台風直前の秋エギング調査!アオリイカは釣れるのか?【アジュール舞子】

thumb_img_1520_1024

 

秋といえば青物の季節ですが、一方でエギング・アオリイカの数釣りも人気ですよね。

シーズン中であれば、初心者でも日中の港内で簡単に数を釣ることができます。これまで大してエギングの経験がなかったんですが、秋のアオリイカ数釣りに挑戦してみることにしました!

今回は台風直前の釣行ということで、どれだけ影響があるかの実験もしてみたいと思います。それではいってみましょー!

 

 

台風直前のアジュール舞子

thumb_img_1509_1024

 

今回の舞台は、いつもライトショアジギングをするために通っている「アジュール舞子」です。近畿の瀬戸内海エリアでは有名な場所ですね。

明石海峡大橋の下に面した釣り場で、9月以降エギングでのアオリイカ・ケンサキイカの釣果が好調です!

日中でも釣れますが、深夜から早朝にかけての釣りのほうが数釣りしやすいようですね。

 

thumb_img_1511_1024

 

台風直前にはベイトである小魚が移動したり、雨が大量に降ると栄養豊富な水潮になり魚の活性が上がることが多いようですが、アオリイカは真水を嫌うため釣れなくなることが多いんだとか。

ここ最近は、状況さえハマれば深夜帯から早朝にかけて3桁近くの釣果を上げている方もいます。台風の影響がどこまで出るか気になりますね。

果たして本当に台風直前だと釣れにくくなるのか?実際に釣りながら実験していきたいと思います。

 

秋エギングでアオリイカの数釣りに挑戦!

thumb_img_1513_1024

 

冒頭で紹介したとおり、これまで大してエギングの経験はありません。とりあえずネット上の情報を調べて、秋エギングに最適らしい「エギ王Q ディープ 2.5号」をチョイス。

専用のロッドはなかったので、オンボロのバスロッド&リールでエギングをします。快適かどうかは別にして、メバリングロッドなど別の竿でもなんとかなるのがいいですよね。(笑)

この周辺では時々マゴチも釣れているので、ライトショアジギング用のロッドに「マービー90」をつけて同時に釣っていきます。

 

【アジュール舞子】ルアーを使って40cmのマゴチがヒット!?

2016.09.09

 

いまいち釣り方が分からないのですが、とりあえず適当に投げて近場から探っていきます。本当に大丈夫かな・・・。

 

thumb_img_1517_1024

 

キャストして1投目から、フォール中に「ケンサキイカ」がヒット!やったー!

普段から40g程度のメタルジグを多用していて、いまいち感覚がわからなかったんですが、知らない間に釣れてしまいました。(笑)

アオリイカではないけど、これは幸先いいスタート!

 

thumb_img_1516_1024

 

さらに数投後、ライントラブルに悩まされながらも再びケンサキイカがヒット!

どうやら中層前後でアタリが頻発するようです。スれているのか知りませんが、何度か触腕でタッチしたあとに抱いてくる個体が大半でした。軽いアタリで合わせるとスカをくらいます。

ケンサキイカもいいけど、アオリイカも釣りたいぞー!

 

thumb_img_1514_1024

 

同じ層で再びケンサキイカ。群れで移動しているのか?釣れるときはバタバタ釣れますね。

これまでは活性が高かったんですが、途中で流れが強まってからは一気に釣れなくなってしまいました。移動したのか、活性が下がったのか。

流れの弱そうなエリアに移動しても、反応はなし。うーん。

 

thumb_img_1518_1024

 

全く反応がなくなってしまったので、ボトム付近を探っていると念願の「アオリイカ」がヒット!

小さいけど釣れて嬉しいです!そういえば、アオリイカはこれまで釣ったことがなかったので人生初ですね。

春だと釣るのが難しくなりますが、秋なら釣り方と時期さえ間違えなければ、誰にでも釣れるのが魅力的ですね。嬉しい!

 

thumb_img_1520_1024

 

さらにしばらくしてから、本日最大サイズのアオリイカがヒット。先ほどと同じボトム付近でヒットしました。

ただ今回、あまりにも適当な装備で来てしまったために、無駄なラインブレイクを繰り返してしまったので途中で納竿することに。まだまだ釣れそうだったので、残念です。

イカは日没から早朝にかけて釣れ続くようなので、ある程度ちゃんとした装備を揃えて長時間続けると、3桁も夢ではないかもしれません。

 

thumb_img_1521_1024

 

朝マズメに向けて、次第に明るくなってきました。青物も狙ってみましたが、残念ながら反応なし。

明るくなるとアタリがなくなるようで、周囲のエギンガーたちはぞろぞろ帰っていきました。夕方から深夜までの釣行であれば、出勤前に釣りが出来るのも魅力ですよね。

朝マズメを中心に狙う青物を出勤前に狙うのは辛そうです。秋エギングは会社員に特におすすめ出来る釣り方ですね。

 

thumb_img_1522_1024

 

今回の装備。

右がエギング用のバス用タックル、左が青物用のライトショアジギングタックルです。

 

台風直前でもアオリイカって釣れるの?

thumb_img_1524_1024 thumb_img_1525_1024

 

さらに明るくなってきましたが、いよいよ海が荒れてきました。さすがにこれ以上釣り場に残るのは危険そうなので、さっさと退避します。

今回、台風直前に秋エギングに挑戦してみましたが、思った以上に釣れますね!確かに水潮で釣りにくくなっているのかもしれませんが、ボウズではありませんでしたし。

ただ、思っていたよりもイカがボトムまで落ちていたのが気になりました。もしかすると、台風直前にアオリイカを狙う場合はこの辺りはヒントになるのかもしれません。何回かエギングをして、検証してみたいと思います。

 

おわりに

というわけで、以上「台風直前に秋エギング」のレポートでした。

台風直前に釣りをする場合は危険が伴いますが、命に関わらない場合は貴重なデータな取れるし、釣り人も少なくなるのでおすすめですよ!もしかしたら、普段と比べて爆釣できるかもしれませんし。

今後も秋エギングを楽しみたいと思います。それでは!

 

スポンサードリンク