四国歩き遍路旅をしている人の、1日のスケジュールを公開します。

thumb_IMG_7172_1024

 

「歩き遍路旅をしている人って、1日をどんなスケジュールで過ごしているの?」と気になる方は多いと思います。

特にこれから歩き遍路旅をしている人には、すでに旅をしている人のスケジュールは多少なりとも参考になるものです。経験者にしかわからない問題ですし、1日の動きを掴めばおおよそすべきことは把握できます。

そこで、今回は実際に歩き遍路旅をしている僕の1日のスケジュールを公開してみます。日によって当然ながら変動しますが、おおよそこんな感じで毎日過ごしています。

 

AM5:00:起床

thumb_IMG_7522_1024

 

おおよそ毎朝5時頃に起床します。目覚ましでは6時に設定しているのですが、なんだかんだ外部条件で起きざるを得ないことが多いです。(笑)

ちょうど6月のシーズンはこの時刻に日の出が始まるので、起床するにはちょうどいい時間帯と言えます。6時だとすっかり日が上って暑いので、5時が色々な面でちょうどいいです。

人によっては4時起きの人もいるようで、一日に超長距離を歩く場合は夏場に遍路をするなら4時起きのほうが効率がいいでしょうね。

 

 

AM5:30:朝飯&準備

thumb_IMG_7003_1024

 

起床してから30分ほどはボーッとしながらニュースや天気予報をチェックし、素早く寝袋等の道具を片付けつつ朝食を食べます。

この時間に飲むホットコーヒーは本当にたまらないぐらい美味しいです。1日の始まりを実感する瞬間ですね。

朝は時間のかかる食事は嫌なので、食パンか菓子パンで済ませます。前日に買い込んでおくといいです。

 

AM6:00〜PM13:00:移動&遍路寺巡礼

thumb_IMG_7576_1024

 

おおよそ6時までは全ての準備を済ませ、出発します。6時に出発すれば1日に13時間近く移動に費やすことも可能です。

また暑い時期はお昼を越えると一気に気温が上がるので、出来るだけ涼しい時間帯に移動したいんですよね。納経時間の制限がない限りは早めに出発します。

このくらいの時間に出発するスケジュールで行くと一日を大変長く感じることが出来るので、幸福度も上がっていい感じです。

 

だいたい13時まではひたすら歩き続け、遍路寺を巡礼します。お寺の数によりますが、この時点で20kmは歩けるはずです。

途中軽く食料を補給することもありますが、大々的に昼食を食べることはしません。むしろ歩き遍路旅の場合は食事量を適度に抑えたほうがパフォーマンスが出ます。

この移動時間がメインの活動時間となるので、出来る限りここで力を出しておきます。

 

PM13:30:昼食&昼寝

お昼過ぎになって、ようやく昼食を摂ります。意図しているというよりは、札所や補給場所の関係でお昼ジャストにご飯を食べられることは稀ですね。

素早く昼食を済ませつつ、軽く昼寝もしておきます。

昼寝って少し寝るだけでかなり体力が回復するので、おすすめですよ。30分も寝ればかなりリラックスした状態で再び出発することが出来ます。

昼も時間をかけた食事は嫌なので、食パン等で軽く済ませます。

 

PM14:00〜PM19:00:移動&遍路寺巡礼

thumb_IMG_7172_1024

 

1時間ほど昼休憩を取り、再び出発です。納経時刻まで残り3時間なので、周辺に打ち漏らした札所があれば急ぎ気味で歩いていきます。

この時刻になるとかなり気温が高くなっているので、へばりながら移動します。午前中に大体移動出来ているので、この時間はオマケ程度に考えてもいいかも。

大体14時頃に出発して、夜の19時までは歩き続けます。途中に札所があって納経時間に間に合わなかった場合は、17時で移動をやめます。

よほど札所が乱立している場所でない限り、この時点で30km〜35kmは歩けているはずです。1日の目標は30kmなので、目標をクリアしてればOKって感じですね。

 

PM19:30〜PM21:00:食事・洗濯・ブログ更新・情報収集等

thumb_IMG_7150_1024

 

ようやく目的地に到着し、あまり休む暇もなく食材を自炊・洗濯作業を行いつつ晩飯を食べ、一日分のブログ更新をして、翌日からの情報収集をし一日の活動を終えます。

野宿・自炊・手洗濯前提の旅だとなかなか時間が取れず大変ですが、やりがいはあります。本当ならこの時間帯は休むべきなのかもしれませんが、大体休む暇も無いことが多いです。(笑)

また、温泉・銭湯に入るときはこの時刻に行って済ませます。大体3日に1回〜最長で2週間に1回程度ですね。

作業が早めに終われば、ホットコーヒーでも飲みながら本を呼んだり映画を視聴したりします。遍路をしながらやりたいことは無限にあるので、暇が出来ることはありませんね。

 

PM22:00〜:就寝

最低でも7時間寝れば翌日のパフォーマンスに響かないため、出来るだけ22時までに寝床につくようにしています。

歩き遍路中は1日歩いて極限まで疲れているので、一瞬で寝付けるところがいいですね。寝られない、ということは鼻づまり以外にはまずありません。

夜中までパソコンで作業したり読書をすることもあるんですが、大体翌日に響くので早めに寝たほうがいいですね。(笑)

 

まとめ

というわけで、四国歩き遍路旅人の1日のスケジュールを公開してみました。

日によって大きく変動することもありますが、上手くいけばこんな感じのスケジュールになります。この時間通りにこなせれば1日30km〜40km程度歩くことができますよ。

どうしても納経時間の7:00〜17:00という縛りがあるため早めに起きざるを得ないのですが、半強制的に朝型生活になるので普段は夜型の僕にはいい感じです。(笑)

 

これから遍路旅をされる方の参考になれば幸いです。それでは!

スポンサードリンク