スキルのない一般人が好きなことを仕事にするまでの具体的手順【21世紀の働き方】

 

以前は画一的な働き方しかできなかった世の中ですが、YouTubeなどネット媒体が広まるにつれ一般人でも「好きなこと」を仕事にできるようになってきました!

一方でAIなど新技術が導入されることによって多くの仕事が淘汰され、ただ「お金を稼ぐためだけ」では世の中へ価値提供ができず食うのが難しい・満足した生活を送れない時代が近づいてきています。

今後の世の中を生きていくためには、損得勘定抜きに「純粋に面白いこと」を追求して、結果的にお金などの価値につながる・・・そんな活動をする必要がある、と考えています。

今回は、釣り・アウトドアなど好きなことを続けて収入を得て生活している自身が、「スキルのない一般人でも好きなことを仕事にするメリットと方法」について解説していきたいと思います!

 

好きなことを仕事につなげる最大のメリット

WEB媒体の登場で簡単に好きなことで収入を得られるようになった

 

以前は「好きなことを仕事にする」といっても業種が限られていましたが、YouTube・ブログなどWEB媒体の登場&普及によって様々なジャンルで収入を得られるようになりました。

しかもテレビなど大衆的なメディアが主流だった時代は、業界のなかでもTOP1の技術・経験を誇るような玄人しか活躍できませんでした。突き抜けた点のない一般人は活躍の場がなかったわけです。

しかしネットならニッチな需要を満たせるので、何かしら特化した部分があれば少数のファンに露出し収入を得られるように!

 

例えば人気YouTuberの多くは、特別技術もないが露出方法が上手い、なんとなく面白い・・・そんな動画投稿者が非常に多いです。

自分の場合も、特別自慢できるような点はないがアウトドア・旅行に関する情報発信をブログ上で続けることで、今では広告収入だけで生活できるようになりました。

好きなことで生活するハードルがかなり下がったので、時代の恩恵を受けるためにも何かしら趣味を収益化させなければ損ではないかとすら思います。最初は副業レベルでOKです。

 

衣食住が満たされた世の中では「余暇」を満たす産業が有利になる

▲ゲーム実況は「好きなことで生きていく」の典型

 

好きなことで比較的簡単に収入を得られるようになりましたが、一方で「誰でもできるような単純労働」はAIに吸収され仕事に追われる時代になりつつあります。

特に現代の日本では、貧困状態であっても最低限の衣食住は満たせます。生活必需品は全てコモディティ化し、しかも単純労働はAIに吸収されるためこれらの産業では食っていけません。

その代わり圧倒的な余暇が生まれて、誰もが暇を持て余すように。このような状況で求められるのが「エンタメ」であり、これまで厳しかったプロゲーマーなどの職種の価値が相対的に上がっていくわけです。

 

今でも既存の仕事にとらわれない活動をしているYouTuber・プロゲーマーが評価されていますが、今後余暇が増大するにつれてさらに需要が伸びるので、ますます好きなことで生活することが求められます。

北欧を中心に社会実験もされているBI(ベーシックインカム)が実現すれば、好きなことを収益化する必要性すらなくなります。こうなったらもう、好きなことをいくらでも実現できるようになります。(笑)

現代ではまだ「多くの人が食っていく」レベルに達していないけれど、技術発展で職業が多様化するのはほぼ確実視されているので今のうちに何かしら行動しておいて損はないかと。

 

 

職業人は「好きだからやっている」人に絶対勝てない

一方でWEB媒体の登場で様々な業界で収益化が可能になって競合が増えたことにより、「これまでお金のためだけでやっていた」人が食えなくなっていきます。

なぜなら、お金ありきで行動する人に比べて自分の興味・関心で行動している人のほうが熱量が高く、コストを気にせず莫大な作業量を費やせる&熱意が長く持続するから。

特に好きなことに熱中している人間の作業量は半端なく、プロゲーマーなんかは1日15〜20時間と凄まじい時間をゲームに費やしています。こんな人に、普通の人間が勝てるはずもありません。

好きなことを仕事につなげる人が増えれば増えるほど、お金のためだけにやっている職業人は淘汰されていきます。ある意味、今まで以上に厳しい世の中になるかもしれません。

これまでは「趣味を仕事にするなんて舐めてるのか」という叱責が定番でしたが、これからは「好きでもないことを仕事にするなんて舐めているのか」という言葉が常套句になることでしょうw

 

一般人が好きなことを仕事にするまでの具体的なステップ

好き×得意を掛け合わせて情報発信する

 

好きなことを仕事にするために次にやるべきことは、気になった会社に履歴書を送ることではなく「まずSNSやブログで好きなことを情報発信していくこと」です!

少し考えればわかることですが、「ちょっと好きなことがある」程度のスキルでは採用されません。逆に好きなことを発信してファンや閲覧数が増えれば、あとでいくらでも換金できます。

どの業界にも知識量の豊富な玄人がいますが、初心者が知識量で正面からぶつかっても絶対勝てません。ただ初心者ならではの発信もできるので、同じ初心者向けに情報発信をして差別化をします。

 

最初は初歩的な知識しか発信できなくても、初心者目線で発信していけば徐々にファン・閲覧数が増えていくし、さらに突き詰めていけば発信できる情報の質が上がっていきます。

継続的にやりたいことを突き詰める&SNS・ブログ上での情報発信を続けていれば、そのうち必ずファン数や閲覧数が爆発的に上がる瞬間が現れます。こうなったら、こちらの勝ち!

一定以上のファン数や閲覧数があれば、あとは広告を掲載するなりサロンを開くなどして、いくらでも収益化(マネタイズ)できます。ここまで来れれば、食いっぱぐれることはありません。

 

▼収入を生み出せるブログの作り方・始め方はこちら

【ブログの始め方】超初心者がブログ開設から収入を得るまでの徹底運営マニュアル

 

常に情報収集を続けてスキルアップを進める

▲新しい国・地域に旅行するのもスキルアップする方法も

 

情報発信を続けてファンを獲得していっても、時間が経てば陳腐化していきます。一度得た収入を継続・増大させるには、発信をしながら常に情報収集をしてスキルアップをする必要があります。

現代はネットを使っていくらでも知識を吸収できる時代になっているので、書籍・ネット・友人からの情報を得てスキルアップを図ります。他業界の知識を積極的に得るのもいいですね。

一方で情報だけなら誰でも手に入れられるので、差別化するためには「実際にやってみる」ことがめちゃくちゃ重要。一次情報を得られるだけでなく、自らの成長にもつながるため。

 

自分がやっているブログの場合でも、二次情報だけならキュレーションメディアがいくらでも発信しているので、実際に自分の足で情報を得て発信することがめちゃくちゃ重要になっています。

実際に体験したからこそ出せる文章というものがあるし、特別な経験をしていればいるほど価値のある情報を発信できるので、結果的にユーザーからも信頼され収入にもつながります。

自身もブログ上でできるだけ良質な情報を発信するために、常に読書なり新しい挑戦をして情報を得ています。優秀な人ほど常に情報収集を続けていますね。

 

様々なマネタイズ手段を組み合わせて収入源を分散する

一度好きなことで収入を得られると、「好きな活動→得た経験を情報発信→収入をGET→さらに投資→情報の価値が増加→さらに収入がアップ」という最強のループに突入することができます。

ただ収入源を一つに頼っていると、ある日SNS上での炎上やブログの閲覧数が下がったときに一気に収入が崩壊するので、ある程度収入が上がったタイミングで収入源を分散する必要があります。

幸い、今の時代はネットを中心に様々なマネタイズ方法があるため、既存のサービスを使うだけで簡単に収入の分散ができます。様々なマネタイズ手段を組み合わせれば、ある程度収入も安定します。

 

▼ブログを使ったマネタイズ方法と種類はこちら

ブログを収益化(マネタイズ)して収入を得る方法を種類別に解説!

 

自分の好きなことがわからない人はどうすればいい?

「好きなことは?」と聞くと「そんなものはない!毎日惰性で生きている!」と答える人が結構多いんですが、大抵やりたいことを重く考えすぎているんですよね。

別に自分の天職を探しているわけではないので、「ちょっと面白い」とかその程度の興味でOK。現在好きなことで収入を得ている人も、最初は小さな興味から行動を起こしていたりします。

もし「どうしても浮かばない!」という場合は、適当に雑誌やネットサーフィンをして「少しだけ面白そうだな」と思ったものを片っ端からやってみるのもアリ。

 

いまいちやる気がなくても、少し動いてみたら一気に行動してしまうのが人間という生き物。実際にやってみると思った以上に面白い!という趣味が見つかったりもするので、考えるより行動しましょう!

無理にやりたいことを探す必要はありませんが、無気力に生きるより何かしら興味・関心のある活動をしていたほうが人生も豊かになるし、行動していれば結果的に収入にもつながるもの。

現時点でそれほどやりたいことがないなら、少し腰をあげて探してみると人生が少しでも面白くなるし、突き詰めれば仕事も得られるので、個人的にはこのような生活をおすすめしたいですね!

 

おわりに

というわけで、以上自分が考える「スキルのない一般人が好きなことを仕事にするまでの具体的手順」を紹介してみました!最近はこのようなことばかり考えていますw

良くテレビで「AIが既存の仕事を駆逐する」なんてフレーズが囁かれていますが、実際には時代の変化に合わせて新しい仕事が生まれるし、余計な労働を機械が代替してくれるので素晴らしいことだと思います。

少なくとも必要な衣食住が全て機械によって生産されるようになれば、これまでのように「生きるために働く」必要がなくなります。これこそ、農業革命・産業革命・IT革命以上の大革命でしょう!

それが幸福に直結するかはともかく、少なくとも人類全体が次のステージに進めるので悪いことではないでしょう。1日ゲームをやっていても許されるし、それが仕事にもつながるのだから。

ただ実際に働かずして飯が食えるまでには時間ロスがあるので、新しい技術を利用して人生を充実させながらも、ある程度は収益につなげる必要があります。

自分は今回紹介したテクニックを使用して、自身はスキルのない一般人ながら生きながらえているし、今後もこの方法を使用して生きて行きます。ぜひ参考になれば幸いです!

 

▼ブログを職業にする「プロプロガー」のなり方はこちら

【徹底解説】プロブロガーの仕事とは?仕事内容・収入源・なり方を経験者が教えます