【5万円以下】自転車日本一周でおすすめのチャリ10選を紹介する!【クロスバイク・マウンテンバイク】

030

 

自転車で日本一周すると聞くと、「やたらと費用がかかってしまうのではないか」「自転車を用意するのが大変なのではないか」と心配される方も多いのではないでしょうか。

しかし、今のご時世「ママチャリ」ですら日本一周を達成出来る時代なので、ぶっちゃけ安価なチャリでも日本一周することは出来ます!ただし快適かどうかは別の話。

>今回は比較的安価に購入でき、ある程度快適に日本一周出来る5万円以下のおすすめ自転車を選出してみました。ぜひこの自転車に乗って、日本一周してみてください!

 

日本一周用の自転車を購入する際の注意点

IMG_6136

 

実際に自分も4万円の自転車(MTB)で1万km走行したので、注意点さえ理解していれば安価な自転車でも日本一周することが可能です。

最低限必要な機能をまとめると、以下のようになります。

  自転車日本一周旅行に最低限求められる機能

  • キャリア(荷台)が取り付けられる自転車であること。
  • 最低限の安全性が確保されていること。
  • 汎用的なパーツを利用していること。

第一に、日本一周では最低でも30kg程度の荷物を積載することになるので、せめて後ろ側だけでも荷台が取り付けられる必要があります。

安価な自転車と行ってもピンからキリまで性能差があり、粗悪なものは避けたほうがよいでしょう。

また、万が一事故を起こして自転車が大破した際に、特別なパーツを使っていると修理が大変なことになるので普遍的なパーツを使用しているモデルがよいでしょう。

 

image

 

これらの点を気をつけながら購入すれば、安価な自転車でも日本一周出来ます。

ただし、あくまで「日本一周する際にあまり予算が取れない方」を対象に自転車を選出していることをお伝えしておきます。

旅人の中には僕のようにあまり予算が取れず、どうしようもない!という人もおられるかと思ったので記事を作ってみました。

 

自転車にそれなりの予算をつぎ込める方は、別途日本一周する際の正統派自転車とも言える「ランドナー・スポーティール」タイプの自転車をまとめた記事を作ったので、そちらをご覧ください。 

自転車旅行におすすめのランドナー・スポルティーフ15選を紹介します。【日本一周・世界一周】

2016.04.11

 

それでは、上記の点を踏まえて自転車日本一周旅行におすすめの車種を紹介していきます。

車種ごとに、クロスバイク・マウンテンバイク・ランドナータイプの自転車を紹介します。

 

クロスバイクタイプの自転車

54cb9f2c088d99104e2b1d2736ee7879_s

 

どんな道もオールラウンドにこなせ、車体も軽くバランスがよいクロスバイクタイプの自転車。

舗装路専用でスピードを追求したロードバイクと、未舗装路用に頑強に設計されたマウンテンバイクの中間の性能を持ち、超長距離走行をしながらあらゆる道を走ることになる日本一周との相性は良いですね。

この価格帯の自転車なら、クロスバイクかランドナータイプが一番オススメです!

 

LIG(リグ)

61t4hFOcELL._SL1000_

 

icon-caret-square-o-rightLIG(リグ) 700Cクロスバイク シマノ7段変速

  • フレーム:アルミ
  • 変速:7段変速
  • 重量:12kg
  • タイヤサイズ:700×28C

全体に金メッキのような色合いが施されたオシャレなクロスバイクで、ネットショップでもそこそこ評価されています。

7段変速なので、ある程度の坂なら上ることができそうです。何より見た目がカッコいいですよね。

ただし値段が安めなので、物によっては耐久性に難ありかもしれません。口コミも見ながら要検討。

 

 

ANIMATO(アニマート)

7115ctOq-JL._SL1500_

icon-caret-square-o-rightANIMATO(アニマート) クロスバイク METRO(メトロ) 700C

  • フレーム:アルミ
  • 変速:21段変速
  • 重量:12kg
  • タイヤサイズ:700C

この価格帯で、21段変速と軽量アルミフレームによる車体12kgはお値打ち感がありますね。

また変速装置にはシマノ製のパーツが付いているので、峠越えでの破損等はなかなかないと思います。

その他特筆すべき点はありませんが、オールラウンドにあらゆるシチュエーションをこなしてくれそうです。予算が少ない方にはオススメの自転車です!

 

 

CANOVER(カノーバー) 

81UzN6kXotL._SL1500_

icon-caret-square-o-rightCANOVER(カノーバー) CAC-021 VENUS(ビーナス) 700×25C

  • フレーム:アルミ
  • 変速:21段変速
  • 重量:11.2kg
  • タイヤサイズ:700×25C

安価に販売されている、「カノーバー・クロスバイクシリーズ」のフラグシップモデル。

変速にシマノ製のパーツが使われているほか、フレームの完成度が高く、アルミではあれど剛性は高いと思われます。また重量自体も11.2kgと比較的軽めです。

走破性は同価格帯のその他の自転車に譲りますが、デザインは優れているモデルといえるでしょう。

 

 

ミヤタ(MIYATA)

7115ctOq-JL._SL1500_

icon-caret-square-o-rightミヤタ(MIYATA) フリーダム タフ AFRF5 700C

  • フレーム:クロモリ
  • 変速:7段変速
  • 重量:15.6kg
  • タイヤサイズ:700C

日本の有名メーカーである「ミヤタ」の自転車で、耐久性の高い鉄製の「クロモリ」という素材で製造されています。

7段変速なのが唯一残念な点なんですが、少なくともこのクラスの自転車であれば快適に日本一周出来ます。

また非常に剛性が高いタイヤが使用されているので、クロスバイクでも未舗装の道を走破できるでしょう。安全性を考えるなら最適な自転車です。

 

 

MERIDA(メリダ)

crossway_breeze_tfs_100-r_eg04

icon-caret-square-o-rightメリダ(MERIDA)  CROSSWAY BREEZE TFS 100-R

  • フレーム:アルミ
  • 変速:21段変速
  • 重量:12.5kg
  • タイヤサイズ:32C

ハイエンドから初心者向けの自転車まで幅広く製造している、「メリダ」製のクロスバイク。

各部に小柄な人でも乗りやすいパーツが使用されているほか、シマノ製のパーツが組み込まれており安心して長距離でも走破することが出来ます。

メーカー純正の前後キャリアも発売されているので、ますます旅向きの自転車といえるでしょう。

クロスバイクは全体のバランスが高いので、このクラスの自転車なら2000m級の峠越えも可能でしょう。5万円の予算ギリギリですが、予算が許すなら日本一周にはオススメの自転車です。

 

 

マウンテンバイク(MTB)タイプの自転車

image

 

マウンテンバイクは未舗装路を走行するために設計された自転車で、フレームからタイヤまで非常に剛性の高い仕様になっています。

走行速度が遅くなってしまうので、日本一周には積極的にはオススメできません。

ただし僕はこのタイプの自転車で1万km走行しましたし、MTBなら荒れている道でも何の心配もなく走行することが出来るので、積極的に林道等の未舗装路を走りたいと考えている人には最適です。

 

GT(ジーティー)

61D-IExGsPL._SL1000_

icon-caret-square-o-rightGT(ジーティー) 16’アグレッサー SPORT(3x7s)MTB27.5”

  • フレーム:アルミ
  • 変速:21段変速
  • 重量:13.6kg
  • タイヤサイズ:27.5×2.10

主にハイエンドのマウンテンバイクを製造している「GT」ブランドの廉価モデル、アグレッサー。

名前の通りアグレッシブな用途を考えられて設計されており、制動性の高いブレーキ、耐久性に優れたタイヤ、軽量化されたフレームが特徴的です。

タイヤ経が27.5インチと通常よりも大きいため、荷台などの取り付けが少し面倒ですが、全体的な剛性が非常に高いので旅中でもガンガン未舗装路に突っ込みたい方にはいいかと。

またマウンテンバイクは衝撃を吸収するために「サスペンション」が付いているんですが、あまり安いモデルだと突然破損して事故に繋がる可能性があるので、4万以上のモデルを選んだほうがいいかと。

 

 

MERIDA(メリダ)

61kk8TwzeiL._SL1000_

icon-caret-square-o-rightメリダ(MERIDA) 16’MATTS 6.5-V ) MTB26” マットグリーン

  • フレーム:アルミ
  • 変速:21段変速
  • 重量:13.7kg
  • タイヤサイズ:26×2.1

ハイグレードロードバイクを製造している、「メリダ」ブランドのマウンテンバイク。

変速関係には信頼のおけるシマノ製のパーツが組み込まれており、さらにブレーキは制動性の高い「ディスクブレーキ」が採用されています。

信頼性・耐久性・走破性全てにおいて高く、「マウンテンバイクは嫌!」という人以外は良いモデルです。予算が許す方で、かつ旅中に未舗装路も走りたい!という人にはオススメ。マウンテンバイクって、意外と日本一周に向いているんですよ。

 

 

ランドナータイプの自転車

030

 

昔から「旅用の自転車」として使用されているのがランドナータイプの自転車で、旅をしている時でもランドナーを使用している人を頻繁に見かけます。

最近ではクロスバイクやマウンテンバイクの性能が向上しているので、性能的な優位性は薄れてきました。

といっても未だに定番なのは確かだし、ドロップハンドルと剛性の高いフレームは「旅感」を醸しだしてくれます。自転車旅を最大限楽しみたい方には最もオススメ!

 

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

424_sl

icon-caret-square-o-rightDOPPELGANGER 700x23C ロードバイク BELFAUST 424-SL

  • フレーム:スチール
  • 変速:14段変速
  • 重量:12.7kg
  • タイヤサイズ:700×23 C

この値段では異例の、ランドナータイプの自転車。ランドナーは超長距離を走行する自転車旅で最も使用されているタイプです。

どちらかというとロードバイクとのハイブリッドのようなモデルですが、ランドナー的な特徴も多数兼ね備えています。

出来る限り予算を抑えたい人で、そこそこのパフォーマンスを出したい人にはオススメできる自転車です。いい自転車です。

 

 

MIYATA(ミヤタ)

freedom_sports_og55

icon-caret-square-o-rightMIYATA(ミヤタ) Freedom Sports(フリーダムスポーツ) 700×28C

  • フレーム:クロモリ
  • 変速:14段変速
  • 重量:12.2kg
  • タイヤサイズ:700×28C

上のモデルとは違い、生粋のランドナータイプの自転車。さらにフレームは最も丈夫な素材「クロモリ」という鉄製なので、剛性も非常に高いといえます。

また、長年信用性の高い自転車を多数生産している「ミヤタ」製の自転車なので、あらゆる点においてオススメの自転車といえます。もちろん日本のメーカーですよ。

本来なら10万円程度で販売されている自転車と同じようなスペックなんですが、各パーツでダウングレードが図られているようです。日本一周には最もオススメできる自転車といえますね。

 

 

まとめ

 

というわけで、簡単ではありますが「自転車日本一周におすすめのチャリ」を紹介させていただきました!

本格的に日本一周の旅をしたいなら、間違いなくこだわった自転車を購入するほうがいいです。価格も10万円以上のものを買いましょう。

ただ、実際にはそんな自転車でなくとも日本一周できます。変速なしのママチャリで日本一周する人もいるぐらいですからね。(笑)

 

IMG_7150

 

安物でも未舗装路を走らないように気を付けたり、メンテナンスを怠らなければ全く問題ありません。気軽に始めたい、どうしても予算が取れないという方は、安い自転車を購入するのも一つの手だと思います。

それでは!

 

関連記事

【保存版】自転車日本一周旅行に必要な装備・持ち物チェックリスト(完全版)

2016.04.27

自転車旅行におすすめのランドナー・スポルティーフ15選を紹介します。【日本一周・世界一周】

2016.04.11
スポンサードリンク