【海外遠征】タイの釣り堀「NEWブンサムランフィッシングパーク」でメコンオオナマズを仕留める!

 

タイ・バンコク滞在5日目。主要観光地は一通り回ったわけですが、今回の主目的はあくまで旅ではなくて”釣り”!

タイへ海外遠征釣行をする場合、地元の河川では竿を出しづらいので釣り堀を選ぶことになりますが、どうやらバンコク近郊に存在し世界中から釣り人が集まる超有名な釣りスポットがあるらしい。

その名も「ブンサムラン・フィッシングパーク」!簡単にメコンオオナマズやパーカーホと呼ばれる巨大な鯉を釣ることができて、貸竿もあるので手ぶらで海外遠征を楽しむことができます。

今回は、2017年に新しくリニューアルした「NEWブンサムランフィッシングパーク」へ実際に訪れて巨大魚を狙います!楽しみだぜー!

 

 

NEWブンサムランフィッシングの設備・外観など

 

タイ・バンコク市内から車で1時間!田んぼが広がるローカルな地域を進んでいくと、突如として「ブンサムランフィッシングパーク」の看板が現れました。

主要な観光エリアから完全に離れているので、アクセスするにはレンタカーもしくはタクシーでの移動が必要となります。旧パークならバスでも可能でしたが、新しい施設は車が必須。

24時間営業で釣りができるとのことですが、今回は初挑戦で帰りの足がないためサクッと釣って帰ることに。初海外釣行でも巨大魚を釣り上げることができるのか・・・?

 

▼NEWブンサムランへのアクセス方法まとめはこちら

NEWブンサムランフィッシングパークへのアクセス方法まとめ【バス・タクシー】

2017.07.21

 

 

ブンサムランフィッシングを入って右手に受付があるので、まずは料金を支払うことに。

各項目ごとの料金は下記に載せておきますが、だいたい5000バーツ(日本円で17000円ぐらい?)もあればかなり贅沢に釣りを満喫することができます。

一回の入場料で12時間釣りが可能で、9:00〜21:00/21:00〜9:00の2つのプランから選べます。専用コテージで仮眠を取りつつ、釣りをすることも可能!

 

【NEWブンサムランフィッシングで必要な料金】

  • 入場料:2000バーツ
  • レンタルロッド・ネット:500バーツ
  • ガイド:1000バーツ
  • 餌:500バーツ
  • コテージ利用:1000バーツ〜3000バーツ

※レンタル品には別途デポジットが必要

 

今回は手ぶらで訪れたので、専用の竿をレンタル。また初挑戦のため、ブンサムランでは有名な「ガイド」を1000バーツで雇います。

事前に情報収集では、巨大魚を釣るためにはフィッシングガイドが重要なキーポイントとなるらしい。決して料金は安くないけれど、初心者がいきなり一人で釣りをするとまともに釣れないんだとか・・・。

なお受付には英語を話せるスタッフがいるので、タイ語がわからなくとも気軽に釣りをすることが可能です。

 

 

ブンサムランフィッシングパークの入り口周辺。右手には飲料・食料などを販売しているショップのほか、料理を注文することも可能。

旧パークのほうでは釣具屋があり、お土産としてルアーなどを購入できたようですが新パークには残念ながらありませんでした。

すでに閉鎖されてしまっていますが、釣具屋だけなら営業しているそう(ガイド談)なので見に行ってみても面白いかも。

 

 

通路には、歴戦の猛者たちが釣り上げてきた巨大魚の写真がずら~っと並べられています。なかにはピラルクの写真も。

 

 

釣り堀に到着してすぐ、水面を割って餌を食べるメコンオオナマズらしき姿の魚を多数目撃。これは期待がもてそう・・・!

 

 

受付で料金を支払ったら、早速ガイドの案内で釣り場へと向かいます!

無料の桟橋エリアか個室・有料のコテージと両方選べるんですが、今回はあえて後者を選択。1000バーツの一番安いコテージで竿を出すことにしました。

 

 

コテージ内には冷蔵庫・電源のほかにトイレも設置されていて、飲食料は全て釣り堀内で手に入るので1日中滞在して遊ぶことができます。

入場料を払えば12時間滞在できるので、簡易的なホテル代わりに利用することも可能とのこと。

24時間営業で夜釣りも可能なので、慣れればそちらも楽しいかもしれない。

 

 

今回、レンタルした巨大魚用のレンタルタックルと玉網。ガイドのお兄さんいわく、一応ジギングロッドに分類されるらしい。

ラインも100lb近くありそうな太さで、魚とのガチンコ勝負になりそう・・・!

仕掛けは中通しウキの先に鯉釣りでよく使う螺旋状の仕掛けが付いていて、ここに餌を丸めてつけるらしいです。

 

 

こちらがブンサムランフィッシングパーク秘訣の練りエサ!水の配分量が重要らしく、絶妙な固さでないと魚が一切食ってこないらしい。

ガイドいわく、練り餌ができたらできるだけ強く握ってキャストしても空中分解しないようにするとのこと。実際、40m程度フルキャストしても原型を保ったままでした。

写真撮るのを忘れていたけど、餌の配合時に特別な「エキス」を注入してました。嗅いだら甘い匂いがしたけど、あれは一体なんだったのだろうか。

 

専用コテージでメコンオオナマズを狙え!

 

餌の配合が終われば、いざ釣りスタート!ガイドを雇えばキャストからフッキングまでやってくれて、あとは自分が魚とのやり取りをするだけ。淡々とウキを見守ります。

何度か仕掛けを回収し、20分ほど経過したころウキが沈んだ!しばらく魚に餌を食い込ませ、ガイドが超強力なフッキングを2〜3回お見舞いしたあとタックルを受け取ります。

さすが淡水の巨大魚、これまで日本では味わったことの引きを堪能しつつ強引に引き寄せる。あまりに強烈な引きなので、いきなり腕がもげそうに。(笑)

 

 

ブンサムランフィッシングパークの初フィッシュは、なんとレアな「パーカーホ(通称ビックカープ)」でした!それにしても巨大だ・・・。

魚種を全然知らなかったんですが、ガイドにやたら「ラッキー!ラッキー!」って連呼されました。実際なかなか釣れないようなので、初フィッシュがビックカープなのは運がいいらしい。

全然手前まで寄ってこないし、コテージ周辺で何度も突っ込むし、巻いて出されてを15分以上繰り返したもんだから腕が痛い。

 

 

再び15分ほど経過したあと、強烈なファイトを楽しみつつ上がってきたのは名物の「メコンオオナマズ」!

日本人感覚からするとかなり巨大ですが、ガイドいわく「スモールフィッシュ!」らしい。この釣り堀にはどんな化け物がいるんや・・・。

ちなみにブンサムランフィッシングパークでは魚体への傷にかなり配慮しているようで、できるだけスマートに写真撮影できるようカメラを準備し、上着は汚れるので脱いでおいたほうがいいかも。

 

 

今度はすぐにヒットしたけど、あまりの強烈な引きに全然上がってこない!と思っていたら、大型メコンオオナマズの尻尾にスレ掛かりしているようでした。

自分にはかなり巨大に見えたんですが、これでもミディアムサイズらしい。かなり重量があるのでガイドさんに手伝ってもらって抱き上げました。

もし本格的に狙いたければ、ある程度鍛えてから来るほうがいいかも。3匹釣った時点ですでに右腕が死んでしまった・・・。

 

 

その後も順調に釣り続け、3時間程度でメコンオオナマズ7匹にシーカーポ2匹を釣り上げることができました!

ガイドに手伝ってもらえば、15分〜20分に一回は釣れる計算ですね。

途中から自分でフッキングをやってたんですが、非常に口が硬く生半可な竿の立て方をしていたため連続で4匹ほどバラしてしまいました。

 

 

ちなみにガイドの彼は地元でかなり釣りにハマっているようで、現地で釣れたピラルク・雷魚・バラマンディ・レッドテイルの写真を見せてもらいました。

タイ語が話せるならめちゃくちゃ面白い釣り談義ができそう。

 

 

お腹が減ってきたので、釣り堀内の飲食店でお昼ごはんをいただきます。写真はカニのチャーハンで80バーツでした。

量は少ないけど料金も非常に安いので、たくさん食べてもかなり安く収まりますな!

 

 

レストランの食事スペース。席数も多くて、釣り堀を眺めながら楽しく食事が可能です。全体的に雰囲気がいいので、釣りをしていなくとも周囲を眺めているだけで楽しい。

 

無料桟橋を見学!地元のタイ人釣り師を観察

 

せっかく遠くからやってきたので、無料で釣りができる桟橋エリアも見学することに!この辺の行き来は自由らしい。

 

 

無料桟橋の角エリア。水深が深いのか、受付からできるだけ遠いエリアに陣取っている人が多いようですね。

 

 

かなり本格的なタックルで巨大魚を狙う多国籍のみなさん。タイで釣りをするとお金がかかるため富裕層の遊びになっているようですが、地元の人も多く高級そうなタックルを使っていました。

この日は日本人グループは少なく、コテージの2人組以外は地元の人と欧米人系の人で占めていました。

写真を見ればわかるとおり、桟橋エリアは隣との距離が取れないのでヒットした瞬間に全力で寄せないとお祭りが発生するらしく、誰かの竿に掛かったら隣の人がタモ入れなどを協力していました。

 

 

置き竿をしつつ、ハンモックで寝るのが地元流の楽しみらしい。う、羨ましい・・・。

 

 

無料桟橋エリアのすぐ裏にはトイレも設置されているので、かなり快適に釣りができます。

コテージと違って共有スペースで鍵も掛けられないので、防犯にだけは気をつけておいたほうが良さそう。ただオープンエリアなので、人でパンパンにならない限りは釣りができます。

初めての場合はコテージ、慣れれば無料桟橋と使い分けることでコスパよく釣りを楽しめそうです。特に最初はどれだけ魚が引くかわからない人が多いと思うので、コテージがおすすめかな!

 

本当は夜ギリギリまで釣りをしていたかったんですが、帰りのことを考えておらず、ガイドのお兄さんが「早めの時間なら送っていって上げるよ」と行ってくれたので早めにストップフィッシング。

もしタクシーで訪れるなら、夜間に帰るには難しいので21時〜9時の時間に仮眠しつつ釣りをして、朝タクシーを電話で手配し宿まで帰るほうがいいかも。

複数人で訪れるんだったら、レンタカーなどを手配して自力でいったほうが簡単にアクセスできます。どちらにしろアクセスは「ノットイージー」なので事前にできるだけ調べていくことをおすすめします!

 

おわりに

 

というわけで、以上「NEWブンサムランフィッシングパークへの海外遠征レポ」をお届けしました!今回、初めての訪タイの主目的は釣りだったので、本当に楽しかったー!

移転後は現地で車を借りない限りタクシーに乗るしかなく、バンコク郊外のため手配もしてくれません。海外旅行に慣れていない人にはかなり厳しい環境になりましたが、施設は非常に綺麗で快適でした。

周辺の釣り堀を調べる限り、最もコスパよく楽しめるのがこの釣り堀だったので、多少の手間を惜しまなければぜひ一度は訪れてほしい場所でした。

 

それでは!

スポンサードリンク