誰でも簡単に日本一周の旅に出発できる3つの理由を紹介する。

IMG_6058

 

どうも、絶賛自転車日本一周中のよねすけ(@yonesukez)です。

日本一周の旅に出発して、早1年が経過しようとしています。これまで様々な人に出会い、時には恐怖に怯え、時にはあまりの嬉しさに舞い上がり、今に至ります。

この1年間旅を続けて思ったのは、日本一周の旅であれば案外誰でも実現できるようになってきたということ。特に危険があるわけでもないし、老若男女問わず自分のことを考えなおすため、全国に友達を作るために日本一周の旅に出ればいいんじゃないか?と思い始めました。

今回は、誰でも簡単に日本一周の旅に出発できる3つの理由について解説したいと思います。ぜひ、気軽に日本一周してみようぜ!

 

スマホで全て情報検索ができる時代になった

IMG_7889

昔の旅では、全て持参したアナログの地図で自身の現在地と目的地を発見し、地図に記載されていない細かい領域は地元の人に尋ねながら、まさに「旅らしい旅」をしていたことと思います。

それが、今やスマホで全て検索できる時代になり、またスマホの使い手も年々生まれた時からデジタル機器が目の前にあった「デジタル・ネイティブ世代」に取って代わられるようになり、全てを情報として把握できる時代となりました。

今や、後述する道の駅や公園等の寝床の位置をあらかじめスマホで調べ、距離と勾配を計算し、それから出発するのが当たり前となっています。また食料が必要ならすぐに現在地と周辺の飲食店を調べ、たどり着けるようになっています。

 

昔は必然的にアナログの地図が必携だったし、また地図を見る能力も必要とされました。また危機に陥った時、すぐ近くの店を調べることも難しかった。

それが現在では必要な時にはすぐにスマホを取り出し情報を調べられるようになりました。それによって大幅に旅の危険性が下がり、仮に危険な地帯があっても回避できるようになりました。

情報に格差があるために危険に貶められることも少なくなり、危険が伴えば簡単に情報を調べることができる。これで、スマホを使える人なら誰でも安全に遠出できるようになった。

 

全国各地に道の駅が設置されるようになった

IMG_6035

ただいくら情報を簡単に検索できるからって、実際に寝泊まりできる場所がなければいけません。またその際はお金があまりない若者でも泊まれる安宿か、場合によってはただで寝泊まりできる場所であることが望ましい。

そして、その問題を全国各地に設置されるようになった「道の駅」が解決してしまいました。今やその数は1000箇所以上とも言われ、大半の道の駅では暗黙の了解でテント泊OKとなっています。

道の駅なら24時間綺麗なトイレが開放されているから女性でも安心だし、また人通りが多いため暴漢に襲われることもまずあり得ない。スマホを駆使して計画性を立てれば全泊道の駅も可能ですし、それなら若い女性だって余裕で日本一周の旅を行うことができます。

IMG_5993

日本では18歳以下は夜間出歩いていると警察に補導されてしまうため、その年齢以下はあまりオススメできない。ただ18歳以上なら誰でも旅ができるようになりました。

実際、若年層の日本一周旅人が年々増えているし、また女性チャリダーもまだまだ一部ではありますが、増えてきているのも事実。

一方で定年後に元気に日本一周している人も案外多いので、日本では老若男女安心して旅をできる環境が整っているのだと思います。

 

全国にイオン等のディスカウントショップが増えた

thumb_IMG_2729_1024

日本一周であらゆる場所を飛び回ったらわかりますが、地方都市なら大抵どこでもイオン等のディスカウントショップが並んでいるんですよ。

郊外都市は土地も広くて安いし集客効果も高いので、こぞって出店しているんですね。できれば地産池消で少々高いお金を払ってでも地元にお金を落としたいものですが、いかんせん貧乏旅を続けているので難しい。

一方でイオンのようなショップには本当に助けられています。安価にそこそこの量のご飯を手に入れることができ、場合によっては自炊するよりもよほど安い値段で食料を手に入れることができるんですよ。

 

あまりお金のない若者でも、少々アルバイトをすれば簡単に日本一周できる時代になりました。ある程度のペースで資金を抑えて旅をするのなら、35万円もあれば自転車でも余裕で日本一周することができます。

田舎では人材不足が続いていて若者なら簡単にアルバイトにありつけるし、そのお金で十分日本一周できる時代になりました。

全国各地には相変わらずコンビニがあるので、ディスカウントショップがなくてもいざというときは食料確保できるし、相変わらず電源の確保には困りますが、食料で困ることはありません。日本万歳!

 

おわりに

僕が初めて日本一周の旅に出たときは、そもそも縛りをつけて旅をしていたため「こんな過酷な環境なんて自分には無理だ!恐ろしすぎる!」と思ったものですが、振り返ってみると実に簡単というか、拍子抜けしてしまうほどに簡単でした。

これが世界一周になると全く話が変わるのでしょうが、日本であれば衣食住には困らないし、人に襲われることもまずないです。最低限の警戒心は必要だけれど、ちゃんと気をつけていれば大丈夫なレベル。

なので、1年間旅をしてから「こんなに簡単なんだから、もっと色んな人が日本一周の旅に出たら面白い!」と思い始めて当記事を書いてみました。人によっては死にかける思いを何度もしているという人もいるでしょうが、それほど危険ではないのでぜひ思い切って旅に出てみてください。

 

日本一周の旅、色んな出会いや価値観の変化があって、全てひっくるめて本当に楽しいよ!

もし旅に出るにあたって何か困ったことがあれば、@yonesuke まで気軽に連絡ください。答えられる限りは答えますので。それでは!

スポンサードリンク