【フリマアプリ】メルカリで稼ぐ!初めて出品して、○○円手に入れました!

mercari_logo_horizontal_l

 

先日、今更ながら初めてフリマアプリの「メルカリ」に商品を出品して、不要品販売を行いました!ぜひ手元の不要品を出来る限り販売して、旅の資金を稼ぎ出したいもの。

さて、今回は前回の続きとして、引き続き商品を出品して「いくら売れたのか!?」を具体的な数字を元にして発表していきたいと思います。いくぞー!!!

 

メルカリってどんなアプリだったっけ?

mercari_logo_horizontal_l

 

前回の記事をご存知ない方に簡単に説明しておくと、メルカリは「フリマアプリ」の名の通り、スマホを経由して簡単に不要品を販売出来るサービスなんですね。

従来のオークションアプリでは、これまでスマホ単体で出品することが難しかったんですね。ほとんど場合でパソコンが必要になり、利用者層も30代〜40代程度の男性が多かったんです。

ここに、手軽にスマホだけで出品の出来るメルカリが切り込みました。スマホで写真撮影・出品・連絡全てを行えるようになったことで若年層のユーザーに受け、若い女性が一番利用したんですね。これまでのオークションサービスから見たら革命的なサービスだったんですよ。

 

そんな簡単に出品できるサービスがリリースされたのが、2013年。あれから随分と経ちましたが、今更ながら「メルカリってどうなの?稼げるの?」が気になりだしたので、前回、そして今回と不要品を出品してみることにしたんですよ。

具体的な利用方法や出品の方法については、下記の記事に書いてあるので良かったら見て下さい。

 

参考記事:「メルカリで稼ぐ!」ヤフオクと比較しながら出品してみた。どうなる!?【フリマアプリ】

 

どれだけ商品を出品したの?

「メルカリ」に新しく手を付け始めてから、一旦部屋を整理して不要品を集めてみました。

そして、実際に出品したのがこちらの品々たち。

 

IMG_6500

 

一応、詳細に関してはモザイクをかけてごまかしておきます。(笑)

おおよそ2週間程度の間に12品ほど出品しました。平均単価は1,500円程度かな?

ジャンルによるんですが、商品を出品してからかなり「割引をしてくれ」という連絡がきまして、それらに対応しつつ商品の決済・連絡・梱包・発送を行いました。

 

よくわかったのは、やはりジャンルによって売上が大きく変わるということ。そして、特定の商品が欲しいユーザーは自分から検索してたどり着いてくるが、ちゃんと探せるってことはそれだけ妥当な値段で買っていくということなんですよね。

普通なら当たり前の話なんですが、前回の記事で「メルカリは独自の経済圏が展開されている」と言いました。一般的な市場価格が決まっていても、それらの新品より高い値段で売れてしまうこともあるんですよ。

ただしそれは、メルカリの新規出品画面をダラ見して「あー、この商品いいなー」とあまり何も考えずに購入するユーザーに限る話で、ちゃんと自分で調べてくるユーザーはわかってました。当たり前の話だけど。

 

売上発表!○○円メルカリで売れました。

「前置きはいいからさぁ、さっさといくら売れたか発表しなさいよ」というアナタ。わかりましたよ。発表しちゃいますよ。

条件としては上で述べたとおり、2週間ほどで12品ほど出品しまして、現在売れた金額の合計を発表したいと思います。

メルカリを2週間くらい利用して、売り上げた金額は・・・!!!

 

IMG_6499

 

 

IMG_6499

 

 

メルカリでの合計売上金額、¥3,370円!!!!!

 

まぁ、正直そこまで売れているわけではありませんね。言い訳を述べておきますと、最近他のことにかかりきりでして、ほとんどメルカリに対応できてないんですよ。

「割引してくれ!」というユーザーを見越して少し高めの出品額に設定してあるんですが、ちょっと高すぎたかな。

メルカリってジャンル関係なく出品されている商品を見て買うユーザーと、自分の欲しいものをダイレクトで買うユーザーの2種類がいるので、前者にアピールするためにももう一度出品しなおしてみようかな。

 

しかしトラブル発生中・・・

あとですね、さらにもう一品商品の取り引きがあって、こちらが成立すれば売り上げが5,000円以上になるんですが、ちとトラブルが発生しちゃったんですよ。

こちらの商品そのものに対するリテラシーのなさと、相手の連絡や商取り引きそのものに関するリテラシーのなさが上手ーく噛み合って、全く進展しない感じですね。(笑)

取り引き相手は、恐らく文面から察するに中学生か高校生だと思うんですが、こちらの言いたいことを噛み砕いて伝え、了承してもらっても本当は伝わってなかったのか?いざというときにひっくり返され、そして反論し・・・という攻勢が続いております。(笑)

 

いい勉強にはなってるんですが、相手も無限に時間があるわけでもないだろうし、こちらも出来る限り費やす時間を減らしたいと思っています。ただ、上手く伝わりません。

いかんせん連絡の手段がスマホしかないので、このブログのようにPCからスッパスパ文章を打ち込んでいくわけにいかないんですよ。それゆえにコミュニケーションが余計に取りづらくなって、言葉不足でトラブルに発展してしまう感じです。

この辺りは、スマホで気軽に取り引きが出来る点が全て悪い方向に行ってしまっている、、という印象です。学生さんでも気軽に参入できるのは一つの魅力ですが、我々はそれらのリスクも見越したうえで出品しなければなりません。

 

フリマアプリは不要品をすぐ換金できるから魅力的

とはいえ、これらの点を見越してもフリマアプリは魅力的なサービスだと言えます。

ヤフオクの場合は商品出品・連絡・梱包・発送までの手間が多く非常に面倒なんですが、メルカリではこの障壁を可能な限りなくして、ユーザーが円滑に利用できるシステムを組んでいます。

これだけユーザー数が多く、多様な商品が発売されていて円滑に商取引を行えるサービスは現在では他にないので、今後も使い続けたいと思います。

 

トラブルの件に関しては、現在は勉強になるからという理由でダラダラ連絡を取り合っているんですが(正直面白いw)、あまりに長引くようなら運営に連絡して、仲介してもらおうと思います。

というわけで、以上「メルカリを使って○○円売り上げてみた!」という記事でした。まだまだお金が必要なので、出品した商品を全てさばく方針で進めていきたいと思います。

それでは!

 

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ
スポンサードリンク