ブログ記事の作り方とは?取材・ライティング・タグ挿入まで全手順を解説

 

ブログを無事に始めることができた!ただどうやってネタを考えたらいいかわからないし、具体的な記事の作り方もわからない。一体書いていけばいいのだろう?

ただ記事を書くならともかく、ユーザーにとって価値のある記事を書くのは大変です。キーボードを打つだけでは作ることができません。

今回は、10年以上ブログ運営を続けている自分が「ブログ記事の作り方」を一から全て解説していきたいと思います!この方法でやれば、ある程度良質が記事ができると思いますよ。

 

ブログ記事の作成手順・考えておくべきこと

 

ブログ記事を作る・・・と一口に言っても、日記をまとめるだけという人や、読者にとって価値のあるコンテンツを作成するなど色々な手段・目的があります。

ここで紹介する「ブログ記事の作り方」とは、言うまでもなく記事を読んでもらえるだけの価値を生み出すことが目的です!

自分が満足するだけではダメで、「この人に読んでほしい!」というユーザー像を想定して、悩みを先回りして提供する必要があります。難しいですが、ここまでやって始めて読まれるブログになります。

 

ブログ記事作成までの具体的な手順
  • 記事ネタ集め・情報収集
  • 商品・サービス・体験・施設への取材・画像撮影など
  • 記事タイトル・見出し・それぞれの意図をメモ
  • 実際に記事執筆
  • 文字装飾(HTMLのタグ挿入)
  • 書いた記事を推敲・チェック

 

ブログ記事作成の手順は人それぞれですが、自分は上記の順番で作業を行っています。特別な能力はありませんが、一応ブログ収入で生活しているので、少しは参考にしてもらえるかとw

自分の考えをまとめるだけのブログなら、ここまで面倒くさい手順を辿らなくてもOK。ただ本格的にブログ運営を行い、多くのPVや広告収入を得たいなら必須だと考えています。

それでは、実際に記事作成までの手順を紹介していきます!

 

記事ネタ集め・情報収集・取材のステップ

書きたい記事ネタを考える・発見する

▲釣り専門用語が多いが・・・書きたい!と思った記事は一度メモアプリ等にリストアップ。

 

まず第一にやるべきは、「こんな記事を書きたい!」もしくは「このコンテンツがあれば、よリ読者を満足させられる!」という記事ネタを考える・発見すること。

ブログ形式でサイト運営する場合、サイト作成段階で書きたい記事リストを作っておいてもいいんですが、運営ブログのジャンルに沿っていれば思いつきで考えてしまって大丈夫だと思います。

ブログネタは日常生活を送っているだけでいくらでも思い浮かびますし、旅行などをしてネタ集めをする方法でもOK。自分は記事ネタを思いついたら、即スマホにメモしてまとめています。

ブログ形式ではなく、本格的にメディア運営して広告収入を得たい!という場合は、ブレを無くすために想定読者・必要な記事リスト・内容などをあらかじめ設計書に全て盛り込んだうえでサイト作成を行います。

 

商品・サービスのリサーチ

 

書きたい・読んでほしい記事が決まったら、次は記事対象に関するリサーチを行います!次のステップで取材を行うんですが、事前知識があれば突っ込んだ内容まで知れるため、重要な作業です。

仮に特定の商品に関する記事を書くとすると、商品スペック・利用者像・使用する目的などを調べます。他にも、「デモグラフィックデータ」と呼ばれる年齢・性別などの情報も把握します。

方法は色々ありますが、「雑誌・本で情報収集」「Yahoo知恵袋でユーザー像を把握」「商品のランディングページを見る」などの手段を使ってリサーチを進めます。

 

直接取材・画像撮影

▲商品レビュー記事なら各種スペックを調べながら、写真撮影にもこだわる

 

事前に記事対象のリサーチを進めて必要な知識を把握したら、いよいよ取材を進めていきます!この取材で得られる情報で記事の質が大きく決まるので、非常に重要な作業となります。

特定の商品なら実際に購入して使用、体験そのものを売る(ディズニーの楽しみ方など)なら実際に取材対象の場所へ行き、画像撮影や体験に関するデータを徹底的に取ります。

利用者像に関する情報はリサーチ段階ですでに入手しているので、ディズニーの利用者でファミリーが最も多いとすると、「ファミリーが楽しめる方法」を実際に体験しながら取材を進めていきます。

 

実際に取材を終えたら、体験した内容や「これは!」と思った箇所についてメモしておき、撮影した写真の選別・ 編集をしておきます。

ちなみに、ブログに使う写真は妥協しないほうがいいと思っています!特に写真が重要となる商品・サービスレビューだと、画像の質で満足度や購買数が変わってくるから。

最初はカメラを購入する資金がなくiPhone6で撮影していたんですが、ある程度ブログ収入が得られた段階で8万前後の高級コンデジを購入しました。このような投資も必要です。

ブログ記事で取材と聞くと「なんと大げさな・・・マスメディアじゃあるまいし」と自分でも思ってしまうんですが、本格的に運営するならメディアの規模に関わらず必要だし、記事の質に大きく関わってくるので重要な作業なんです。

 

記事執筆・文字装飾・タグ挿入のステップ

記事タイトル・見出しとそれぞれの意図をメモ

▲先に記事タイトルと見出しだけ書き出して、論理的な構成を維持する

 

実際に商品・サービスに関する取材を行い、画像や記事内容を得ることができた!ここまでくれば必要な情報が全て揃っているため、あとは内容に沿って書いていく簡単なお仕事をすればOK。

当然ブログなので記事執筆も重要なんですが、リサーチ・取材まで適切に行っていけばあとはサクッと書くことができます。記事ネタを揃える作業のほうが実は大変なんです!

実際に文章を書いていく前に、記事タイトルと各種見出し(H2・H3)を設定しておきます。この作業をしておくことで、論理的な記事構成を維持でき、SEO対策にもつながります。

 

見出しに沿って記事を執筆していく

 

記事タイトルと見出しが完成すれば、あとは内容に沿って記事を執筆していくだけ!書くべき内容は取材とリサーチ段階で把握しているので、慣れていればスルスル文章が浮かぶはず。

記事執筆段階で「あれ?どうやって書けばいいんだっけ?」と悩んでしまう場合、単純に慣れていないだけの可能性もありますが、「リサーチ・取材不足」であることのほうが多いです!

情報不足の状態で記事を書いてしまうと、抜けがあったり読者から見て想定外のよくわからない記事になってしまうので、一度手を止めて「情報・取材に抜けはないか?」を考えたほうがいいですね。

広告掲載・アフィリエイトを行うなら、商品・サービスを成約(購入)してもらうためのライティングが”超重要”になります。記事の内容を少し替えただけでCVRが大きくかわることもあるんですが、ここではブログ記事作成の説明なのは詳細は省きます。時間があれば別途記事で解説するかも?

 

文字装飾・画像挿入・HTMLによるタグ挿入

 

無事に記事執筆が完了したら、あとは作業が終わったようなもの!本文は完成しているので、文字装飾をして必要な部分を強調し、必要な箇所で画像挿入を行います。

最近だとスマホの読者が圧倒的に多く、大抵流し読みして必要な箇所だけチェックし、情報を得る読者が非常に多いです。なので、流し読みにも対応できるよう文字装飾は非常に大切。

あとは、記事内容によってIllustratorなどのソフトでイラスト作成も行い、読者にとって見やすい記事になるよう心がけます。デザインは二の次でいいので、わかりやすい記事を作ることが大切。

 

一度完成した記事を推敲・間違いがないかチェック

取材から記事執筆・文字装飾まで行って、無事に記事が完成!最後に記事内容について間違いがないか、本当にこの内容でいいのか?を推敲します。

PCで文章執筆している人が多いと思いますが、「スマホ画面でチェックする」ことも非常に重要。デザインのズレや文章のわかりやすさ、などをあらかじめ把握できます。

スマホ読者が多いサイトなら、スマホ側で最適化できていればPC表示は崩れていても最悪問題ない、と言えるほど重要なので絶対にチェックしましょう。

 

実際に記事公開!状況に応じて編集など

▲旅行系の記事は情報収集から実際の取材まで意外と大変!

 

記事ネタを考えるところからリサーチ・取材・記事執筆などを通して、やっと記事が完成!記事完成までの時間は内容によって大きく異なりますが、最短2時間〜長くて1週間程度が多いです。

すでに実体験のある記事ネタなら、執筆にすぐ着手できるためパパっと完成させられますが、全く知識のないジャンルだとリサーチから取材まで1ヶ月以上かかることも。

ブログ記事って、簡単に書ける内容もありますが、質を追求すればするほど本当に難しくなるんです。自分はこの作業も楽しんでやってますが、執筆が嫌いな人は過酷かも?

 

一度完成した記事ですが、あくまで「ユーザー価値の最大化」を目的にして書いているので、放りっぱなしにしておくことはありません!

当時は最新の情報を掲載しているつもりでも、時間が経つにつれ古くなっていきます。記事を書き続けていれば執筆スキルがレベルアップし、過去の記事を見て「うわ!なんだこのクソ記事!」と気づくことも。

常に情報をアップデートしておきたいので、記事完成後も情報のアップデートを続けていきます。記事のメンテナンスを続けることで閲覧数や広告収入がアップするので、これも重要な作業です。

 

おわりに

というわけで、以上「ブログ記事執筆までの流れと内容」について簡単にまとめてみました!作り方はジャンルや内容によって変わりますが、だいたい大まかな流れはこんな感じ。

日記をまとめるのに比べ、情報収集・取材など面倒くさいことをたくさんしなければなりませんが、ここまでやってはじめて価値が生まれます。ありきたりな内容を書いても、誰も見たいと思いませんから。

ただ、自分の好きなジャンルなら執筆と同時に楽しく勉強もできるし、情報発信を理由にしてどんどん新しい体験ができます。アウトプットありきの行動も非常に楽しいので、ぜひ挑戦してみてくださいー!

icon-hand-o-right良く読まれている記事はこちら

icon-chevron-circle-right【超初心者向け】15分で作れる!WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を徹底解説 icon-external-link

スポンサードリンク