【アクションカメラ】GoProで釣りを撮影する方法と上手く撮るコツまとめ

 

最近、アクションカメラの「GoPro」を利用して釣り最中の動画を撮影するのにハマっています!写真と違って魚のヒットから取り込みまでの臨場感あふれる動画を撮影できるのが素晴らしい。

実際、カメラを使ってYouTubeなどに自分の釣り動画をアップする人も増えてきています。一種のブームになっている感がありますね。

ただ、カメラを購入していない段階だと「どうやって釣り動画を撮影すればいいの?」「上手く動画を撮影するコツは?」と疑問を持つ人もいるはず。

というわけで、今回は実際にアクションカメラを使って釣り動画を撮影している僕が「GoProでの釣り動画撮影のコツ、上手く撮る方法」をまとめて公開したいと思います!

これから釣り動画を撮影したい!と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

GoProで釣りを撮影するメリットまとめ

▲自身で撮影した釣り動画です!よければ見ていってくださーい。

 

そもそも、GoProで釣りを撮影してどのようなメリットがあるのか?簡単にまとめたいと思います。

 

アクションカメラで釣り動画を撮影するメリット
  • 過去の釣り動画を見てワクワクできる
  • 釣行記をブログにまとめるより、動画のほうが細部まで伝わりやすい
  • YouTubeに動画をアップすれば収益が発生する

 

一つずつ解説していきます。

 

過去の釣り動画を見てワクワクできる

 

人の釣り動画を見るのも何かと参考になりますし、見ているだけでも面白いです。ただ、なんだかんだ自分の過去の釣り動画だと当時のドキドキ感を何度も感じることができて、素晴らしい!

特に遠征時の動画は貴重で、仮に自分だけが視聴する場合で、当時の思い出をそのまま残すことができて一生物の宝物になります。

楽しいのはもちろんのこと、動画が見返すと日頃の自分のクセもよーくわかります。キャスト時のクセ、取り込みのクセなど。普段は気づかなくても、動画で客観的に見るとハッキリわかるのもメリット。

 

釣行記をブログにまとめるより、動画のほうが細部まで伝えやすい

日頃からブログ等で釣行記をまとめている方にお伝えしたいことなんですが、ブログの記事形式だと断片的にしか情報を伝えることができないため、細かいロッドの動かし方など細部まで伝えづらいです。

一方、動画だと言葉の説明・イラストの挿入に加え実際に釣りしている光景をそのまま残すことができます。編集次第でさらにわかりやすく解説することも可能です。

最近だと個人だけでなく、釣りメーカーも積極的に動画撮影・公開に力を入れています。ルアーの動き・アクション・解説をリアルに伝えることができるんですよね。

 

ただ個人で釣行記をブログにアップしている場合、動画に切り替えると釣りをしている光景が全て映ってしまうため、場所バレするリスクがあります。

モザイク処理をすることもできますが、莫大な労力が必要だし動画そのものも台無しになります。普段から人が殺到しているような場所ならともかく、秘密の釣り場だと控えたほうがいいかも。

友人と釣行している場合だと不意に顔が映ってしまう可能性もあり、こちらもモザイク処理すれば問題ありませんが見逃す可能性もあります。動画撮影することのリスクは考えておくべきです。

 

YouTubeに動画をアップすれば収益が発生する

GoProなどのアクションカメラで釣り中の動画を撮影している人の多くは、YouTubeなどの動画アップロードサービスにも投稿しています。個人で気楽に投稿できて、特にお金も発生しません。

それどころか、一定の基準を達成すると動画内に広告を貼ることができ、収益が発生します!具体的な金額は規約により公開不可なんですが、健全な動画であれば閲覧数が増えるたびに収益もアップします。

自身も釣り動画を何本かアップしていて、具体的な金額は控えますがちょいとお高めのルアー1個ぐらいは買えるようになりました。そもそも元を取ることそのものが無理な話なんですが、収益が発生すると嬉しいもの。

 

 

人気釣りYouTuberの「釣りよかでしょう。」のように、個人でも人気を集めればYouTube一本で生活することも不可能ではありません。

ただその人気を得るために莫大な努力が必要だし、最近では広告量も減っているとのことなので無理があります。人気のYouTuberを目指すにしても、せいぜい副業でちゃっかり稼ぐぐらいの意識に留めておくべき。

しかし!考えてみれば、GoPro一つ持っているだけでYouTubeでの動画公開から収益も得られるわけで、「このカメラさえあればたくさんの人に情報発信できて、収益ももらえる!」と考えたらワクワクしますよね。(笑)

 

GoProで釣りを撮影する際におすすめのマウント方式

アクションカメラで釣り中の光景を撮影するメリットを述べてみましたが、次に具体的な撮影方法を紹介していきます。

釣りを撮影するにあたって、もっとも重要なのは「どの形状のマウントを選ぶか」です。アクションカメラは特殊な形状をしたマウントに固定することで、様々なシチュエーションで撮影可能になります。

例えば、専用のマウントを使えば自転車のハンドル、バイクのヘルメットなどに取り付けでき走行中にも動画撮影可能になります。サーフボードに固定可能なマウントもあります。

 

基本的にアクションカメラは単体で使用することはなく、様々なマウントを使って多用なシチュエーションで撮影できるようになるんですね!ここでは、釣りを撮影するのに適したマウントを紹介していきます。

 

ヘッドマウント

 

アクションカメラでは定番の頭部に取り付ける「ヘッドマウント」。自分の視点と同じ方向を撮影できるのが最大のメリット。釣りYouTuberの釣りよかでしょうはこの方式で撮影してますね。

高い位置から撮影できるので、幅広く視界を取ることができます。最近のGoProはかなりの広角で撮影できるので、メリットを最大限生かすことができます。

デメリットとしては、長時間取り付けていると頭が痛くなること、頭に直接付けるとヘッドライトと同じで髪型が変になり、不審者に見えることでしょうか。(笑)

 

▲ヘッドマウントに取り付けるとこのような視点で撮影できる

 

釣り動画をYouTubeにアップしている人の多くはヘッドマウントを使っています。

ただアクションカメラ単体で撮影するなら次に紹介する「チェストマウント」のほうが迫力ある撮り方ができるので、自分は使ってませんね。

あと、個人で撮影する場合はあまり「釣り動画を撮影している感」が釣り場で出ていると恥ずかしく、ヘッドマウントだと目立ちやすい・・・という理由もあります。(笑)

 

 

チェストマウント

 

個人的に一番気に入っているのが、胸部に取り付ける「チェストマウント」。

頭に取り付ける方式だと、下手にキョロキョロしたり頭がおかしな角度を向いていると台無しになりますが、これだと胸部に取り付けるので頭を動かしまくっても安定した位置で撮影できます。(笑)

カメラも目立ちづらいし、手の動きもバッチリ映るので細かいアクションなどが伝わりやすく、ルアー釣りにはピッタリ。持っている釣具全体が映るので、かっこ良さがより引き立つのも好きな点です。(笑)

 

 

ただ釣具全体が映るぶん、視野が狭まってしまうのが最大のデメリット。視聴者から見ても常に釣具を見ながら動画を視聴する形になるので、ストレスが溜まりやすい。

もしアクションカメラの他に撮影機材を用意して本格的に撮るならヘッドマウント、カメラ単体で撮影するならチェストマウントがおすすめ。

 

 

クリップ方式

 

もう一つ、釣りには様々なところにカメラを固定できる「クリップマウント」もおすすめ!

クリップだけで固定するので、万が一落下したときの紛失防止に尻手ロープが必須ですが、フローティングベストなどあらゆる場所に固定できるので色々な視野で撮影できます。

自分はベルトタイプの救命具を使用しており、取り付ける場所がないためにチェストマウントを使っていますが、何かしら挟む場所があるならクリップのほうが使いやすいかも。

 

 

手持ちグリップ

 

複数人で釣り動画を撮影するなら、マウントではなく手持ちできるグリップがおすすめ!

アクションカメラは単体での使用が難しく、専用のグリップがあるとブレがなくなり安定して撮影できます。

一応、これなら自撮りもできます。竿を持ちながらの撮影は不可能ですが、魚と一緒に釣具一式を撮影する「ブツ持ち」ができます。

 

 

もちろん手持ちグリップを伸ばして撮影することもできるし、グリップ本体に三脚も格納されているのでGoProをどこかに置いて撮影することも可能。

1個持っておくと色々な使い方ができます。

 

 

確実に釣り上げた瞬間を逃さない撮影方法

最後に、釣りをしている最中に「確実に釣り上げた瞬間を逃さない」撮影方法・コツを紹介しておきます!

 

予備バッテリー・SDカードを多めに用意しておく

 

釣りは他のスポーツに比べて「本当に撮影したい瞬間がいつ訪れるかわからない(ヒット時など)」という特徴があります。

「良いシーンだけ撮影する!」ということができず、釣り中は常にカメラを回している状態になるわけです。必然的にバッテリーの消耗も激しくなるし、映像を記録するSDカードもすぐいっぱいになります。

自分は短時間釣行でも確実にヒットしたシーンを記録したいので、予備バッテリー5個に加えてSDカード5枚(64GB×4枚・128GB×1枚)用意しています!

 

 

あくまでYouTubeへの動画投稿が目的なので、画質はある程度落としています。(1080P 60fps)ただこれでも1日中撮影していると持たないので、休憩時間中にバッテリーの充電、余計なデータの削除を行っています。

よほど低画質でないかぎり、釣り動画をバッチリ撮影するためには予備のSDカード・バッテリーを複数用意するなどの投資が必要です。

だいたい、GoPro本体に加えて2万円も用意すれば余裕で揃えられますね。デジタル機器なので、ある程度お金が掛かるのは仕方ないかと^^;

 

 

GoProに使用するSDカードですが、メーカーによって不具合が発生するなどトラブルが多いので購入する際は注意してください!とくに128GBでは認識しないなどのトラブルが多いです。

自身はGoPro用にTranscend製のSDカード icon-external-link を使用しています。64GB・128GB両方とも使用してますが、今のところ全く問題なく使えているのでおすすめです。

 

常にバッテリー残量を気にしておく

アクションカメラは小型化するために小さなバッテリーしか入らないので、消耗が激しいです!撮影する画質によっても変わってきますが、YouTube投稿に最適な1080P 60fpsでは最大2時間程度しか持ちません。

気づくとバッテリー切れを起こしていることが何回かあるので、確実にヒットシーンを撮影するためには常にバッテリー残量を気にする必要があります。

SDカードの容量がいっぱいになってカメラが停止することもありますが、こちらに関しては大容量の128GBを使用することで解説できます。だいたい、上記の条件で5時間連続で撮影できます。

 

おわりに

というわけで、以上「GoPro(アクションカメラ)で釣りを撮影するコツと上手く撮る方法まとめ」を紹介してみました!

何かと動画撮影は面倒くさいですが、上手く撮影できれば貴重なデータがゲットできるし、YouTubeを使って他の釣り人に公開できます。

撮影するメリットも大きいので、気になった方はチャレンジしてみてください!あと、動画撮影をすることで「YouTubeってこんな大変な作業を毎日しているのか」という気づきも得られましたので、ぜひ。(笑)

 

それでは!

 

スポンサードリンク