【ブルネイ観光】これぞ富の象徴!オールドモスク・ニューモスク・王宮を見学【アクセス情報・営業時間】

 

東南アジアで随一のお金持ちの国、ブルネイといえば!莫大な富が注ぎ込まれた「オールドモスク・ニューモスク・ブルネイ王宮」が象徴的。

全ての施設に純金・イタリア製の高級大理石が使用されており、その壮観さは「ヤバイ!豪華すぎる・・・!」としか思えないほど。

「アジアで最も美しいモスク」と言われる場所や、「王様が実際に住んでいる巨大な王宮」が存在するらしいです。これは、実際に見て回るしかない!

  1. オールド・ニューモスク&王宮の営業時間
  2. 各観光地への行き方・アクセス方法
  3. オールドモスク・ニューモスク・王宮への旅行記

そこで今回は、ブルネイ観光で定番となっている「オールドモスク・ニューモスク・ブルネイ王宮」を全て回ってきたので、アクセス情報や旅行記をお届けします!

 

スポンサードリンク

オールド・ニューモスク&王宮の営業時間

営業時間 定休日
オールド・モスク (土〜木)8:30〜12:00 13:30〜15:00 16:30〜17:30(金) 16:30〜17:30 なし
ニュー・モスク (月〜水・土)8:00〜12:00 14:00〜15:00(日)10:30〜12:00 14:00〜15:00 木・金
王宮 24時間 内部見学は常時不可

 

オールドモスク・ニューモスクは営業時間内であれば、観光客でも内部を見学できます。ただ少し変則的で、1日に何度か休憩時間があるため要注意。

観光客が内部見学できる範囲は限られているため、15分もあれば十分。ただ午後以降だと暑くなるし、時間も短いため午前中の見学がおすすめです。

王宮に関しては実際に王様が住んでいる宮殿のため、観光客の見学は原則不可。門の外から見る分には自由なので、いつ訪れてもOKです。

王宮はラマダン明けの3日間のみ一般開放されるそうで、豪華なパーティーに参加できたり、王族の方々と握手ができるそうです。これはぜひ行ってみたい・・・!

 

オールド・ニューモスク&王宮への行き方・アクセス方法

 

3箇所の位置を上記の地図にまとめました。オールドモスクに関しては、市内中心部から近いため徒歩でフラっと訪れることが可能です。

ニューモスクは市内中心部から少し離れているため、「市内バス」でのアクセスがおすすめ。BSB駅から01番台のバスに乗れば、1ドルでアクセスできます。

ブルネイ王宮に関しても徒歩では厳しい位置にあるので、市バスで往復しましょう。こちらは市バスの40番・50番に乗ればアクセス可能です。

 

▼ブルネイの移動には市バスが便利!詳しい乗り方は「【ブルネイのバス事情】市内バスの乗り方・時刻表・路線図まとめ」にまとめています。

【ブルネイのバス事情】市内バスの乗り方・時刻表・路線図まとめ

2018.10.11

 

総工費US500万ドル!昼&夜のオールドモスクを見学

 

ブルネイ到着初日。ホテルから徒歩10分ほどの位置にある、「オールドモスク(スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク)」を見に来ました!

夜の時間なので内部の見学はできませんが、施設の門自体は早朝〜夜遅くまで開いているのでいつでも見学可能です。夜はライトアップされていて美しい!

こちらはブルネイを代表するモスクで、世界中からあらゆる豪華品を集め、総工費US500万ドルを費やして1958年に建造されたんだとか・・・。

 

 

モスクからすぐ隣にある公園「エココリドールパーク」へと通じる通路。もう、この通路自体は一種の芸術みたいな美しさを放っています・・・。

 

 

公園をグルっと回り、池越しに撮影してみました。手前には宝船もあって、こちらもライトアップされていて非常に美しい!

 

 

別の日。せっかくなら内部見学もしたかったので、再び訪れました。ちなみにモスクのドーム部分は全て純金で、イタリア製の大理石もふんだんに使われているよう・・・!

 

 

昼・夜に限りませんが、周囲の池を入れて撮影するとより美しく撮影できますね。

 

 

それでは、内部を見学させていただきましょう!内部は写真撮影NGですが、入場料はなんと無料!ノートに名前・国籍等を記入するだけで見学できます。

内部を見学させてもらった印象は・・・想像以上に広い。惜しげもなく大理石が使われており、ひと目で「めっちゃ金かかってるな」と理解しました。

特に印象に残ったのは、階段の横にエレベーターが設置されていたこと。美しく伝統的な外観でありながら、機能性まで取り入れているわけですね。

 

 

こちらの宝船、ただのオブジェクトかと思いきや、渡ることもできるらしい。

 

 

背後にある公園からオールドモスクを撮影してみました。ゴミが一つも落ちておらず、隅々まで手入れされていて美しいですね。これぞブルネイといった感じ。

 

名称 Omar Ali Saifuddien Mosque
住所 Jalan McArthur, Bandar Seri Begawan BS8711
アクセス ブルネイ市街から徒歩約10分
入場料 無料
営業時間 (土〜木)8:30〜12:00 13:30〜15:00 16:30〜17:30(金) 16:30〜17:30

ブルネイで最も大きいニューモスクを見学

 

続いて、5000人もの信者を収容可能・ブルネイで最大級の大きさを誇る「ニューモスク(シャメ・アスル・ハサナル・ボルキア・モスク)」へやってきました!

現国王の即位25周年に合わせて、1994年に建設されたそうです。なんとこちら、国ではなく王様のポケットマネーから支払われたよう・・・!

名前の通り見た目は近代的ですが、オールドモスクに劣らず高級な素材が惜しげもなく使われています。

 

 

ニューモスクともなると、周囲にある扉すらオシャレ。こちらもおそらく、純金が使われているのでしょう。ピカピカです。

 

 

ニューモスクの敷地内に当たり前のようにあるベンチ。こちら、総大理石を切り出して作られているらしく、たった1つで1000万円以上の値がするのだとか・・・!

実際に近づいてみても、継ぎ目一つありませんでした。こんなベンチがそこらにたくさんあるんだから、だんだんと頭がおかしくなってきます。(笑)

 

 

個人的にすごく気に入ったのが、こちらのニューモスク背後にある入口。正面にはエレベーター、床・柱はイタリア製の総大理石仕様になっているとのこと^^;

デザイン・素材の高級さから全て「おとぎの話」で聞くようなものばかりであり、正直に言いますと、生まれて初めてここまで美しい建築物を見学しました。(笑)

 

 

背後には、こちらもスター型になった美しい噴水。

 

 

これまで東南アジアを回って「美しい」と言われる様々な王宮・寺院を見てきましたが、いずれも「おら!これだけ豪華なんだぞ!」と誇示する目的で作られたように感じました。

ニューモスクも例外ではないかもしれませんが、前者は少ない資源でやりくりした印象が拭えないのに対し、後者は素で美しく超豪華、といった印象を受けましたね。

東南アジア特有の「とりあえず金色にしとけばええやろ」感がなく、品のある総大理石仕様で、金ピカな部分があるかと思いきや全部純金仕様というね。(笑)

 

 

今回訪れたのはたまたま入場ができない日で、日程的に余裕がなかったため見学することができませんでした。噂では「目に焼き付けたい豪華さ」だと聞くので、非常に残念。

オールドモスクと比較して入場できる日・時間が限られてしまうため、短期旅行の場合は要注意!見学できる時間に合わせて日程を組むことをおすすめします。

 

名称 Jame Asr Hassanil Bolkiah
住所 Sultan Hassanal Bolkiah Highway | or Jalan Jame Asr, Bandar Seri Begawan
アクセス BSBから01系統バスで5分
入場料 無料
営業時間 (月〜水・土)8:00〜12:00 14:00〜15:00(日)10:30〜12:00 14:00〜15:00

 

これぞ贅沢!王様が住むブルネイ王宮を見学

 

最後に、こちらもブルネイを代表する建築物である「王宮(イスタナ・ヌルル・イマン)」を見学させていただきましょう!現国王が生活されている王宮です。

当然、一般庶民の内部見学は原則NGですが、ラマダン開けの3日間のみ無料開放されるらしい。かなり日は限られるけれど、ぜひとも訪れてみたいところ。

普段は正面の門から内部を眺めるだけなので、必ずしも来る必要はないけど、個人的には見ておく価値があるかなと。

 

 

王宮の広大な敷地。こちらで乗馬でもされるのでしょうか。

 

 

一瞬で見学が終わってしまったので、近くの公園に遊びに来ました。公園の隅々まで整備が行き渡っており、非常に気持ち良く滞在することができました。

王宮の周囲には公園以外何もなく、かつ市街地から遠くて市バスでアクセスするしかないので、時間に余裕がある場合には訪れてみることをおすすめします!

 

名称 Istana Nurul Iman
住所 Jln Menteri Besar, Bandar Seri Begawan BA2112
アクセス BSBから40・50番バスで10分
入場料 無料
営業時間 24時間(内部見学は原則禁止)

 

おわりに

というわけで、今回はブルネイを代表する観光地の「オールドモスク・ニューモスク・王宮」を実際に観光してみた様子をお届けしました!

やはり、ブルネイといえば潤沢な富で建築されたモスク・王宮が超有名ですし、人々の暮らしぶりを少しでも垣間見れたので、いい経験ができました。

何より、「建築物を見る目が養われた」のが個人的には良かったですね。(笑) ぜひ写真だけではなく、実際に訪れて見学していただきたいところ!

スポンサードリンク