ライトショアジギングであると便利なツール&ギア(道具)まとめ【便利グッズ】

dsc00431

 

身近な堤防からライトタックルで青物などの貴重な魚を釣ることができる、「ライトショアジギング」

タイミングさえ合えば80cm〜100cm級の青物を釣ることも可能で、一度始めるとあまりの楽しさにハマってしまいます!

今回は快適に釣りをするためのツール・ギアを紹介することにしました。これらの道具を使えば、ライトショアジギング初心者からステップアップすることが出来ます!

便利ツール&ギアを使えばルアーの飛距離が伸びる&ヒットした魚を確実に取れるようになるので、ぜひ参考にしてみてください!それではいってみましょー。

 

PEにシュッ!

dsc00425

 

PEラインを使うルアー釣りには欠かせないラインコーティング剤で、これを噴射するだけでメタルジグの飛距離が5m〜10mは伸びます。

さらにガイドの通りが良くなるので、PEラインの劣化を防ぐことも出来ます。変に傷付けなければ1シーズン〜2シーズンは余裕で使えるようになりますよ!

ライトショアジギングは頻繁にラインを出し入れするし、ジグをシャクったときにラインが劣化しやすいので必須の製品ですね。いつも必ずカバンに入れています。

 

 

ノットアシスト

dsc00431

 

PEラインとリーダーを結束する際、強力な「FGノット」を使うことになりますが、いきなり初心者がしっかり結ぶのって難しいんですよね。

仮に結ぶことが出来ても、全て手でやると締め込みが甘くスっぽ抜けてしまうことも。せっかく貴重な大物が掛かっても、ライントラブルでバラしてしまっては元も子もありません・・・。(経験あり)

さらに現地で切れると結ぶのに時間が掛かってしまい、貴重な時合を逃してしまうこともあります。青物の時合は思っているよりも単発的で、短いです。

 

dsc00478

 

そこで!この第一精工「ノットアシスト2.0」を使うことで、ラインの結束時間短縮化とスっぽ抜けを防止することができ、より大物に近づけるようになります。

形状だけ見ると変な道具に見えますが、これがあるだけでグッと結束が楽になります。

ライトショアジギングとはいえ、 1号〜2号程度とそこそこの太さのPEラインを使うので、締め込む際に手が切れてしまうこともあるんですよね・・・それも防げます。

 

dsc00480

 

FGノットの結束部分を見れば分かる通り、手だけの結束では不可能に近いぐらい均一・強力に結ぶことが出来ています。

ベテランならこれぐらいの結束が出来るかもしれませんが、初心者の場合は均一に結んでいくことが難しいんですよ。

少し価格が高めなのが難点ですが、せっかくの大物が釣れてもバラしてしまう可能性を考えると、安いってもんです。買ってよかったー!

 

 

メタルジグケース

dsc00457

 

ライトショアジギングでは主にメタルジグを使って釣りをすることになりますが、その際に悩むのがルアーケースです。

オフショア(船)用の大型メタルジグに関しては専用ケースがあるものの、20g〜40g程度のジグにはそんなものはないので、既存のケースに入れなければなりません。

ただ普通のケースだと整理整頓がしにくい!ということで便利なものを探し回っていたんですが、ようやく見つけることが出来ました!それがこのメイホウ「リバーシブルケース」

 

dsc00459

 

その名の通り、ルアーを小分けしながら両面に入れることができるので、用途別にジグをまとめることが出来ます。

1つの仕切りにルアーを1個〜5個程度入れることができ、フック付きのままでも絡みにくくなるのでルアー交換が用意になります。

さらにケースに穴が空いているので、そのままじゃぶじゃぶと洗うことも可能。直射日光に当てつつ方向を変えればそのまま乾燥させることも!フックケースについては模索中です。。。

 

 

長尺の玉の柄&ヘキサネット

dsc00445

 

大型の青物を釣るとなると、当然ながら大きい玉網が必要になります。これがないと抜き上げられず、泣きを見ることになります。。。

さらに大型魚が釣れる堤防は足場が高いことが多く、一般的な5mの玉の柄では届かないこともしばしば。

元々は5mの玉の柄と一般的な丸形の玉網を持ってたんですが、これでは大物を釣ったときに上手く取り込めず、バラしてしまったこともあったんですよね。

そこで、新しくライトショアジギングに相性抜群の玉網を購入しました!

 

dsc00467

 

玉網はメジャークラフト「ヘキサネット」という製品で、珍しく六角形で幅を広く取ってあるため、非常に魚を取り込みやすいんですよ。

耐久性のある1ピースタイプもあったんですが、電車釣行が多いので折りたたみの出来る4ピースを購入しました。

この製品を使ったところ、魚を取り込むスピードが5倍ぐらい早くなりました。いざ大型の魚が釣れても「ヘキサネットがあれば、確実にランディングできる!」と安心出来るようにも。これ、超大事です。

 

 

玉の柄はプロックスの「ホルダーアーム」という製品で、1万円以下で購入できる価格ながらカーボン比率95%で軽量に仕上がっており、コスパ抜群。

 

 

リーズナブルで高機能な玉網については下記記事でまとめているので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

 

タモ網を買うならこれ!玉網の選び方とおすすめ製品を紹介【シーバス・青物・ヒラメ】

2016.08.09

 

シークールキャリー

unadjustednonraw_thumb_20a8

 

ライトショアジギングをする場合、大型の堤防で釣りをすることも多いんですが、荷物が多めなので移動が大変になります。

特に重いのがクーラーボックスで、魚の移動に難儀することも多々あるんですが・・・現在使っているダイワ「シークールキャリーⅱ」を使えばかなり楽になりました!

ハンドル&キャリー付きなので、釣り場での移動が楽々。特に沖堤など大型の堤防で真価を発揮します。

元々は電車釣行が多いことからこちらの製品を購入したんですが、40cmぐらいの魚なら折り曲げずに入れられるし、ライトショアジギングでも意外に重宝しました。

 

 

車の釣行ならこのような大型のクーラーボックスを用意しておくと便利ですが、あまりにも場所を取るため不便です。

その点、シークールキャリーⅱは大容量ながら比較的コンパクトなので、スペースが少なくても収納出来ます。

80cmぐらいの魚を折り曲げずに入れられたら理想なんですけどねー。そんなスペース、家にはありません!!!

 

電車釣行におすすめのクーラーボックス「シークールキャリー ⅱ」を使ってみた!【ダイワ・DAIWA】

2016.10.23

 

ストリンガー

dsc00095

 

食べて美味しい青物が釣れたなら、取り込んだ直後に絞めて血抜きをし、美味しくいただきたいもの。

いつも新鮮さを保つために釣った直後にナイフで絞めて、このストリンガーにかけて海水で10分程度洗い流してからクーラーボックスに入れるようにしています。

こうすると魚にストレスを掛けずに持って帰る事ができ、血抜きもしているので魚体&クーラーボックスが汚れません!

鮮度の落ちが早い青物には超重要な道具なので、ぜひ用意してみてください。美味しいお刺身がいただけるようになります!

 

 

おわりに

というわけで、以上「ライトショアジギングに便利なツール&ギアのまとめ」を紹介しました。

いずれも実際に自分で購入して使用し、便利だったものばかりを厳選して紹介させて頂きました。青物は運の要素が多くを占める釣りですが、道具で引き上げることも可能です。

今後も便利そうなものがあれば購入して使ってみるので、「これはいい!」というものがあれば臨時掲載していきたいと思います。

 

ぜひ、皆様にも大型の青物が釣れますように。それでは!

 

ライトショアジギングを始めよう!青物を釣るコツとおすすめタックルを徹底解説!

2016.11.10
スポンサードリンク