【5万円以下】価格の安いミニベロの選び方とおすすめ車種ランキング!

 

価格の安いミニベロが欲しい!」ロードバイクやクロスバイクと違って、ミニベロはコンパクトに収納しつつ性能によってはロード並みの走破性能の得られて、なおかつオシャレなので街乗りに最適です。

ミニベロといえば一般的に価格が高い印象がありますが、実は探せば「5万円以下」という予算でも優秀な車種を手に入れることができます。ただ、詳細スペックなど探すのが難しい。

今回は、オシャレで街乗りにピッタリな「5万円以下のミニベロ」の選び方と、本当に使えるおすすめ車種をランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

ミニベロの選び方とは?

 

ミニベロは、一般的に20インチ以下のタイヤサイズの小さい車種のことを指します。小型なので簡単に取り回しできて、省スペースでも収納できるほか女性や子どもでも走行しやすいのが特徴!

見た目がオシャレな自転車が多く、小回りが効く点からも街乗り最強の車種といえます。自転車本体は小型ですが、カゴを取り付けて大量の荷物を持ち運ぶこともできるし、走行性能に特化しているモデルは意外にスピードも出ます。

ロードバイクと違ってタイヤが小さい分、超長距離の走行は厳しいものの、変速装置・ハンドルにこだわったタイプだとロード並のスピードを出すことも可能!

オシャレな自転車ですが、他の自転車と同様性能で大きく走行スピードが変わってくるので、しっかりスペックを選んで購入すると満足な自転車に出会えますよ!

 

フレーム素材の違い

材質重量剛性価格
クロモリ
スチール×
アルミ
カーボン×

 

自転車を選ぶ際に重要となってくるのが、「フレーム素材」です。一般的なところでいうとスチール・アルミ素材が多く使用されていて、他に耐久性の高いクロモリ、超軽量のカーボン素材が使用されています。

カーボンは高価なため15万以上の自転車にしか使用されていませんが、それぞれの素材で特徴が異なるため、取り回しやすさやスピード・錆にくさが全然変わってきます。

5万円以下の予算なら、現状だと錆びにくく軽量な「アルミ素材」が最も優秀です。予算に合わせて柔軟に選ぶことが重要です!

 

ハンドル形状の違い

 

ミニベロは車種によって使う目的が違うので、ハンドル形状が異なります。

単純に街乗り用途なら「ストレートハンドル」が多く、ミニベロのなかでもスピードを重視するタイプにはロードバイクと同じ「ドロップハンドル」が取り付けられています。

どうしてもドロップハンドルの種類が限られているので、5万円以下だと選択肢が非常に少なくなってしまいますが、なかには走行に特化した別タイプのハンドルを装備した車種もあります。

ハンドルを変えたからといって直接スピードが変わるわけではありませんが、100km程度の長距離走行時にグっと快適になります!といっても、一般的な用途ならストレートハンドルで全く問題ありません。

 

変速装置・コンポーネントの違い

自転車のスピードを向上させる最も大きなパーツは、「変速装置(コンポーネント)」です。車種ごとにギアのグレード違い、品質の良いものだとスムーズに変速を切り替えられ、スピードも向上します!

予算別に様々な種類が用意されていて、名前でグレードがわかるのと、「ロードバイク用・マウンテンバイク用」と種類が分かれているのも特徴。予算5万円以下だと、下記のラインナップが多いです。

下にいくほど走破性能が高くなるので、「スピードを重視したい!」という人はいい製品を購入することをおすすめします。ミニベロでも、変速装置の性能次第ではロードバイク並みのスピードを得ることができます。

 

5万円以下のミニベロに装備されているコンポ
  • SHIMANO Tourney(MTB用の初心者向けコンポ)
  • SHIMANO Altos(MTB用の性能が向上したコンポ)
  • SHIMANO Claris(ロードバイク用の初心者コンポ)

 

コスパ抜群!ミニベロおすすめ車種ランキング

1位:a.n.design works

おすすめフレーム変速コンポ重量

★★★★★

アルミ

16段変速

SHIMANO Claris

11.0kg

 

5万円以下のミニベロでは唯一、ハンドルポジションをかえられる「ドロップハンドル」を装備!ブレーキ部分で変速を入れ替えられる「STI」機能もついているため、ほぼロードと同じ使い方ができます。

コンポーネントは性能の高い「SHIMANO Claris」 となっており、前後に変速がついているため合計で16段変速仕様になっています!小型のミニベロながら、かなりスピードに特化したモデルです。

デザインも優れているので、街乗りはもちろんのこと休日の100km走行なども十分こなせるスペックを有しています。非常にコストパフォーマンスが高いので、予算が許せば全ての人におすすめしたい車種です!

 

 

2位:BRIDGESTONE

おすすめフレーム変速コンポ重量

★★★★★

クロモリ

8段変速

SHIMANO Claris

11.3kg

 

有名メーカーである「BRIDGESTONE」のミニベロ、デザインが全体的に素晴らしく、ロードバイク用のコンポーネントである「SHIMANO Claris」を装備しているため走破性は抜群!

フレームは剛性の高いクロモリ仕様となっていて、耐久性は十分!非常にオシャレなので街乗りはもちろんのこと、性能が高いので休日のサイクリングにも十分使えます。

 

 

3位:SCHNEIZER

おすすめフレーム変速コンポ重量

★★★★☆

アルミ

8段変速

SHIMANO Altus

9.9kg

 

3万円台前半と手頃な価格ながら、上位モデルと同程度の性能を有する「SCHNEIZER」のミニベロ。価格・性能を考えてもコストパフォーマンス抜群です!

重量も9.9kgと超軽量仕様で、ハンドルにはデフォルトで「ハンドルバー」が取り付けられているのでスピードアップに一役かっています。コンポーネントには「SHIMANO Altus」を装備。

予算を抑えつつ、限りなくコスパの良いミニベロが欲しい人には超おすすめできる自転車です。

 

 

4位:tern

おすすめフレーム変速コンポ重量

★★★★☆

アルミ

8段変速

SHIMANO Altus

10.3kg

 

コンポーネントに少しグレードの高い「SHIMANO Altus」を装備しているミニベロ。5万円前後と価格的には高くなるものの、全体的に性能のバランスが取れているので初心者にはおすすめ!

 

 

5位:Eizer

おすすめフレーム変速コンポ重量

★★★★☆

アルミ

6段変速

SHIMANO Tourney

9.9kg

 

9.9kgと超軽量仕様のミニベロである「Eizer(アイゼル)」。マットカラーで落ち着いたデザインなので、日常の通勤・通学にも使えます。価格も手頃!

 

 

ランキング6位以降はこちら

ミニベロ徹底比較!

※横スクロールで全ての自転車を比較できます。

 a.n.design works CDR216BRIDGESTONE CHeROSCHNEIZER Z501tern CrestEizer M100ANIMATO SURFARAMAHEAD CLOUDDOPPELGANGER INTERLAGOSWACHSEN Stra21Technology CL20
製品画像
フレーム
アルミ

クロモリ

アルミ

アルミ

アルミ

スチール

アルミ

アルミ

アルミ

スチール
変速
16段変速

8段変速

8段変速

8段変速

6段変速

7段変速

7段変速

7段変速

7段変速

6段変速
コンポ
SHIMANO Claris

SHIMANO Claris

SHIMANO Altus

SHIMANO Altus

SHIMANO Tourney

SHIMANO Tourney

SHIMANO Tourney

SHIMANO Tourney

SHIMANO Tourney

SHIMANO Tourney
重量
11.0kg

11.3kg

9.9kg

10.3kg

9.9kg

12kg

11kg

11.5kg

11.3kg

14.3kg
価格帯
50,000円

50,000円

30,000円

50,000円

30,000円

20,000円

45,000円

25,000円

25,000円

15,000円
おすすめ
★★★★★

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★☆☆☆
価格帯についてはネットショップの平均的な価格を参照しました。具体的な価格についてはショップへ移動して確認してください。

 

特におすすめのミニベロ

 

少なくとも、上記の自転車を選べば実際に乗車しても満足できるはずです。

ミニベロは5万円以下でも比較的性能の高い自転車が多いので、あとは車体の安全性・コンパクト性能・走破性で選ぶのが重要です。

もちろん、予算に合わせて購入するのが一番大事なので、自分の欲しい性能・予算に合う折りたたみ自転車を購入してみてください!

 

▼5万円以下の予算でおすすめの「ロードバイク」「クロスバイク」「マウンテンバイク」「ママチャリ」「折りたたみ自転車」「電動アシスト自転車」をピックアップしてみました!

スポンサードリンク