日本一周の旅を、明日に控えて・・・。

 

明日から、1年間という時間をかけて日本一周の旅に行ってきます。

2日前からやっと実感が湧いてきて、ドキドキしています。

「いよいよ日本一周だ」と意気込んだら、直前まで引いていた風邪も吹き飛んでしまいました。

 

これからどんな風景の広がりが見れるんだろう。

どんな光景が広がっているんだろう。

考えれば考えるほど、ワクワクします。

 

 

実は1月から準備してました。

 

去年の大晦日に琵琶湖一周の自転車旅に出かけ、

帰り際にふと「日本一周、行けたら絶対面白いだろうな」という言葉が浮かびました。

単純に、もっと色んな場所を、自転車で回れたら絶対楽しいだろうなという思いつき。

 

想像するだけでワクワクして、1月より準備を始めました。

不要品を徹底的に洗い出して、大半をオークションや中古ショップで売りさばいて、

30万円程度のお金を手にしました。売れないものは全て廃棄、もしくは人に譲る。

今まで、どれだけの物を所有してたんだか。他人と比較すれば、圧倒的に少ない方だとは思うけど。

 

「旅に行くには何が必要になるのか」「どういったコースを回るか」を調べながら考え、

いつ行けるかもわからない状態で準備を始めました。

道具が集まるに連れて、少しずつ実感が湧いてきます。

 

自分では、9月に出発するという目標を立てていました。

旅に必要な資金を完璧に用意して、出発すべきだと。

リスクをできるだけ潰して、少なくとも金銭的な面では安全を確保できるようにすると。

安心できる状態で行くべきだと。不安になりたくないと。

 

結局、その時点で自分の心に全く向き合っていなかった。

 

本当は「今すぐ」行きたい。

だけど、あたかも「あらかじめお金を用意しなければ、食べていけないから」と決めつけていました。

なぜ、「お金がないと行動できない」という思考に至ってしまうのだろう。

 

今まで一年間も旅に行ったことがなかったし、いくら世間の目を気にしないといっても、

一年もの時間を特定の何かにつぎ込む、という決断はすぐにはできなかった。

無意識に、意思決定を先延ばしにしていたのだと思います。

 

その場その場の景色や人物を感じとるためには、深淵に潜り込むしかない。

だったら、あらかじめ資金を用意して旅をするよりは、

現地で働くなりして資金稼ぎをしたほうが、より楽しめるだろう。

 

何より、半年という貴重な時間を無駄にしてまで、リスクを潰しにいく必要はない。

リスクですらないのかもしれない。

そんなことをする時間があるなら、さっさと行ってしまったほうがいい。

ありきたりすぎるセリフだけど、「失った時間は取り戻せない」のだし。。。

 

そうやって、自分の心に向き合いながら、人にも背中を押されながら、

「4月から日本一周に行こう」

と決断したのでした。

 

今回の件で、時間ってほんと重要だな・・・と実感しました。

時には忍耐や努力の時間も必要だと思うし、素敵なことですが、

目標もないまま、ワクワクもしないまま半年間もの時間を過ごしたなら、

絶対後悔するだろうな・・・。

 

 

なぜ日本一周なのか

 

そういえば、直感で日本一周に行きたいと思いついたけど、

「なぜ日本一周なのか」をあまり深く考えていませんでした。

 

未知の世界を体験したいのであれば、日本を飛び出したほうがいいでしょう。

自分たちとは全く異なる文化で育った人たちがいて、今まで見たことのない光景が広がっている。

なぜ日本一周なのだろう。

 

直感で「行きたい」と思っただけなので、理屈では説明できないけれど、

まだ日本にも自然が残っていることを肌で感じたい、モニター越しに見るのではなく、

この目で感じたい。

 

再生可能資源ではあるけど、時に簡単に破壊できてしまう自然が残っていることを、

信じたい・・・という気持ちがあったのかな。と勝手に解釈しています。

 

人間が生存する以上、周囲の資源を消費(言い方を変えれば破壊)するのは仕方のないことですし、

山奥や浜辺で生活をすれば、第一に感じざるを得ません。

生存することが悪いのではなく、事実として人は資源を消費しなければ生きていけない生物なので、

まだ広がっている自然を、今のうちに見ておきたい。という気持ちがあったのかな?わかりません。笑

 

 

いよいよ、出発だ!

 

さて、出発まで残り24時間を切りました。

準備もほぼ全て終わり、あとは待つだけです。

自然の広がりを、日本の景色の広がりを感じに、日本一周に行ってきます。

 

では!リアル友人・知人の方は、一年後にお会いしましょう。

 

 

スポンサードリンク