「フィッシングショー大阪2017」に参加してきたので、イベントレポートするよ!

 

今年もこの季節がやってきました!2月といえば、フィッシングショー大阪2017が開催される時期ですね!

普段テレビで見ているプロアングラーに会えるチャンスだし、毎年メーカーの新製品が展示されるチャンスということもあって多くの人が詰めかけています。

今回は1日目の土曜日に参加してきたので、イベントレポートをお届けします!

 

 

フィッシングショー大阪2017に参加!

 

やってきました!会場である「インテックス大阪」に到着です。いつもここでフィッシングショーが開催されています。

毎年やっているようですが、訪れたのは8年ぶりぐらい。(笑)以前来たときは中学生だったので、入場料無料。

久しぶりに訪れて、初めて参加費を払いました。いや、めちゃめちゃ楽しみだ!

 

 

午前8時半頃、会場着。9時からイベントスタートなんですが、すでに大量の人が並んでいます!

釣りって日本のレジャー界でも一大産業なので、さすがといった感じ。特に関西は釣り人口が多いので、集まり方が半端じゃないです。

ココ最近は目新しいニュースもない釣り業界だけど、あらためて盛り上がりを感じました。

 

 

お目当ての会場までは長蛇の列。時間が来ても、すぐに入場できそうにないです。

なんだかんだ、釣り人口って1000万人近くいますからね。

今年は通常よりも展示会場が一つ多いみたいで、釣り業界の盛り上がりを感じます。日本人口が半分にならない限り、釣り業界はまだまだ続くぜ!

 

まずは釣具の即売会から!

 

9時に開場して、最初のやってきたのは釣具の展示コーナーではなく、即売会!

フィッシングショーといえばこれでしょ!というか、今まで3回ほど訪れているのにこれ以外の楽しみをあまり知らないという・・・(笑)

探すと、普段はどの店舗でも絶対手に入らないような価格で売っている品物が多数あって、気づくと1万円以上お買上げ。ビビる。

 

 

毎年恒例のマスの釣り堀!女性と子どものみ参加できるイベント。

中学生時代なら参加できたけど、恥ずかしくて一回も参加することはなかった・・・。(笑)

行動せず後悔することほど悔しいことはなし。数年後、子どもと一緒に遊びに来よう。

 

最新グッズが多数!釣具の展示など

 

一通り即売会を堪能したところで、本命の最新釣具の展示をチェック!先日運転免許を取得したので、車中泊関連グッズは欠かせない。

今回は明確な目的を持ってきたので、メーカーの人の話も聞きつつ回れたらなーと。

朝から夕方の閉館までガッツリ回りまっせ!

 

 

車中泊用のマット。下部に座席の凹凸があってもそれほど違和感なく寝られるんだとか。欲しい。

 

 

村田基氏のキャスティング講座。もっと前で見ればよかった。

 

 

シマノブース!早速ステラ・ツインパワー・ヴァンキッシュなどを一通りクルクル。

今年の春から本格的にヒラメを狙うため四国へ移住する予定なので、ヒラメロッドの「ネッサ」「ネッサCi4+」のチェックは欠かせない。

さらに、可能なら夏頃から地磯からの本格ショアジギングもする予定なので、青物ロッド&ステラSW・ツインパワーSWもクルクル!

 

 

こちらはダイワブース。イグジストやセルテートなどのリールをクルクル。

ハイエンドモデルの「ショアスパルタン」も一通り触ったけど、重すぎて物干し竿にしか思えなかった。(笑)

 

 

寿司屋に模した展示を行うメーカー。この方法はかなり面白いし目を引くね。

 

 

深海魚やマグロを対象とした竿を開発しているメーカー。

マグロが穫れる・・・という竿を持たせてもらったけど、もはや異次元だった。

一口に「釣り」といっても、対象魚的にも哲学的にも幅が広すぎて混乱する。マグロは一度釣ってみたい。

 

 

いつも釣果情報を参考にさせてもらっている、釣果情報投稿サイト「カンパリ」のブース。

釣り関係のWEBサービスっていいよね!ブースに行って一人盛り上がってました。

 

 

こちらは、スマホに釣行データの記録をしていくアプリ「ANGLERS」のブース!

釣果情報投稿サービスとか登録系のアプリっていっぱいあるけど、それぞれ住み分けをしているらしく、なかなか話が面白かった。

 

 

がまかつ、「ラグゼ」ブランドのブース。もちろんお目当てはショアジギングロッドとライトゲームロッド!

ブースにいたメーカーの方がショアジギングがめちゃめちゃ好きみたいで、「来年あたり、釣りしながら日本中を回ります!」って伝えたら「長崎県でゲストハウスやってるんで来て!」と名刺をくれました。(笑)

かなり真摯になって話を聞いてくれて、気づいたら30分ほど経過してた・・・楽しすぎる!

 

 

アジングといえば・・・ヤマガブランクス!ショアジギングロッドも出しているので、問答無用でチェック!

 

 

ガンクラフトのブースでは、なんとルアー製造の様子を公開してました!

これは、確実目を引くなぁ。実際、たくさんの人が周辺に集まって観察。これ見たら写真撮ってシェアするよなぁ。

 

 

バーニング帝国×日産のブース!久しぶりに見た、モリゾープロ!

この後、会場限定ルアーをゲットできるじゃんけん大会に参加したものの、なんの問題もなく(?)敗退。無念。

 

 

知る人ぞ知る?巨大青物・ヒラスズキの専門メーカー「MCワークス」。

会場で見つけたときは「MCメーカーのブースもあるやん!」とめちゃめちゃ興奮しました。

10kgの青物と対峙できるガチガチのショアジギングロッドを曲げさせてもらったんですが、力不足でロッドパワーの6割も出せていない状態でギブアップ。(笑)

巨大青物を狙うなら、本格的に鍛えなければいけませんな・・・。ジム通いしよ。

 

 

美しい、数々のジグ達。

 

 

バレーヒルのブース。こちらもショアジギングロッドを拝見。

メーカーの人がかなり真摯になって説明してくれ、具体的なファイトの様子なんかも聞いていたら30分近く経過していた・・・。

良いのか悪いのか知らないけれど、売り込むという気が全くなく「カタログは会場では300円しますけど、近々釣具店に無料で配布されますよ!」とのこと。めちゃめちゃいい人だった。

 

ちなみにこの日のハイライトは、バレーヒルの受付のお姉さんが死ぬほど可愛かったこと。結婚したい。

 

 

しばらく会場を見回って疲れたので、外で休憩。

フィッシングショーでは、手提げ袋を買うと「抽選券」が入っていてクジが引けるんですが、嬉しいことに6等に当選!

ちなみに、1等は大型テレビなど家電系でした。6等の水筒でもかなり嬉しい。大事にします!

 

 

本日の戦利品。1万円分以上買い込んだ。当分は消耗品を買わずとも大丈夫そうです!

 

おわりに

というわけで、今回は約8年ぶりにフィッシングショー大阪に参加してみたので、レポート記事をお届けしました!

本来なら新製品や釣りプロたちに飛びついてサインを貰ってくるべきなんでしょうが、いかんせん去年に釣りを再開したばかりなので、そこまで興味が至っておらず。

ブースの方と青物談義しているだけでめちゃめちゃ楽しかったですねー!次回、参加するときは事前にみっちりスケジュールを把握して、プロの講義にも積極的に参加しようかなと思います。

なんにせよ、釣り関係者・愛好家が一同に集うイベントに参加できただけで本当に良かったなと。やっぱり釣りはオモロイな!

 

それでは!

スポンサードリンク