5月の南芦屋浜でチニングに挑戦!まさかの巨大根魚確保・・・!?

 

5月も後半に突入して、いよいよ釣りに最適な季節がやってまいりました!明石方面では巨大青物、神戸から西宮にかけてはバチ抜けのシーバスが超人気。

それら人気魚種を追いかけるのもいいんですが、今回は久しぶりの釣りということで、手堅く釣果をゲットできる「チヌ(クロダイ)」を狙ってチニングに挑戦してみます!(笑)

基本全シーズンを通して釣れますが、特にこれから夏に向けて盛り上がっていく釣りですね。ハイシーズンにはちと早いですが、狙っていきましょう!

 

 

南芦屋浜の西側石畳エリアにてスタート

 

今回は南芦屋浜でチニングに挑戦することにしました。ポイントは西側の石畳エリア。

芦屋浜は全体的に石畳が多く、チヌが居つくポイントが無数にあります。その中でも西側はアクセスしやすく、水深も浅くて釣りやすいのでお気に入りのポイント。

時刻は午後21時半頃、満潮からの下げのタイミングで釣りスタート!2時間程度でサクッと釣ってサクッと帰る予定。

 

 

ルアーはこちら!チヌクル3.5g+ガルプサンドワームという組み合わせ。

この場所は全体的に水深が浅いのと、すぐ手前から30m程度にかけてストラクチャーがたくさん入っていて、5gのシンカーだと根掛かりが頻発するために軽めのルアーで挑みます。

沖のブレイクを狙うわけでもなく、石畳周りを狙うだけなら飛距離もいらないですからね。

 

まずはセオリーどおりにルアーをキャスト後、時々ステイさせつつデッドスローで底をトレース。

大きく引っかかるところがあれば、ルアーが外れたところで少しステイさせつつシェイク&ボトムパンピングなどをしてアピールします。

何投かしたところで、ステイ中に「コンコンコン!」と小気味よいアタリが。早速きたー!

 

 

本命ではなく、バチシーズンに多い「タケノコメバル」でした。(笑)

周辺ではまだバチを追ってシーバスがライズする光景が見られますが、こいつらもバチを追っているみたいですね。

 

 

再び同じパターンでヒット!と思ったら、今度はカサゴでした。(笑)チニングも面白いけど、南芦屋浜であえて根魚をメインに狙っても面白そうだなぁ。

アップクロスに投げて、ストラクチャー周辺を丁寧に探りつつステイ・・・というパターンで無限に根魚が釣れそう。大型が釣れたら、久しぶりに持って帰っていただきたいところ。

同じパターンで、再びヒット!しかし今度の魚は少し大きいのか、一度手前のストラクチャーに潜られてしまう・・・が、なんとか引き剥がしてランディング!

 

 

24cm程度、いいサイズのタケノコメバルをゲットです!ある程度ドラグを緩めているとはいえ、このサイズでもかなり引きますね。

ただチヌと違って叩くような引きではなく、思いっきり首を降りながらストラクチャーに突っ込んでいくのでかかった瞬間に判別できますねー。

この時点で時刻は22時頃、そろそろ本命が釣りたいぞ・・・。(笑)

 

本命(?)と巨大根魚を捕獲!

 

再びタケノコメバルをゲットしつつ、ある程度深場まで歩いてきたので今度は手前の石畳周辺を丹念に探ってみることに。

特にチヌは、沖ではなくて石畳周辺に居着いて餌を捕食している印象があります。昼間なら姿を見られた瞬間に逃げられるけれど、夜ならそーっと歩けばすぐ目の前で釣れることもしばしば。

石畳周辺をトレースしていると、「ゴゴゴッ」と鈍いアタリとともに竿がぶち曲がる!デカイ!石畳に擦られないように竿を立てながら引きに耐える。これは・・・結構なサイズだぞ!

 

 

ギャー!!!!!まさかの南芦屋浜で32cmの尺超えタケノコメバルを捕獲!

まさか、近所でこれほどのバケモノが生息しているとは・・・。都市部でも運河などで30cm手前のサイズが釣れることはあったんですが、尺超えは人生初!

せっかくならいただいてみたいので、すぐに締めてビニール袋にイン。釣ってからしばらくは手が震えていた。本当にデカイ。

 

 

その後、巨大魚が釣れた衝撃でボーッとしながらトレースしていると、すぐ目の前で「ガツン!」と独特のアタリ。

合わせると、ガンガンガン!とロッドを叩くような引き。久しぶりだ!取り込むと、31cmのキビレでした。

本命は真チヌですが、キビレでも久しぶりにチニングをしてゲットしたので、嬉しいですね〜。

 

 

西側の石畳を一通り探って、一番奥までやってきました。

まだポイントはたくさんあるので探ってもよかったけれど、もうすぐ時刻も23時半になってしまうので、ここらで納竿としておきます。

残念ながら真チヌは釣れませんでしたが、これから真夏のシーズンにかけてチャンスは大量にあるので、次こそはぜひ釣りたいところ!ではでは。

 

 

帰り際に、懐かしいチビレをゲット。(笑)真夏はこんなサイズがアホみたいに釣れます。

 

 

芦屋浜、北側の石畳。手前5m程度のところに魚道があって、昼間に眺めるとデカイチヌが泳いでいることもしばしば。ただし根掛かりは多いです。

スポンサードリンク