「Kindle Paperwhite」を買ったので開封レビューをしてみるよ。

thumb_IMG_3888_1024

 

以前から旅をしていて、散々「電子書籍端末が欲しい!」と嘆いていました。

電子書籍が手元で読めれば、一々旅先で図書館を探して訪れる必要性も薄れるし、目当ての本が置いてなくても手元で読むことが出来る。特に日本を回っていると必然的に歴史に関心が行くために、絶対欲しいと思っていました。

そして、今回ついに電子書籍端末「Kindle Paperwhite」を購入したので、今更ですが開封してレビューしてみたいと思います。いやっほい。

 

Kindle Paperwhiteを開封してみた

thumb_IMG_3842_1024

 

ある日の昼下がり、AmazonでポチったKindleがついに自宅に届きました。どれほどこの日を待ちわびたことか!

とはいっても、申し込むとKindle本体が4,000円割引になる「Amazonプライム」の会員になっていて、速達を無料で使えるのでたった1日で届いたんですけども・・・。

微妙に部屋が散らかっていますが、気にしないでください。

 

thumb_IMG_3844_1024

 

こちらがダンボールの中身。Kindleの箱と、別でケースを購入しました。

純正ケースが有名みたいですが、本体に比べると非常に高いので知らないメーカーのものを購入しましたよ。

 

thumb_IMG_3851_1024

 

外側のスライド式の箱を取り去ったところ。全体的にシンプルなデザイン。

ちなみに今回は、広告が表示されるけど安い「キャンペーン付き」ではなく、2000円高いけど広告なしの「キャンペーンなし」のWifiモデルを買いました。

出先でいつでも通信でき、月額料金のかからない3Gモデルもありましたが、そもそも通信はほとんど使わないだろうし、一々広告が表示されるのもうっとおしいのでこのモデルを購入。

 

thumb_IMG_3853_1024

 

裏側のペリペリを剥がして・・・。

 

thumb_IMG_3857_1024

 

じゃじゃん!こちらがKindle Paperwhite本体でございますね。

毎度のことですが、新しいガジェットを開封するときは興奮しますね。

 

thumb_IMG_3858_1024

 

こちらがKindleの付属品。

本体、説明書2枚、充電ケーブルのみ。iPhoneやiPadの付属品よりもシンプルです。

 

thumb_IMG_3860_1024

 

Kindleの充電端子はmicroUSB。Android端末と同じなので共有できます。

また充電器自体は付属していないので、既存のものを使用するか、別途専用のものを購入する必要があります。

PCからも充電出来ますが、スマホを持っている人は大抵USBの充電器を持っていると思うので、それで事足りるようです。

 

thumb_IMG_3863_1024

 

説明書。ページ数が結構あったんで、「何が書いてあるのやら」と思ったら日本語ページが一枚だけ。多国籍に対応しているけど、それぞれのページは一枚だけというよくわからない仕様でした。

 

thumb_IMG_3865_1024

 

こちらがKindleの電子ペーパーディスプレイ。

端末の開封時、通常の液晶ディスプレイの場合は画面に何か表示されてあっても、全てシールを貼られているだけですが、Kindleの場合は直接ディスプレイに表示されたままの状態になっているですね。

液晶ディスプレイと根本的に仕組みが違うそうで、電子ペーパーはインクで描画しているようなものなんだとか。だから目にも優しい。

 

thumb_IMG_3869_1024

 

Kindleの裏面。マット素材で手から滑り落ちにくい仕様になっています。

ただし指紋は残りやすいのが残念ですね。

 

thumb_IMG_3870_1024

 

Kindleのボタンや充電端子類は全て下部に集中していて、他の側面には何もありません。

下部も電源ボタンと充電端子、そして充電ランプのみ。こちらもiPad以上にシンプルなデザイン。

 

thumb_IMG_3871_1024

 

全面の「Kindle」のロゴがカッコいい。

 

thumb_IMG_3872_1024

 

Kindleの電源ボタンを押すと、早速端末が起動しました。

 

thumb_IMG_3873_1024

 

各国語選択画面になったので、当然ながら「日本語」を選択。

 

thumb_IMG_3879_1024

 

次にwifi接続をします。wifi版は繋がないと本をダウンロード出来ないので、必ずネット接続する必要があります。

 

thumb_IMG_3880_1024

 

パスワード入力画面。

Kindleでもちゃんとqwertyキーボードで文字入力できるんですな。

 

thumb_IMG_3876_1024

 

読み込み中。。。

 

thumb_IMG_3878_1024

 

Kindle、ついに起動!かっこいい画面表示。

 

thumb_IMG_3881_1024

 

アカウント情報をわざわざ入力しなくても、勝手にひも付けしてくれました。

端末購入時にアクティベートしてくれているのかな。恐ろしくもあるけど。

 

thumb_IMG_3887_1024

 

今回、同時に購入したKindle専用カバー。

純正のケースは質感はいいようですが、高いのでもう少し安いケースを購入しました。マグネット付きで、閉じると勝手に電源が消える仕様になっています。いいねー。

 

thumb_IMG_3888_1024

 

Kindleストア起動!いいねー、これを待ってたんだよ。

 

thumb_IMG_3890_1024

 

実際に本を表示してみました。普通の液晶ディスプレイの場合はカメラで撮影つくとザラツキますが、電子ペーパーは紙に近いのでちゃんと表示されていますね。

 

thumb_IMG_3892_1024

 

Kindleの大きさ比較。左はiPhone6。画面サイズは文庫本と同じくらいだな。

 

thumb_IMG_3894_1024

 

薄さ比較。iPhone6と大して変わりません。薄い。

 

thumb_IMG_3895_1024

 

カバーを付けてみました。

ロゴが斜めにずれてるけど、安物なので気にしない(笑)

 

thumb_IMG_3899_1024

 

Kindleストアにアクセスして、あらかじめクレジットカードを登録しておけばワンクリックで購入することができます。

便利な機能だけど、絶対浪費してしまうわ。(笑)恐ろしい・・・。

 

thumb_IMG_3901_1024

 

なんとなんと、本を読むだけのKindleかと思いきやネット表示も出来ます!

3G版ならネット接続も無料ですが、電子ペーパーはレスポンスが悪いのでメインでは使えないと思う。ただそれでも、ネットで自由に検索できるのは魅力的。

 

thumb_IMG_3902_1024

 

Google検索から当ブログも表示させることが出来ました。まぁわざわざKindleで見る人はいないだろうけど、一応検証のため。

 

これから活躍してもらおうと思います。

というわけで、今回ついにKindleを購入し、開封してみました。

実際の使用感などは次回から書いてみようと思いますが、兼ねてよりずっと欲しいと思っていたんですよね。なんせ、電子書籍端末は手元に本を置いておかなくてもいいので、旅との相性抜群なんですよ。

なお、現在KindleはAmazonプライムに加入すると4000円割引になるプランが実施されています。

 

Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。 Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201445010

 

Amazonプライムは3900円なので、Kindleを購入するとAmazonプライムが実質無料で使えることになります。

その他、AmazonMusicやAmazonVideo等のサービスも無料で使えるうえ、同時にKindleを買うと毎月指定の電子書籍を無料で読めるんですよね。

指定の書籍自体が少ないんですが、普通に買うと2000円程度もする本を毎月無料で読めるのは素晴らしい!!!

 

これからKindleを使い倒したいと思います。

それでは!

 

Amazonプライムの契約はこちらよりどうぞ。なお、今なら無料体験も出来るようです。

 

スポンサードリンク