初心者でも簡単に釣れる!チニング(クロダイ)のルアー釣り攻略法の総まとめ

 

”チニング”は他のルアー釣りと比べても難易度が低く、釣り方のコツさえ覚えれば「クロダイ(チヌ)」を連発することも可能!

都市部近くの河川や港湾部で釣れるので、仕事・学校帰りに気軽に釣りができるのも魅力の一つ。主に夜間がメインになるため、行事を終えたあとでも釣りが成立するんですよ。

繊細なルアーを扱いつつ、小さいアタリを逃さず掛けると、クロダイ特有のめちゃくちゃ強烈な引きを味わえる!繊細さと豪胆さを両立した非常に楽しい釣りなんです。

今回は、初心者の方のために「チニングの始め方と攻略法」について徹底解説していきたいと思います!

 

チニングとは?クロダイをルアーで釣る攻略法

 

チニングはその名のとおり「チヌ(クロダイ)」をルアーで狙う方法で、実は最近になって開発されたルアー釣りなんです。

何十年も前から餌釣り師にとってクロダイは憧れの魚であり、ルアーで釣るなんて発想自体なかったわけです。しかし10年ほど前に広島のサーフで流行ったのをキッカケに、徐々に攻略法が確立されています。

ハイシーズンであれば初心者でも数釣り可能で、時期を選べば「年なし」と呼ばれる50cm超のクロダイを釣ることだって可能!

 

釣り方も年々新しく開発されていて、時期によって食性が変わるので使い分けるとよいです。

  • ポッパーなどトップウォータールアーを使った釣法
  • 堤防際に小型ワームを落とし込む「岸クロ」釣法
  • ボトムを専用ラバージグでズル引く釣法

今回は最もポピュラーで、1年中クロダイを狙える「ボトム中心のチニング」を解説していきたいと思います!

 

チニングに必要なタックルは?

チニングは魚を釣るためにそれほど高度なテクニックを必要としないので、軽くやってみる程度であれば、バスフィッシング・メバリング用のライトタックルが応用できます。

ただし専用タックルも発売されていて、チヌ・キビレの「軽くついばむようなアタリ」を積極的に捉えて強引に引き寄せるパワーを備えているため、場所を問わず釣果を向上させることができます。

今後、長く楽しむつもりなら専用タックルを購入しておくことで、早めにチヌを釣る感覚を身につける事ができ楽しめますよ!

 

チニング専用のロッド

 

チニング専用ロッドの多くは竿の先端が「ソリッドティップ」になっていて、通常のロッドより食い込みがよくなっています。

特有の小さい前アタリを逃さず、なおかつ違和感を抱かせないままフッキングが可能。ティップが固いとチヌのアタリを弾いてしまうため、数釣りを狙うなら必須です。

自身も使っている、メジャークラフトの「クロステージ 黒鯛 CRX-S782ML」は1万円台ながら50cm超のチヌにも負けないパワーも有しているので、チニング入門にはおすすめのロッドですね!

 

 

チニング専用のラバージグ

 

ワームのズル引きが基本のチニングでは、「根掛かり対策」「魚へのアピール」が最も重要となります。

通常のジグヘッドを使って釣る方法もありますが、専用の「チヌ用ラバージグ」も発売されていて、高浮力素材を使う・障害物を回避する形状など様々な根掛かり対策が施されています。

その中でも、上記の「シマノ ネガカリノタテ」は他にはない扁平な形状で底の障害物を乗り越えてくれるので、よほど岩がゴロゴロしているエリアでない限り簡単には根掛かりしません。

魚に存在をアピールするラバー(ひらひらしたゴム)も付いているので、釣果アップに役立ちます。5g・7g・10gなど重量のラインナップがあるので、何種類か揃えていくと使いわけができて便利。

 

 

チニング初心者が最初の1匹を釣るコツ・基本編

クロダイ(チヌ)の特徴と習性

 

チヌは主に河口など汽水域を好む魚で、時には河川まで遡上することも。綺麗な水質よりも「濁り」を好むので、大阪湾を中心に都市に近い場所に多く生息しています。

深場よりも浅場にいることが多く、時には背びれが見えてしまうほど浅い場所で餌を捕食することもしばしば。都会人には非常に身近な魚なんですよね。

食性は「悪食」と呼ばれるほどなんでも食べる魚で、貝・カニ・小魚などを中心に海藻・ゴカイ類、海面に落ちた虫(セミなど)、さらにエサ釣りではスイカ・サナギ・コーンまで使われるほど!

 

チヌと言えば「警戒心の強い魚の代表格」とさえ言われることもありますが、ハイシーズンには1キャストで数十回アタリがくることも。

ルアー釣りの場合、主に活性の上がる夏〜秋にかけて積極的にカニ・エビなどを追うようになるので、それらに似せたルアー・アクションで狙うと吉。

底生の餌を食べるとき、主に流れてくる餌をついばむ習性があるため、これらを上手く利用して釣りをすると数を上げることができます。

 

クロダイがルアーで釣れる時期・時間帯

基本的に年がら年中釣れる魚ですが、ルアーで狙う場合は「真夏」が最も数釣り可能。この時期はクロダイの他に、近似種の「キビレ」もよく釣れます。

全体的にサイズは望めないものの、「釣り初心者でも一晩で二桁なんて楽勝!」と思えるほどアホみたいに釣れます。

また、夏場と比べるとアタリの数は極端に少なくなるものの、「冬〜春」にも釣ることが可能。

この時期は産卵に備えて餌を追う時期であり、魚の体力がないので極端にスローに引いてくるなど釣り方は変わってきますが、ベテランは真冬でも確実に釣果を上げています。

 

 

時間帯については、クロダイの警戒心がゆるむ「ナイトゲーム」が基本。日中だと釣り場に立つだけで気配を察知して逃げることもしばしばですが、夜間だとすぐ目の前で釣れることも良くあります。(笑)

干潮からの満ちはじめ」が最も釣れやすく、潮回りにもよりますが夕まずめ〜日付が変わるまでの間にアタリが集中することが多いです。それ以降は極端にアタリが減ります。

夕まずめ前から入ってポイントの地形を確認しつつ、22時程度までの間に釣りをするのが理想ですね!

 

チニングで狙うべきポイント

 

クロダイの習性からして「汽水域」を好むので、河口を中心に淡水が入り交じる石畳・テトラ周辺で最も釣果が上がっていますね。

この魚は食性からもわかるとおり、生息域であればどんな場所でも居着いて餌を追っています。

それこそ磯から堤防・河口・河川までありとあらゆる場所に生息していますが、ことチニングでは「淡水が入り交じる石畳エリア」に完全にポイントを絞ってしまってよいです。

 

▲サーフでヒットしたキビレ。引きが強く楽しいが、ポイントを絞るのが難しい。

 

ルアーで狙う場合は障害物周辺、また底を中心に狙うほうが釣れるので、上記エリアだと一番効率よく釣果を上げられるんですよ。

ただ、唯一「河川の入り交じる砂浜(サーフ)」では石畳エリア同様に釣れるし、初期のチニングは砂浜で釣るのが一般的でした。もし石畳周辺で釣果が乏しければ、積極的に狙ってみましょう。

特に大阪湾周辺であれば、魚影が濃いので上記のエリアを狙うことで初心者でも数釣りが可能になります。

 

チニングで数釣り!初心者が上達するための攻略法

チニングは初心者でも数釣り可能ですが、他のルアー釣りと比べて少し”クセ”があるので、コツを覚えないと釣り方がわからず自分だけボウズ・・・なんてことも。

ここでは、釣果を伸ばすうえで重要な「ルアーアクション」と「キャスト位置」について解説していきます。

なお、釣り場は最も釣果の上がる「淡水の入り交じる石畳」と仮定して進めていきます。

 

ルアーのキャスト・トレース位置について

 

まずルアーを投げる位置ですが、正面ではなくて流れに対してアップクロス(上流側)に投げていくのが基本となります。

この釣りでは第一に「底を取る」ことが重要となるんですが、下流側に投げると流れでルアーが浮き上がってしまうこともあるし、水の抵抗で小さなアタリが取りにくくなってしまいます。

アップクロスにキャストすることで確実に底を取りつつ、「流されているものを追う」というクロダイの習性を生かして釣果を上げることができます。

 

 

石畳周辺で釣りをする場合、まず「石畳のキワ」を狙ってみることが釣果への近道。餌となる生物が多く生息しており、干潮時にある程度の水深があれば”キワ”を通って回遊している個体が多いです。

また沖のブレイクにも居着いており、夜間に狙う場合でも明るいうちから「底周辺でエグれている場所がないかどうか」偵察しておくのが大切。

一見変化に乏しい釣り場であっても、石畳の形状が他とちょっと違うとか、底の状態・形状が少し違うなど「ほんのちょっとの変化」の場所で釣れることが非常に多いです。

 

まずは目に見える変化を見ながら探ってゆき、実際に釣りながらルアーが引っかかりやすい場所があれば積極的に狙ってみるのも釣果をアップさせる近道ですね!

 

【チニング上達のちょっとしたコツ】

 

チニングをしていると、たまに軽く根掛かりしたあと、「謎の水性生物」が釣れることがあります。気持ち悪いですね。(笑)

この手の生物は海底の岩などにくっついていて、「ちゃんとルアーが着底してるよ!」という目印になるので、初心者は特に注目しておくと釣果アップにつながりますよ。

 

チニングで重要なルアーアクションの種類

 

次にチニングで重要な「ルアーアクション」の話。色々釣り雑誌やサイトを見ていると、「チニングにはズル引きが基本」と書かれています。

チヌは底を這う貝・カニを追うことも多く、これらの餌を模して砂煙をあげながらルアーを巻いてアピールするのが基本ですが、このズル引きにもいくつか方法があります。

特に初心者のうちは、普通にリールを巻いてズル引きしているだけだとアタリも分からず、リトリーブスピードも見極められないために何度行ってもボウズ・・・ということになりがち。(自分で経験しました(笑))

 

 

チニングはコツを掴むまでが難しいので、まずはズル引きの感覚に慣れるためにも「徐々に竿を立てるズル引き」で狙う方法をおすすめします!

竿を立てる方法だと、ルアーの移動速度が一目瞭然になります!また竿を止めたときにアタリが頻繁に発生し、最初にありがちな「岩にストックしているのか、魚のアタリなのかわからない」ということもなくなります。

とにもかくにも「軽量ルアーをズル引きする」「そして岩に当たっているのか、魚が当たっているのか」というチニングの大前提をまず身につけるために、これらの方法を試してみましょう。

 

もし魚が釣れない、反応が薄いというときはその他もアクションも試してみよう!

チニングではズル引き以外の方法も有効で、軽くルアーを跳ねさせる「ボトムパンピング」も有効。10秒程度止めておいたらアタリがあった!ということもしばしばあります。

基本はズル引きだけでも十分釣れますが、その他のアクションを加えることで釣果が伸びたり、反応が薄いような条件でも魚を引き出すことが可能になります。

 

チニング攻略法まとめ

 

というわけで、以上「チニングの基本と釣果を上げるためのコツ」について、初心者向けの情報を発信・解説してみました!

基本的にシーズンを問わず釣れますが、前述したとおり夏場を中心にして数釣りシーズンになると、小型ならバンバン釣れます。

もしチニングを通して大型を釣りたい、数釣りしたいのであれば、とにかく「チニングのコツ」を覚えるのが最も重要。タックルを揃えて釣り場に行き、まずは最初の1匹を釣って感覚を掴んでください。

この釣りはライトタックルの繊細さと、大物釣り特有の強烈な引きを同時に楽しめるので、一度ハマると本当にクセになって何度も釣行してしまいます。ぜひ、この楽しさを体験してほしいです。

 

それでは!

スポンサードリンク