マインクラフトの世界で、実際に再現してみたいこと。

2015-03-20_01.11

 

このブログは「リアルマインクラフト」と名乗っているけれど、名前の通り「マインクラフトの世界を現実で、かつ旅をしながら再現すること」を第一の目標として考え、ブログを立ち上げました。

完全に再現するのが目的ではなくて、世界観を自分なりに解釈して、現実に合わせた形で表現することが目的です。

例えばマインクラフトの世界で作った家をどうにかして現実で表現してみたり、時には夕日を眺めながら魚釣りをしてサバイバルをしたり・・・色々と構想が浮かんでいるので、下記にまとめてみたいと思います。

 

マインクラフトの進行状況

2015-03-20_01.11.17

普段はマインクラフトPEとPC版両方で遊んでまして、PE版はそれなりにガッツリと遊びましたが、PC版については、実は最近購入しました。

 

今年の2月辺りは、何もかも空回りするような、そんなスランプに陥っていたような状態だったので、何も予定がない日は朝から晩までPEで遊んでました。

「体調良くないな」と思っている状況で変に頑張っても、空回りして周囲に迷惑をかけるだけ。

それだったら、いっそのこと全てを投げ出して、今やりたいことに注力してみましょう。

「”しんどいこと” ”やりたくないこと”を無理にやっていれるほど、人生長くはないっ!」と呪文のように唱えながら、ダイヤ掘ってました。

 

実際、「気がついたら死んでいた」と思ってしまうほど、早く死が訪れてしまうのが、人生のような気がします。

努力したいのであれば、全力ですればいい。大志を抱いて、自分に打ち勝とうとしている姿ほど美しいものはないですし。

でも、「なんとなく」「嫌だけど、言われたから」そんな動機に時間を割いていられるほど、人生の時間は長くはないんだと思います。

だから、「社会に適応するため」「きっと役に立つから」という論理は、あまり好きではありません。

自分自身も社会の一構成員であるのだから、自分自身の思いや動機によっていくらでも変化・適応できるでしょう。それこそ、ヒッピーという人々もいて、実際に生きながらえているんだから。

 

ちょっと関係ない話題に逸れてしまったけど、マイクラの現在の進行状況を紹介します。

 

写真 2015-03-20 23 20 18

▲PE版。近代的農業施設をつくってみた!

 

 

写真 2015-03-20 23 18 55

▲PE版。崖を全部削って、上下の二段階構造の村をつくってみました。

 

 

写真 2015-03-27 0 20 11

▲PE版。憎き匠さんハウス。PEではこれ以上やりたいことが見つからなくなっちまった。

 

 

 

61psbVb0TAL Minecraft – Pocket Edition

マインクラフトにハマってから、久しぶりにゲームを10時間以上ぶっ通しでやった気がするw

PC版はやらない予定だったけれど、これから約一年できないことを考えると「絶対に今、やっておいたほうがいい!」と旅の出発直前だったにも関わらず、購入してしまいました。

まず、PEと比較して、世界の広がり感がすごい。PEも無限ワールドだから、規模的には変わらないのだろうけど。やっぱり、大画面&フルHDで見る世界は違うね~!PC版も楽しい~!

 

2015-03-28_13.46.34

▲PC版。我が村。まだまだ改築し足りない!

 

 

2015-03-28_13.29.44

▲PC版。マイクラプレイ一日目で早速、最強装備をつくった。笑

 

 

2015-03-28_13.28.43

▲PC版。馬小屋。馬さん、めっちゃ便利!おかげで新たに3つの村を発見しました。

 

 

2015-03-28_13.42.32

▲PC版。スクショ撮影するために遊んでいたら、偶然最強の弓ができてしまった。エンチャント一回+エンチャントの本1冊で作成。

 

PC版のマインクラフトはこちら

 

こんなこと、再現してみたい。

2015-03-28_13.30.29

minecraftの世界で、再現してみたいこと。

 

快適な住居をつくる

2015-03-28_13.29.15

マインクラフトの面白いところは、自分でなんでも作成できること。

大体みんな、ワールド作ったらまず木を切りながら、家を作りますよね。

完全な住居をつくることは無理だけど、テントと廃材なんかを組み合わせて、快適な住環境を構築することはできるはず。サバイバル編で、やってみる!

 

魚を焚き火で焼いて、食べる

2015-03-28_13.45

PC版であれば、マインクラフトでも当然のように釣りができます。

釣った魚は、食料としては微妙で(牛さんや豚さんのお肉のほうがいい)、基本的にポーションぐらいにしか使用しないだろうけど。

魚を焼くとき、ゲームではかまどで焼くけれど、今回の旅では焚き火で焼いて食べようと思います。

夜間、もの思いにふけながら、焚き火で温まりつつ、焼き魚を頬張る・・・至福の時間だよね。日本では、焚き火ができる箇所自体が少ないんだけどね。

 

サトウキビで砂糖をつくる

2015-03-28_13.44

マインクラフトでは、サトウキビは主に村人(司書さん)との物々交換用に使用されるケースが多いと思います。

エンチャントの本、欲しいですしね。砂糖を使用するとすれば、ケーキ作るときぐらい。

一度だけPE版では作ったけれど、焼き肉と比較するとコストもかかるし、作るのが面倒。

ただ、サトウキビで砂糖をつくる過程を現実で見てみたいので、実際に作ってみることにします。

温暖な地域で栽培されていて、沖縄に行くとサトウキビ畑を見ることができますし、運がよければ働くことも可能です。

 

耕作放棄地を整地して、野菜を栽培できるようにする

2015-03-28_14.00.43

街をつくったり、整備しているときに欠かせないのが、整地作業。スコップとツルハシを使って、ひたすら掘りまくる。これが意外にも楽しい。

日本では、耕作放棄地の問題が深刻化しています。少子高齢化も相まって、農業の相続者も減っています。

そこで、ものすごく体力が必要だろうけど、ぜひ耕作放棄地を耕して整地してみたい。農業のアルバイトなんかもあるので、お金が必要がなったときは、率先して取り組んでみます。

一度実家にある市民農園で整地作業してみたけど、狭い範囲にも関わらず、一瞬でヘタリました。クワ重すぎ。

 

 

以上、マインクラフトの世界で再現してみたいこと、でした!

他にやってみたいことがあれば、どんどん追加していきます。

マインクラフトは、やっぱり面白いなぁ。

スポンサードリンク