通信無制限の格安SIM「bmobile高速定額」をdocomoのiPhoneで使ってみた!

61omBsAxBTL._SL1122_

 

これからの時代、固定費の管理は重要、かつ死活問題となります。

特に、旅人にとっては「通信料の増大」は深刻な問題です。

スマートフォンの通信料が月10000円とか・・・考えられない!

 

「格安SIMは、1ヶ月に使用できる通信量が少ない」というイメージがありましたが、

調べると、通信量無制限で、月々1980円のプランがあるというではありませんか!

 

これから自転車で日本一周の旅へと出かけるので、月々の固定費を落とすため、

新しく巷で話題の「格安SIM」を導入することにしました。

格安SIM系のブログ記事はいっぱいあるけど、旅にフォーカスした記事がなかったので、

今回レポートを簡単にまとめてみました。

 

 

docomo版iphone6を購入してみた!

 

IMG_1452

 

当初は、au版のiphone6を使用していました。

 

これまで、「SIMフリー端末」でしか格安SIMを使用できないと思っていました。

が!調べると、docomoのiPhoneでも格安SIMを使用できるというではありませんか。

ということで、早速ヤフオクでdocomo版のiphone6を購入することにしました。

 

IMG_1439

 

docomoのダンボールで送られてきた。

 

IMG_1448

 

パカッ!

 

今回、iPhone6に格安SIMを差して運用したかったので、au版は解約しました。

auとdocomoでは回線の方式が違うので、今回使いたいSIMを使えないんでしょ。

 

格安SIMをiPhoneに差しながら、別途ガラケーを契約するという手もあります。

他の通信会社に電話番号そのままで移行するモバイルナンバーポータビリティを使えば、

現金でキャッシュバックを貰えることも。

 

他の会社も顧客を奪い取ることに必死になっているので、厚遇されます。

スマートフォン一括0円、キャッシュバック7万円なんていう案件も・・・。

もしガラケーに移行されるのであれば、おとくケータイという会社を使用することをお勧めします。

 

 

今回移行を検討する際にも利用したのですが、なかなかいい案件がありました。

携帯のプランって本当にややこしくて、「アホか」と思うことも多々ありますが、

こういうサービスをうまく使えば、相当料金を落とすことができます。

 

電話をするだけなら何も必要ないので、いい案件があるか聞くだけ聞いてみましょう。

ちゃんと調べて、うまく運用すれば「もっと節約」できます。

 

 

bmobile 高速定額格安SIMを注文してみた!

 

様々な通信業者が存在するものの、今回はLTEという早い回線を使用できる上、

通信制限のない「bmobile 高速定額」を使用することにしました。

電話のできないデータ通信用のプランだと、月額1980円で、無制限に回線が使用できます。

 

旅の最中、回線は携帯一本で、かつ固定費の上昇が死活問題になるので、かなり魅力的。

 

さらにホームページには記載されていなかったものの、問い合わせると、

どうやらiOS8以降であればテザリングも使用できるという。

これは、完全に買いでしょ!

 

ということで、こちらのSIMカードを早速購入しました。

 

IMG_1465

 

注文から、2日間程度で荷物が届く。

 

IMG_1469

 

これがSIMのパッケージ。

 

IMG_1471

 

今回は、iphone6に使用するため、「nanoSIM」を購入。

(SIMカードにも、色々な大きさがある)。

電話は使用しないため、データ通信専用プランを選択しました。

 

 

実際に、docomo版iphone6で使用してみた

 

「格安SIM買ったのはいいけど、実際に使えんの?」という自分の疑問を払拭するため、

実際に使ってみることにしました。

iphone6本体には、付属のSIMイジェクトピンを使用して差し込みます。

 

最初に構成プロファイルをインストールして、設定完了!

 

写真 2015-03-30 15 10 57

 

当たり前だけど、ちゃんとステータスバーに「docomo」の文字が・・・!

ただし、電波強度表示はされないようです。

一時的に3Gにしか繋がらなかったものの、再起動するとLTEでも繋げることができました。

 

(2015.5.6追記)

キャリアアップデートで、電波強度が表示されるようになりました。

 

1

 

 

回線速度は?

 

新しい回線を導入すると、まず気になるのが回線速度。

いくら通信無制限であっても、回線速度が遅ければ意味がない。

ということで、西宮市の自宅で測ってみることに。

 

写真 2015-03-30 15 18 07

 

結果:遅いが、ネット閲覧程度なら問題なし

 

bmobileSIMのレビューを見ると、「通信速度が遅い」「意外にも早い」という、

2つの意見があります。まとめ記事なので、多少情報の恣意性があるものの、

環境によってバラバラなようです。意外にもこの速度で動画の視聴もできましたが、

回線速度が遅いと通信速度無制限のメリットを最大限生かせないので、ちょっと微妙かも。

 

(2015.6.4追記)

現在日本一周中ですが、やはり回線速度は場所と時間に依存します。

例えば北海道の札幌では、そこそこ速度が出ます。

ただし、夜になると回線速度が落ちて動画視聴が厳しくなります。

普通のネット閲覧なら全く問題ないため、用途によりますね。

 

 

テザリングは?

 

旅中ブログを更新される方は、「テザリングができるか、否か」がSIM選択の一つの基準になると思います。

いくらマウスやキーボードというオプションを付けられるといっても、携帯で長文書くのはしんどい。

このbmobileのSIMも例によってテザリングができるようなので、早速使用してみます。

 

写真 2015-03-30 16 34 44

 

結果:WindowsPCで、普通に使用できました。

これは、めっちゃ嬉しい!

 

スクリーンショット (38)

 

Windowsでも、ちゃんと認識されています。

 

 

その他の通信無制限格安SIM

 

bmobile格安SIMの他にも、通信無制限で利用できるSIMが存在します。

各々で料金や回線速度が異なるので、それぞれ比較をして買うようにしましょう。

さっきも言いましたが、ちゃんと調べれば節約可能です。

 

・U-mobileLTE使い放題プラン

月々2980円でLTE使い放題

(今使っているbmobileのSIMと違い、電話が使えるプラン)

それにしても、橋本環奈ちゃん人気ですね。

 

 

・ぷららモバイル定額無制限プラン

月々2980円でLTE使い放題

プロブロガーのイケダハヤトさんが使用してから、有名になりました。

 

 

 

まとめ:旅のお供にどうぞ。

 

長期の旅行であれば、固定費が変動すると、

それだけで滞在できる日数が上下しますから、気をつけて管理しなければなりません。

今回は日本国内の旅行限定となりますが、

これから長期で日本一周される方は、ぜひ格安SIMという選択肢も検討してみてください。

 

image

 

旅先でネット(特に動画視聴)をしていると、こんなことになります。

46.7GBって・・・。笑

通信無制限の格安SIMは必須ですね。これじゃなきゃ絶対無理。

 

格安SIMを使って、旅先からでもじゃんじゃんネットを楽しみますよ!

 

 

スポンサードリンク