釣り師には「出刃包丁」が必須!三徳包丁との違いとおすすめの製品【實光包丁】

thumb_IMG_0668_1024

 

釣りの面白さって、魚との駆け引きのほかに「自分で釣った魚を食べることができる」という点にあると思うんですよね。

その場で締めて持って帰れば、スーパーでは絶対に食べられない超新鮮な素材の出来上がり!釣った直後の魚を食べられるのは釣り人の特権だし、出来る限りこだわりたいところ。

今まで、魚を捌くときは自宅にある「三徳包丁」を使っていたんですが、あまりに切れないので専用の「出刃包丁」を買ったら人生変わりました・・・!今回は釣り人がおすすめする出刃包丁について紹介していきたいと思います。

 

釣り人には出刃包丁が必須だ!

thumb_IMG_0616_1024

 

先日釣りにいったときに、30cm超のツバスを釣ってきたんですよ。

80cm以上のブリと比べると大したことないサイズなんですが、これでもブリの子。皮は硬いわ骨は太いわ、頑張って一般家庭にある「三徳包丁」で捌いていたんですが、半ば無理やり「叩き切る」という感じで捌いていました。(笑)

小型のアジやイワシならいざ知らず、ある程度の大きさの青物だと三徳包丁では限界があるんですよね。魚を捌くと他の野菜や肉が切れなくなってしまうので、それも問題です。

 

 

thumb_IMG_0627_1024

 

特に「背骨を断ち切る」「兜割りをする」ときにめちゃめちゃ苦労しました。

三枚おろしや皮引きなどの細かい作業と違って、骨を断つ場合は相当な負荷をかけてあげる必要があるので、三徳包丁では力不足で刃がかけてしまう恐れもあります。

出刃包丁なら一気に「叩き割る」力があるので、特に大型魚を狙って食べる釣り人には必須なんですよ。

 

出刃包丁と三徳包丁の根本的な違い

thumb_IMG_0667_1024

 

・・・と三徳包丁に限界を感じていたので、ついに出刃包丁を用意しました!「堺包丁」と呼ばれるもので、楽天市場で5千円ほどで購入しました。大きさは150mm。

家庭で良く使われるステンレス製のものではなく、「日本鋼」という素材を使用しているので切れ味が鋭く、なおかつ研ぎやすくなっています。

鋼なのでお手入れは必要ですが、切れ味が落ちても自分で研げるのは大きいです。何度も背骨を断ち切っていると、さすがに切れ味が落ちていくので。

 

 

thumb_IMG_0668_1024 thumb_IMG_0669_1024

 

普段は三徳包丁しか使っていなかったので、持った瞬間に「出刃包丁がいかに重い・太いか」がわかります。全然違う・・・!

 

thumb_IMG_0670_1024 thumb_IMG_0671_1024

 

いつも使っている、出刃包丁と三徳包丁の厚みの違いを比較してみました。

最初に思ったのは「えっ!?三徳包丁ってこんなに薄かったの!?」ってこと。普段から使っているとそれほど意識しないものですが、いざ比較するといかに三徳包丁がペラッペラの包丁なのか実感します。

そりゃ、こんな薄い刃じゃ青物の兜・背骨を断ち切れないわ・・・。

 

出刃包丁は三枚おろしも得意

thumb_IMG_0676_1024

 

出刃包丁は兜割りや背骨断ちなど叩き切る作業も得意ですが、切っ先も非常に鋭いため三枚おろしも得意なんですよ!

大型魚の三枚おろしには力が必要なので、綺麗に捌くためには出刃包丁が必要です。一方、小型魚でも出刃包丁があれば簡単・綺麗に捌くことが出来ます。

というわけで、早速釣ってきたタチウオを捌いていきます。小型だし、身も薄いので慎重に捌く必要があります。

 

thumb_IMG_0677_1024

 

魚の三枚おろしをするとき、まず皮に切れ込みを入れていく必要があります。

今まで使っていた三徳包丁は、切っ先が鈍っていたため一回で皮に切れ込みを入れることが出来ず、2〜3回包丁をスライドさせる必要がありました。

この出刃包丁は非常に切れ味が鋭く自重もあるため、ほとんど力を入れなくても一回で皮に切れ込みを入れることが出来ました!これは凄い!

 

thumb_IMG_0678_1024

 

力を入れなくても、まっすぐ切れ込みを入れることが出来る・・・凄い。

三徳包丁では何度も刃を入れていたので、どうしても切り口がグチャグチャになってしまってたんですよ。でも出刃包丁なら刃を一回入れただけで切れるから、かなり綺麗に捌く事ができました。

 

thumb_IMG_0679_1024

 

このタチウオは身も少ないため、どれだけギリギリの位置で刃を入れられるかがポイントになります。

箱出しでこれほどの切れ味とは・・・恐ろしい。ただし、この大きさの魚を捌くならもう少し小型の包丁がいいかもですね。

 

thumb_IMG_0682_1024 thumb_IMG_0684_1024 thumb_IMG_0686_1024

 

三徳包丁から出刃包丁に変えた結果、タチウオを綺麗に捌くことが出来ました。これぞ芸術。

これだけ切れ味が鋭いと、作業をする時間も短くなりますね!夜釣りの場合は夜中に帰宅してから魚を捌くので、出来るだけ作業時間を抑えて翌朝に備える必要があるんですよ。

「作業時間を短くする」という観点から考えても、出刃包丁がいかに優れているかがわかります。

 

thumb_IMG_0688_1024

 

あと、切れ味が鋭いと魚体に触れる時間が短くなるので、痛みのない綺麗な状態を保持することも可能ですね。

タチウオって銀の皮を触り続けると成分が溶け出して剥げてくるんですが、今回はピカピカの状態を維持したまま3枚下ろしにすることが出来ました。

三徳包丁の時は全然切れなくて何度も魚体に触れてしまっていたので、せっかく綺麗なタチウオも最後にはボロボロになってしまってたんですよね。刺し身にするときは、特に重要になってきます。

 

おすすめの出刃包丁について

まだ出刃包丁を買ってから一度しか使っていないんですが、早速釣り人生が変わりそうです・・・!

釣りをしたあとに釣った魚を捌いて料理する作業も好きだったんですが、さらにのめり込んでしまいそうです。これだけバッサバサ切れると本当に楽しい!

他にも、予算に余裕が出来れば刺し身用の柳刃包丁、もう少し小型の出刃包丁も用意したくなりました。今回購入したのは刃渡り150mmのタイプだったんですが、120mmぐらいだとアジやイワシなど小型魚も捌きやすくなるそうです。

 

 

出刃包丁はピンからキリまであってどれを選べばいいかわかりませんが、今回楽天市場で購入した「堺包丁」は5千円という価格で購入出来る出刃包丁のなかでは性能が高いと思われます。

良い評価もたくさん付いているし、出荷時点で研いでくれるので箱出しの状態でそのまま使えます。かなり満足度が高いですね。ぜひ同じメーカーでサイズ違いの出刃包丁を用意したいところ。

初心者には十分な性能なので、まずこのグレードで試してみて徐々にアップグレードしていくのがいいんでしょうね。これでますます大型魚を捌きたくなりました!まずは釣ってこないと・・・。

 

それでは!

 

 

スポンサードリンク