【2018年版】格安航空券の比較サイトを徹底検証!航空券の節約方法とおすすめサイトを紹介!

 

今の時代、「格安航空券」を上手く使えば国内なら往復5千円以内、海外でも東南アジアなど身近な国であれば往復1〜2万円以内と超激安価格で旅行をすることができます!

旅行のベテランほど航空券を上手く節約しており、話を聞いていると「格安航空券比較サイト」を使って各社の料金を徹底的に調べ、最低価格で購入しているようでした。

以前こそ適当に購入して無駄な料金を支払っていたものの、今では比較サイトを使って大幅に節約できるように!おかげで最近は1ヶ月に1回以上海外旅行に出かけています。(笑)

  1. 格安航空券を購入する前に知っておきたい基礎知識
  2. 本当に使える格安航空券比較サイトランキング
  3. 極限まで料金を抑えられる節約TIPS

この記事では、何度も格安旅行チケットを手に入れてきた経験から上記の点についてまとめてみました!「激安で旅行をしたいぜ!」という方はぜひ参考にしてください。

 

スポンサードリンク

格安航空券を購入する前に知っておきたい基礎知識

【最初に】「レガシーキャリア」と「LCC」の違いを把握しておこう!

 

格安航空券を購入するとき、余分なサービスを削って価格を抑えた「LCC(格安航空)」を利用することになるんですが、昔からある「レガシーキャリア」との違いを把握しておきましょう!

「レガシーキャリア」は日本だとJAL・ANAに代表されるサービスの優れた航空会社のことで、航空券が高価なかわり機内食や大きい荷物も無料でサービスしてくれます。

一方「LCC(ローコストキャリア)」は格安で利用できるよう無料サービスを削っており、機内食は基本的に有料、手荷物制限も厳しく預け入れ荷物に関しては有料になります。

 

 

LCCではよく「座席間の距離が狭くてキツイ」という話を良く聞きますが、平均身長以上の男性だと座席に座ったときに膝がぶつかるし、長時間利用すると疲れます。

激安で航空券を利用できるのは素晴らしいですが、単純に価格が安いだけでなく「サービスの違い」「居心地の違い」がある点に注意です。

とはいえ何度かLCCに乗れば慣れますし、航空券を節約した分を現地で使用したほうが絶対にお得!飛行機の移動時間は一瞬なので、旅行を充実させたい人ほどおすすめです。

LCCだと価格が安いわりに大半が有料サービスとなりますが、ちょっとした裏ワザを使うだけで「豪華な空港ラウンジ」を使うことができます。航空券は上手く節約しつつ、ラウンジで贅沢しちゃいましょう!

▼年会費1万円のクレジットカードを契約して「豪華な空港ラウンジ」を使用する裏ワザはこちらで解説しています!

プライオリティパスが無料でもらえる!「楽天プレミアムカード」が海外旅行者に必携な理由

2018.05.31

 

海外航空券比較サイトは「取り扱い航空会社」の多さで選ぶべし!

 

続いて、格安航空券を購入するテクニックについて紹介します。格安航空券を購入するとき、各社の料金を比較できるサイトが大量に目に付きますね。

少し調べただけでも20サイト以上見つかり、「どこから購入すればいいかわからない」状態になっていますが、海外航空券を購入するときは「提携航空会社の多さ」に注目しましょう!

世界中には少なくとも100以上のLCCキャリアが存在しますが、比較サイトのなかには提携している会社が少なく、50社程度のサイトも多く存在します。

 

格安航空券を安く購入する最大のコツは「様々な会社を比較して最安値を発見すること」なので、提携している会社が少なければ損になる・・・というわけ。

特にアメリカ・ヨーロッパ行など、距離は遠いが格安航空券で大きく節約できる航空会社とは提携していない比較サイトが多いので、上記の地域に行きたい場合は要注意。

テレビCMでも見るような大手サイトほど、提携している航空会社も多いです。下手に無名のサイトでチケットを購入するよりは、有名サイトで購入したほうが保証面でも安心ですね。

 

国内航空券比較サイトは「提携会社以外の付加価値」で選ぼう!

一方で「国内航空券」を安く購入するコツですが、日本発のLCCは14社ほどあり、大抵のサイトで全ての航空会社を取り扱っているので違いが少ないんですよね。

では一体どんな基準で選べばいいのか?ですが、国内航空券を購入するときは「キャンペーンの開催や独自ポイント付与」など、利用するメリットがあるか探すことが大切!

例えば有名比較サイトの「Expedia」では、航空券とホテルを同時予約すると最大51%割引になる「Add On(アドオン)」というキャンペーンを開催中です。

 

▲「Expedia」社のAdd Onキャンペーン

 

最近テレビCMを積極的に展開している「エアトリ」では、航空券購入額の2%がポイントとして付与され、他社マイレージやAmazonギフト券をゲットすることができます!

比較サイトで特別なキャンペーンを行っていない限り、各社で航空券の金額が大きく異なることは少なく、あっても微々たる差です。

しかし最近は比較サイトが乱立しすぎて「独自キャンペーン」を打ち出すサイトが増えているため、節約する絶好のチャンス!国内航空券を探すときはこの点に注目しましょう。

各社の独自キャンペーンは国内だけでなく「海外航空券」の場合も適用されますし、海外旅行のほうが割引金額が大きいことが多いため要チェックです!

 

本当に使える格安航空券サイトランキング【2018年版】

1位:Expedia

 

格安航空券比較サイトの第1位は、「Expedia」です!世界最大規模のサイトで、国内は14社、海外でも合計100社以上の会社を取り扱っていて、最安値を探すことができます。

ホテルとの同時予約で航空券が最大50%〜100%割引になる「Add On」「Air割」などのキャンペーンも行っており、お得に航空券を購入することができます。

これまで何度も使用しており、サイト内でホテルの予約もできて独自割引+レビューの質が高いため非常に重宝しています。特別な理由がない限りはExpediaを選べばOK!

 

 

2位:エアトリ

 

格安航空券比較サイトの第2位は「エアトリ」です!最近テレビCMをバンバン打っているので、聞いたことがある人も多いかも・・・!?

独自のポイントプログラムを採用していて、航空券購入額の2%のポイントが溜まります。マイル・Amazonギフト券など様々な用途で使用することができて便利!

ポイントプログラムを採用する比較サイトは非常に少なく、クレジットカード等のポイントと合わせれば相当節約できます。今なら友達紹介プログラムで500円分もらえるキャンペーンも実施中。

 

 

3位:さくらトラベル

 

国内航空券を購入するときは「さくらトラベル」が便利です!最大のメリットは、LCCでは一般的に有料の「座席指定料」が無料になること!

航空会社によって異なりますが、頻繁に利用している「Peach」では500円程度の料金が必要になります。しかしさくらでトラベルを利用すれば料金が不要に!

国内便のスタンダードシート限定ですが、座席指定しないとシートの真ん中など微妙な席になることが多いし、少しでも節約したいので非常にありがたいですね。

 

 

【節約TIPS】航空券を格安で手に入れるウラワザ

「格安航空券の比較サイト」の選び方とおすすめサイトを紹介しましたが、他の節約テクニックを駆使することでさらに航空券の価格を抑えることができます!

ここでは、普段から使っている「航空券を格安で手に入れる裏ワザ」を特別に公開しちゃいます!上手く使えば、相場の半額以下になるかも・・・!?

 

①航空券とホテルをセットで予約する

▲「Expedia」社のAir割キャンペーン

 

第一の節約テクニックは、「航空券とホテルをセットで予約してしまうこと」です!比較サイトからすればセットで予約してくれたほうが美味しいので、割引額も多くなります。

先ほど紹介した「Expedia」の場合、海外の指定された地域限定で航空券が最大100%無料になる「Air割」というお得なキャンペーンを開催中です!

ある程度の大手サイトであれば、航空券・ホテルの同時検索ができます。同時予約することで特別な割引が付くこともあるので、まずはセットで検索してみましょう!

 

②オフシーズン・直前キャンセルを狙ってチケットを探す

  1. 夏休み・GWなど長期休暇は避ける
  2. 可能なら休日を避け、平日に予約する(現地の祝日にも注意)
  3. 予約する日によって料金が異なるので、柔軟にスケジュール設定する

こちらも定番の節約テクニックですが、航空券は「オフシーズン」に予約したほうが安く予約できます!長期休暇・休日など人の多いタイミングを避けて予約しましょう。

一般的に「早めに予約したほうが安くなる」と言われていますが、LCCに関しては直前にキャンセルが入ることがあり、穴埋めのために特別なキャンペーンが開催されることも!

航空券は2週間前・3ヶ月前に予約すると最も安くなると言われていますが、「あえて直前に予約する」というテクニックもあるので頭に入れておきましょう。

 

③LCC主要キャリアのSNS・メールマガジンで格安セールをチェック!

 

LCCの各航空会社では定期的にキャンペーンを開催しており、国内なら往復5千円〜1万円以下、海外でも距離の近いアジア圏であれば往復1〜2万円以下と激安で販売されることも!

区間・日程がかなり限定されているのと、すぐに売り切れるため手に入れるのは難しいですが、チェックしておくだけでも価値があります。

キャンペーン情報は各航空会社のHPで公開されており、SNSやメールマガジンでもお知らせしてくれます。ぜひフォローして情報収集しておきましょう!

 

常にチェックしておきたい日本発のLCC(Twitter)
  1. AirAsia
  2. Peach
  3. ジェットスター
  4. スクート
  5. バニラエア
  6. 春秋航空

 

おわりに:今すぐ航空券を予約して旅に出よう!

というわけで、今回は日頃から使っている「格安航空券の比較サイトの選び方とおすすめサービス」について解説してみました!

今回紹介した格安航空券比較サイトを上手く使うことで、過去に大阪-札幌間を片道3,000円、大阪-バンコク(タイ)を往復3万円と格安で移動することができました!

航空券を予約する際、特に格安チケットに関しては販売早々に売り切れてしまうことが多いので、旅行の日程が確定した段階で素早く予約することをおすすめします。

スポンサードリンク