「DMMモバイル 10GBプラン」を1ヶ月使ってみた!メリット・デメリットなど【割引情報付き】

543d7ea7d0c3b105e34db3781c18bce0

 

「格安SIM」といえば、大手の通信会社と比べて随分と有名になってきた感がありますが、そのなかでもDMMモバイルは「業界最安値」として有名なんですね。

以前までは通信無制限で使い放題と言われる「bmobile通信無制限プラン」を使用していましたが、やはり肝心な時に通信速度が遅くて使いにくいことが多かった。

今回は「DMMモバイル 10GBプラン」に変更して1ヶ月ほど経過したので、使ってみて良かった点・悪かった点をそれぞれ紹介していこうと思います。

それでは行ってみましょー!

 

DMMモバイルのプランについて

543d7ea7d0c3b105e34db3781c18bce0

 

まず最初に、DMMモバイルで展開されているプランを紹介していきます。

主に展開されているプランは以下のとおり。

 

スクリーンショット 2016-05-19 12.17.07 スクリーンショット 2016-05-19 12.17.14

 

かなり細かく容量が設定されているので、利用する人のニーズによって選択していくことができそうです。

なお僕の場合は旅先でガッツリと回線を使用することが多く、LTE回線でYoutubeを利用したりテザリングで積極的にPCを使用するので、10GBプランを選択しました。

電話回線付きのモデルだと、10GBで2,890円。他者プランだと3,000円を越えるケースが多いので、確かに安いですね。

 

>>>DMMモバイルのプランを見てみる

 

DMMモバイルの回線速度について

以前使っていた格安SIMの速度

僕はDMMモバイルに変更する前は、「bmobile通信無制限プラン」を利用していました。

こちらは2,000円程度でLTE回線を無制限で利用出来るプランで、旅先で動画視聴やテザリングを積極的に利用するためにかなり役立っていたんですが、通信無制限プランってbmobileでもぷららでも回線が非常に遅いことが多かった。

ちなみに電話回線付きだと3,000円近くになるので、DMMモバイルとほぼ変わらないですね。

 

写真 2015-03-30 15 18 07

 

こちらが自宅でLTE回線を使って測定した時のスピード。

1mbpsもあればYoutube視聴やインターネット閲覧程度ならこなせますが、例えばGoogleのストリートビューは結構なデータ通信を行うらしく、読み込んだ状態で全く表示されませんでした。

もちろん、この回線でいくらでもインターネットにつなぎ放題というのは便利ですが、それでも使い物にならないこともあり、困り果てていました。

 

参考記事:【格安SIM】「bmobile高速定額」を1年間使用してみたレポート!【通信無制限SIM】

 

DMMモバイルの回線速度

thumb_IMG_6540_1024

 

そして、DMMモバイルの回線速度はこんな感じ。

以前auで使用した時と同じくらいに速度が早い!これだと高画質でのYoutube視聴はもちろんのこと、Googleストリートビューやアプリの更新も余裕で行えます。

ただし通信無制限ではなくなったので、ある程度気をつけながら使用しなければいけませんな。

 

thumb_IMG_6954_1024

 

ただ僕の場合はかなりゴリゴリに回線を利用するので、10GBプランが20日時点ですでに2GB分しか残っていませんでした。

あと10日で2GB・・・かなり節約しなければいけませんね。この辺りを全く気にせず利用できるのが通信無制限プランの最大のメリットなんですよね。

僕のように回線を気にせず使いたい人は、15GBか20GBプランがいいかも。

 

DMMモバイルのメリットデメリット

続いて、DMMモバイルを使って感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

 

DMMモバイルの良い点は?

通信費が業界内最安。

なにより、DMMモバイルも謳っている通り容量辺りの価格が「業界内最安」という点でしょう。

結局格安SIMを利用したい人って、ある程度インターネットに対してリテラシーがあって自らなんでも調べて実行出来る人だと思います。

で、そのような人は現状の価格に不満を抱いていて、「もっと通信費を抑えたい」という理由で格安SIMにのりかえているのだと思います。

そういう意味で一番気になるのが「通信費」であり、DMMモバイルはその点において業界内で最も優位性があるので、価格を第一に気にする人は買っておいて損はないかと。

 

毎月利用料金の10%ポイントが溜まる。

スクリーンショット 2016-05-19 12.41.29

 

また、DMMモバイルを利用すると専用のポイントが溜まります。

毎月利用料金の10%のポイントが溜まるので、例えば僕が利用しているプランだと毎月3,000円で300ptが手に入ります。

換金できないとはいえ、色々と使いみちがあるので実質300円引きになると考えるとお得です。ポイントの使いみちについては、こちらのブログが参考になります。

 

参考記事:■DMMモバイルで貯まってくポイントの使い道を検証したよ。エロ動画以外にもいろいろあるから。

 

アダルト関連にポイントを使う気はないけど、どこに費やそうかな。悩むー!ちなみにDMMモバイルはポイントの失効期限が結構早いので、お早めにどうぞ。

 

通信制限時でもバーストモード機能がついてる!

LTE回線を使用していて速度制限にあったとき、大体が200kbpsくらいまで速度が落ちます。

とてもじゃないがYoutube閲覧など出来ないし、インターネットさえまともに閲覧できません。

でもDMMモバイルには制限時でも最初だけいつもの回線速度で通信が出来る「バーストモード機能」が付いているんですね。

 

スクリーンショット 2016-05-19 12.54.27

 

継続して通信が必要な動画視聴が厳しいですが、インターネット閲覧ならこの機能である程度は閲覧出来るようになります。

さすがに規制時の回線は使い物にならないくらい遅いですが、この機能によって多少マシになっていますね。軽いページならサッと読み込んじゃいます。

ただし近年ホームページやブログの1ページ辺りのデータ量が大きくなってきているため、バーストモード分のスピードではページを読み込みきれずしばらく時間がかかる、といったケースも散見されました。

大手キャリアの通信規制に比べればマシですが、やはり規制時に遅くなりすぎることを考えると無制限SIMもありなのかなと思います。

 

DMMモバイルの悪い点は?

一方でDMMモバイルを使用するデメリットですが、基本的に格安SIMに求めるものが「ある程度の速度と格安の値段」である以上、ほとんどないなと思ってます。

通信無制限プランと比較して感じたことは、やはり10GBプランであっても一々通信容量を気にしながら利用しないといけないため、面倒くさいということですね。

bmobile通信無制限SIMはなかなか回線速度が遅いので、「これって通常のSIMの規制時と同じくらいのスピードなのでは?」とか思ってたんですが、全然そんなことはなかったです。通信無制限SIMのほうがよほどマシですね。

対象は限られてくるでしょうが、出先でWifiを利用できることが少なく、ほとんどの作業を携帯回線で済まさなければいけない人には通信無制限SIMのほうがいいですね。僕みたいなねw

 

あと電話料金は他の格安SIM同様、高いです。30秒で20円もかかってしまうので、もしガッツリ電話をする方だったらDMMの方は「通信専用」としておき、別途電話用の回線を用意するほうがいいかと。

その点、「楽天でんわ」を使用すると電話料金を抑えられるので、便利です。30秒10円に抑えられます。

僕はあいにくデビットカードしか持っていなかったために契約できずにいるのですが、こちらは使用しない意味がないので利用をオススメします。

 

>>>楽天でんわの利用はこちらから。

 

DMMモバイルを安く購入する2つの方法!

最後に、ただでさえ業界内最安値のDMMモバイルをさらに割引して購入する方法を紹介しておきます。

2通りの方法があるんですが、一つはAmazonの割引を利用する方法、としてもう一つはアフィリエイトサービスの「バリューコマース」というサービスに登録して、広告商品を自分で買ってバックを貰う方法です。

プランによって割引の方法が変わってくるんですが、せっかく安く買うならこれらの方法を組み合わせるといいと思います。

 

Amazonのセールを利用して節約する

 

まず最初の方法が、Amazonのセールを利用するというもの。

現在DMMモバイルではAmazonでキャンペーンを行っており、Amazon専用で実質540円でSIMを購入することが出来ます。

つまり、Amazon経由で購入すれば初期費用を2500円近くも抑えることが出来るんです。素晴らしい!

 

Amazon割引を利用する方法

こちらはAmazonからSIMを購入して、インターネット上でプランを選択するだけでOKです。

ただしデータ通信のみ割引なので、音声通信のSIMはこちらから契約できません。

それでも本来3,000円必要なところを500円までに抑えられるのだから、めちゃめちゃお得ですよね!

 

自己アフィリエイトでポイントを貰う

スクリーンショット 2016-05-19 13.52.19

次に、「自己アフィリエイト」という制度を利用してDMMモバイルのSIMを購入する方法です。

アフィリエイトはインターネット広告を利用して他者に購入してもらうことでマージンを得るという仕組みですが、「自己アフィリエイト」は本来他者向けに商品を紹介するものを、自分で購入してキャッシュバックを得るというものです。

この自己アフィリエイトを利用すれば、どんなプランであっても1,500円分のポイントが貰えます。前述したAmazonセールと違って、音声通信のプランでも割り引く事ができるんですよ!

 

割引を利用する方法

スクリーンショット 2016-05-19 13.19.25

 

まず、アフィリエイトサービスである「バリューコマース」に会員登録をします。

続いて検索ページで「DMM」と検索するとDMMモバイルのページが出るので、広告作成ボタンの下にある「自己購入」をクリックします。

 

スクリーンショット 2016-05-19 13.56.37

 

すると、DMMへのリンクと付与ポイント数が明記されたページが表示されるので、「ショップへ行く」をクリックするとDMMモバイルのTOPページに飛びます。

そこで、通常通りページからプランを選択して購入すると、ポイントが付与されます。ただし確定されるまでに最大1ヶ月半ほど必要なようなので、気長に待つ必要はありますね。

 

>>>DMMモバイルの割引のためにバリューコマースに登録する

 

 

おわりに

というわけで、以上「DMMモバイルを利用して1ヶ月使った感想」を述べてみました!

やはり業界内最安値というのは伊達ではなく、かなり安い価格で満足に使用できています。

自分の使い方ならもう少しデータ量が多いプランのほうが良さそうだけども、全体的に不満もなく今後も使い続けることになりそうです。ただ旅先で使うなら、やっぱり通信無制限の方がいいですね〜。

DMMモバイルは今後も使用し続けるので、何か気になる点があれば逐一報告したいと思います。それでは!

 

>>>DMMモバイルをチェックする

スポンサードリンク