10年以上ブログ運営を続けてきた僕が、飽きずに長年続けるためのコツを解説

 

どうも!小学生から10年以上ブログ運営を続けてきたよねすけと申します。途中、一時的にブログから離れたこともありますが、なぜか現在はブログの収入で生活するまでになりました。

基本的に飽き性・多動の気があるので、長年続けられているものって片手で数えられるほどしかないんですが、なぜかブログだけは長く続けることができました。

ブログという形態が今後も続くかわかりませんが、少なくとも文章を書く行為がなくならない限りは死ぬまで続けると思います。

今回は、小学生時代から10年以上ブログ運営を続けてきた僕が、飽きずに長年書き続けるためのコツを紹介していきたいと思います。

 

これまでのブログ遍歴について

 

最初に、これまで取り組んできたブログ遍歴を紹介しておきます。ブログを始めたのはたしか小学5年生あたりで、大好きな釣りの情報を発信するためにYahooブログを開設しました。

今は1人1台スマホが普及してますし、各家庭に高スペックのPCが置いてあるでしょう。自分がブログを始めた当時はWindowsXPの時代で、親のPCだったためまともに利用できませんでした。

本当は四六時中文章を書いていたいのに、なかなか利用できない。仕方ないのでお年玉でデジカメを買ってもらい、実際に釣りに出かけて取材しながら最新情報などを更新してました。

 

ブログ運営遍歴まとめ
  • 小学5年生:釣りブログ開始。Yahooブログ開設
  • 中学2年生:ナチュログ(通販サイト内のブログ)に移転。一気に閲覧者が増える
  • 高校1年生:高校生のノマドブログを開設してドヤ顔(ほとんど閲覧者がおらず)
  • 高校2年生:同時並行で前職の広報用ブログを複数運営
  • 無職19歳:日本一周に出発するためアウトドアの当ブログを開設
  • 20歳:旅行・田舎専門ブログを立ち上げ(現在は放置中)
  • 21歳:釣り専門サイトを開設、合計で3サイト運営

 

Yahooブログ時代は見事に閲覧者が増えず、釣りの内容をアップしつつも「どうすれば閲覧者を増やせるか?」を常に考えていました。

1年ほどブログを放置したものの、久しぶりにブログを書きたいな!と思いアウトドア通販サイトのナチュラムが運営するブログサービス「ナチュログ」で開設。これで一気に読者が増えました。

当時、中学生ブロガーとアピールするだけでそれなりに知名度を得られたと思うんですが、若いことそのものをコンプレックスだと思ってたので大人と偽って交流してましたw

 

高校生時代に初めてブログを書いて広告収入を得られることを知り、承認欲求オバケだったのもあって「高校生のノマドブログ」を開設。ただ動機が不純だったのと、知識がなかったためヒットせず。

それでも、数十円収入が発生するだけでかなり嬉しかったですね!ただ手法が難しく、当時はまさかブログで生活する人がいるなんて考えもしませんでした。

その後は前職の広報ブログも同時に運営することに。数年取り組んで、その後は日本一周に出発するので旅行記を残すブログとして当サイトを開設、現在まで続けていたらブログ飯ができるようになってましたw

 

飽き性なので数年の飽きはありますが、なんだかんだ長く続けることができました。実際に続けてきた身として何かしら参考になる点もあると思うので、まとめてみます。

 

ブログ運営を長く続けるためのコツ

同じブログにこだわらなくていい

 

10年以上ブログ運営を続ける間に何度も立ち上げては放置して・・・を繰り返してますが、別に一つのサイトにこだわらなくていいというのが最大の気づき。

ブログを立ち上げる際に、完全な雑記でなければザックリとでもテーマを設定すると思います。当時好きな趣味で設定していても、長く生きていれば飽きることもあります。

同時並行でブログ運営をしてもいいし、一度やめて新しく立ち上げるのもありです。無料ブログなら収益を得るのが難しい代わり、放っておいてもリスクがないので複数立ち上げもOK。

 

もちろん、同じブログを長く続けるほうが閲覧数が増える・大きな収益を得られるなど恩恵も大きいんですが、本気でPVを伸ばしてやる!などの動機がなければ無理に続ける必要はありません。

一度放置して「書きたい!」と再び思ったら再開したらいいし、気持ちがなければフェードアウトすることもできます。視野が狭い状態で無理に続けるよりも、飽きたら乗り換えるぐらいの気持ちでいいんじゃないかと。

本気で収益を上げる!という人でも、複数のサイトを立ち上げては放置して・・・を繰り返している人が多いですね。

 

発信内容はバラバラでいい

同じブログにこだわる必要もなければ、同じテーマで書き続ける必要もありません。自分はいつも専門サイトを書いていて行き詰まったら、別のサイトに手を付けるようにしています。

本格的なサイト運営では、そもそも書きたい内容を全て明確化してから取り組むので、もし途中で「もっと書きたいけどネタが切れた」場合は設計自体に問題があります。

好き勝手に書いているブログでネタが切れたら、そのテーマでは当分書きたい内容がないんでしょう。無理やりひねり出してもただのクソ記事になるので、必要なら別サイトを立ち上げて書くようにします。

 

「書きたくない」と思ったら無理に書かなくていい

「ブログを書かないと死ぬ!」という状況でもない限り、1日1記事など無理に目標を設定する必要はありません。目的を達成するために目標を設けるのはありですが、無理に書いて全体の質が落ちるほうが問題。

一気にブログを書けるときは必要な知識・経験が頭のなかに詰まっており、それらを自分の言葉に換えて出せるときに限ります。

PCに向かっても筆が進まない時は、いずれかが足りないか体調不良の場合が大半です。

 

ブログって、どのような内容であっても執筆に頭を使います。構成から内容まで全て考えて書かないといけませんからね。こういう時はインプットの時間にするか、休むことにしています。

無理に続けてブログが嫌いになってしまっては元も子もないし、本当に書きたいときは時間を忘れて大抵書きなぐります。スイッチが入れば誰でもこうなるので、書きたくなければ一旦放置でOKです。

幸い、ブログは放置していても一定期間はアクセスがあります。自分はこの期間にひたすらインプットをして、「書きたいな!」と思ったら時間を気にせず書きなぐるようにしています。

 

ブログを書き続けるメリットを明確に意識する

 

他の記事でも散々同じ内容を書いているんですが、人間明確なメリットがあれば嫌でも続けられます。多くのアクセスがあれば「もっと伸ばしたい!」と思うし、収入を得られるならなおさら続けます。

逆に日頃から切羽詰まっていると、どれだけ書きたい内容であっても明確なメリットがなければ続けることは難しいです。貧困は諸悪の根源ですからね。

自分も趣味サイトを作っていて、お金が発生しなくとも更新し続ける予定ですが、正直現在はそれほど余裕がないのであまり時間を避けません。

 

しかし!もし趣味サイトであっても収入が発生すればどうでしょう。月1万円でも十分趣味・生活の足しになります。少しでも収入を得られるなら、明確なメリットがあるなら続ける人が多いです。

好きなことを明確なメリットなしに走り続けられる好奇心・生活的余裕があれば問題ありませんが、そうでない場合に長く運営を続けようと思うと意図的ににんじんを目の前にぶら下げる必要があります。

本当に成功する人は、自分でモチベーションを向上させずとも勝手に行動します。

ただそのためには精神的・物理的余裕が必要なので、あえてブログを続けるために広告を貼って収入を生み出すのもありだと思います。

 

ブログ運営を10年以上続けて得られたメリット

続いて、ブログ運営を10年以上続けてきて得られたメリットを紹介します。専門技術が必要ないので、正直技術的に得られたものは全くないんですが、無形の価値を得ることをできました。

 

世の中を「発信する」前提で見れるようになった

▲旅行中でも、道具や気付きがあれば基本全て発信している

 

良くも悪くもですが、ブログで発信を続けていると全てのものに対して「これを発信する場合はどのような読者を想定するか?どんなレイアウトで発信すればいいか?」を常に考えられるようになります。

自分のサイトと同じ分野なら、仕事でなくても発信側の視点で見てしまいます。ただ消費するだけでなく、ブログで発信するためには目の前の光景を高解像度で見なければいけません。

必然的に、ただ遊ぶよりも多用な視点を獲得することができて面白いです。普通なら見逃してしまうことでも、読者のことを考えると詳細にとらえておく必要があるので。

 

逆にいうと、常に仕事のことを考えているわけなので休まる瞬間がありません。

仕事に割く時間は少ないですが、考えている時間も仕事に含めるなら四六時中作業していることになります。完全にブラック企業ですw

これを楽しいと思えるかどうかは人それぞれですが、経営者・マネージャーなどの仕事が好きならハマると思います。

 

今後を生き抜いていく貴重な収益源ができた

ブログをやっていると、価値ある記事を投稿し続ければ必然的にアクセスが増え、メディアとしての価値が生まれます。広告を貼ればそれなりの収益になることも。

今後の日本を生きていく20代前半として、無思考でいては生きていけないなと考えています。社会を生きていくうえで、ブログという情報発信媒体と収益源があるだけでかなり心強く感じます。

新しい分野に取り組むときでも、ブログで情報発信する前提で行動すれば多用な視点を得ることができ、全ての活動を仕事につなげられます。経験と発信を同時にできると、作業辺りの効率が倍増します。

 

特にYouTuberはそうですが、情報革命の時代に発信できる媒体を持っておくだけで最強です。どんな出来事でも、消費だけでなく生産も同時に行って経験を蓄えつつ収入を得られますからね。

どんなにアクセス数が少なくニッチなブログであっても、必ず情報を求める人がいます。何かしら商品・サービスの購入につなげられれば、収入が発生するチャンスがあります。

10年もブログ運営を続ければ、ブログを乗り換え続けても必ずどれかがヒットします。ブログ収入だけで生きていくのはまだまだ危険な世の中ですが、副業収入であってもメリットは大きいです。

 

ブログはギャンブルと違って、書けば書くだけ資産として蓄積していくビジネスです。もちろん常に強力なライバルが現れるので、不労所得とまではいきませんが収益効率はいいほう。

参入障壁が低いので、どんな立場の人でもチャンスがあるのも素晴らしいこと。自分は特に取り柄もありませんが、ブログを軸にして人生逆転してやろうと企んでいます。

蓄積すればするだけメリットが増えるので、もしブログを始めたい!再開したい!と思っているなら早めに取り組むことをおすすめします。

あらためて振り返って、10年以上続けてきてよかったと今になって思いました。(笑)

 

おわりに

というわけで、以上「10年以上ブログ運営を続けてきた理由と、長く運営を続けるためのコツ」について解説してみました。こうしてみると、かなり多くの時間をブログに割いてますね!自分でもビックリ!

ブログはあくまで媒体なので、お金と同じで使用する人の動機次第であらゆる用途に利用できます。運営方法次第では個人でも立場に関わらず、余りある発信力・収入を得ることも可能。

この時代に個人で発信しない理由のほうがないので、ぜひ今すぐ始める・再開することをおすすめします!

 

それでは!

 

▼ブログを始める・新しく作るなら、ぜひ下記記事も参考にしてくださいね!

ブログ歴10年超の専業ブロガーが語る!おすすめのブログサービスを徹底解説します!

2016.04.02

icon-hand-o-right良く読まれている記事はこちら

icon-chevron-circle-right15分で作れる!初心者がWordPressでブログをはじめる方法を徹底解説 icon-external-link

スポンサードリンク