【保存版】ブログ記事の書き方とは?取材・ライティング・タグの挿入まで全手順を解説

 

ブログを無事に始めることができた!次は実際に記事を書いていくステップですが、「具体的な記事の作り方やライティング方法など、初心者で経験がないとわからない」という人も多いはず。

それもブログ記事を書いてアクセスを集める場合、自分の日記ではなく「読者にとって価値のある記事」を書く必要があるので、読者のニーズを汲んで執筆する必要があります。

今回は、10年以上ブログ運営を続けている自分が「ブログ記事の作り方」を一から全て解説していきたいと思います!この方法でやれば、ある程度良質が記事ができると思いますよ。

 

価値を生み出すブログ記事の作り方・手順

 

ブログ記事を作る・・・と一口に言っても、日記をまとめるだけという人や、読者にとって価値のあるコンテンツを作成するなど色々な手段・目的があります。

ここで紹介する「ブログ記事の作り方」とは、言うまでもなくアクセス・収益を得るため、読者に記事を読んでもらえるだけの価値を生み出すことが目的。

記事を書いて自分が満足するだけではダメで、「この人に読んでほしい!」というユーザー像を想定して、悩みを先回りして提供する必要があります。難しいですが、ここまでやって始めて読まれるブログになります。

 

ブログ記事作成までの具体的な手順
  • 商品・サービスを取材して一次情報を入手
  • 徹底的にリサーチをして裏取りをする
  • 記事タイトル・見出しを作り込む
  • ユーザーのニーズに寄り添うライティングを行う
  • 閲覧性をアップさせるための文字装飾(HTMLのタグ挿入)
  • アフィリエイトリンクの挿入

 

ブログ記事作成の手順は人それぞれですが、自分は上記の順番で作業を行っています。特別な能力はありませんが、一応ブログ収入で生活しているので、少しは参考にしてもらえるかとw

自分の考えをまとめるだけのブログなら、ここまで面倒くさい手順を辿らなくてもOK。ただ本格的にブログ運営を行い、多くのPVや広告収入を得たいなら必須だと考えています。

最近は特にブログを立ち上げる人が多くなっており、適当に記事を作るより少しでも手間をかけて質を向上させたほうが良い結果を得られるようになっています。それでは、具体的に作り方を紹介していきます!

 

商品・サービスを取材して情報収集

まずは、ブログ記事を作るにあたってネタの大元となる「取り扱う商品・サービス等の取材・情報収集の方法と手順」について解説します!

どんな内容を扱う場合でも、良質な情報を発信するためには取材やリサーチが必須で、「一次情報の取材」→「裏取りをするための情報収集(リサーチ)」→「クオリティの高い写真撮影・編集」へと進めていきます。

これだけ見ると「ブログ記事を作る前に相当な努力が必要そう!めっちゃ大変やん!」と思ってしまいますが、経験のあるジャンルなら今ある知識を使って執筆すればOKです。

 

一次情報が他ブログとの差別化につながる

 

ブログ記事を作る・・・というとパソコンの前に張り付いてひたすら執筆するイメージがありますが、一番重要なのは最初の「一次情報を取りにいく・取材をする」というステップです!

今の時代、ネット上でリサーチすればわざわざ行動せずとも記事を書くことができます。ただそういった「コタツ記事」はいくらでも出回っていて、差別化できなければネット上の藻屑として消えていきます。

オリジナルの経験をして初めて、ユーザーに「この記事は面白い!参考になる!」と思ってもらえる記事を作成できるんですよね。従ってライティングより以前に、様々な活動をして一次情報を取りに行くべき。

 

リサーチするだけではわからないことも、実際に体験すると「なるほど!こういうことだったのか!」と新たな景色が見えます。あとは過去の自分に対してわかりやすく解説すれば、何かしらの結果が出ます。

当ブログでも新規記事を書くときは必ず検証なり取材を行っていますが、一見すると手間がかかるように見えて、こういったオリジナル記事はGoogleに評価されるので結果が出やすいんですよね。

ブログ運営者が多い激戦ジャンルでは一次情報を取るのが当たり前で、いかに差別化するか・・・が重要になっています。しかしオリジナルな体験を記事にすれば検索順位で勝てることもあります。

アフィリエイトサイトだと最初に「ユーザーのニーズリサーチ」から始める必要があるんですが、ブログ運営ではユーザー=過去の自分に設定するので、最初から一次情報を取りにいって大丈夫です。

 

内容を裏打ちするため徹底的にリサーチ

実際に様々な体験・検証をしながら一次情報を得るのが結果を出すための近道となりますが、ただ取材をするだけでなく情報の裏打ちをするために「リサーチ」することも重要。

自分以外にどういったユーザーが利用するのか?本当に公式サイトの情報はあっているのか?体験しなければわからないことが多いものの、ユーザーのニーズや商品のスペックは事前のリサーチで把握できます。

可能な限り質の高い記事を書くため、取材だけでなく莫大なリサーチ作業を行うことも多く、気づいたら一日情報収集をしていることも・・・。

 

例えば当ブログでは旅行系の記事を多く取り扱っていて、様々な地域へと旅立っています。このとき、実際に訪れる前に「定番の観光地やマイナーな飲食店等」をリサーチしておくだけで、取材のクオリティが大幅アップします!

他にも新しい内容の記事を書きたい場合、知識を得るために大量の本を読むなど情報収集が欠かせません。リサーチというより勉強に近いですが、自分自身の経験値にもつながるので積極的にリサーチをして損はなし。

記事の内容でエビデンスが必要なら、信頼できる企業や各省庁で公開されている資料を読み込むことも。こういった統計データは引用して記事に掲載するだけでもクオリティをアップできます。

 

質の高い画像を撮影&編集を行う

▲写真のクオリティはもちろん、背景や色味などにもこだわって撮影している。

 

商品・サービスのレビューを多く扱うブログなら、取材・リサーチと同様に「写真撮影」も欠かせません!実際に投稿者が撮影した写真があると、説得力が増し多く購買につながることも。

特に女性向けメディアでは写真の選定が非常に重要と言われており、男性向けの場合でも所有感を満たすような商品を紹介している場合、写真の完成度によって購買率が大きく変わってきます。

当ブログでは最初スマホで適当な写真をアップしていたんですが、「めっちゃ写真撮影って重要やんけ!」と気づいてから7万円の高級コンデジを購入しました。十分元は取れていると思います。

 

撮影した写真はそのままアップするのではなく、「Lightroom」などの編集ソフトを使って事前に少し露光量や彩度を少しいじってあげるだけでクオリティが一気に上がるのでおすすめ!

暗い写真だとパっとせずあまり見る気になりませんが、適切な明るさに編集してあげるだけで一気にクオリティがアップします。特に商品レビューなど屋内で撮影している場合、写真が暗くなってしまいがち。

写真を多用するブログ(旅行記)の場合、写真に少し手を加えるだけでブログ全体の印象が変わってくるので、記事の作成に少し時間がかかりますがやっておいて損はありません。

 

実際にブログ記事を執筆するためのステップ

ブログ記事の大本となる「商品・サービス等の取材・リサーチ」が終わったら、いよいよブログ記事を執筆していきます!とはいえ、ここまでやればほぼ記事が完成したも同然。

一次情報を取材した時点ですでに記事の骨格はできているので、あとは「読まれるタイトル・見出しを作り込む」「ニーズに寄り添うライティング」「内部リンクでの導線づくり」と進めていけばOK。

本格的に書こうと思うと1記事だけで数日かかることもありますが、気軽に書けることもブログのメリットなのでサクッと書いてしまってOK。一応、本格的に作り込む場合の手順を紹介しておきます。

 

読まれるタイトルを徹底的に作り込む

▲「クレジットカード おすすめ」など激戦ジャンルの記事タイトルは非常に参考になる

 

ブログ記事を書くにあたって、「中身(文章)が一番重要」という人が非常に多いと思うんですが、どれだけ中身を作り込んでもユーザーに見られなければ意味がありません。

ユーザーが記事を読み込むかどうかは十中八九「記事タイトルが魅力的かどうか」で決まってしまうので、文章を書く前に「思わず読みたくなるタイトル」を考えてみることも重要!

魅力的なタイトルを付けるためにはいくつか方法論があって、一定のテンプレに沿って考えれば80点程度のタイトルは作れます。最初は一定の手順に従ってタイトルを考えてみましょう。

 

魅力的な記事タイトルを付けるための方法
  • SEO対策のため、必ず重要なキーワードをタイトルに入れる(ブログ 書き方など)
  • 一目でユーザーのメリットが把握できる(ブログの始め方を徹底解説!など)
  • 【】『』などで重要箇所を強調
  • 「2018年版」など最新の情報であることをアピール

 

記事内容の整理には見出しを活用!

 

記事を書くとき、どれだけ詳しい内容であっても文章自体が整理されていないと非常に読みづらく、ユーザーに離脱されてしまいます。そこで、文章を整理するために「見出し」を活用します!

本の目次と同じでトピックごとに見出しを挿入することで見やすくなるばかりでなく、最近は検索結果に見出しが表示されるようになっているので、タイトルと同じようにSEOにも影響します。

またスマホユーザーが多くなっている関係で、必要な箇所だけ読む「読み飛ばし」ユーザーが増えています。見出しがあれば一発で記事内容がわかり、必要な部分だけ読めるのでタイトルと同じぐらい重要。

 

 

H1・H2・H3などタグを使うことで見出しを挿入することができ、数字が大きいほど大項目に、さらに詳細なトピックを小項目として扱います。

見出しの使い方には一定のルールがあり、扱い方を間違えると読者が混乱するだけでなく機械的(Googleなど検索エンジン)にも間違いとして扱われ、最悪の場合アクセス数が下がってしまうことも・・・!

事前にタイトル・見出しさえ決定してしまえば本文の内容も自ずと決まってくるので、記事ネタを考える際は両方を書き出しておくとササッと本文を書くことができます。

(※)ブログサービスによりますが、一般的に良く使われるWordPressの場合だと「H1」はタイトル、「H2〜H6」までが見出しとして扱われるので、実際に使うのはH2以降になります。サービスごとに扱いが異なるので、要確認です。

 

冒頭文で要約解説&ユーザーを惹きこむ

 

ユーザーはタイトル・見出しで読みたい記事を選択しますが、そのあとに読み込んでくれるかどうかは「冒頭文が魅力的かどうか」で決まります。

自分の時間を使って、必要もないのに記事を読みたいと思う人はいません。必要だから仕方なく記事を見ているのであり、冒頭文で魅力やザックリ内容を把握できなければ離脱されてしまいます。

タイトル・見出しに続いて重要なので、「ユーザーの気持ちに寄り添った一文を入れる」「記事で得られるメリットの要約を載せる」「長すぎない」ことを意識して執筆しています!

 

ただ冒頭文を構成から考えていては大変なので、ある程度サクッと書けるように「テンプレ化」しています。自分の場合は、上記の点を意識しつつ3行で記事内容を解説するようにしています。

記事を執筆するときは書く内容を先に決めるようにしていますが、最終的に結論が変わってしまうことも。冒頭文で説明すべき内容も変わってくるので、本文を全て書いたあとに作ってもいいかも。

ライティングが上手い人は本文もさることながら、冒頭文からの惹き込みがめちゃくちゃ上手いです!他ブログを見ているときに「うお・・・!この冒頭文はすごい!」と思ったら、他の記事も見て勉強にしましょう。

 

ユーザーのニーズに寄り添うライティングを行う

 

記事タイトルと見出しが完成すれば、あとは内容にそって執筆していくだけ!タイトル・見出し・事前の取材で書くべき内容は大体把握しているはずなので、サクッと書けるはず。

記事執筆段階で「あれ?どうやって書けばいいんだっけ?」と悩んでしまう場合、単純に慣れていないだけの可能性もありますが、「リサーチ・取材不足」であることのほうが多いです。

情報不足の状態で記事を書いてしまうと、抜けがあったり起承転結のないあやふやの文章になってしまうので、一度手を止めて「情報・取材に抜けはないか?」を考えたほうがいいですね。

 

記事を書く際は、適当に書くのではなく読者のニーズに寄り添うライティングをすると広告への成約率が一気に上がります!思わず広告をクリックしてしまう・・・!という文章を目指しましょう。

ユーザーに寄り添ったライティングは難しく、自分でも勉強中です。ユーザーは扱う記事に寄って変わるので文章のテンプレ等はないんですが、何度も解説しているとおり「過去の自分」を意識すると成功しやすいです。

例えばコンプレックスを乗り越えた体験談を書く場合、過去の自分の気持ちを最大限汲みながら上手く伝わるようライティングします。「どうすれば思わず読みたくなるか?」を最大限考えて執筆するのが大切。

 

ライティングに関しては感覚でやっている部分も多いんですが、コンプレックス系の専門サイトを作ったときは「うわー!この文章を見たら絶対食いついてたわ!」と思える内容に仕上げていました。

特にアフィリエイト広告への成約を狙う場合、ちょっとした一言でユーザーの背中を後押しできることも。一言一句気にしながら、場合によってはヒートマップツールなどを利用してブラッシュアップしましょう。

とはいえ、最初から上手く書ける人なんて天才ぐらいしかいません。記事はあとからいくらでも編集できるので、「まずは書く!」ことを意識したほうがスムーズに運営できますよ。

 

読者のニーズを意識したライティングをする方法
  • 過去の自分をターゲットに想定する
  • 当時の悩み・商品が欲しくなる潜在的・顕在的理由を書き出す
  • 商品のスペックではなく「使用して手に入れられる未来」を書く

 

閲覧性を向上させるための文字装飾(HTMLの挿入)

 

無事に記事執筆が終わったら、そのまま投稿するのではなく閲覧性を向上させるための「文字装飾」を行ないます。これがあるだけで、グンと文章が読みやすくなります。

最近だとスマホの読者が多い関係で、流し読みして必要な箇所だけチェックすることもしばしば。小さい端末で長文を読むのは結構しんどいので、重要な部分を文字装飾してあげたほうが親切。

強調タグ「B」を使えば重要箇所を目立たせることができ、検索エンジンにも「ここが重要!」と伝わります。エディターを少しカスタマイズしてマーカーなども使えるようになると表現の幅が広がるのでおすすめ。

 

内部リンクで導線づくりを行う

 

記事タイトル・見出しの決定、本文の執筆、文字装飾とくればほぼ記事が完成したも同然ですが、最後に記事に関連する内容を自サイトから「内部リンク」でつないであげると記事の導線ができます。

サイト内の回遊性が高まると「良質なサイト」として検索エンジンから評価されやすくなるし、単純にユーザーに優しいので「これは別のページで説明すべきかな?」と思ったら積極的にリンクを貼りましょう!

内部リンクを貼りすぎるとユーザーが迷ってしまうのでNGですが、一記事で全ての内容を解説するのは無理なので、積極的に別ページに飛ばすようにしてOKです。

 

内部リンクの貼り方は様々ですが、テキストにそのままURLを貼る「テキストリンク」が最もクリック率が高く、違和感なく挿入できます。

最近のブログは内部リンクを目立たせた「ブログカード」でも表示できますが、目立つわりにそれほどクリックされないため、基本はテキストリンクを使用するようにしましょう。

「特にこのページへ飛んでほしい!」という記事がある場合は、テキストリンク+ブログカードと両方掲載して目立たせることも可能。内部リンク一つで評価が大きく変わるので、色々工夫してみましょう。

 

一度完成した記事を推敲・間違いがないかチェック

取材から記事執筆・文字装飾まで行って、無事に記事が完成!最後に記事内容について間違いがないか、本当にこの内容でいいのか?を推敲します。

PCで文章執筆している人が多いと思いますが、「スマホ画面でチェックする」ことも重要!PC表示では問題なくても、スマホだとデザインが崩れていることもあるので、投稿前に把握して修正しておきます。

スマホのほうが誤字脱字にも気が付きやすく、文章の違和感にも気づけるので必ず確認しています。

 

実際に記事公開!記事執筆に必要な時間は?

 

記事ネタを考えるところからリサーチ・取材・記事執筆などを通して、やっと記事が完成!記事完成までの時間は内容によって大きく異なりますが、最短2時間〜長くて1週間程度が多いです。

すでに実体験のある記事ネタなら、執筆にすぐ着手できるためパパっと完成させられますが、全く知識のないジャンルだとリサーチから取材まで1ヶ月以上かかることもあります。

すでに経験の多いジャンルなら手を止めることなくガリガリ書けますが、質を追求すればするほど本当に難しくなるんです。自分はこの作業も楽しんでやってますが、執筆が嫌いな人は過酷かも?

 

とはいえ、完璧主義で「このままでは記事が完成しない!」と待っていては本末転倒です。最初から100点満点の記事を作るのは難しいので、70%程度の完成度でアップしてしまってもいいと思います。

「ユーザーに評価されるかどうか」と「作り込んだかどうか」は相関しないことも多く、適当にパパっと書いた記事ほど検索エンジンで上位表示されることも。

できるだけ完成度を上げるために必ず記事の編集(リライト)を行うことになるし、一度アップしてしまえばユーザーの反応を見ながら追記・修正ができまず。完成度を高めつつも、まずは執筆を始めましょう!

 

おわりに

というわけで、以上「ブログ記事執筆までの流れと内容」について簡単にまとめてみました!作り方はジャンルや内容によって変わりますが、だいたい大まかな流れはこんな感じ。

日記をまとめるのに比べ、情報収集・取材など面倒くさいことをたくさんしなければなりませんが、ここまでやってはじめて価値が生まれます。ありきたりな内容を書いても、誰も見たいと思いませんからね。

ただ、自分の好きなジャンルなら執筆と同時に楽しく勉強もできるし、情報発信を理由にしてどんどん新しい体験ができます。アウトプットありきの行動も非常に楽しいので、ぜひ挑戦してみてくださいー!

スポンサードリンク