近頃スポーツ自転車が大流行中で、街中を歩いていてもあちこちで見かけるようになりました!特にオシャレな男女ほどカッコいい自転車に乗っていますよね。

ロードバイクやマウンテンバイクなど色々な特徴の自転車があるなかで、今回紹介する「クロスバイク」は走破性・汎用性ともに高く通勤・通学に最も向いているといえます。

でも、自転車を買うにあたって「あまり安いモデルも嫌だけど、上を見ればキリがないからそれなりの値段で買いたい!」という人が多いのではないでしょうか。

そこで、最低限耐久性・走破性・信頼性の3つが揃っている「5万円以下」のクロスバイクをいくつかピックアップしてみました!

主に評判の良いモデルか、メーカー自体に信頼性のおける自転車のみ選んでいるので、安心して購入いただけるかと思います。それでは、早速いってみましょー!

 

クロスバイクの選び方は?

用途・目的に合わせて選ぶ

 

実際に自転車選びをするにあたって、どのような基準で選べばいいのか?

用途によって選び方は変わってきますが、おそらくクロスバイクが欲しい人の多くが「10km圏内ぐらいで通勤・通学のため利用する」という前提で探していると思います。

5万円以下のバイクであっても価格やモデルによって特徴が変わってくるので、チェックしておくべき項目・ポイントを解説していきます!

 

コンポネートの違い

 

まず変速付き自転車として最低限の機能を発揮するためには、変速機構である「コンポーネント」が重要になってきます。

変速装置には、無名メーカーから世界のSHIMANO製のものまで多種多用なメーカーが使われています!100万以上する自転車の場合、このコンポ一つで15万以上するものもあります。

「どうせ安物の自転車には、大した機能の差なんてないよ・・・」と思うなかれ!実際には、2万円と5万円の自転車取り付けられているコンポの質には大きな差があります。

 

それぞれ値段別・車種別にグレードが分かれていて、変速のスムーズさ・走行の快適さに大きな影響を与えます。

今回紹介するモデルには、下記のいずれかのコンポが使用されています。

 

 icon-chevron-circle-right 5万円以下の自転車に取り付けられている代表的なコンポ

  • SHIMANO SORA(ロードバイク用コンポ)
  • SHIMANO Altus(マウンテンバイク用コンポ)
  • SHIMANO Tourney(マウンテンバイク用コンポ)
  • SHIMANO 無名コンポ
  • 無名メーカーコンポ

 

上にいくほど変速性能が高く、走行時の満足度も高いです。

クロスバイクを選ぶ人はそれほど実用性を求めていない人が多いかもしれませんが、毎日の通勤・通学の快適性も変わってくるので、チェックしてみるといいですよ。

 

フレーム素材の違い

コンポネートの他に、「自転車フレームの素材」も走破性能に大きく関わってきます。代表的な素材は以下のとおり。

 

材質重量剛性価格
クロモリ
スチール×
アルミ
カーボン×

 

今回紹介するモデルには価格と軽量性を実現した「アルミフレーム」しかありませんが、さらに安いモデルだとスチール、また高いものだとクロモリやカーボン製のものも。

一般的なママチャリはスチール製で20kg程度、逆に最も軽い100万円程度のカーボン製ロードバイクでは5kgを切るものもあります・・・!

無論、こちらも走破性能に大きく関わってくるので、自転車を選ぶ際は注意しながら選んでみてください!

 

デザインの違い

 

ここで解説するまでもありませんが、他のロードバイク・マウンテンバイクなどと比べてクロスバイクは「気軽に乗れる」ことが一番の魅力のため、街中で乗っても違和感のないオシャレなモデルが多いです。

都会だと、オシャレな服を着た兄ちゃんがカッコいい自転車に乗っている光景を見かけます。服装と自転車のデザインを合わせると、非常にカッコよくor可愛く見えます!

実用性重視ならともかく、耐久性や走破性を選ぶなら別のモデルを買ったほうがいいこともあるので、デザインも吟味しながら選ぶとより所有感が得られますよ。

 

初心者向けのクロスバイクおすすめ10選!

10位:LIG(リグ)

61t4hFOcELL._SL1000_
LIG(リグ) 700Cクロスバイク LIG MOVE
フレームアルミ
コンポSHIMANO製
変速7段変速
重量12.0kg
タイヤ700×28C

 

安価でありながら、「デザインもいいし、性能も優れてる!」と非常に評判のいいクロスバイク。

最低限の機能は揃っているうえ、重量も軽く扱いやすいです。今回紹介している自転車のなかでも最安価なので、予算がないという人にもいいと思います。

できるだけ予算を抑えてカッコいいクロスバイクを購入したい人には、かなりオススメできますね!

 

 

9位:DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

61JW31zToVL._SL1200_
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) LIBERO AMADEUS
フレームアルミ
コンポ無名メーカー製
変速21段変速
重量11.2kg
タイヤ700x28C

 

アウトドアメーカーの「ドッペルギャンガー」。

あまり評判の良い自転車は販売されていない印象がありますが、こちらのモデルはデザインも優れていてそれなりに支持を得ているようです

街乗りするだけならそれほど性能が必要なわけでもなく、何より気軽に買える値段で最低限の性能を備えているので、「初めてのクロスバイクで、安くオシャレに乗りこなしたい!」という人にはおすすめ。

 

 

8位:CANOVER(カノーバー)

81R9RFVdgFL._SL1500_
CANOVER(カノーバー) CAC-023 NAIAD
フレームアルミ
コンポSHIMANO製
変速21段変速
重量14.7kg
タイヤ700x28C

 

独特の形状である「ディープホイールタイヤ」を搭載したモデル。

本来は競技用のタイヤで、横風をも推進力に変えてしまうというものですが、この価格帯でどれほどの効果があるのかはちょっと疑問です。

性能どうこうよりも、何よりカッコよさを優先したものと言えるでしょうね。実際カッコいいですし、デザインも奇抜なので「クロスバイクでかっこ良く街乗り」をしたい人にはいいかも!

重量が15kg近いのが唯一残念な点。

 

 

7位:JEFFERYS(ジェフリーズ)

JEFFERYS Morris クロスバイク
フレームマンガンスチール
コンポSHIMANO Tourney
変速7段変速
重量9.8kg
タイヤ700x25C

 

爽やかなカラーの車体が光る、シンプルなデザインの自転車。

一番の特徴は、4万円程度の価格にして「重量9.8kg」を実現したことです!この価格帯では、最も軽量なモデルとなります。

その他、コンポネートには「SHIMANO Touney」を搭載。これといってスペックが優れているわけではありませんが、重量とデザインを考えると女性にこそ最もおすすめできる自転車といえますね。

 

 

6位:CENTURION(センチュリオン)

CENTURION CROSSLINE 30 RIGID
フレームアルミ
コンポSHIMANO Altos
変速21段変速
重量11.2kg
タイヤ700C×32C

 

ドイツ製の自転車で、日本ではマイナーですが世界的には評判のよいクロスバイク。

様々なラインナップがあるなか、このクロスライン30は入門用で最もグレードが低いものの、3万円台という価格でマウンテンバイク用コンポの「SHIMANO Altos」を搭載している破格のモデル。

3万円以下の最低価格帯は信頼性の低い中華メーカーが多いんですが、このモデルだけ信頼性・走破性ともに群を抜いています。販売数が少なく、早めに売れきれてしまう可能性があるので、見つけたら即買いしましょう!

 

 

5位:DIAMOND BACK(ダイヤモンドバック)

61CVNJEWcmL._SL1000_
DIAMOND BACK(ダイアモンドバック) クロスバイク DB-708AL
フレームアルミ
コンポSHIMANO製
変速8段変速
重量12.0kg
タイヤ700x28C

 

「ダイヤモンドバック」はハイエンドマウンテンバイクを製造しているアメリカのメーカーで、高い剛性を誇ることで有名。非常に信頼性が高いといえます。

変速こそ8段ですが、マウンテンバイクを基本にしたモデルのため剛性が高く、未舗装路や林道も走れるモデルです。通勤・通学だけに留めておくのは少しもったいない気はします。

少なくとも、このランク以上の自転車を買っておけばよほどのことがない限り破損等のトラブルはありませんし、満足して使えるかと思います。

 

 

4位:OYAMA(オーヤマ)

81ymyzrnizl-_sl1500_
OYAMA (オーヤマ) SR 2300
フレームアルミ
コンポSHIMANO SORA
変速16段変速
重量9.9kg
タイヤ700x23C

 

これまで紹介したモデルはデザイン重視でしたが、こちらのクロスバイクは一気に実用的なスペックを備えています。

デザインこそ地味なものの、この価格帯にしてはほとんど見かけない重量10kg以下を実現。走破能力も高く、通勤・通学から80km程度ロングライドも可能。

変速回りも、この価格帯ではまず付いていない「SHIMANO SORA」というロードバイク用のコンポを搭載していて、スピード・信頼性ともに向上しています。

全体的にコストパフォーマンスが非常に優れているので、スペック重視の方は購入間違いなし!

 

 

3位:MERIDA(メリダ)

71hx-B8tPfL._SL1500_
MERIDA(メリダ) CROSSWAY BREEZE TFS 100-R
フレームアルミ
コンポSHIMANO Altus
変速21段変速
重量12.5kg
タイヤ700×32C

 

ハイエンドロードバイクを主に製造している「メリダ」のクロスバイクで、全体的にスペックが高く入門用に最適なモデルとなっています。

耐久性・走破性能ともに優れており、変速部には「SHIMANO Altus」という一段グレードの高い部品が使用されています。

デザインも優れていて、自転車に詳しい人が見ると「オっ!」と見つめてしまうほど有名なメーカー製。予算があるなら、このモデルを買っておけば全く不自由は感じません。

 

 

2位:GIOS(ジオス)

GIOS(ジオス) MISTRAL(ミストラル) クロスバイク
フレームアルミ
コンポSHIMANO Altus
変速24段変速
重量 11kg
タイヤ700×28C

 

GIOSはミドル〜ハイエンドのロードバイクを中心に手がけるイタリアのメーカーで、「ミストラル」は初心者でも手軽に疾走感を味わえるよう手頃な値段で販売されているモデル。

街中でなかなか見かけない、「知っている人は知っている」と言えるレアなメーカーですが、プロの大会でも使用されるほど実績は高いです。

もちろん、コンポネートにはグレードの高い「SHIMANO Altus」を採用しています。

スペック的には通勤・通学だけではもったいないほどですし、「多少価格が高くても、他の人にアッと言わせたい!」という人にはおすすめ!

 

 

1位:CENTURION(センチュリオン)

CENTURION CROSSLINE 50 COMP
フレームアルミ
コンポSHIMANO ACERA
変速24段変速
重量13.5kg
タイヤ700×40C

 

日本ではマイナーブランドの「センチュリオン」。ドイツ製で、5万円以下の自転車は品質にバラつきが多いなか、パーツ一つ一つの精度が高く安心して乗車できます。

コンポネートのグレードも高く、Altosより上位の「SHIMANO ACERA」というMTB用中級グレードの部品も装着されているほど!

販売されている数が少なく、すぐ売リ切れてしまう可能性が高いです。もしデザインが気に入れば即買い必須の自転車です!

 

 

おわりに

 

というわけで、以上「5万円以下で買える、おすすめクロスバイク」をいくつか紹介してみました。

世の中には意外と安価なクロスバイクがたくさん販売されているんですが、今回は「スペック・デザイン」の双方の点で厳選したモデルを紹介してみました。

用途・予算によって選んでもらえればと思いますが、この中であえて特におすすめのモデルを選ぶとしたら、下記のような感じですね。

 

 icon-chevron-circle-right 特におすすめのクロスバイク

 

通勤・通学の街乗り使用ならかなり快適に利用できますし、モデルによっては100km程度までのロングライドが可能なものもあるので、予算に応じて選んでもらえればと思います!

ぜひ、ご自分にあった素晴らしいクロスバイクを見つけてみてくださいね。

それでは!

スポンサードリンク