ノマドワーク作業がガチで捗る場所を3年かけて調査した【全13選】

 

ブログで広告収入を得るフリーランスになって早1年半。自宅では作業に集中できないのと、旅行しながら仕事をすることが多かったので様々な地域・場所でノマドワークに挑戦してきました!

前職でも外出先で仕事をする機会が多かったんですが、ノマドワークに適した環境って意外と少ないんですよね。Wifi&電源完備で、最低限PCを置くデスクがあって安い、となると相当場所が限られてきます。

しかし!様々な場所に訪れ、ときに飛行機に乗って海外まで旅行に行き、ついに作業に適した理想的なノマドスポットを発見いたしました!探せば国内でも結構理想的な環境が見つかりました。

今回は、これまで約3年ほどノマドワーカーとして働いてきて「ガチで作業が捗る場所」を調査してきたので、本当にPC作業が捗るノマドスポットについて紹介していきますー!

 

最初に:本当にノマドワークに適した場所とは?必要な条件など

 

実際にノマド作業が捗るスポットを紹介していく前に、「そもそもノマドワークに適した場所ってどんな条件が必要なの?」という点についてちょこっと書いておこうと思います。

人それぞれ異なると思うんですが、自分の場合は隣に座る人との距離が近いと落ち着かず、挙動不審になってしまうのでNG。(笑)別に気にする必要はないんですが、なんか嫌じゃないですか。

国内でノマドをする場合はスタバなどカフェに行くのが一般的ですが、座席間の距離が狭いのが最大のネックになります。隣の人に画面を覗かれて良い思いをする人は少数派ですよね。

 

快適にノマドワークをするために必要な条件(主観)
  • 店舗にWifi・電源が備え付けられている
  • 座席間の距離が広く隣の人が気にならない
  • 静かすぎずうるさすぎず、適度な騒音
  • ノマドを続けられる料金(コーヒー一杯で1000円とかはキツイ)

 

他に、旅行先や一日中外出しているような場合はWifi・電源が必要になり、ガッツリ作業したい場合は長時間居続けても怒られない環境が必要です。

頻繁にノマドワークをするなら料金が高すぎると通えなくなってしまうし、集中するために静か過ぎる環境だとガツガツPCのタイピングができず、それはそれで困ってしまいます。

あくまで主観ではありますが、何度もノマドワークをして上記の点が気になってしまいました。そこで、実際に解説する場合は必ず上記の点を検証しつつ評価していきたいと思います!

 

屋内のノマドワーク場所

チェーン系のカフェ | 評価:★★★★☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金

 

THE・ノマドワークの定番!PC作業をするとき、多くの人はスタバ・ドトール・タリーズなどチェーン系のカフェへ行って作業することが多いのではないでしょうか。

店舗によりますが、3時間程度までの作業なら追い出されることもなく、一部の席にWifi&電源が付いていることも。適度な雑音で高速タイピングをしていても気にならず、まさに理想的な環境です。

しかし実際は敷地面積が狭いわりに席を詰め込んでいるのと、勉強や休憩がてら訪れる人が非常に多く、作業に集中できない!前述したとおり、座席間の距離が近すぎるのも致命的です・・・。

 

  Wifi 電源 空間 騒音 料金
スタバ ×
ドトール
タリーズ
サンマルク
コメダ
ルノワール ×

▲国内の作業場所調査(これも主観)

 

国内だけでも様々なチェーン店へ行ってノマド作業をしましたが、店舗によって作業の快適性が全然違うなというのが正直な感想。特にゆったり席を取っている場所は落ち着くのでGOOD!

少し価格帯が上がりますが、東京だとルノワールが至高。店舗自体が広くて、客層も落ち着いたビジネスマンが多いので黙々と作業できます。

個人的なお気に入りは、名古屋を中心に全国展開している「コメダ珈琲」。ほぼ全ての席が広めのソファ席になっており、「隣が気になる」問題が発生しないので頻繁に通っています。

 

個人経営の喫茶店 | 評価:★★★☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金
× ×

 

チェーン店に比べ、落ち着いた雰囲気のある個人経営の喫茶店。一見すると作業に集中できるように思いますが、店舗自体が非常に静かなのでPC作業をするには向いていないかな・・・といった印象。

ほとんどの店舗でWifi・電源が使えず(コンセントは使わせてもらえる場合も)、年季の入った店だと雰囲気を壊さないためにPC作業をお断りしている場合すらあります。

最近でこそカフェ=仕事場のようなイメージも定着してきましたが、基本的に喫茶店は休憩するための場なので、個人経営のお店にパソコンを持ち込むのはあまりおすすめしませんね。

仕事をするのでなければチェーン店よりリラックスできるので、お気に入りの本を持ち込んで読書にふける・・・なんてのもおすすめ。

 

ファミレス | 評価:★★★★★

Wifi 電源 空間 騒音 料金

 

ファミレスといえば休日に中高生やファミリーが集まってガヤガヤと食事をするイメージがあって、近づきづらいと感じる人も多いハズ。しかし混雑時を除けば、最強の作業場所へと変貌します!

イメージどおり団体での利用を想定している店舗が多く、座席自体が広めで空間にも余裕があります。ドリンクバーなど長時間居座っても楽しめるような仕掛けもあって、落ち着いて作業できるんです。

店舗によっては24時間営業していることも多く、電源はありませんがWifiは完備しているところも。長時間居座って作業したい場合は、ファミレスに引きこもってひたすらキーボードを叩いています。(笑)

 

もちろん休日やご飯どきには混雑し、長時間の居座りは迷惑になるので避けるべきです。仕事をできる時間が固定されるのが唯一のデメリットですが、一時的に近隣のカフェ等に避難すればOK。

カフェとは業態が異なり、どちらが混雑する時間帯にはもう片方がガラガラになるので、それぞれ場所を入れ替えながら作業すると効率よく仕事ができます。

もしWifi・電源がそれほど必要なく、「とにかく落ち着いて作業をしたい!」という場合は迷わずファミレスに直行されることをおすすめします。

 

図書館 | 評価:★★★☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金
×

 

無料で利用でき、場所によってはWifi・電源が両方完備されていて理想的なノマドスポットとして紹介されることも多い「図書館」。大型の場所になると、予想以上に設備が整っていることも!

何度か訪れて仕事をしたことがあって、確かに設備面はこれ以上ないほど充実しているものの、あまりに静かすぎてタイピングするのも申し訳なくなるのが最大のネックです・・・。

大型の図書館だと「PC専用の空間」が設定されているところもあり、周囲もガチャガチャ仕事をしていれば集中できますが、大半の場所はつばを飲み込む音さえ響くほど静かなので仕事になりません。

 

キーボードの騒音対策をするなり、近隣の大型図書館を探して上手く発見できればこれ以上ないノマドスポットになるでしょうが、いまだ実現には至っていませんね〜。

学生が多い場所だと席に取り合いになることも多く、日本の図書館は空間が広いわりに座席数が少ないので困ってしまうことも。席を離れるときも、荷物を置いておかないと取られてしまいます。

近隣に良さそうな場所があれば行ってみる価値はあるので、根気よく探してみるのが大切。

 

ネットカフェ | 評価:★★★☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金
× ×

 

料金は高いものの、個室の空間を利用できWifi・電源はもちろんのこと、マッサージチェア・ドリンクバーなど居心地のよい環境が揃っている「ネットカフェ」。

長時間利用するとカフェ10回分程度の値段が必要になりますが、やはり「周囲の目を気にせず作業できる」のが最大のメリット!国内旅行で周囲にいい場所がないときに使用することが多いですね。

大量の漫画やゲームという誘惑を断ち切る必要があって、個室とはいえ静かなのでガリガリキーボードを叩きづらいのがネックではありますが、締め切り直前など作業に集中したいときにおすすめ。

 

カラオケ店 | 評価:★★★★★

Wifi 電源 空間 騒音 料金

 

作業場として意外と穴場な「カラオケ店」!あまり考えたことがない人も多いと思いますが、個室で騒音を立てても問題なく、ドリンクバーも揃っている・・・と想像以上に快適な作業環境が揃っています。

ネットカフェと同様に料金がネックですが、平日+店舗を選べば朝10時〜18時までのフリータイムで600円程度と激安な店舗もあって、飲食持ち込みOKな場所も。

息抜きにカラオケで熱唱することもできて、カラオケの音量をゼロにすれば個室内で電話や語学勉強もできてしまいます。使用できる曜日・時間が限られますが、ノマドスポットとしては超おすすめです。

 

コワーキングスペース | 評価:★★★★★

Wifi 電源 空間 騒音 料金
×

 

ノマドワークの作業場所といえば、やはり「コワーキングスペース」!都会を中心に店舗が増えており、Wifi・電源はもちろんシャワーやジムも備えているところもあって、設備はトップクラス。

料金はマチマチですが、毎日カフェを利用するのとそれほど変わらないことも。一日中引きこもって作業をしても全く問題なく、場所によって個室や住所登記までできてしまう場合も。

唯一のデメリットは都会にしかコワーキングスペースがないことで、自宅近隣にもないので通えずじまいです。近隣にステキな場所があるなら通わない手はないかと。

 

コンビニのイートインコーナー | 評価:★★★☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金

 

田舎に行くとチェーンのカフェがなくなってしまうので、作業場所に困ってしまいます。しかし!そんなど田舎でも、コンビニのイートインコーナーがあれば緊急避難的に作業をすることが可能!

ほとんどの店舗でWifiを利用でき、充電用のコンセントを備えている場所も多いです。長時間作業する場所ではないので空間は狭めですが、騒音・料金ともに気にする必要がないのもメリット。

一部の店舗では「コンビニ内のカフェ」という位置づけで巨大なイートインコーナーを備えているところもあり、カフェほど混まないので想像以上に集中できます。日本一周旅行中は何度もお世話になりました。

 

公共交通機関のノマドワーク場所

高速バスの車内 | 評価:★☆☆☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金

 

出張や旅行が多くなると、移動中にも仕事がしたくなることも。リーズナブルに移動できる「高速バス」の場合だと、スペースの広い三列シートタイプなら空間にも余裕があるので作業できます。

最近はフリーWifiを備えたバスも多くなっていて、座席ごとにコンセントがある場合も多いので作業場所としてうってつけ!ただ車内がガタガタ揺れるので、途中で酔ってしまうのが最大のネック。

夜行バスだと疲労が溜まるのであまり利用しなくなりましたが、公共交通機関のなかでは最も設備が充実しているのも事実なので、酔いに注意しながら作業してみてください。

 

新幹線の車内 | 評価:★★★☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金
×

 

忙しいビジネスマンがよくPCを広げて作業をしている「新幹線」。グリーン車でない限り空間的な余裕はバスと比べて少なめですが、可動式の台があるので最低限の仕事はできます。

一部の車両ではフリーWifiが利用でき、指定席・自由席でも場所に車両の前後では電源が使えることも。積極的におすすめはしませんが、人によっては「想像以上に仕事が捗る」らしいです。

高速バスと違って酔うことはないし、仕事以外では寝るか映画・読書をするかぐらいしか暇つぶしの手段がないので、隣に人がいないときはPCを出して作業するようにしています。

 

飛行機の機内 | 評価:★★☆☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金
× × × ×

 

あまり見ませんが、なかには飛行機の機内にPCを持ち込んで仕事をする人も。基本的にネット回線は使えないし、一般的なエコノミーでは電源も使えないので作業場所としては適していません。

最近は料金の安いLCC(格安航空)が主流となっていますが、座席間の距離が狭く窮屈なのでPC作業は厳しいです。一応可動式の台はあるので、最低限PCを広げることは可能です。

よほど作業に追われている場合はともかく、飛行機内でのPC作業はおすすめしません。仕事をする場合はスマホを使ってアイデアをまとめたり、現地に到着後のタスク案を作成して暇を潰しています。

 

屋外のノマドワーク場所

公園に設置してある机 | 評価:★★★☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金
× ×

 

自転車で全国を回る「日本一周旅行」をしているとき、野宿をしながらブログを更新するため野外で作業が捗るスポットも探していました。一見ネタのようですが、想像している以上に作業がはかどります!

なかでも公園に設置してある机+椅子はお気に入りで、基本的にこのような場所で仕事をしている人はいないため集中できるし、湯沸かしセットを持っていけばその場でコーヒーも沸かせますw

作業に疲れた場合は、ふと周囲の木々や動物を眺めてリラックスすることもできます。当然Wifi・電源などは利用できませんが、周囲を気にせず作業できるので穴場の作業場所としておすすめ。

 

屋外に張ったテントの中 | 評価:★★☆☆☆

Wifi 電源 空間 騒音 料金
× ×

 

こちらはもはやネタですが、野宿用に張ったテントのなかで作業をした経験もw 一人用テントを使っていたので窮屈でしたが、簡易的な机・椅子を使えば最低限の作業環境は整います。

野外の公園はともかく、ノマドワークをするためにテントを用意する人はいないでしょうが、やろうと思えばこのような環境でも作業ができる・・・ということだけお伝えしておきますw

 

おわりに

というわけで、今回はこれまで3年間ほどのノマドワーク経験を通して「集中して作業できる&環境が整っている作業場所」を求めて様々な場所を回ったので、おすすめの作業場所まとめを紹介してみました!

結論としては、都会で一箇所で作業するなら迷わず「コワーキングスペース」、田舎や複数の場所を回りたいなら「ファミレス+空間の広いカフェ+たまにカラオケ」が最もおすすめの作業場所になります。

もちろん店舗によって設備や環境が異なりますが、日本の五大都市(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)を回ってほぼ同じ結論に至りましたので、国内にノマド場所を探すなら信頼してもらって大丈夫かと!

ぜひ、自分だけの理想的なノマドスポットを探してみてください。

スポンサードリンク