GoProの定番マウント!「3way」の便利な使い方やおすすめする理由を徹底解説!

 

新しくGoProを購入したら、様々な位置に取り付けて撮影できる「GoPro用マウント」を購入しましょう!マウントを装着すれば、一気に撮影の幅が広がります。

専用マウントは様々な種類が発売されていて、どれを買っていいか迷ってしまいがち。しかし!その中でも、最も定番とされているのが「GoPro 3way」です。

名前のとおり3種類の使い分けができ、初めてGoProを購入した人にはピッタリ!短いグリップから最大50cmまで伸びる自撮り棒、三脚といろいろな使い方ができます。

  1. GoPro 3Wayマウントの3つの使い方
  2. 同じ純正マウントの「3Way」「Shorty」の比較

そこで今回は、GoProマウントの中で最も定番の「3way」をおすすめする理由や、便利な使い方について徹底解説していきます!

 

GoPro 3Wayマウントの3つの使い分け方

【3Wayの使い方①】ショートグリップとして使用する

 

じゃじゃん!こちらがGoPro 3Wayの基本フォーム「ショートグリップ」。サイズ的にはちょっと重めですが、移動しながらでも気軽に撮影できます。

街歩き・観光地など、手持ち撮影をするならこのフォームが一番便利。

 

【3Wayの使い方②】最大51cmの自撮り棒として使用する

 

続いて!3Wayには「2つのロック機構」がついており、これを伸ばすことで・・・。

 

 

最大51cmまで伸びる自撮り棒に変身します!GoProは超広角で撮影できるので、3WayとGoProを組み合わせることで背景もバッチリ移しつつ自撮りができます。

自撮り以外に、まっすぐ上に伸ばすことで高い位置から撮影することもできます。人の多い観光地とかに行くと、この方法で撮影する人をちらほら見かけますね。

専用のスマホアプリ「GoPro Qupture」と連携すれば、3Wayを伸ばしたままスマホから「遠隔撮影」することもできます。写真撮影やタイムラプス撮影も可能です。

 

▼GoProアプリ「GoPro Qupture」と連携する方法は下記にまとめています。

【保存版】GoProアプリ「Capture」をカメラに接続・遠隔撮影を行う全手順

 

 

3Wayについている2つのロック機構(関節)を上手く使うことで、関節を曲げて自撮り棒にしたり、最大まで伸ばして上から撮影するなど、様々な撮り方ができます。

 

 

伸ばした3Wayを折りたたむ方法ですが、安全のため自撮り棒状態から簡単には折りたためないようになっています。どうするかというと・・・。

 

 

写真のように、青いボタンを押しながら折りたためば、最初のショートグリップフォームに戻ります。上手く使い分けましょう。

 

【3Wayの使い方③】ちょっとした三脚として使用する

 

3Wayは「ショートグリップ」「自撮り棒」以外に、もう一つ使い方があります。グリップの底部にあるキャップを回すと・・・。

 

 

なんと!グリップの中から三脚が出てきました。こりゃビックリ。

 

 

三脚を反対に向けて、回転させることで・・・。

 

 

こんな感じで、簡易三脚としても使えます!このように、3Wayは「ショートグリップ」「自撮り棒」「簡易三脚」と、三通りの使い方ができるわけですね。

あくまでも簡易的な三脚なので、耐久性は低め。雑に扱うと破損してしまう可能性もある(実はこの3Wayは2代目)ので、要注意です・・・!

 

 

3Wayの関節を上手く使えば、こんな感じでカメラを真上に向けられます。星空撮影とか、友だちと円団を組んで「やるぜぇー!」みたいな撮影に使えそう。

 

 

3Wayを最大まで伸ばした状態で立てれば、最大63cmの三脚にもなります!この高さでGoProの超広角を活かせば、観光地の定点撮影にもバッチリ使えそう。

この状態だとバランスが悪く、ちょっとした風で倒れてしまうこともあるので、野外で撮影する場合は要注意です。

 

 

実はこの三脚、グリップ取り付け用のネジが取り外し可能になっており、中からGoPro取り付け用の装置が現れました。つまり・・・?

 

 

ミニ三脚に直接GoProを取り付けることに成功!3Wayから三脚部分を分離して、ミニ三脚として使うことも可能なんですね〜。

三脚の高さが必要ないときとか、強風時に役立ちそうです。それにしても、かわいい三脚ですね。

 

【番外編】ほかにもいろいろな使い方ができる3Way

 

3種類の使い方ができるという意味で「3Way」と名付けられた本アクセサリーですが、実は他にも「裏ワザ」的な使い方ができます。

3Wayの根本にある関節のネジを取り外すことで、写真のように分離できます。

 

 

関節を取り外した状態のグリップ。なぜか写真のように取り付け穴が2つあるんですが、実は上部の穴に直接GoProを取り付けることができるんです。

 

 

関節を外した状態のグリップに、直接GoProを取り付けてみました。自撮り棒として伸ばすことはできませんが、シンプルなショートグリップとして運用できます。

グリップ自体が結構ガッシリしているのと、ストラップも付けられるので、海水浴での水中撮影なんかに役立ちますよ!

 

 

ショートグリップにそのまま三脚を付けることも可能です。4つの使い方があるということで、実質4Wayといってもいいぐらいですね。

 

純正マウント「3Way」と「Shorty」の比較

 

3Wayと同じくGoPro純正マウントであり、個人的によく使っている「GoPro Shorty」とサイズ比較をしてみました!

様々な使い方ができる3Wayですが、唯一の欠点は「ショートグリップにしてはサイズが大きい」こと。少し威圧感があるので、人の多い場所での撮影はちょっと気が引けます。

その点、「GoPro Shorty」ならGoProのサイズを活かして気軽に撮影できるのと、最大15cm超の簡易自撮り棒・ミニ三脚としても使えるので、結構気に入っています。

 

 

自撮り棒として積極的に使うなら「3Way」、街撮りなど歩きながらの撮影が多い場合は「Shorty」が活躍します。状況に合わせて使い分けしてみてください。

 

▼GoPro純正マウント「Shorty」の使い方は下記にまとめています。

GoProの純正ミニ三脚「Shorty(ショーティ)」の使用レビュー!想像以上に取り回しが良くて便利だぞ!

 

おわりに:GoPro初心者ほど3Wayマウントがおすすめ!

というわけで、今回はGoPro専用マウントの中で最も定番の「3Way」の3つの使い分け方について解説してみました!

このマウントさえあれば、大体のシチュエーションで撮影できるようになります。初めてのマウントとしては非常に便利なので、ぜひ購入してみてください!