ブログ運営が続かない?10年以上ブログを書き続けてきた僕が、飽きないコツを解説します。

 

ブログ運営でアクセス・広告収入が集まり出すとめちゃくちゃ面白くなるんですが、結果が出るまでに時間がかかるので、最初にいかに継続できるか?が結果を出すコツになります。

ただ、初心者の人ほど「時間がない!ブログが続けらんない!」と迷ってしまいがち。特に収益目的で運営していると、結果が出ず挫折してしまう人が非常に多いです。

しかし自分に言わせれば、もし収益を第一の目的としていやいやブログ運営を続けているなら、よほど切羽詰った状況でない限り続かなくて当然ですよ!

広告収入がないと明日にも死ぬ!という状況でなければ、少し発想を転換させるだけで一気にブログ運営が楽しくなり、結果的に1年・・・2年・・・と続けられるようになります。

今回は小学生の頃から10年以上ブログ運営を続けてきた自身が、飽きずに長年書き続けるための方法・コツを紹介していきたいと思います。

 

自分の経験から思うブログ運営を続ける方法

小学生の頃から続けてきた自分のブログ遍歴

 

ブログを長く続けるコツを解説するにあたって、少しだけ「ブログ遍歴」を紹介させてください。たしか小学5年生のころ、大好きな釣りの情報を発信するためにYahooブログを開設しました。

今でこそ家庭にスマホ・パソコンが普及していますが、当時はWindowsXPの時代でまともに使えず、仕事で使っている親のPCを暇を見つけては使用していました。

 

当然ながら広告収入を得られる・・・などの情報は知らず、純粋に「同じ趣味の人と交流したい!」「自分が残した結果を誰かに伝えたい!」という思いで執筆していました。

 

ブログ運営遍歴まとめ
  • 小学5年生:釣りブログ開始。Yahooブログ開設
  • 中学2年生:ナチュログ(通販サイト内のブログ)に移転。一気に閲覧者が増える
  • 高校1年生:高校生のノマドブログを開設してドヤ顔(ほとんど閲覧者がおらず)
  • 高校2年生:同時並行で前職の広報用ブログを複数運営
  • 無職19歳:日本一周に出発するためアウトドアの当ブログを開設
  • 20歳:旅行・田舎専門ブログを立ち上げ(現在は放置中)
  • 21歳:釣り専門サイトを開設、合計で3サイト運営

 

当時はブラインドタッチもできなかったし、きちんと写真もアップしていたため1記事執筆で莫大な時間がかかっていました。しかし運営と続けるうち、同じ趣味の人と交流できるように。

高校生の頃には少しブログ運営から離れたものの、この頃にようやくアフィリエイトの存在を知り、見よう見まねでブログを書くと数十円の報酬が発生!

しかし収益目的で始めたブログで、内容にはそれほど興味がなかったため数ヶ月ほど更新して終了。読者からの反応が一切なかったのも拍車をかけたように思います。

 

【大前提】人は基本的に嫌いなことを続けることはできない

要するに人間はそもそも嫌いなことを長年続けることができず、もしできるとしたら生存本能が脅かされているときぐらいなので、気軽に報酬目的で始めて続くわけがない!と言いたいのです。

このブログ自体は3年ほど運営を続けていますが、基本的には自分の趣味に関する内容をアップしていたからこそここまで続けることができました。

良くネット上で話題になっている「ブログ開始数ヶ月で月300万円に到達しました!」という化物のような人は、大抵ブログを辞めるなどという選択肢がないほど追い詰められた人ばかり。

 

「どうしても現在のブログを続けることができない!」と思ったら、一度ブログを始めた当初の動機を思い出して、「あまり好きではないな」と思ったら辞めるのもありだと思います。

もちろん収益目的で運営しているのであれば、お金を払って外注化するのもアリ。莫大な額を稼いでいる人のなかには外注専門の人もいますね。

ただ、基本的にこの記事を見ている人は「ある程度好きなことをやって運営を続けてきた」人だと思うので、長年の経験からブログ運営を続けて結果を出すコツも解説してみます。

 

ブログ運営を長く続けて結果を出すためのコツ

同じブログにこだわらなくていい

 

10年以上ブログ運営を続ける間に何度も立ち上げては放置して・・・を繰り返してますが、別に一つのサイトにこだわらなくていいというのが最大の気づきです。

ブログを立ち上げる際に完全な雑記でなければ、ザックリとでもテーマを設定すると思います。しかし当時は好きなことでも、時代の変化で趣味が変わることも多々あります。

収益が出ているなら無理に書いてもいいんですが、興味を失ったら苦痛でしかないので、一度放置するのもアリだと思うんです。最低限の収益があるなら、コストと相殺できますし。

 

当然、長年質のいい記事を同じブログで書き続けていれば結果も出やすくなりますが、先ほども解説したとおり人間は嫌いなことを長く続けることはできないので、全然途中で投げ出してOK。

こういうと「いや、それこの記事の趣旨から外れてますやん!」と突っ込みたくなる気持ちはわかりますw ただ無理に更新しても質が落ちてかえって結果が悪くなることもあるので、全然離れていいんです。

もし他のジャンルに興味があれば、新しくサイトを立ち上げるのも全然アリ。Googleのアルゴ変更で放置中に突然アクセスが上がることもあるので、このような柔軟な考えで全く問題ないかと。

 

収益が大前提でなければ、発信内容はバラバラでいい

同じブログにこだわる必要もなければ、同じテーマで書き続ける必要もありません。自分はいつも専門サイトを書いていて行き詰まったら、別のサイトに手を付けるようにしています。

本格的なサイト運営では、そもそも書きたい内容を全て明確化してから取り組むので、もし途中で「もっと書きたいけどネタが切れた」場合は設計自体に問題があります。

ブログでネタ切れしたということは、単純にリサーチ・経験不足の裏返しということ。続行するには単にレベルが足りないだけなので、別サイトを更新しながら新しく情報収集に努めましょう。

 

「書きたくない」と思ったら無理に書かなくていい

ブロガー界隈では「1日に1記事執筆する」という目標を立てている人も多いですが、これはアクセスを増加させる目的よりも、記事を書く習慣を付ける目的で提唱されることが多いです。

あたかも「アクセスアップには毎日更新が必須!」と謳われていることもありますが、トレンドブログなど超多更新ブログでない限りほぼ関係なく、無理に書いていれば質が低下します。

体調不良やリサーチ不足で記事を書けなくなることは自分でも良くあるんですが、適切な準備をすれば翌日には1日10記事でもガツガツ書けるようになるので、焦る必要はなし!

 

自分の場合、「あー、今日はブログが書けないな!」と思ったら休むか、ひたすら本を読む・旅行をしてインプットを増やして記事ネタを探しつつリフレッシュします。

むしろ毎日更新が必要ないことがブログのメリットで、1ヶ月程度放置してもアクセスが減るどころか増えることさえあります。

特に結果を出している人は、記事更新をしない間に莫大なリサーチ・経験を積み、情報が蓄積したところで一気に書いて質の高い記事を大量更新しています。肩の力を抜いて執筆しましょう!

 

 

ブログを書き続けるメリットを明確に意識する

 

人間は同じことを継続するとき、明確なメリットがあれば多少嫌でも続けることができます。アクセスが集まれば「もっと集めたろ!」と思うし、収入を得られるならなおさら。

逆に収益目的でブログを運営している場合、結果が出ていないとすぐに嫌になって「辞めたー!」と手放してしまうケースが非常に多い。ただこれは、人間の性なので仕方がありません。

まず最初に小さな成功体験を得ることがブログを続けるコツなので、AdSense広告など成果発生しやすい広告を掲載してみて反応を見る作戦が最も得策です。

 

もし収益前提でブログを更新するなら、目の前に人参をぶら下げて「1円でも収益が発生したら温泉に行こう!」などと目標設定をすると続けやすいですね。

収益が発生しないとやる気が出ない場合、そもそもブログで結果を出すまでには時間が掛かるというジレンマがあるので、多少無理やりにでも目標設定をすると続けるメリットが明確になります。

個人的には自分の興味・関心のあるジャンルのブログを始めて、収益に関わらず「更新するだけで楽しい!」状態を続ければ、そのうち勝手に収益が発生するようになるのでおすすめです。

 

ブログ運営を10年以上続けて得られたメリット

「どうしてもブログを続けられない!」という人のため、これまで10年間ブログを続けてきた自身が「長く続けることで得られたメリット」も紹介しておきます。

まず結論から言っておくと、ブログを通じて「自分の体験をアウトプットできる場」を得て、さらに広告収入を得られるようになったため、積極的に自分の好きなことをできるようになりました。

ブログで発信することを目的に、「少しやりたいかなー」ぐらいのことでも広告収入から積極的に投資をして、どんどん人生を拡張できるようになりました。控えめに言って最高ですねw

 

世の中を「発信する」前提で見れるようになった

▲旅行中でも、道具や気付きがあれば基本全て発信している

 

良くも悪くもですが、ブログで発信を続けていると全てのものに対して「これを発信する場合はどのような読者を想定するか?」を常に考えられるようになります。

自分のサイトと同じ分野なら、仕事でなくても発信側の視点で見てしまいます。ただ消費するだけでなく、ブログで発信するためには目の前の光景を高解像度で見なければいけません。

必然的に、ただ遊ぶよりも多用な視点を獲得することができて面白いです。普通なら見逃してしまうことでも、読者のことを考えると詳細にとらえておく必要があるので。

 

逆にいうと、常に仕事のことを考えているので休まる瞬間がありません。ただ自分の趣味をブログにアウトプットしているだけなので、そもそも仕事と捉えるべきか?は議論の余地があります。

仕事に割く時間は少ないですが、考えている時間も仕事に含めるなら四六時中作業していることになります。

これを楽しいと思えるかどうかは人それぞれですが、他のフリーランスに比べるとブログなら多少放っておいても継続して収入が発生するので、「今週はゲームをやり続けるぞ!」などということもできますw

 

今後を生き抜いていく貴重な収益源ができた

ブログ運営で価値ある記事を投稿し続ければ、必然的にアクセスが増えメディアとしての価値が生まれます。広告を貼ればそれなりの収益になることも。

人口減少という最大の課題を抱えた日本を生きていく20代前半として、労働による収益だけでなくブログという情報発信媒体と収益源があるだけでかなり心強く感じますね!

新しい趣味やスキルを獲得したい!というときも、ブログでのアウトプットを前提として広告収入から積極的に投資をできるので、全ての活動を仕事に変換することも可能になります。

 

経験と収入を得るための作業を同時に行えるので、単純に効率が2倍以上になるのが素晴らしい点。自分はこれを、「ブログの最強ループ」と呼んでいますw

特にYouTuberはそうですが、情報革命の時代に発信できる媒体を持っておくだけで最強です。どんな出来事でも、消費だけでなく生産も同時に行って経験を蓄えつつ収入を得られますからね。

10年もブログ運営を続ければ、ブログを乗り換え続けても必ずどれかがヒットします。ブログ収入だけで生きていくのはまだまだ危険な世の中ですが、副業収入であってもメリットは大きいです。

 

ブログはギャンブルと違って、書けば書くだけ資産として蓄積していくビジネスです。もちろん常に強力なライバルが現れるので、不労所得とまではいきませんが収益効率はいいほう。

蓄積すればするだけメリットが増えるので、もしブログを始めたい!再開したい!と思っているなら早めに取り組むことをおすすめします。

あらためて振り返って、10年以上続けてきてよかったと今になって思いました。(笑)

 

おわりに

というわけで、以上「10年以上ブログ運営を続けてきた理由と、長く運営を続けるためのコツ」について解説してみました。

ブログはあくまで媒体なので、お金と同じで使用する人の動機次第であらゆる用途に利用できます。運営方法次第では個人でも立場に関わらず、余りある発信力・収入を得ることも可能。

この時代に個人で発信しない理由のほうがないので、ぜひ今すぐ始める・再開することをおすすめします!

 

▼ブログを始める・新しく作るなら、ぜひ下記記事も参考にしてください!

【2018年版】ブログを始めるならココ!プロブロガーがおすすめサービスを徹底比較

2018.04.21

icon-hand-o-right良く読まれている記事はこちら

icon-chevron-circle-right【超初心者向け】15分で作れる!WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を徹底解説 icon-external-link

スポンサードリンク