バンコクの日本人ゲストハウスなら「JP GUEST HOUSE」で決まり!おすすめの理由まとめ

 

バンコクへ初めて旅行するなら、日本人オーナーが経営する「日本人ゲストハウス」が安心!英語・タイ語がわからなくとも簡単に旅仲間を作ることができます。

格安料金で宿泊したい場合は、カオサン周辺にある一般的なゲストハウスのほうが優れています。しかし日本人宿なら簡単に仲間を作れるので、出会い目的なら最適。

今回は、バンコクに存在する日本人宿のなかで最もおすすめな「JP GUEST HOUSE」について紹介していきます!

 

バンコクに数種類ある日本人宿のなかで最もおすすめな理由

 

バンコクは昔からバックパッカーの集まる場所として有名で、「カオサン通り」を中心に世界中から様々な旅人が集結して旅行を楽しんでいます。

日本人の旅人も多く、過去に世界一周等の旅を経験してゲストハウスのオーナーになった方もいて、各地に日本人宿が点在しています。

様々な経験をしている日本人が集まりやすい点は面白いんですが、格安料金で運営されるため若い人が集まりやすく、「どうしても若いノリについていけない!」という人も。

 

▲ゲストハウスのレビュー(一部)

 

自身も年齢は22歳ですが、大学のコンパなようなノリは苦手で、自分より年上の人が集まる空間のほうが落ち着きます。そんな人に「JP GUEST HOUSE」は向いています!

宿泊料金は周囲の宿と比較して高い一方、節約ではなく「あえて交流する」という目的で余裕のある大人が多く集まるため、自然に馴染むことができます。

単純に「料金を抑えたい」という目的にはおすすめできませんが、「日本人ゲストハウスで少し落ちついた人と交流したい」という人はぜひこちらの宿へどうぞ!

 

JP GUEST HOUSEのアクセス・料金・予約方法

【アクセス方法】BTSプロムポン駅から徒歩3分!

 

JP GUEST HOUSEはアクセスがよく、BTSプロムポン駅を下車して徒歩3分程度で到着することができます。ただ、少し位置がわかりにくいので最初は迷ってしまうかも。

地図を見ながら来ると「Soi Sukhumvit 26」という大通りに入ってしまう人が多いんですが、「Soi Sukhumvit 24/1」という小さな通り沿いにあるので要注意!

もし迷ってしまった場合は、スタッフさんに電話すれば案内してくれますので、万が一迷った場合は電話で問い合わせをしてみましょう。

また唯一のデメリットとして、なぜか周囲にピンクなお店が密集しているため最初にアクセスする際は少し気まずいかも・・・w

特に女性だと戸惑ってしまうかもしれませんが、普通に若い女性もたくさん宿泊しているので気にしなくてOKです。

 

【料金】ドミトリー500バーツ、個室800バーツ

 

JP GUEST HOUSEには男女別のドミトリーのほか、個室として「シングル」、部屋が少し狭い「ミニシングル」と3種類の部屋があります。

ドミトリーは500バーツ、ミニシングルは750バーツ、シングルが800バーツとそれぞれ料金が分かれていて、宿泊する日数ごとに長期割引が適用できます。

バンコクで800バーツだとそこそこ豪華な部屋に泊まれるので割高ですが、仮に2週間宿泊すると450バーツまで下がりますので環境を考えるとかなりお得かと。

 

【予約方法】ホームページから直接予約しよう!

Expedia(エクスペディア)」「Booking.com」などお得な宿泊サイトには情報を出していないため、基本的には直接HPから予約する形になります。

宿泊カレンダーで部屋の予約状況が確認できるので、空いている部屋を見つけたら問い合わせフォームから予約をします。

支払いは現金のみなので、到着する前にあらかじめ用意しておきましょう。長期滞在時はそこそこの大金になるため要注意です。

 

ゲストハウス内部の様子・部屋の内観紹介

 

それでは、内部の施設も紹介しています!立地はちょっとアレですが、なかは非常にキレイで清潔なので安心してOK!(笑)

建物は全部で4Fまであって、1Fは交流スペース・キッチン・洗濯ルーム、2F以降が宿泊場所と分かれています。3Fは女性専用ルームになっているので安心。

玄関の自動ロックを開けると、誰でも集まれる交流ルームへとアクセスできます。みんなで交流したいときはここに集まって、お酒を飲むことも。

 

 

正面にはロッカーがあって鍵がかけられるので、ドミトリーに宿泊している人でセキュリティが心配な場合はここに貴重品を預けておきましょう。

奥には非常に気持ちがいいソファがあって、人が多い時は取り合いになりますw 手前にはテレビ、本棚にはタイの旅行本が一通り揃っていて情報収集に最適。

 

 

交流ルームを抜けるとキッチンスペースがあります。設備は一通り揃っているので、近くのデパートで買い出しをすれば自炊をすることも可能。

旅行者で自炊している人を見たことがありませんが、スタッフさんはここで料理を作っている人も。

 

 

冷蔵庫や電子レンジ、ポット等はすべてこちらに揃っています。冷蔵庫に物を入れるときは名前を書いておきましょう!

 

 

奥へ進むと洗濯機、シャワー、トイレが設置されています。洗濯機は自由に使うことができ、二台あるので取り合いになることは滅多にないですね。洗濯洗剤もあります。

シャワー、トイレに関しては共同ですが各階に存在するので、わざわざ1Fに降りる必要はありません。

 

 

ドミトリーの様子はこんな感じ!布団も非常に清潔で、快適に寝ることができました。

 

 

各部屋には当然ながらエアコンが設定されているので、グッスリ眠ることができます。

 

 

シャワーの様子。一般的にタイのトイレ・シャワーは合体していて、シャワーを使ってしまうと周囲がビシャビシャになるんですが、こちらでは独立式を採用しているよう。

特別めちゃくちゃキレイ・・・!ということはありませんが、普通に清潔です。シャンプー・ボディソープはあらかじめ用意されているので持ってくる必要はありません。

 

 

こちらがトイレ。タイのトイレは基本的にトイレットペーパーを流すことはできませんが、こちらのトイレには流してOKだそうです。

当然ながら日本のようにウォシュレットはついていませんが、そのかわり手で持って洗浄できるシャワーが付いているので、必要ならこちらを使います。

慣れないうちは飛び散らないか非常に怖いですが・・・慣れれば非常に快適らしいw

 

 

男性用のドミトリーが存在する4Fから外へ出ると、洗濯物を干せるベランダがあります。それぞれ部屋別にスペースが用意されているので、洗濯物はこちらに干しましょう!

 

おわりに

 

というわけで、今回はバンコクのなかで最もおすすめなゲストハウス「JP GUEST HOUSE」を紹介しました!訪れたのは2017年でしたが、1年後にも再び来てしまいましたw

ゲストハウスがキッカケで面白い知り合いができたので、本当に感謝です。はじめてのタイ旅行だと不安も大きいと思いますが、こちらの宿なら変な人がいないので安心できます。

オーナーは世界中を旅している面白い人で、バンコク在住も長いようで様々な情報を教えてもらうことも可能です。ぜひ、バンコクに来た際は寄っていってみてくださいー。

スポンサードリンク