【超オシャレ】古都ルアンパバーンのおすすめカフェ5選【Wifi・電源・アクセス情報】

 

ルアンパバーンは街全体が世界遺産に登録されるほどオシャレな街で、中心街で100mも歩けば美味しいラオスコーヒーをいただけるカフェを発見できます。

テラス席でメコン川・支流のナムカン川を眺めながらコーヒーをいただける場所も多く、「ラオスの雰囲気」を感じたいなら訪れて損はありませんよ!

多くのカフェでWifi・電源を利用できるので、ノマドの作業スポットとしてもおすすめ。実際、世界中からフリーランスが集まって作業をしていました。

  1. ルアンパバーンのおすすめカフェ紹介
  2. 各カフェごとのWifi・電源・アクセス情報

今回は、ルアンパバーン滞在中に様々なオシャレカフェへ訪れて「本当に良かった場所」をまとめたので、紹介していきたいと思います!

 

ユートピアバー・レストラン

 

ルアンパバーンの観光雑誌や旅行ブログでも多く取り上げられる、超人気のカフェ。最大の特徴は、ナムカン川を眺めながら地べたで寝転びつつ、コーヒーをいただけること!

地べたの席にはマットが轢かれており、コーヒーを飲みながら本を読む、映画を見る、スマホをいじる・・・など思いのままにゆったりできます。

観光客向けのカフェにしては料金が安めで、食事もいただけるので1日沈没することも可能です。(笑)

 

 

カフェの入り口。普通の住宅街を抜けた先にユートピアカフェがあります。案内板があるので迷うことはありませんが、ちょっとドキドキしますw

 

 

個人的に大好きな生春巻き・マンゴースムージーを注文。両方とも美味しくいただけました。

 

 

ナムカン川沿いの席は大人気で、PCやスマホを広げてカップル同士で眺める人、友人同士で寝転びながらスマホを弄る人・・・などカオスな雰囲気。(笑)

夕方以降は混み合いますが、早朝ならガラガラで貸し切り状態になるようですし、朝にはヨガなども開催されるようなので早めの訪問をおすすめしておきます。

唯一残念だったのが、雨季で川で増水していたためか?ナムカン川沿いの多くの席が利用できなくなっていたこと。乾季の時期ならもう少し座席にゆとりがありそう。

 

名称 ユートピアバー&レストラン
住所 Kingkitsarath Rd, Luang Prabang
電源 利用可
Wifi 利用可(速度遅)
営業時間 8:00〜0:00
アクセス 市街から徒歩15分ほど

 

Joma Bakery Namkan

 

ビエンチャン・ルアンパバーンを中心に、ベトナムまで展開する「東南アジアのスタバ」のような存在のカフェ。なお、ラオスにスタバは存在しません。

店内は非常に広く清潔で、そこそこ早いWifiと電源を利用できます。日中以外はガラガラで集中して作業できるため、集中して作業したいときにはピッタリ。

屋内スペースだけでなく、ナムカン川を眺められるテラス席もいくつかあります。ただしこちらは席数が少なく、人気なため早めに埋まりがち。

 

 

料金は日本のカフェより少し安い程度なので、リーズナブルではないですね。ただ、料理があまりに美味しいので毎日のように通っていました・・・。

 

名称 Joma Bakery Namkan
住所 V4VR+G4 ルアンパバーン郡
電源 利用可
Wifi 利用可
営業時間 7:00〜21:00
アクセス 市街から徒歩5分ほど

 

saffron cafe

 

ラオス産の美味しいコーヒーがいただける、ということで欧米人を中心に大人気のカフェ。コーヒーの味にはかなりこだわりを持っているらしい。

料金も他の比較して安く、一緒に食べたデザートも素晴らしい味でした。リサイクルを考えてストローが竹製になっているなど、何かとこだわりを感じられます。

 

 

店内の反対側にあるテラス席では、ナムカン川を眺めながらコーヒーをいただけます!席数も結構多いので、少なくとも真昼間以外は座ることができるかと。

 

 

Wifi・電源を多くの席で利用できるため、店内は黙々とPCで作業する人が大半でした。お昼時以外はだいたいこんな感じなので、ノマドの用途にもバッチリ。

ただし滞在中に一度、突然停電してWifi・電源ともに使えなくなったことがあり、しばらく待ったものの復旧する様子がないので帰宅せざるを得ないこともありました。

また夕方には早めに閉店してしまうので、可能なら午前中にアクセスすることをおすすめします。

 

名称 Saffron Coffee’s Espresso
住所 V4WQ+28 ルアンパバーン郡
電源 利用可
Wifi 利用可(速度遅)
営業時間 7:30〜17:30
アクセス 市街から徒歩10分ほど

 

Silk Road Cafe

 

ルアンパバーンの観光地をTwitterで募集したとき、フォロワーさんに「現地の職人を支援するオシャレなカフェがあるよ!」ということで紹介してもらったのがこちら。

製織作業場が併設されていて、職人のおばちゃんたちが製織を行う過程を見学できます。NGOと提携しているようで、食事やお土産の購入を通して支援することも。

カフェは非常に豪華な内装で、メコン川の雄大な流れを眺めながらまったりできます。ルアンパバーンのカフェのなかでも、雰囲気だけなら最高レベル。

 

 

カフェはルアンパバーン市街から徒歩40分ほどの距離にあるんですが、市街にある同名のカフェから無料でトゥクトゥク送迎してもらえます。

今回は周辺の寺院巡りもしたかったので徒歩でアクセスしたんですが、ユートピアと同じくローカルな住宅街の先にあるため、最初は迷ってしまうかも。

 

 

未舗装の小道を抜けると、シルクロードカフェへの入り口が現れます。

 

 

奥にある製織作業場では、職人のおばちゃんたちがおしゃべりを楽しみながら服飾品を制作。その手さばきは見事というばかり。

観光客向けに堂々と開放されている場所なので、たぶんパシャパシャ写真を撮りまくっても大丈夫なんですが、邪魔になりそうだったのでサクッと退散w

 

 

布のサンプルや製織に関する展示もいくつかあって、観光地の一つとしても楽しめます。

 

 

こちらがシルクロードカフェ。あまりに内装が豪華すぎて「あれ?高級レストランに来たのかな?」と勘違いしてしまいますねぇ。

 

 

メコン川沿いで景色を楽しめる座席。周囲には騒がしい施設が何もないので非常に静かで、暗くなるにつれて周囲から動物・虫たちの鳴き声が聞こえてきます。

訪れたタイミングが良かったのかもしれませんが、自分以外にお客さんは欧米人の1グループのみ。夕日が沈む光景や、行き交う小舟に癒やされました〜!

 

 

周囲を見たところ、電源はありませんでしたがWifiは利用可のようでした。PCを出して少し作業してみましたが、この場所ではスマホすら弄らず、まったりするのが良さそう。

コーヒーの料金も安く、アイスカフェオレ一杯が20000kipほど。ロケーションは最高すぎるので、ぜひ時間があれば訪れてみましょう!

 

名称 Ock Pop Tok Silk Road Café
住所 V4J9+2W ルアンパバーン郡
電源 なし
Wifi 利用可
営業時間 8:00〜19:00
アクセス 市街から徒歩45分ほど

 

Viewpoint Cafe

 

「市街から離れたカフェへアクセスするのが面倒くさいが、雄大なメコン川を眺めながらコーヒーを味わいたい」という方はぜひこちらのカフェへ!

メコン川・ナムカン川の合流地点にカフェがあるため、迫力ある流れを眺めることが可能。ただしホテル併設のカフェのため、料金はかなり高め。

ただ、料金が高い分お客さんの数も少ないので、静かな環境でまったりしたいならおすすめです。

 

 

野外のテラス席のみなので電源は利用できませんが、Wifiは使えました。店員さんのホスピタリティも非常に高く、大満足です\(^o^)/

 

名称 Viewpoint Cafe
住所 V4XV+6W ルアンパバーン郡
電源 なし
Wifi 利用可
営業時間 10:00〜22:00
アクセス 市街から徒歩15分ほど

 

おわりに

というわけで、今回はルアンパバーン滞在中に訪れて良かった「おすすめカフェ」を合計で5つ紹介してみました!いずれも素晴らしい場所ばかりで、大満足です。

今回はあまり時間がなくて多くのカフェにアクセスできませんでしたが、紹介した場所以外にも素敵な場所はたくさんありそうだったので、ぜひ開拓してみてください\(^o^)/

 

▼ルアンパバーンの観光情報は「【世界遺産】6泊7日のルアンパバーン旅行で訪れたおすすめの観光地・飲食店・予算まとめ」にまとめました。

【世界遺産】6泊7日のルアンパバーン旅行で訪れたおすすめの観光地・飲食店・予算まとめ

2018.09.04

スポンサードリンク