日本一周旅の最中って、どうやって電源を確保してるの?という質問に答える。

thumb_IMG_2728_1024

 

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

今回より、何回か続けて「日本一周」とか「旅」に関する「よく聞かれる質問」についての記事を書いていきたいと思います。

初回は「日本一周とか旅の最中って、どうやって電源を確保しているの?」というもの。これ、よく聞かれるんすよねー。

 

デバイスによって変化する電源確保方法

まず電源確保の方法は、使用するデバイスによって変わります。

USBケーブルから充電可能なスマホに関しては、「モバイルバッテリーからの充電」「ソーラーパネルから充電」「ファーストフード・カフェ等での充電」「お世話になった人の家で充電」「ゲストハウス・ライダーハウスでの充電」「ネットカフェでの充電」「フェリー・飛行機搭乗時の充電」に分かれます。

コンセントから充電する必要のあるPCや、カメラバッテリー充電器等の場合は、電源確保手段がかなり絞られることになります。

1つずつ解説していきますね。

 

モバイルバッテリーからの充電

スマホの充電に関して、最もポピュラーな方法がこれ。

といっても、バッテリー側の電源にも限りがあるので永久に充電できるわけではありませんが、頻繁に地図や検索でスマホを使用するなら必須の製品になります。

必ず皆一つは持ち歩いていますし、僕の場合は途中で追加で貰ったので、2つも持ち歩いています。PCにはスマホのテザリングでネットに繋いでいるので、あっという間に電源がなくなるんですよ。

最近は4,000円もしない程度の価格で大容量のモバイルバッテリーが販売されているので、1つか2つ程度は購入しておくことをオススメします。

 

 

ソーラーパネルからの充電

 

旅人のなかには、ソーラーパネルを持ち歩いてデバイスを充電する人がいます。

僕もその中の一人ですが、意外とみんなソーラーパネルを持ち歩いてスマホを充電していました。「それ、ちゃんと使えるの?」という人が多いんですが、かなり使えます。特に日照時間が長くて電源を確保できる場所が少ない、夏場の北海道では最強の電源確保手段となります。

朝、テントから起きてソーラーパネルでスマホを充電しておくと、出発する頃には満タンまで充電できます。電源を切った状態で、2時間程度で満充電できますね。

こちらも少々重い荷物になるのですが、上手く使えばかなりの節約にもなるため、買っておくことをオススメします。

 

 

参考記事:旅中のスマホ充電は「ソーラーパネル発電」で行ってるよ!というお話。【Anker ソーラーチャージャー】

 

ファーストフード・カフェ等での充電

thumb_IMG_2728_1024

 

コンセントからデバイスをフル充電したい場合、最もポピュラーな方法がこれ。というか、安定的に電源供給できる手段がこれしかありません。

全国各地に設置された「マクドナルド」「スターバックス」「モスバーガー」「サンマルクカフェ」等のファースドフード・カフェにはコンセントを設置している場合があり、大抵は公式で充電OKにしているか、店員さんに聞いて許可を貰える場所も多いので、ここから全てのデバイスを充電します。

電源確保の場所については、「○○(地名) カフェ 電源」等の形式でGoogle検索すると表示されるほか、「モバイラーズオアシス」「電源カフェ」等のサービスを使用すれば簡単に検索出来ます。この辺りは検索能力に差が出るところですが、最近のスマホ世代なら問題なく探し出せるでしょう。

 

お世話になった人の家で充電

IMG_5921

 

旅をしていると、かなりの人々にお世話になります。中には「ウチ泊まってく?」と唐突に誘ってくださる方も多いので、宿泊させて頂いたときに電源も供給させてもらっています。

友人宅にお邪魔するとか、会いたい人に会いに行く意外で意図的に機会を生み出せるものでもないんですが、何気に助かることが多いんですよね。特に北海道とか離島には電源確保出来る場所が全くなかったりするので、何度も助けられました。

アテには出来ないけれど、こういう手段もあると頭の片隅に入れておいてください。また、もしかすると「どうしても電源が必要なので、貸してくださいませんか!(お金も出します!)と地元住人の方に頼めば、貸してくださる方もいるかもしれません。

 

ゲストハウス・ライダーハウスでの充電

IMG_8149

 

場所が限られますが、地域によってはゲストハウスやライダーハウスを経営している場所もあります。

それらはかなり安価で宿泊することができるし、特に北海道では一泊500円程度で泊まることが可能なんですよ。他の旅人との出会いもあるし、いい思い出になるのでぜひ行かれることをオススメします。楽しいですよ!

 

参考記事:日本一周の旅に出たら絶対行くべき!「北海道の三大沈没スポット」って?

 

ネットカフェでの充電

IMG_6002

 

ファーストフードやカフェで電源を確保するといっても、充電したいものが複数ある場合、どうしても全ての電源を確保出来ないときもあります。

延長コード等を使えば、一つのコンセント口で複数のデバイスが充電可能です。ただあまりおおっぴろげにたくさんのデバイスを充電出来ない状況もあります。そんな時、最終手段として「ネットカフェ」を利用することもあります。

コンセントで充電しながら宿泊することになるので、2000円程度料金がかかってしまいますが、寝ている間に充電が出来る上に好きな漫画が読み放題なので、体験価値を得る目的でも一度は行っておくといいですよ。純粋に楽しいし。

ただ、漫画好きな方はほぼ間違いなく寝不足になるので、覚悟したうえで入店されることをオススメします。(笑)

 

フェリー・飛行機搭乗時の充電

IMG_3465

 

ちょっと例外的な方法ですが、北海道や沖縄、そして個々の離島に渡る際にフェリーターミナルや空港を利用することになります。

ある程度大きめの場所なら、大抵電源を確保出来る場所があるのでそちらでデバイスを充電することが可能です。

もしフェリーや飛行機を利用する場合は、電源確保出来ることも見越して充電場所を考えておくといいと思いますよ。

 

その他の充電方法

日本一周していて思ったんですが、日本って意外と充電出来る場所は各地にいっぱいあるんですよね。

ショッピングモールに直接電源確保できる席があるときもあるし、コンビニ等のイートインスペースで充電出来る場所もあります。また我々が野宿する道の駅にも公式に充電OKな場所もありますし、そうでない場合も許可を得て充電させてくれるケースが結構多いです。

またコンビニには店舗の外に大抵コンセントが付いていますが、買い物ついでに許可を取ればOKという場所も結構あるみたいです。既成概念でものを見ず、「案外ここって電源確保可能なんじゃね?」と色んな場所を歩いて探すことをオススメします。

 

おわりに

ということで、日本一周の電源確保可能な場所についてつらつら書いてみました。

簡単にまとめるつもりが、勢い余って3000字超も書いてしまった。(笑)まぁ、それだけ多様な電源確保の方法があるということです。旅中は、特にブログを毎日更新したい方は電源確保に悩まされることになるので、じっくり方法を考えておくことをオススメします。

それでは!最後に電源確保に便利な製品のリンクを貼っておきますね。

 

 

 

スポンサードリンク