【格安SIM】「bmobile高速定額」を1年間使用してみたレポート!【通信無制限SIM】

main_bmsimtop

 

世は、格安SIM戦国時代。ありとあらゆる通信会社(MVNO)から格安SIMが登場し、ユーザー側も相当な知識がないととっつきにくい状態が続いている。

その格安SIMの中でも異色を放つ、「通信無制限格安SIM」。他のLTE回線とは異なり通信の制限がなく、比較的回線は遅いもののYoutube等の動画を見まくったり、PCでテザリングを繋ぎっぱなしにすることができる。

今回は通信無制限格安SIMの中で最も賛否両論のある「bmobile高速定額」を一年間旅先で使用し続けたレポートを書いてみることにします!

 

 

bmobile高速定額の概要とプランについて

main_bmsimtop

 

まず最初に、bmobile高速定額の概要とプランについてご紹介します。

bmobile高速定額は他の格安SIMの中でも珍しく無制限通信が可能で、どれだけ通信しても規制がなく利用できることを利点として売りだされています。bmobileの他にはUQmobileと、ぷららモバイルLTEで無制限プランが提供されていますね。

特に旅人の場合は旅先でLTE回線をバンバン使いたいですし、しょっちゅうPCのテザリングを利用する上出来る限り携帯のコストを抑えたかったので、こちらの製品を購入しました。

 

現在、提供されているプランは下記になります。

 

スクリーンショット 2016-03-17 20.08.03

 

bmobile高速定額には定額プランとデータ量3GB制限のプラン、そしてそれぞれに音声通話ありとなしのプランがあるんですが、自分は「通信無制限、音声通話なし」の1980円(税別)のプランを選択しました。

単純にこの情報だけ見ると、通信無制限なのに2000円程度しか値段がかからない格安SIMというのは魅力的過ぎますよね!ただ一見良さそうな情報には必ず裏があるもの。

実際ネット上では「bmobile高速定額遅すぎ!」という口コミが散見され、「このSIM、本当に大丈夫なのか?」と疑ってしまいますよね。そこで、実際に旅をしながら「bmobile高速定額」を1年間利用してみたので、感想を綴ってみます。

 

bmobileSIMの回線は使えるのか?

まず自分のSIMの利用状況ですが、大半はネットでの検索とSNSの更新、またGoogleフォトへの写真アップと管理、そしてYoutubeでの動画視聴、PCでのテザリングなど用途は多岐に渡ります。

「bmobile高速定額は遅い」というのがネット上での一般論となっていますが、単刀直入に自分の感想をいうと「そこそこ使えるやん?」といった感じ。

というのも、山奥以外でそこそこの都市であれば自分の利用用途であれば全く問題なく使えるんですよ。Youtube動画を視聴する機会も多いんですが、もちろん高速wifiと比べれば見劣りするけれども、多少の遅延があるだけで特段問題なく視聴できています。

 

ただし、回線の安定性は低いです。場所によって回線速度の差が激しく、ある地域ではなんの遅延もなくYoutubeが使用できたのに、ある地域では広告の段階で止まってしまうということもあります。

またSNSの中でもFacebookが異様に重いため、wifi回線につないでいる時以外はほとんど利用していません。^^;

山奥では他の携帯回線は繋がるのにこのSIMだけ圏外になることもあり、「十分」な機能とはいえないというのが正直な感想です。ただ不思議とGoogleフォトへの写真のアップロードの速度はかなり早いし、PCのテザリングも結構快適に行えるんですよね。

 

bmobile高速通信定額は買いか?

なので、結論としては「品質はそこそこだけど、コスパが良すぎるので値段を第一に追求したい人は買いだ!!!」となります。

 

より回線が速く安いプランが出れば余裕で乗り換えるけれども、やはり月額2000円弱で通信無制限というプランが魅力的過ぎて使用し続けているといった感じですね。

他にも様々なSIMを試してみたいところですが、プランの安さが素晴らしいのと、回線は不安定だがテザリングもYoutube視聴にも使えるので、ずっと使い続けています。

多少回線の安定性を犠牲にしてでも安さを取りたい人にはオススメできます。逆に少しでも通信回線の品質を上げつつ無制限SIMを使いたい人は、他のUQmobileやぷららモバイルLTEのほうがオススメできますね。

 

写真 2015-03-30 15 18 07

 

bmobile高速定額を契約した直後のスピードテスト。地方都市なのと、時間帯が夕方前なので比較的スピードが出ています。

LTEの通信無制限プランだと、速度的にはだいたいこれくらいが一般的みたいです。プランによってこれより少し速いこともあるし、逆500MB程度の時もあると。

 

IMG_6123

 

その後、1年後に別の場所で計測した時のスピード。滋賀県大津市は大都会なのと、回線が混みあう時間だったから遅めのスピードになったのでしょうかね。

実感値としては、やはり地方都市の朝が最もスピードが早い印象がありました。逆に田舎だと他の回線は繋がるのにbmobileだけ繋がらないことも。また東京等の都市部でも回線が混みあうのか、遅めの印象でした

 

IMG_6128

 

駅前から離れ、夜中にテストしてみた。大体平均してこの程度のスピードだと思います。

SNSや写真のアップロードは問題なく行え、またPCのテザリングも問題なし。Youtubeは10秒〜15秒ほどの待ち時間で視聴することができた。ただし長時間の動画視聴や、ダウンロードとなると相当厳しいと思います。同時にアプリのアップデートも複数溜まると厳しいです。

自分の場合は大量の写真をGoogleフォトにアップロードすること、そして短い動画を複数見ることが多く、回線の容量に余裕があっても規制されちゃうと思うんですよね。逆に回線自体がめちゃめちゃ速くなくても大丈夫なので、ちょうど合っている感じ。人を選ぶSIMだとは思います。

 

何より、データ通信SIMの場合は解約金が必要ないので、気になる方はお試しで契約されてみることをおすすめします!この辺は大手キャリアでも見習ってほしいですね〜。