.27

タチウオ(太刀魚)をルアーで狙う!釣り方とタックル徹底解説

2016.11.13

簡単にタチウオが爆釣!?ワインド釣法のコツとタックルについて【釣り方解説】

2016.08.08

スポンサードリンク










2 件のコメント

  • あけましておめでとうございます
    シメオです
    年末年始密かに狙ってたんですが釣行予定の前日にブリが上がってしまいだだゴミを予想したので釣り始めはお預けになりました
    案の定次の日はルアーマンが大挙したそうです
    やはりブリなどの青物情報に敏感な人は敏感ですよね

    今週末にでも朝マヅメねらいでタチウオとサゴシ行く予定です!

    タチウオですが秋でも条件次第ですが脂の乗り良いことありますよ

    昨年武庫一通いしてたのですがイワシの回遊が始まったばっかりはいまいちだったのですがイワシの回遊が続いた後のタチウオは秋なのに脂がノリノリでした
    やはりベイトの回遊が安定した後は食いもよく脂の乗りも良いので釣り人には嬉しい限りですね!

    そして今年は阪神間でタチウオの開幕ダッシュは凄かったですけど落ち着いてからノンビリだらりと続いてるイメージなんでいつまで続くか楽しみですね

  • シメオさん、コメントありがとうございます!見逃してしまっていました・・・。
    今更の挨拶とはなりますが、あけましておめでとうございます。

    すごいですね!武庫川一文字でもあがっているようですし、去年〜今年にかけてはブリ祭りとなっていますね。
    南芦屋浜で130cmのタチウオも釣れていたようですし、まだまだ熱が冷めない感じですね。
    月末まで関西を離れているので、タチウオシーズンには間に合いそうにありませんが・・・。ぜひ、釣っていただきたいところです!