【決定版】釣り動画の撮影方法まとめ!必要な機材も合わせて解説

 

最近アクションカメラなどの機材を利用して、釣り動画を撮影するのにハマっています!YouTubeなど動画配信サービスが広まっているおかげで、素人でも気軽に動画投稿ができるようになりました。

自分の釣りをカメラ視点で見るだけでも面白いし、「釣り」自体がYouTubeでは人気カテゴリの一つとなっているので、一般人が上手く動画投稿をすればそこそこ再生回数が伸びるようになっています。

今回は、昨年から始めた釣り動画の撮影経験をもとに、上手く撮影する方法と必要な機材を合わせて紹介していきたいと思います!

 

釣り動画の撮影方法まとめ

 

実際に釣りYouTuberをよく見ているとわかりますが、釣り動画の撮影方法はイロイロあります。

手軽にスマホで撮影する方法もあれば、自分のように素人で10万円以上機材にお金をかけて撮影する方法も・・・(笑)

撮影スタイルによって必要な機材や予算も大きく変わってきますが、おおまかに分けて4つの撮影方法があります。

 

釣り動画の撮影方法イロイロまとめ
  1. カメラ+三脚で背後から撮影する
  2. アクションカメラを使用して主観(一人称)視点で撮影する
  3. 複数のカメラを使用して撮影する
  4. 【特殊用途】カメラを水中に沈めて撮影する

 

定点カメラ+三脚で固定撮影

▲誰もいない沖堤防にて固定カメラで撮影!

 

定番の撮影方法はこれ!一眼レフカメラやコンデジなどを三脚に立てて撮影する方法で、有名YouTuberの一部はこの撮影方法を取り入れています。

この方法だと画質もキレイに撮影できるし、自分の背後・横から撮影できるので釣りの様子を映しやすいんですが、「三脚が倒れて故障or水没」「盗難」のリスクが常に付きまといます・・・。

釣りの様子を一人で撮影しようとすると、定点カメラが必要になります。ただ釣りをしながらカメラの様子をチェックするのは難しいし、画角の関係で少し離れておかないといけないのでイロイロ厳しい。

 

他にも、「定点カメラだと顔出し動画前提になるが、大丈夫か?」「ある程度混雑している釣り場で定点カメラに向かって喋り続けるのか?」などの問題もあります。

常に友だちが近くにいて撮影してくれるとか、周囲に誰もいない状況なら安心して撮影できると思います。ただ、毎回釣りに行くたびに撮影してもらうのは難しいし、都会だと常に釣り場に人がいます。

本格的に撮影するなら間違いなく定点カメラを使ったほうがいいんですが、気軽に撮影するためにも「アクションカメラを使って主観視点」で普段は動画撮影をしています!

 

アクションカメラを使用して主観(一人称)視点で撮影する

▲一人称視点だと釣具全体を映せるので、魚とのやり取りがダイレクトに伝わる

 

GoProなどの「アクションカメラ」を使用して、頭や胸部に取り付けて一人称視点で撮影する方法。これならカメラが目立たないため「釣り動画を撮影している」とはわかりづらいし、盗難の危険性もなし!

防水機能の付いたカメラなら、波しぶきがかかるようなシチュエーションでも問題なく撮影できます。一方、「外付けマイクを使わないと音質が悪い」「バッテリー消耗が激しい」などのデメリットも。

なにより、いつでも気軽に撮影できるので、個人で釣り動画を撮影するなら最もおすすめの方法です。最低限のカメラ機材は必要ですが、節約すれば5万円以内で十分揃えられます。

 

▼特におすすめのアクションカメラを下記にまとめてみました!

【2018年版】アクションカメラの選び方とおすすめ機種ランキング!最強のカメラはこれ!

2018.03.23

 

複数のカメラを使用して撮影する

▲定点カメラ&一人称視点のアクションカメラを使い分けている「マスゲン釣りチャンネル

 

釣りYouTuberのなかには、「一眼レフカメラを三脚に固定」しながら「アクションカメラで一人称視点で撮影」と複数のカメラを使って撮影している人もいます!

この方法なら、例えば普段は三脚のカメラで全体を撮影しておいて、ヒットした瞬間に手元のカメラに(編集で)切り替えて一人称視点で釣りの様子を撮影!といった具合に使いこなせます。

実際に普段から釣り動画を見ている身としても、複数カメラがあると釣り場の臨場感がより伝わりやすくなるので、予算的に問題なければおすすめです。必要な機材は多くなりますけどね。

 

▲2台のアクションカメラを駆使する「SeiG フィッシングチャンネル

 

他にも、定点カメラはないが「アクションカメラを頭と胸部両方につけて撮影」している人もいます。頭のカメラで釣り場全体を映しつつ、胸部でヒットのやり取りを収めるといったイメージです。

自分はアクションカメラを胸部のみに付けて撮影していますが、視聴回数の多い釣りYouTuberほど複数のカメラを使いこなしているイメージです。それだけ映像にもこだわっているのでしょう。

予算が増える、編集に大きな労力がかかるなどデメリットもありますが、今後本格的にYouTubeに参入するなら必須かもしれません。自分のそのうち複数カメラを導入します。

 

【特殊用途】カメラを水中に沈めて撮影する

▲手持ちのGoProを水中に沈めてみた

 

特殊な用途になりますが、「アクションカメラの防水性能」を利用して水中に沈めてみるのもアリです!自分も一時期ハマって、カメラに長くて丈夫なヒモを付けて海中に沈めていました。

普通では絶対に撮影できない映像が撮れるのと、単純に「釣りをしている最中、水中の様子ってどうなっているのだろう?」と普段から気になっていたので、自分で見るだけでも面白いです。(笑)

水深がある場所だと、専用の防水ハウジングケースが必要になります。「海釣太郎」さんのように水中映像専門のチャンネルを開設している人います。

 

釣り動画撮影に必要な機材とは

カメラ本体(アクションカメラ)

 

続いて、釣り動画撮影に必要なカメラ類を紹介していきます!もし個人で気軽に動画撮影を始めるなら、「GoPro」などのアクションカメラが最もおすすめですね。

気軽にどこでも撮影できるし、防水機能を使って波しぶきを被るようなポイントでも故障を気にすることなく撮影できます!専用の「マウント」を利用すれば、あらゆる場所に設置も可能

最近だと各メーカーからアクションカメラが発売されていて、性能は大きく落ちるものの1万円以下で購入できる製品も複数登場しています。

(※)本当におすすめのカメラは「【2018年決定版】初心者用アクションカメラの選び方とおすすめ機種ランキング」で解説しています!

 

▲価格は7万円程度するが、高画質で撮影&気軽に持ち運べる「RX100M3」も使用。

 

定点用のカメラを購入するなら、いきなり一眼レフなど大型カメラを購入するのではなく、適度に画質が良くコンパクトに持ち運べる「高級コンデジ」がおすすめ!

予算がある程度必要ですが、小型の割に素晴らしい画質で撮影できます。これなら転倒・盗難に合う危険性も少なく、人の多い釣り場でも気軽に撮影できます。

自身は大物YouTuberも撮影に使っている「Sony RX100M3」を使用していますが、動画の画質も良いし、ブログ用の写真撮影機材としてもかなりおすすめです。

 

 

 

三脚類・マウント

 

釣りの様子を上手く撮影するためには、カメラを体の各部に取り付けられる「マウント」が必須!三脚も重要ですが、マウントはそれ以上に種類がたくさんあって迷います。

アクションカメラ用のマウントに関しては、「GoPro用マウント」があれば他メーカーのカメラでも応用可能。互換性で複数のマウントが入ったセットが安く売られているので、こちらを購入すればOK。

▼おすすめのカメラ用マウントについては下記で紹介しています。(他社製カメラにも応用可能)

【GoPro HERO5/6】GoProで使えるマウントの種類とおすすめ製品【互換・純正】

2017.12.14

 

交換用バッテリー・予備SDカード

▲大量の交換用バッテリーに加えて、現地で充電するための充電器類も用意

 

釣り動画を撮影するときに最も考えなくてはいけないのが、「どうしても撮影時間が長くなる」という問題。いつ魚がヒットするかわからないので、常にカメラを回す必要があるんですよね。

自分はヒットシーンの前後を確実に収めたいので、常に撮影状態にしています。アクションカメラはバッテリーも小型なので消耗も早く、2時間連続で撮影すると充電が切れてしまいます。

そのため、常に交換用バッテリーを6個程度、予備のSDカードも多めに持ち歩くことにしています。その分予算は必要になりますが、動画も質を向上させるためには仕方ないかなと。

 

複数のカメラを使っていると、それだけ予備バッテリー・SDカードが必要になり、管理が超大変!あとで編集する際もそれぞれのデータを読み込んで、編集して・・・とかなりの労力が必要になります。

「ヒットしてから撮影すればいいや!」と気楽に撮影するだけなら、予備バッテリーすら必要ないかも。ただ面白い作品を制作しようと思うと、それだけ予算・労力がかかる点だけ注意しておいてください。

 

▼手持ちのGoProで使っている交換用バッテリー・予備SDカードはこちらで紹介しています。

 

おわりに

というわけで、今回は釣り動画撮影の方法と必要な機材について紹介してみました!釣りは自分で楽しむだけでも面白いですが、動画作品にして公開することで、新しい面白さを開拓することができました。

動画と釣りは非常に相性がよく、最近は素人でも釣り動画を撮影して公開する人が増えています。普段釣りをしないユーザーも見てくれるため、再生回数を伸ばす目的でも結構おすすめです。

自分も、今後は積極的に釣り動画を撮影・公開して有名釣りYouTuberを目指します!今の時代に動画投稿しないだけ損ですよ!

 

▼釣りと相性バツグン!特におすすめの「アクションカメラ」を下記にまとめてみました!

【2018年版】アクションカメラの選び方とおすすめ機種ランキング!最強のカメラはこれ!

2018.03.23