間違いない!メバリング用のおすすめルアー・ワーム・仕掛け色々まとめ

 

冬のオフシーズンでも釣り人を癒やしてくれる、貴重な存在の「メバル」

メバル用のルアー・ワームって色々な種類が用意されているんですが、釣具屋に行くと多種多様すぎて何を買えばいいかわかりづらい^^;

それぞれルアーによって使い方が違うし、仕掛けそのものを変えてさらに幅広い状況に対応することも可能!しかしまとまっていないと何がなんだか意味不明!

今回は初心者が最初の1匹を釣るため、「メバリングにおすすめのルアー・ワーム・仕掛け(リグ)」を状況別に解説していきたいと思います。

 

 

メバリングで基本となる仕掛け・ワーム

どんな状況にも対応できるジグヘッドリグ

 

メバルはワームを中心に、メタルジグやカブラ、ミノーやポッパーなどハードルアーでも釣れます。

これらのルアーで釣るのも非常に楽しいんですが、最初のうちはジグヘッド+ワームの組み込わせで手軽に釣ることをおすすめします!

メバリングで基本となる仕掛け+ワームは、「1g程度のジグヘッドリグ+ストレートワーム」です!これを使えば、大体どんな状況でも釣れます。

 

【ジグヘッドリグを使うメリット】

  • 初心者でも手軽に使える・安い
  • 重量を変えることでどんな状況にも対応できる

 

【ジグヘッドリグを使うデメリット】

  • 鉛なので、比重が重く早く沈みすぎてしまう
  • 同じ理由で根掛かりしやすく、ゆっくり見せられない

 

ジグヘッドリグは針の先端にオモリが付いたもので、重さを変えることで様々な水深・風速の状況にも対応できます。

重量を変えるとワームの動きが大きく変わるため、個人的には「ワームの形状・カラーよりジグヘッドの重量のほうが大切」だと思ってます。

なぜなら、メバルは基本的に「自分の周囲30cm~1mの範囲にある餌しか捕食しない」からです。

 

 

夜行性と言われるメバルですが、夜間にはそれほど目が効くわけではありません。

ジグヘッドの重量を変えることで、ワームを通す層・メバルが反応するフォールスピードを調整するわけです。

基本は1g前後を中心に0.5g~3g辺りを揃えておけばいいんですが、この重量で釣果が大きく変わることがあるのと、根掛かりして失くしやすいので種類ごとに複数用意しておきたいところ!

 

【おすすめのジグヘッド】

 

ジグヘッドはものによって色々な形状があるんですが、根掛かりしやすくて失くしやすいという特徴があります。

せっかくいい仕掛けを買ってもブチブチ切れてしまっては仕方がないので、20個入りで1000円の「尺ヘッド」を愛用しています。

多少雑な作りですが、今のところ釣果に影響はありません。一回買うと当分はなくならないので安心して使えます!

 

メバリングで用意しておくべきおすすめワームは?

 

各社から様々なメバリングワームが販売されていますが、釣りに行く際は3種類しか持ち歩いていません!

以前は「ダイワ 月下美人」のセットを愛用していましたが、今使っているもので十分結果を出してくれているので、わざわざ変えようと思わないんですよね。^^;

よほど特殊な状況でない限り、手持ちのワームだけで釣れるよう揃えてあります。ここでは、普段から使っていて結果を出してくれているワームを紹介していきます!

 

reins アジリンガー

 

ネーミングからして、メバリング用のワームではありません!アジング用のワーム。

しかし、アジだけでなくメバルに対しても絶大な効果を発揮してくれており、メバルのいる層さえわかれば釣れます。

一般的なストレートワームですが、ワーム自体のマテリアルが非常に柔らかくて食い込み抜群なんです。ボディリブも大きめで適度な抵抗感があるため、釣りがしやすい。

ワームボックスにはこのアジリンガーと、同じメーカーで形状が違う「アジアダー」というワームのみ入れてます。カラーさえ必要最低限揃えていれば、困ることはなし。

このワームで反応がないときのみ別のワームにローテーションしますが、釣れないときのほうが少ないので出番は少なめ。

 

 

JACKALL キビキビナーゴ

 

JACKALLのワームはよく釣れます!そのなかでも、「ワインド釣法」に使えるキビキビナーゴがお気に入り

ワインド釣法はロッドをシャクってダートさせ、激しい動きで反射的に口を使わせるという釣り方で、主に日中のデイゲームに使います。

特に昼間で釣果を出してくれているのがこの「キビキビナーゴ」で、デイゲームメバリングをする場合は最初のトップバッターとして使用します。

 

真昼間でもメバリングは成立する!デイゲームの基本と攻略法【ボトムワインド釣法】

2017.01.05

 

ガルプ!ベビーサーディン

 

メバリングでは定番のワーム、「ベビーサーディン」。

他のワームと比べて根本的に素材が異なり、魚が好む匂いがたっぷり吸収されています。これを使うと、他のワームではなかなか釣れない魚もヒットします。

「どうしてもメバルが釣れない!」という最後の状況で使っているんですが、そもそもアジリンガーが優秀が釣れない状況のほうが珍しいので、最近は出番が少なめ。

それでも最初はめちゃめちゃ活躍してくれるので、カバンの中に一つは忍ばせておくことをオススメします。

 

 

ワームのカラーローテーションについて

 

ワームの選択で難しいのが、カラーローテーション。「そもそもカラーを変える意味ってあるの?」という人も大勢いるかと思います。

僕の結論としては、「どっちもどっち」です。(笑)なんでも釣れるときだってあるし、特定のカラーでのみ釣れることもあります。

他の人やプロ釣り師の釣果情報を見ても、論理的にカラーローテを説明できている人を(僕は)見たことがありません。ただ経験則として「これしか釣れないな」という状況に遭遇したことはあります。

 

実際問題、水中では深さ・光の加減によって陸地とは大きく見え方が変わるし、魚とは根本的に色覚が異なるので説明が難しい。

地元ではやたらと「イエロー×クリアー」カラーでいい思いをすることが多いんですが、この辺りは魚に直接聞いてみないとわかりませんね。

自分のワームカラーの使い分けと理由をまとめると、こんな感じ。

 

カラー説明
ピンクアピール力が強いトップバッター。ナイトゲームではまずピンクから釣りを始めることが多い。釣果はまずまずだがこのカラーだけハマらないことも多い。
オレンジピンクと同じアピールカラーだが、釣り場の常夜灯の色に合わせて使用する。どれだけ意味があるかはわからないが、明かりが効いているエリアでは周囲と同化しやすいのかなと。
イエロー地元の瀬戸内海エリアではやたらと釣れるカラー。アジ・カサゴ・メバル全てにおいて実績がある。ただのイエローより、クリアーで黄色のコアが入っているカラーがお気に入り。釣り場には絶対に欠かせない。
グリーン周囲の海藻と同化するのか?デイゲームで実績が強くよく利用していた。最近ではクリアカラーの出番が多いが、こちらも欠かせない。
クリアメバリングでは他のどんなカラーより安定した実績がある。夜間にはアピール力が足りないのでは?と思うが、常夜灯のない深場でも普通に釣れる。クリアは絶対に用意しておくべき。

 

その他にも色々な状況で対応できる仕掛け

ジグヘッドリグ以外にも、色々な状況で使える便利な仕掛けがいくつかあります。

ここでは、自分が普段からよく利用する仕掛けを紹介します!

 

スプリットショットリグ

 

オモリのついていないフックor0.5g程度の極軽量ジグヘッドの先に、3〜7g程度のオモリがついた「スプリットショットリグ」。

通常のジグヘッドでは攻略できない激流エリアや深場を攻略できます!飛距離も稼げるため、爆風で釣りにならないときにも非常に便利。

オモリがむき出しなので沈むのが早く、根掛かりはしやすいものの非常に強力な仕掛けです。

 

【激流攻略!】アジングでの「スプリットショットリグ」の仕掛けと攻略法まとめ

2016.12.23

▲「アジング」となっていますが、メバリングの場合でも参考にしてもらえるかと。

 

Mリグ

 

画像のような専用のオモリを使う、「Mリグ」。

スプリットショットリグと同じような仕掛けですが、オモリ部分の比重が軽いために沈下速度が遅く、ゆっくり見せることができます。

またオモリが固定式ではないので、ワームを咥えたメバルに違和感を与えません。浅場でも使えるので、ぜひ用意しておきたいところ。

 

その他の仕掛け

他にも、

 

  • 飛ばしウキをつけて表層のメバルを狙う「フロートリグ」
  • エサ釣りの仕掛けにワームをつけたような「ダウンショットリグ」

 

などなど色々な仕掛けがあるんですが、自分が普段釣りをする場所ではあまり使わないので今回は割愛しました。

ポイントによって最適解が異なるので、場にマッチする仕掛けを使ってみて下さい。

 

おわりに

というわけで、以上「メバリングにおすすめのルアー・ワーム・仕掛け」を紹介してみました!

結局おすすめとして紹介したのは3種類のみでしたが、少なくとも自分のフィールドではこれだけでバンバン釣れるので、買う価値は大いにあると思ってます。

もちろん他にも魅力的なワームはたくさん販売されているので、興味のある人は試してみてください。

 

ではでは!

 

メバリング初心者が最初の1匹を釣るコツについては、下記の記事で解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

初心者のための「メバリング」入門マニュアル!

2017.03.04
スポンサードリンク